↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコア・レンディングって、どんなキャッシング?

AIスコア・レンディングって聞いたことある?
超低金利のキャッシングですと言えば、なになに?と興味深い方も多いでしょう。
インターネットのバナー広告で、笑顔の男性のイラストで札束がバラバラとして舞っているものがありました。
はっきりいって、そんなキャッシングができるAIスコアによるキャッシングなのです。

改めて、AIスコア・レンディングとは何?

その前に、このキャッシングサービスを行っているのが、J.Score(ジェイスコア)です。
J.Score(ジェイスコア)の説明から始めます。
J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンク株式会社が共同で設立したキャッシング会社です。
AIスコア・レンディングは新しい形のキャッシングサービスであり、低金利を大きな売りにしています。
既存のキャッシング会社と大きく違うのは、審査がより細かなことです。

審査の何が違う?

細かいというだけで、今の金融業者同様に20歳以上、収入がなければ審査対象になりません。
そして、その他に、申込者の趣味趣向、資格の有無、SNSの利用頻度などが関係します。
それをAIスコア算出で、審査基準を決めます。
どうして、このようなことが審査基準になるのか?
それはAIスコア・レンディングの基本が、将来性を判断したキャッシングだからです。

AIスコアで決まるその人基準

AIスコア・レンディングの申込はすべて数値化されます。
それを総合して、500、1000という数値を上げることで、キャッシング条件がよくなります。
金利もそうですが、借入限度額も変わります。
要するに、審査の内容をどんどん自分で良くしていくことができます。
例えば、運転免許証の有無だけでも数値が変わります。
運転免許証を取得した後のAIスコアは良くなってキャッシング条件が良くなっていく、そんなイメージです。



良く言えば、将来を見据えた新しいキャッシング

実は、基本的なことは何も変わっていないといえます。
いろいろ資格を持って、学歴を高くして、ハイテクノロジーを駆使しています。
ただ、仕事はしていないです、ではAIスコア・レンディングの利用ができないのです。
あくまでも、収入があり、最低でも今までのキャッシング審査に通る事ができる人が。もっと質の良い低金利キャッシングをするための内容です。

ブラックは借りられない

AIスコアの段階で、他社借り入れなども数値化されます。
1000点が満点で600点以上が借りられると言います。
多重債務者だったり、債務整理者等は、数値でマイナスが付くばかりではなく、最初から個人信用情報機関に引っかかり、借り入れができないです。
ブラックのためのものではなく、大手消費者金融や銀行カードローンでも楽々借り入れができる人が、もっと低金利でキャッシングができるようにしたものです。
ですから、最初から大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの方には。とてもじゃないけれど手が届かないシステムです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓


少しでも低金利でお金を借りたい方へ

AIスコア・レンディングのメリットは低金利キャッシングです。
キャッシングでは考えられない金利年0.8%から12.0%でお金を借りられるのは、他にないキャッシングです。

あなたの金利は何%?

AIスコアによる審査で、借り入れ金利がどんどん下がる。
180以上にも上る質問が用意されていて、将来性が見込まれる方には、金利を下げてキャッシング提供ができる。
すべての情報を数値化、ポイント化することで、今よりもっと最適なキャッシング環境が整備されます。
現在、低金利と言えば銀行カードローンです。
AIスコア・レンディングでは、もっと少ない金利、限度額は1,000万円までのキャッシングの約束ができます。

とは言え、総量規制が発動

借入限度額が1,000万円は、年収が高い方の話です。
消費者金融と同様の総量規制があるので、がんばっても年収の1/3の借り入れしかできないです。
だから、少しでも金利を下げるに限ります。
返済額が必ず返済能力を越えないのは、金融業者と同じ考え方です。
ただ、あなたの年収や年齢だけではなく、その他の要因で、もっとお得にお金を借りることが可能です。
ですから、大手消費者金融や銀行カードローンより、少ない金利を目指したい方にお勧めです。

まずは信用情報で金融事故がないことが大前提

最初のAIスコアで、今銀行カードローンや大手消費者金融で審査通過できることが前提になります。
ここでの質問で、既存の金融業者にないものと言えば、最終学歴、入社時期、家族形態、婚姻の有無などです。
その他は他社借り入れとか、収入、住宅形態、ローン借り入れの有無等は、金融業者でもある内容です。
そこで、例えばAIスコア・レンディングの審査基準の600点以上のポイントにならないとします。
そこから、いくつもの質問に回答をして600点以上になれば、審査に通るのです。
生活スタイル、趣味がある、プロフィール等のプライベートな質問が多いです。
600点以上になりました。
その時点で、金利設定ができ、可能な借り入れが決まります。
限度額は年収から算出され、AIスコアはあまり関係ないです。



やったね、借りられると思ったら

600点以上で仮審査が通りますが、そこからが本審査です。
そこで、個人信用情報機関で金融事故があれば審査落ちなのです。
金融事故もなく、総量規制範囲内の金額での借り入れができれば、晴れてAIスコア・レンディングの低金利キャッシングがかないます。
仮審査でAIスコア600点以上、その後は普通の審査です。

初キャッシングにはお勧め

金融事故がない方には、是非お勧めです。
低金利がどこまで実現するか?
まるでゲームでもやっているように診断が進みます。
尚、仮審査までは、信用情報の審査がないので、申込ブラックになることもありません。
600点以上になった申込者だけ、その先の審査に進む事ができ、そこでの審査落ちでは、申込ブラックの対象になってしまいます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓


低金利で借りれる可能性はゼロではない?

日本初のAIスコアによるキャッシング提供が行なわれるAIスコア・レンディング。
J.Score(ジェイスコア)による新しい金融の流れが始まりました。

J.Score(ジェイスコア)について

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資による金融機関です。
みずほ銀行は既にカードローンを持っています。
そちらで培った審査を、新しいキャッシングでAIスコアの数値化されたポイントで、金利を低下させることを実現しました。
要するに、銀行カードローンより低金利で、もっと借りやすいキャッシングを提供していることになります。
みずほ銀行のAIスコア・レンディングではなく、あくまでもJ.Score(ジェイスコア)によるもので、2016年に登場しました。

AIスコアが診断する優良返済者

低金利のキャッシングで飛びつくこともありますが、AIスコアの存在を考えてみましょう。
大手消費者金融や銀行カードローンなどでは、既にカードローンの申込はスコアリングシステムでの機械審査を導入しています。
だから、最短で30分の審査もでき、入力欄の内容を数値化されて審査ができています。
しかし、AIスコア・レンディングは、もっと細かな質問で、もうちょっとで借りられるという方のポイントをアップさせることができます。
そして、優良返済者を正しく診断。
今までのデータだけではなく、常に向上心を持ち、いろいろな資格取得に挑戦し、転職もなしの方には、低金利で貸してあげるという内容です。



対象は、大手消費者金融でも審査落ちがない人?

総量規制が関係し、キャッシングだけをみると大手消費者金融と同じようです。
みずほ銀行が関係していますが、内容的には消費者金融と同じです。
AIスコア・レンディングそのものは1,000万円までの限度額ですが、あくまでも年収の1/3です。
大手消費者金融や銀行カードローンより返済を抑えたい、多重債務だけど、次の金融業者は低金利にしたい方に有利です。
ブラックの方には真逆の条件であり、中小消費者金融に行かなくては借り入れができない方には関係がない場合が多いでしょう。

でもAIスコアはやってみて

優良返済者の選択ですが、AIスコアは是非やってみて下さい。
総量規制範囲内であれば、AIスコア・レンディングで借り入れができれば、低金利でお得です。
最低借入額が10万円となっていますから、年収の1/3の総量規制で余裕があるのなら、AIスコア・レンディングの選択肢もあります。
ブラックがあったとしても、AIスコアだけなら、いくらやっても申込ブラックにはならないです。
600点以上のポイントを目指して、AIスコア・レンディングの本審査に挑戦。
うまく行けば低金利の優良返済者にれるかも?

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓


AIスコアには嘘を付けない

低金利のAIスコア・レンディングでキャッシングをするため、何度見質問に回答。
180以上もある質問で、時間差で多く回答することでAIスコアを上げることができます。

適当に回答はNG

AIスコア・レンディングのキャッシングは低金利が魅力です。
借入をするためにはAIスコアによる診断を受けます。
最初は、基本的なデータですが、金融業者で受けるものとほぼ同じです。
ここでは収入と年齢などの申込情報です。
その上で、プライベートの情報を質問形式で回答していきます。
アンケートに答える感覚では、趣味だったり、持っている資格の内容。
SNSの利用状況等もあり、ここではその方の将来性を確認します。
適当な答えをしようとしても、最初の回答を完璧に記憶していますから、あとから適当に回答してもNGです。
同時に間違った回答の修正ができないデメリットもあります。
この虚偽回答については、キャッシングの際に審査に通ろうと虚偽申請で審査落ちと同じです。
後で収入証明書提出で、年収がバレたり、適当な内容で前後の状況が合わない等の診断で、完璧に審査落ちになってしまいます。
嘘はバレます。
相手はAIです。

やり直しではなくも質問の多く回答

質問回答の精密度を上げるため、申込を何回も行うのもありです。
たくさんの質問に答えるたびにAIスコアが上がります。
600点以上が一つの目標です。
今日がダメで、少し経ってからやってみる。
そこで、ごまかしではなく、以前はなかった経験値や趣味の広がり等でAIスコアが上がることもあります。
前向きに生きる人を応援、AIスコアはそんな人を正しく評価します。
パーソナルとして、キャッシングの前に、きちんとした大人であることが確認されることで、いよいよ審査対象になるのです。

その後の審査

個人信用情報機関の確認等で、審査が開始されます。
3つある個人信用情報機関のうち、現在は1つの機関だけに加盟しています。
総量規制で年収の1/3が借入可能額ですから、多重債務も一応対応しています。
2社目のキャッシングは、どうしても低金利が良い。
もし大手消費者金融で審査に通る方なら、AIスコア・レンディングの審査に通る可能性は高いです。
審査通過前提で行くのなら、少しでも金利を低く。
今までの金融業者では、多額のキャッシングしか方法はなかったのですが、AIスコア・レンディングは自力での金利低下がかないます。
最初の600点未満でも可能性はあります。

みずほ銀行の口座を作ってもっと低金利

みずほ銀行の口座を作って情報連携をすることで、0.1%金利を下げることができます。
もともとがみずほ銀行とソフトバンクが作った会社です。
これもお得な情報です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓


早速出た裏話

確実にAIスコア・レンディングで、AIスコアを上げる方法。
資格取得も難しいよね、で案外と簡単な方法で、ちょっとAIスコアを上げる事ができます。
携帯電話をソフトバンクにする。
みずほ銀行で口座を作って、いろいろ取引をする。
これだけで、AIスコアが上がる。
みずほ銀行とソフトバンクが作った会社だから、当然と言えば当然です。
ですから、AIスコア・レンディングを利用したいときには、この点は要注意です。

本当にある勝手なポイント

ドコモからソフトバンクに変えたら、AIスコアが上がる話は本当のようです。
信用情報での金融事故者はその限りではないとも言いたいのですが、数年前の債務整理者はAIスコアが800点あり、50万円のキャッシングOKの診断も。
その債務整理の審査が漏れたのか、何故か借りれたというスゴイ話もあります。
これは、個人信用情報機関の問題で、3つに加盟していたら、全ての信用情報で網羅させます。
しかし、AIスコア・レンディングは現在、金融業者が多く加盟している個人信用情報機関には加盟していないとの情報がありました。
そこで、加盟していない情報が確認されないと、債務整理者でも審査に通るとのことです。
すべてに適用ではなく、同じような内容で審査落ちしている方も続出しています。



大手消費者金融審査落ちも銀行カードローン借りれた

たまにある口コミですが、審査内容でこのような事実もあります。
ただ、AIスコア・レンディングに関しては、審査は普通の金融業者の本審査と内容は同じです。
総量規制範囲内は消費者金融と同じ限度額であり、甘く見ない方が良いでしょう。
AIスコアの段階で仮審査がOKでも、本審査でもNGは多いです。
審査は、大手消費者金融並であり、そんなに甘くないと考えて下さい。

毎日スコア変わる?

毎日AIスコアばかりをしている方もいます。
それは問題ないことですが、ソフトバンクとみずほ銀行に変えたら、驚くほどスコアアップは違いないです。
ですから、既に2つの会社と取引がある方は、十分AIスコアが高い段階といえます。ここだけでも、その差は大きいです。

融資方法としては魅力的

低金利がいいですね。
大手消費者金融でも15%は絶対に行くのですが、AIスコア・レンディングでは、最低で1%以下というのですから、キャッシングの常識が変わりそう。
これから、大手消費者金融や銀行カードローンに行こうという方は、AIスコア・レンディングでAIスコアをがんばって上げてからのキャッシングが良いでしょう。
初キャッシングがAIスコア・レンディング。
これが理想です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓