AIのキャッシングと言えばJ.Score(ジェイスコア)

キャッシングの世界にもAIが進出か?最近AIの言葉よく耳にします。

人工知能のことですが、キャッシングの審査のときにAIを駆使して算出、算定して借りれる範囲が決まるというものです。新しい審査内容に、多少不安はあるのですが。

テクノロジーの発展とともにAIが台頭している

AIが担う審査はフィンテックの普及とともに、国内での金融業界の急速なAI化に向かっていると言えます。貸し手が担っている審査や調査をAIが行うことコスト削減を狙っています。

まだ国内では代打的な普及はしていないのですが、数年前、J.Score(ジェイスコア)の登場により、AI診断でお金を借りるということが現実となりました。

J.Score(ジェイスコア)とは?

金融業者ですと言いたいところですが、正確にはキャッシングができるシステムと言ったほうが良いでしょう。まさにフィンテックの内容であり、申し込みからすべてAIが学習し、審査を行って借りれる範囲を決めます。たくさんの質問に対応して、AIが決めるものです。

今も大手消費者金融ではコンピュータースコアリングシステムでの審査を採用していますが、数値化の計算だけです。AIは、入力された情報を読んだあとに、たくさんの情報からスコアリングをします。

コンピュータースコアリングシステムとの違い

コンピュータースコアリングシステムでは、年収や信用情報の内容から、数値を出すだけです。50以下なら借りれる、51以上なら借りれないと言う簡単なものです。これは、プラスとマイナスの数値化があり、勤続年数が長い正社員では借りれる方にシフト。金融事故があると借りれない方にシフトというだけです。

ところがAIでは、同じ会社員だとしても、趣味趣向や生活内容などに関して数値化をしていくことになります。AIの分析力では、100万円借りれると98万円借りれるという精密さの違いもあります。細やかな審査内容に加えて、学習という点ではスコアを変えることも可能です。

例えば、最初に申し込みしたときには300万円に年収だけど、1年経過して350万円になった。そんな情報をAIに読み込ませることにより、より条件がアップ。AIスコアアップになります。それが、J.Score(ジェイスコア)でより多くの限度額になり、低金利のキャッシングができることになります。

信用スコアとも言うのですが、新しいキャッシングの形として、J.Score(ジェイスコア)はAIを駆使したキャッシングとして注目を浴びています。申し込みは、スマートフォンからだけということで、ラインの要領の申し込みになります。インターネット申込の一歩先ゆくフィンテックの時代の到来です。

J.Score(ジェイスコア)でAI審査、基準は厳しい?

J.Score(ジェイスコア)は、AIスコアによってキャッシングができると言います。インターネット上、しかもスマホ対応になっています。

ここまで聞くと何のこっちゃ?ということでしょう。

J.Score(ジェイスコア)のこと

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社が、インターネット上でAIスコアをもとにして審査をしてキャッシングをするという機関を作りました。

消費者金融のホームページから申込。申込の内容でコンピュータースコアリングシステムで借りれるものです。J.Score(ジェイスコア)では、申込の前に多くの質問項目があり1つ1つ丁寧に回答していくことになります。

このときに、○の回答ではこうスコアが上がる。信用スコアというのですが、AIがいちいち判断をしていくことになります。AIスコアアップではキャッシングの条件が上がるということです。

単に申込内容だけでの判断ではなく、質問に対応することでAIで1つ1つ計算をしていく。日を開けて回答すると、キャッシングには良い条件になります。J.Score(ジェイスコア)の画期的審査では、より詳細な行動範囲で判断をしていくことになります。

J.Score(ジェイスコア)にとっては、良い表現であることでは、利用者が低金利、限度額になることについては、AIの学習ではAIスコア診断になっていくことになります。

こんな特典も

J.Score(ジェイスコア)はカードローンはありません。キャッシングも返済も振込が主です。

その時に、みずほ銀行の口座を使い、スマホもソフトバンクを使っている。ネット通販では、ヤフーの愛用者であれば金利が下がります。AIの学習では、乗り換え、みずほ銀行に定期預金を作ったというだけで金利が下がるという特典もあります。このようなことで、どんどんとAIで人工知能でキャッシングができることになります。

信用スコアでは、消費者金融などでは審査です。質問だけではなく、信用情報も見られます。その時に、信用情報で金融事故があるだけで見事審査落ちになります。

審査落ちに関しては、他のスコアが良いとしても、金融事故があるブラックリストでは借りれないことになります。

審査に関しては

大手消費者金融並、大手消費者金融以上の審査基準になります。銀行カードローン、大手消費者金融カードローンの審査落ちになってしまう場合では借入ができないことになります。

AIスコアで行うということになりますが、案外審査は厳しい内容であり、キャッシングそのものは簡単ではありません。AIだから新しい審査というだけです。

AIスコアでキャッシング、メリットは大きい

お金を借りるのにAIを使うことでは、J.Score(ジェイスコア)があります。LINEのポケットマネーも同様のAIのスコアによるキャッシングが出来ます。

AIを使うということは?

キャッシング方法では、審査の基準としてはAIスコアですべての判断を行います。その時にスコアリングを数値化します。大手消費者金融でもスコアリングをしますが、非公開であり電話で審査結果を伝えられるだけです。

そこで、J.Score(ジェイスコア)の場合はそれがAIスコアとして、公開されることになります。スマートフォンのLINEの要領で打ち込む。たくさんの質問回答でAIスコアアップされることになります。

信用情報の内容も加味されるのですが、情報連携で多くの情報を取り入れ、スコアが出ます。AIの診断であり、審査の見える化ができます。

このスコアが高いと

低金利、限度額も大きくなるというメリットがあります。そしてJ.Score(ジェイスコア)では、上限金利が12%という低金利の商品です。

目玉としてはAI審査ですが、その他低金利キャッシングとしての機能があります。信用スコアになり、繰り返し質問に回答していくことでスコアアップとともに低金利になります。

数値化スコアでは、審査内容がわかりやすいことでは、借りれる可能性も高く、消費者金融よりもずっと低金利の借入が出来ます。

貸金業法のキャッシング

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社の機関です。

では、このキャッシングは銀行系かとなのかというと、貸金業法になります。消費者金融系のキャッシングであり、限度額は総量規制で年収3分の一です。J.Score(ジェイスコア)の限度額そのものが1000万円ですが、実際には総量規制範囲内になります。

ただし、AI診断のスコアが良いと、金利が下がっていくことになります。

J.Score(ジェイスコア)で新しいキャッシングを

AIを使う意味としては、審査内容をより詳細にすることが出来ます。

お金の使い方や生き方に及ぶ質問内容が多いです。消費者金融では、そのような項目の質問はありません。審査と言っても、1つ1つの質問回答していくだけです。100以上の質問がありますが、審査というよりはアンケート回答のようなものです。

カードローンではなく振込になりますが、当然ながらみずほ銀行の振込であり、ソフトバンクのスマートフォンであれば、より低金利に寄与することになります。その点では、スコアアップにつながる質問です。

又、みずほ銀行の預金が多いこと、インターネットをよく使用しているなどのライフスタイルも低金利、限度額アップに関係することになります。良いことづくめのJ.Score(ジェイスコア)ですが、特に上限金利12%というのは、最も魅力的なことでしょう。

AI審査の凄さと恐ろしさ?

AIによるキャッシングができるのはJ.Score(ジェイスコア)です。カードローンではありませんが、審査内容がAIが行います。

AI審査とは?

キャッシングのときには、申込者の属性を分けることになります。このときに、消費者金融では、正社員で安定した収入だから。勤続年数が長いパートなど返済能力を数値化して、審査をします。コンピュータースコアリングシステムというものです。

AIも同じようなものですが、もっと細かな内容の質問をした上で、属性の細分化を行います。それが、微妙な限度額や金利に反映されることになります。AIでは、それを数値化して公開しています。自分がいまどんなAIスコアなのかを確認することが出来ます。スコアが上がれば、良い条件で借入ができることになります。

大手消費者金融では数値化は非公開ですが、J.Score(ジェイスコア)では公開することで、自分の立ち位置を確認することが可能になります。このことはとても大きなメリットです。

AI診断ではライフスタイルの項目があり、その変化の回答をすることで、良い場合はスコアアップになります。例えば、今月から正社員になった、給料が上がった。資格を取得したなどです。

そして、今までDOCOMOユーザーだったけれど、今月からYモバイルにしたと言う場合ももちろん反映されることになります。この見える数値化によって、スコアをあげることが出来ます。

卑怯なことは出来ない

そこで、AIの力です。正社員ではないのに嘘の情報を入れることは、AIは計算しています。

情報の整合性がない。これは虚偽の内容であるとわかったときには、すぐに審査落ちになります。既に借入しているときには、使用停止になる。そのことはブラックリストを意味します。そして、他のキャッシングもクレジットカードも使えないことになります。

これは、AIが学習する人工知能であることで、過去の情報と更新される情報の整合性がなくてはならないことになります。本当のことしか対応しないことになります。

スコアアップすると低金利になるので、卑怯な手を使って適当に操作してしまうことで身の破滅を及ぼすことになります。そうしたことでは、AIの恐ろしさもあり、ちょっと適当な形でキャッシングしましょうというのは、最大の悪行になります。絶対にしないことであり、AIは騙す事ができません。

年収もごまかさない

消費者金融同様のキャッシングでは、50万円以下の借入では収入証明書の提出が不要です。そこで、適当な数値で極端に高いと弾かれます。高い収入では多く借りられ低金利になるのですが、嘘は絶対にバレますので。

審査ではAIで行うのですが、担当者による在籍確認はあります。

AIスコアで借りれるJ.Score(ジェイスコア)とLINEポケットマネー

AIを使って、AIスコアを出す。これは、それぞれの質問回答での属性を引き出すものです。

キャッシングの分野では、数年前にJ.Score(ジェイスコア)が、昨年はLINEのポケットマネーが登場しています。それぞれ、AIスコアによって、キャッシング属性を決めるものです。

ともにスマートフォンで行うのですが、質問1つ1つがAIの診断です。新たな更新をすることで、AIスコアアップもできます。スコアアップでは、よりよい条件でのキャッシングができることになります。

LINEのポケットマネー

J.Score(ジェイスコア)では、AIスコアであなたの借りれる金額はこれだけと出ます。

1000万円までの借入ですが、総量規制範囲内です。上限金利は12%であり、振込キャッシングです。この振込の点では、LINEのポケットマネーが上を行きます。というのも、ポケットマネーではLINE Payの支払いになります。

そこで、借入も返済もこの形になります。情報連携の提携銀行からの借入返済ではなく、LINE Payを使うことになります。多分、スマートフォンを使いなれている方はおすすめの内容です。

実際にはJ.Score(ジェイスコア)がおすすめ

ポケットマネーもAI診断によっ低金利で気軽に借りれるというのですが、J.Score(ジェイスコア)の方がお得です。

LINE Payという点では借りすぎてしまうということ。最初の仮審査で低金利だというのに、結局は高い金利の普通の大手消費者金融並のキャッシングになると言います。

AIスコアアップしたとしても大した違いがないなどの不満口コミが多いです。それなら、同じAIならJ.Score(ジェイスコア)が良いと言うことです。わかりやすさと低金利というのが強い味方です。

AIの世界

どんどんとキャッシングにもAIが使用されていくことになります。

コスト削減ですが、人工知能ではごまかしがきかないというメリットがあります。金融業者にしてみれば、その部分はとても大きいことです。しかし、低金利の提供では嬉しいことですが、信用情報はしっかりと反映しています。

J.Score(ジェイスコア)もポケットマネーもブラックリストの申込者ではすぐに審査落ちです。審査基準としては、大手消費者金融並です。AIスコアアップと言っても、ブラックリストであればそれ以上のアップができないです。

もちろん個人信用情報機関の内容との連動もしていますので、絶対にごまかしができません。AIはなめられないでしょう。

ただ気軽に申し込みができる

スマートフォンだけで完結という点。LINEの要領でできる。ゲーム感覚の申し込みでは面白いとの評判もありますが。くれぐれも使いすぎにはご注意を。