↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンとは?誰でも借りれる?

結婚式のために使えるブライダルローンは各銀行、信販会社で目的ローンとしてあります。
銀行では、ブライダルローンの名称で平均5%程度の金利が目立ちます。

ところで結婚費用

結婚資金が貯まったら結婚をする。
親には頼りたくないから自分たちでお金は出すと言ったものの、なかなか貯まらない上に、おめでた婚の場合は悠長なことは言っていられないでしょう。

最近の結婚式でというと、400万円程度が多いと言います。
結構いろいろやっての数字ですが、それでも簡単に出せる金額ではないです。
たいてい契約とともに支払いになりますから、ブライダルローンでお金をつくることで契約ができます。

結婚式の費用を先に支払う。
最近ではご祝儀での後払いの結婚式もありますが、やはりきちんと収めておきたい方も。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンはどこまで入る?

結婚式費用はもちろんですが、厳密に言えば挙式と披露宴です。
また結婚指輪、新婚旅行、新居にかかる費用も借りる事ができます。
ですから、挙式は200万円、その他の費用として200万円程度使いたいというのもありです。

どちらが借りる?ですか、どうでしょう?
結納金を収め、結婚式の費用は両家を交えてきちんと話をしておくことです。
ブライダルローンの利用についても、資金調達方法として考えていることを効果することが大切でしょう。結婚は自分たちだけの問題ではないです。

金利は低め

特に銀行では、低めになっています。
ブライダルローンではなく、多目的ローンとして結婚式用に使えるものもあります。
この場合低金利になるのは、多額の資金の借入ですが、ブライダルローンでは限度があり、固定金利5~6%です。100万円程度の借入でもこの金利です。

ですから、もし金融機関にブライダルローンがあれば、多目的ローンより金利が低いので、確認した上での利用がおすすめです。
返済期間は最長7~10年程度です。低金利という点でも、無理のない返済ができることでしょう。

ブライダルローンが借りられないとしたら

ブライダルローンでは審査があります。
誰が借りるか?によりますが、多額になるほど収入がある程度なければならないです。
もし現在ブラックリストや多重債務で返済額が多い状態なら、審査落ちしてしまう事もあります。

銀行も信販会社の審査でも、ある程度の条件が揃っていなければ借入ができないです。
事前に審査を受けることで、借入ができないと結婚式の内容も考えなければならないでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンの選択ポイント

ブライダルローンは銀行、信販会社で取扱をしています。消費者金融などにはない商品です。
審査に通るという前提で、選ぶポイントを見てみましょう。

金利

一番気になるところですが、銀行で5~6%、信販会社では8%程度です。
銀行では、多目的ローンとしてのまとまった金額が借りれるとして紹介していますが、はっきりとブライダルローンとして商品になっている場合があります。
ブライダルローンの場合は、証明が必要ですが、多目的ローンでは用途は自由で証明は必要ないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

限度額は?

予算の関係ですが、ブライダルローンのいくらまでがほしいかが問題です。
また審査によっては、個々の限度額が決まってしまいます。
ご祝儀を宛にすることができない前払いの式場では、結婚資金をどの程度用意するかで、金額が左右されます。

式場にかかる費用だけではなく、新居、新婚旅行にも使えるブライダルローンですからここは肝心です。限度額が高くても、借りられないことがあっては何もならないことにもなります。

返済期間の設定

もともと高額なブライダルローンでは、10年程度の返済期間がある場合もあります。
楽天銀行のブライダルローンは8年間で、限度額は300万円。金利は7%で、インターネット完結のローンです。

固定金利ですが、銀行にしては高い方で、限度額は低いです。
余裕のある返済ができるのは、月に1万円からの返済でOKということです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

繰上返済について

ご祝儀がそれなりに集まった場合、繰上返済で一気に返済を考えている場合は、繰上返済が良いでしょう。この場合、手数料がかかることがあります。

手数料が少ない、無料であったり、途中で多く返済ができるなど臨機応変のブライダルローンがお得になります。ネット銀行などでは繰上返済手数料がない場合も多いです。

提出書類

ローンですから、身分証明書等の本人確認書類、収入証明書、結婚式の費用の見積書、請求書などが必要です。また、支払済確認書類等で本当に結婚費用として使用した証拠も必要です。
審査次第では、他のローンに変えられ、高い金利になってしまう事もあります。

ここがブライダルローンですが、銀行の多目的ローン等の場合は、審査時の本人確認書類と収入証明書だけで良い場合が多いです。
うかうかしていると、結婚資金として審査が間に合わない事もあります。
結婚式が決まり、不足している資金の計算は早めに行うことです。

予算を組むときに

300万円のブライダルローン。
毎月の返済を自分たちで行う際に、せっかくの結婚生活がローン地獄にならない事も留意してください。
結婚式は派手にしたい、お金もかけたい方で、ブライダルローンに依存してしまって、後でオーバーローンとなってしまう事のないようにしてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カードローンではなくJ.Score(ジェイスコア) 今どきの結婚資金作り

結婚費用を自分たちで貯めるのではなく、作る。
ブライダルローンに申込したいけれど、何かと面倒、ということで、簡単に数百万のキャッシングができないか?

消費者金融カードローン

限度額は年収3分の一です。
300万円が必要なら、900万円以上の収入が必要ですが、もし審査通過なら、ブライダルローンよりも低金利キャッシングができるという事実がありました。
大手消費者金融では、3%台、ネット銀行のカードローンならもっと低いということになります。

ここで問題は年収の高さです。
銀行カードローンにしても同じですが。カードローンでも資金つくりに関しては、年収がある程度なくてはならないということです。
ブライダルローンなら、目的ローンなのでそこまでの年収は必要ないということになります。
第一消費者金融カードローンでは初回から限度額の借入ができるかわからないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)で借りる

消費者金融といえば、最近話題になっているJ.Score(ジェイスコア)があります。
これは、金融業者としては、最高金利で12%の低金利キャッシングです。
そこである程度高い年収であり、AIスコア・レンディングでインターネットに則した生活をしていたり、SNSを駆使しているライフスタイルの方の場合、かなり低金利になると考えられます。

200にのぼる質問にすべて回答してみて、金利を確認してみてください。
基本的に使途は自由なキャッシングで、低金利が見込めます。

カードローンというのなら

最初J.Score(ジェイスコア)で、今の自分の最低金利を確認してみてください。
例えば楽天銀行のブライダルローンは8%ですが、それより低い金利になるのなら、J.Score(ジェイスコア)が良いでしょう。
総量規制範囲内のキャッシングになりますが、カードローンの金利、銀行系カードローンよりも低いかもしれません。

金利比較は絶対

各銀行のブライダルローン、J.Score(ジェイスコア)の今の自分のAIスコアなどで比較をしてみてください。固定金利のブライダルローンですが、低い方との契約がおすすめです。

なお、J.Score(ジェイスコア)については、毎日質問に回答することで、金利が下がる場合があります。ゲーム感覚のLINEの要領で、質問に答えるだけでOKです。
ブライダルローンの検索とともにJ.Score(ジェイスコア)での結婚費用作り、低金利の方の選択は、長いローン返済にも大切なことです。
J.Score(ジェイスコア)では返済は、余裕のある月にはどんどん返済可能です。
繰上返済にしても手数料は無料です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンと多目的ローンについて

ブライダルローンは、高い収入ほど審査に通りやすいです。
契約者は、結婚する方限定です。両親が契約してという問題ではないです。

結婚資金すべてに対応

言うなれば、結婚費用にしか使えないです。
ブライダルローンの審査では、結婚式場のパンフレットや見積書、結婚指輪の領収書等、何に使ったかを報告しなければならないです。
ただ結婚関連だけど、関係のない資金として使いたいときには、銀行の多目的ローンなどが良いでしょう。使途は自由ですから、使い勝手は良いです。

ブライダルローンも多目的ローンも、金利は同じくらいです。
金利でというと、3%から10%程度ですが、10%と言うはかなり高いです。
カードローンではなかなかここまでの低金利はないのですが、銀行系カードローンなどではかなり高額な金額の借入ができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

固定金利が当たり前

ブライダルローンでは、カードローンとは違い固定ローンです。
5%程度での金利になっていて、借りる金額がわかっていたら返済額もわかります。

銀行の多目的ローンの場合は、変動金利もあります。
ブライダルローンとしてではなく、多目的ローンとなります。
審査のポイントは、収入と返済能力です。たいてい高い収入と安定している事を求められることになります。ここの点では、多少審査が厳しい、カードローンでキャッシングというようなことのように簡単ではないです。

返済期間は、比較的長い

余裕返済ができるのは嬉しいのですが、自分たちの生活がブライダルローンの返済とともに始まることになります。
ブライダルローンを契約をするにあたり、両家におおっぴらに話す事ができる場合とそうではない場合があります。事情はいろいろですが、新婚夫婦だけは共有してほしい情報です。

2人の結婚、新婚生活のための資金ですから、互いに確認してからの契約と返済が必要です。
支払いはあなたです、ではなく2人で行うと言う気持ちが必要でしょう。

ブライダルローンを使うくらいなら

結婚資金がないから格安結婚式をする方もいますが、2人と両家にとっては一生に一度のイベントです。無理のない返済ができるのなら、多少ブライダルローンに頼ってでも結婚式をしてよかったと思うこともあるようです。

消費者金融でムリムリ借りてというのではなく、ブライダルローンでも結婚式。
2人の門出として、ブライダルローンがあると素晴らしい思い出が作れるのなら、ブライダルローンの存在は大きいですし、貴重です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

消費者金融系で結婚資金を ブライダルローン以外ではどうかな?

結婚式にはお金がかかります、と言うよりはかけたい方も多いです。
それには資金が不足している場合には、カードローンを使いますか?

消費者金融では少し足りないかも?

総量規制が関係する消費者金融カードローンでは、最初からMAX借りれるものではないです。
カードローンでは、100万円以上借りたいにかなわない場合が多いです。

消費者金融ではないのですが、少しでも高額で低金利のキャッシングをしたい方にはJ.Score(ジェイスコア)がおすすめです。
というのも、決め手は低金利です。大手消費者金融並の審査であれば、AIスコアで貸付金利が下がります。
結婚したい、資金がほしいときに、ブライダルローンの前のJ.Score(ジェイスコア)で今の自分のAIスコアでどの程度低金利キャッシングができるかを確認してください。
総量規制範囲内の借入ですが、もう高収入者であれば、十分借りられる金額になることも。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利のブライダルローンだと言うけれど

銀行関係で5%、信販会社では8~10%です。
J.Score(ジェイスコア)では人によっては、もっと低い金利が期待できる可能性があります。
消費者金融ではなく、J.Score(ジェイスコア)だからできる低金利です。
同時にブライダルローンの金利も必ず比較してみてください。

共に審査がある

大手消費者金融の審査に通ればと言うのが大方の条件です。
信用情報で金融事故がない。現在、多くのキャッシングをしていないなどが条件になります。

ブライダルローンは固定金利のローンであり、J.Score(ジェイスコア)はAIスコアによる金利の変動ができます。
低くしたいのなら、全ての質問回答をした上で、インターネット中心生活をしてみることです。
J.Score(ジェイスコア)でここが肝心です。
キャッシング内容は使途は自由ですが、ブライダルローンの場合は結婚のためだけにしか使えず、領収書等の提出があります。

カードローン関係は簡単

銀行カードローンの場合、多額の限度額になることがあります。
審査に通り、高い収入がある方限定ですが、こちらは審査も早いです。
総量規制が関係するJ.Score(ジェイスコア)以上借りたい方は、考えてみてください。
なんといっても高額資金ですから、返済のことも考慮しての検討をお願いします。

銀行のブライダルローンでは、住信SBIネット銀行の多目的ローンがおすすめです。
ネット銀行の金利の安さと使いやすさでは各ブライダルローンでも最初に来る商品です。
事業性資金以外なら1000万円まで対応しています。これで豪華な結婚式も可能です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓