↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

結婚式のためだけに使えるお金


ブライダルローンとは、結婚式のためのローンで、住宅ローンやカーローンと同様目的ローンです。
キャッシングやカードローンとは違い、結婚式のために使用することを証明するため、見積書などが必要です。

現在、ブライダルローンは、10%以下の低金利です。
普通のキャッシング目的での融資は受けられることができません。
300万円しかかからない結婚式で、500万円の融資は受けられないということです。

銀行などでもブライダルローンは商品としてあります、
披露宴や新婚旅行などを対象としていて、結婚式の前後の用途については、各金融機関で違いがあります。
例えば、結納金です。ある程度の結納金はどうしても用意ができないという時に、ブライダルローンを使用したいところですが、資金として認められないこともあります。
使途条件については、各金融機関での決まりがありますから、必ず確認をしければなりません。

ブライダルローンは審査があります。
当然のことですが、返済ができるだけの年収、個人信用情報機関の照会により、金融事故などがあると、審査は通りません。
住宅ローンほど多額ではないのですが、カーローンよりは多い借入になりますから、返済がしっかりできると確認されないと、契約は出来ません。
保証会社の保証も必要で、年齢制限も一応存在します。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンのメリット


結婚式をブライダルローンで行う場合、様々なメリットがあります。
ほしい車を購入して、ゆっくり支払うカーローンと同じ感覚です。
本当はお金がなくて、希望通りの結婚式が挙げられないと思ったけれど、ブライダルローンのお陰で、夢が叶い、その支払いは2人で行う。
まさに夢が実現するローンといえます。

最近の結婚式は、お金をかけようと思えばどんどんと良い物ができます。
あれもしたいこれもしたいとワガママなようですが、一生に一度と思えば、多少の無理もしくなるものです。
お金がないからできないと諦めるのではなく、ブライダルローンがその夢を100%現実のものとしてくれます。

500万円かかる披露宴で、200万円だけどうしても足りない、という部分的なブライダルローンの使い方も出来ます。
それも思ったよりもご祝儀が集まった場合、それが完済するのも良いですし、ご祝儀を有意義な使い方をするのも良いでしょう。
一応用意をしておきたい方にも、結婚式に使用するという見積書があれば利用できます。

ブライダルローンの利用に関しては、必ず2人で決めてください。
少ない金額であったとしても、夫婦になって同じ家計から支払っていく大切な費用です。
どちらかだけが支払うのではなく、2人で一緒に借りて、一緒に返す形が理想的です。
そして、完済しないうちは絶対に離婚なんて言うことはありませんように。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンで結婚式もあり


結婚式の形も多種多様です。
ジミ婚などという言葉もありますが、今で言う格安結婚式。
手出しゼロの披露宴もあれば、1000万円近くかけての、テーマパーク貸し切りの結婚式などもあります。

挙式や披露宴、新婚旅行に関しては、それぞれに夢があります。
実現のためには資金があまりにも足りないという場合は、ブライダルローンの利用で、夢を形にすることができます。
結婚式は◯◯でとか、◯◯のウェデングドレスを着たい、新婚旅行は絶対に◯◯、とお金のかかることばかりが多いかもしれませんが、ブライダルローンがあればできるとしたらどうでしょう?
返済ができる範囲であれば、やりたい結婚式を行うことはお勧めです。

多分、結婚式は一生に一度です。
それもやりたいことがあるのなら、お金がなくて断念するのはもったいないです。
無謀なものだとしても、ブライダルローンで借金をしてでも、後で返済をするのですから、借金で結婚式、挙げましょう(言葉は悪いですが)。

各金融機関では、そんなに派手に宣伝はしていないですが、普通のカードローンやキャッシングとは別の商品としてブライダルローンを扱っているところは多いです。
金利も低く使いやすいのですが、審査は普通にバッチリとあります。

現在多重債務者であったり、数年前の債務整理などがある場合は、審査に落ちてしまうこともありますから、一応注意してください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンは結婚多額 返済は大丈夫?


金融機関のブライダルローンの限度額は大抵500万円程度です。
実際にはそんなに必要ない場合もありますが、ブライダルローンに関係するものとしては、披露宴や新婚旅行、結婚指輪までが入ります。
最近の披露宴では300万円程度が相場だと言われていて、新婚旅行も豪華な海外旅行ですと、それなりにかかります。

そして、結婚指輪も入れてしまうと、やはり500万円程度行く方も少なくありません。
金融機関の一部では、新居への引越し費用もOKの場合もあり、使途条件によっては、とても使いやすいです。

金利は低いところが多く、最高でも5%台です。正直この低金利はありがたいでしょう。
キャッシングなどでは到底かなわないことで、返済額が楽になります。
ちなみにクレジットカード会社のオリコのブライダルローンの金利は最低でも6%。
やはり、銀行の方が断然金利は低いということです。

もしブライダルローンを借りることになったら、当然ながら1円でも少ないほうが良いです。
そして、これからの返済についても話し合いをすることが必要です。
結婚資金のためのブライダルローンですが、新郎だけが借りる場合もあります。
結婚指輪や披露宴などは、自分が持たなければならないと責任感からです。
この場合、その後の返済についてよく考えることが必要です。

融資の額が大きいとそんなにすぐに返済ができるものではなく、あとから新婦が知った時に、ショックを与えないためにも、1人でブライダルローンを借りる時には一応考えたほうが良いかもしれません。
男の意地などもわからなくもないのですが、お金が絡むと後でややこしい事になってしまうこともあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

結婚資金、どうしよう?


結婚式を挙げることになった時に、最初に考えるのは結婚資金です。
お互いの出せるお金、両親からの資金提供などを考えて行くのですが、どうしても足りない場合は、カードローンやキャッシングという方もいるかもしれません。
それは、今、カードローンを使っていて便利だからという理由なら、ブライダルローンを考えてみてください。

ブライダルローンは、カードローンやキャッシングよりもとても金利が低いですから、同じ100万円を借りたとしても返済額は随分と変わります。
審査などはとても面倒ですが、返済負担が減る方が、後々何かと良いのではないでしょうか?

とはいっても、審査です。
利用条件ばかりではなく、自分の収入や過去の借金返済などの信用情報も普通に調べられます。
結婚式の内容をどんどんと決めていき、ブライダルローンでなんとかしようねといっても、審査が下りなければ結婚式も挙げるとはできません。
仕方ナシのキャッシングやカードローンですと、返済はとても大変になります。

そこで、ブライダルローンを利用したいということになれば、金融機関で相談をしてみることです。
保証会社の保証が審査に関係しますから、金融機関でもはっきりしたことは言えませんが、アドバイス程度の事は聞いてもらえます。
具体的などこまでの結婚費用がブライダルローンでOKなのかなど、細かな話も確認しましょう。

そして、結婚式ですが、ブライダルローンでどのくらい借りるつもりなのか、返済はどうするかなどを決めた上で、結婚式場などを決めるのも一つの手です。
ブライダルローン、審査に落ちそう、だから格安結婚式、というのもありです。
ブライダルローンも多額の借金ですから、お金がないからやらない、納得が行くのなら、この選択もアリです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓