銀行のブライダルローンの仮審査の質問とは?

ブライダルローンの仮審査があるのは、銀行の場合でしょう。
銀行のローンの審査は、最終的には保証会社が行います。

その前の仮審査とは、うちの銀行の判断はこうですという内容です。
ですから、仮審査=審査通過ではなく、仮審査で通過できない場合は、その後の審査では借りられないことが多いです。

仮審査って聞かないけれど

実際に、多額の目的ローンの場合は、銀行で事前審査とか仮審査の形で確認することが多いです。仮審査でスタンダードと言えば、住宅ローンです。

この場合は、必ず仮審査が存在していて、ブライダルローンよりは大掛かりです。
多くの銀行では、仮審査と称する内容で申込者の個人情報を確認することになります。

そんなにしなくてはならない?

銀行のブライダルローンでは、結婚式の披露宴ばかりではなく、その他の結婚にかかる費用も提供することが多いです。そうなると、どうしても多額のブライダルローンになることが多いです。

良い商品の提供は良いのですが気になるのが返済能力です。
収入は高いほど良い、安定した企業に勤務してることなどは興味があることです。
仮審査でのチェックでは、それぞれが銀行で判断をします。

信用情報ではなく、勤続年数が短期間だったり、アルバイトやパート、低収入などでは仮審査の時点で、本審査に行けない場合もあります。
仮審査の審査落ちもあり、その後の審査ができない場合もあります。

仮審査に通らない人

大方の予想ですが、年収が200万円以下の場合です。
いくら借りたいでも変わりますが、銀行の目的ローンの年収として、200万円以下は辛い数字です。既にキャッシングをしていて200万円以下の年収は審査落ちしてしまうことでしょう。
勤続年数1年未満の方も、高い収入だとしても審査落ちです。

これは、結婚予定があるから高い収入の仕事にしたという目的だとしても、ブライダルローンの申込の時点で1年以上の勤続年数が必要だとされています。地銀などでは、転職先が安定していてよかったですねという世間話の話題になったとしても、審査で数字が命です。借りられない可能性が高いと言えるでしょう。後半年で1年になるのですが、この状況は辛い部分です。

仮審査の状態での数ヶ月程度の勤続年数では、本審査はNGです。
そして、正社員ではないこと。厳しいですが、非正規雇用、アルバイト、パートでは厳しい判断です。このような仕事であり、安定した収入があるという説明。既に勤続年数も長いなどの対応も期待したいのですが、仮審査で通ったとしても、審査での判断が待たれます。

腐っても鯛ではないのですが、正社員雇用というだけで銀行の審査は弱いのは確かです。
個人事業主やベテランパートなどの審査の行方は不透明です。

銀行ブライダルローンはここが良い 完済済み情報も有利になる?

ブライダルローンの審査では、金融機関だけではなく、保証会社も行うことになります。
例えば、申し込み要項に◯◯保証会社の保証を受けられる方とある場合、審査が2回ある場合があります。

楽天銀行のブライダルローン

楽天銀行でも事前審査があります。
保証会社でのOKがなければならないのですが、申込内容での必要書類などが必要になります。
銀行では、必ず事前審査や仮審査があり、それを通過摺ることが必要になります。

一見、銀行でも簡単に審査が済みそうですが、銀行カードローンでも保証会社の審査があります。ほとんど仮審査の形はないですが、実際には銀行での審査を経て、保証会社に審査依頼することになります。

仮審査と審査の違い

仮審査も本審査も同じをするのですが、審査では返済能力の最終確認が必要です。
保証会社では、返済ができない場合は、返済負担をすべて行うことになります。
よって回収リスクが高い場合は、仮審査でOKでも容赦なく審査落ちの判断をします。
それだけ厳しいということです。

ブライダルローンでは、借金の額にして多い場合はこの審査が難しい内容になることが多いです。金融機関からの返答では、仮審査に通りましたから、本審査に行きますと報告がある場合がありますが、そこで借りれると思うのは早合点になります。

そんなに大変なの?

本当のことを言うと、銀行ではどんなローンでも仮審査が存在しています。
言葉に出すと大変な作業のようですが、チェック項目は、年収や収入、職業都勤続年数などです。信用情報では、クレジットカード払いの状況や返済の内容になります。

そして、ここが大きなポイントですが、既に銀行と深い取引があったり、口座があり利用している方は有利になるのは当然です。過去に、借入して完済している記録があるなどの銀行にとって良い客であれば、審査は通りやすいです。

そこで、地銀のブライダルローンの利用

挙式にかかる費用などで、親にも頼れない、貯金も乏しいのであれば、ネットで探すブライダルローンも良いです。

しかし、使っている地銀でのブライダルローンがあれば、仮審査をおすすめします。
給与の振替や長く口座を利用している場合、審査の内容がなんとなく良い傾向にあると言えます。当然安定収入だったり、信用情報で金融事故がないなどの最低条件がある上の話です。
地銀でのブライダルローンの利用では、仮審査の話も融通がきくこともあり、おすすめです。

長く楽天銀行のユーザーというのもありの話ですが、銀行では口座開設での有利な条件もゼロではない。仮審査にも大切な要件であることはアドバイスしたい部分です。
仮審査後の本審査、すぐに結果がでないですが、借りれる都良いですが。

ブライダルローンの仮審査は消費者金融よりも厳しい

ブライダルローンの仮審査に通らないと本審査も通らないです。
仮審査に通ったとしても本審査はわからないです。ブライダルローンの場合は、金融機関、クレジットカード会社での仮審査後は保証会社が本審査を行う順番です。

仮審査に通る条件とは?

年収と支払い能力です。
例えば、20万円程度のブライダルローンでは支払い能力も大した問題にならないと考えられます。収入もそうでしょう。しかし、これはキャッシングなどの考え方で、目的ローンでは安定収入が第一です。

借金がある時点で目的ローンの審査が大変との口コミもあることから、年収と支払い能力の仮審査では、単に返せる金額だから良いわけではないようです。
高い収入であることは大切ですが、それでもキャッシングをしていたら借りられない。
ブライダルローンの仮審査では、案外と厳しい内容が多いです。

披露宴にこれだけかかるのに

確かに、計画段階では良い結婚式をしたいのは事実です。
ブライダルローンがあるから大丈夫というのは甘い考えであり、仮審査の時点でも危機感を持つことです。

正社員以外では審査落ちとの仮審査も多く、アルバイトやパートのブライダルローンの申し込みもできないことが多いです。仮審査の部分でも本審査同様の内容であることは多いです。

学生の仮審査は全滅でしょう

正社員雇用でなければならないので、学生結婚のブライダルローン利用はできないです。
口座がある銀行だとしても、親の登場かカードローン頼りになってしまうこともあります。
仮審査と言っても、なかなか厳しい状態になりますので、本審査より楽とは言えないです。

安定収入と言っても

ブライダルローンの審査は厳しい内容です。
正社員であっても勤続年数が浅いことで審査落ちになることは良くあることです。
審査通過率もあまり良くないと言われていて、仮審査がある時点での審査の厳しさが実感です。

基準金利が低いブライダルローン

目的ローンのほとんどもそうですが、ブライダルローンも仮審査本審査がある銀行の商品は、低金利です。だからこそ審査も厳しくなるのですが、資金使途が自由でワイドな金額の借入もできる商品です。仮審査での厳しい内容に通過できるだけの条件は、なかなかのものです。

信用情報で乗り金融事故はもちろんNGですが、消費者金融借入などがある場合は、完済後の申し込みが妥当です。これから結婚したい方に対しては、ブライダルローンの仮審査は、そんなに甘くないということは確認してほしいことです。

ブライダルローンの仮審査の審査落ちの理由

ブライダルローンの仮審査でNGだったので、融資希望金額を下げてみたら借りれた。
金融機関の審査は厳しいと聞いたけれど、なかなかのものだった。

消費者金融は完済済みで

ブライダルローンの仮審査の時に、借金があることが原因で借りられないことがあります。
返済能力が不満があることですが、消費者金融の借入がある時には、必ず完済してください。
多くのブライダルローン審査落ちでは、カードローンやクレジットカードの返済が多くある方です。

目的ローンの申し込みでは、他社借入がある時点での仮審査でもうまく行かないことがあります。結婚費用全般が借りれるブライダルローンでは、人によっては100万円以上は軽く越える方も多いです。その時に、大手消費者金融カードローンの返済も100万円あったとしたら、仮審査でも確実に審査落ちになります。

クレジットカードの返済

例えば、ショッピングで数万円程度とか、携帯電話の借入程度なら審査に関係ないことが多いです、借入が現金では審査は難しいということです。

考え方ですが、借金とクレジットカードでのお買い物では、一応審査が別になることでしょう。
金利も低いクレジットカードの支払いが多少残っている程度なら借りれることもあります。

楽天銀行のブライダルローンでは

楽天スーパーローンの借入がある方でも、ブライダルローンの契約ができますと文言があります。これは自社の借金であり、返済能力を確認した上での仮審査になります。
多分これが、他社の借入ならこうは行かないでしょう。

楽天銀行のブライダルローンでは、披露宴などの式場の費用だけではなく、指輪や新婚旅行などの結婚に関するすべての費用に対応しています。その時に、領収書などの提出で事後報告をします。それで、ブライダルローンの金利7%が適用されますが、そうではない場合は、楽天スーパーローンの14.6%の金利適用になります。

このあたりの加減では、書類提出ができないとしても金利をあげての返済になります。
既に楽天スーパーローンで支払い実績があれば、ある程度の保証があることになりますが。
それでも信用情報、他社の借金内容では、楽天銀行の仮審査もうまくいかないことが多いです。
決して甘い審査ではないことは承知してください。

ブライダルローンの借入はできる少なく

当然のことですが、つい借り過ぎではなく、できるだけ小さい額の希望が妥当です。
仮審査の時点で多すぎとは、計画段階からの見直しも必要になります。できれば、貯金などである程度の結婚資金を出し、少しだけ不足している部分のブライダルローンの利用が理想です。

結婚費用に関しては、一夜限りの夢的な要素も大きいです。しかし一生の一度の大イベントです。ご祝儀の計算はあざといですが、全て返済に回せるからという計算などで、とにかく少なく借りる努力は必要です。

審査では安定収入が必要ですが、それ以前にとにかく大きく借りてなんとかしようという考えは、仮審査落ちで計画だ俺になってしまう方も少なくないです。

資金使途自由と結婚式だけでしか使えないブライダルローンの審査基準はほぼ同じ

資金使途が結婚費用全般になるブライダルローンでは、高額な限度額の設定になります。
銀行のフリーローンの感覚ですが、高いブライダルローンの借りられる方は限定的です。
結婚式、そしてその他の結婚費用が多額にしようと思えば大きなお金が必要です。
そんな時のブライダルローンですが。

正社員以外は審査落ち?

ブライダルローンでは仮審査を行いますが、正社員ではない申込では、その時点での審査に通らないことがあります。正社員でもボーナスももらっていない、勤続年数が浅い場合も同様です。
審査の過程では、返済能力の高さがとにかく優先され、その条件が正社員雇用になると言います。

考え方としては、結婚式をするのに、その収入の低さでこの金額を借りられると思う?
はっきりこういう回答です。

仮審査は、保証会社の手前の審査であり、金融機関で判断をします。
ここでの返済能力の低さを指摘された場合は、保証会社の審査も通らないことになります。

配偶者の収入と合わせて

ただし、仮審査では、夫婦の収入を合わせた金額での申込を勧める場合があります。
例えば、公務員同士の結婚式などでは、両方が正社員であり、それなりの収入があります。
こうした優遇なども仮審査のメリットです。

これは、金融機関にとっては、完済の可能性が高い申込に対しての対応であり、自身の上客になります。この場合、契約者が1人で、配偶者が連帯保証人になります。
同等の責任を負うことになりますが、借入額は大きくすることができます。

契約までの道のり

金融機関での仮審査では、提出書類も出します。
絶対借り過ぎができないので、計画の金額の設定になります。
それで審査を受けるのですが、審査次第では低くなってしまうこともあります。

そして、本審査でも提出書類があります。身分証明書、収入証明書と予定金額です。
後で、領収書を出すことになり、最終的にはかかった金額だけの借入になります。
余計な費用に使用することは厳禁です。

結婚式場だけで使える信販会社のブライダルローンでは、結婚式場に支払いをします。
その金額の返済になり、領収書などの提出書類はないです。
ただし、審査の段階での収入証明書と身分証明書の提出はあります。
信販会社での審査では、特別仮審査はないです。

ただし、審査に時間がかかりますし、自分の手元に現金が入るのではなく直接式場の支払いになります。そして、新婚旅行などには使えないので、純粋に結婚式だけに使えるブライダルローンになります。