ブライダルローンを使おう 結婚費用の工面

結婚式の費用が足りない。
そこで、レベルを下げて安く挙げるか、なんとかしてお金を作るか?
結婚式場でそんな相談をしていると、ブライダルローンがありますよ。
こんなことを言われることもあります。

結婚式のためだけのローンであり、イメージとしては自動車ローンのような目的ローンのことを言います。それを使うことで、費用を気にしないで思い通りの結婚式を挙げることができます。
ローンの使用で、夢が叶うと言っても良いでしょう。

ブライダルローンの存在

目的ローンとしては、後発になるのですが、銀行などの金融機関や信販会社で提供しているローンです。気になるのは金利ですが、平均5~7%という内容です。
不足している結婚式の費用を、カードローンで補おうとしてる方にはオススメです。

金利面では、ブライダルローンが断然オススメです。
そこまでして結婚式をしたいか?というのは他人の意見であり、当事者の2人にとってプラスになるのなら、ローンありの結婚式も良いのではないか?と思われます。

ブライダルローンを比較する

そこで、ブライダルローンと称するローンの比較をしてみてください。
金利と使用範囲がポイントです。

金利は低いほど良いのですが、使用範囲の点で、何に使えるかが問題になります。
これは、結婚式場で展開している信販会社ジャックスのプレシャンテでは、結婚式場でかかる費用しかローン対象にならないです。

しかし、楽天銀行のブライダルローンでは、結婚指輪や新居費用まで結婚全般の費用をカバーすることができます。この違いは大きいでしょう。いくら借りたいも大きな目的になりますが、どこまで借りれるか?も比較対象になります。

審査も関係するのは当然

ローンですから、審査に通らないと借りれない話です。
しかし、その前に借りるとしたら、どこまでの費用にするか。
費用がかかりすぎるので、レベルも下げようなどの検討も必要です。

また、返済方法なども検討していきましょう。
低金利だけではなく、返済負担を小さくすることも同時に考慮するのです。

ブライダルローンの変わりとしては、銀行のフリーローンがオススメです。
消費者金融のキャッシングよりも、低金利になって借入額も大きいです。
要は不足している結婚費用のお金ですが、1%でも低い金利の審査を通過できれば良いことです。カードローンほど扱う金融機関は少ないですが、地銀などで最期限定のブライダルローンもあります。

ブライダルローンの存在とともに、2人のどちらか申込ができることを確認することです。
子供の結婚式で親がブライダルローンの契約者になることはできません。

結婚式場で申し込みができるジャックスのプレシャンテ

結婚資金のブライダルローンの利用では、ジャックスのプレシャンテ画を使う方が多いです。
プレシャンテは、結婚式場で申し込みができること、国内だけではなく海外の結婚式場での使用ができること、多くの結婚式場窓口になっているなどの理由が大きいです。

ジャックスのプレシャンテ

固定金利6.5%の500万円までのブライダルローンです。
ジャックスはクレジットカード会社であり、特定の目的ローンが多いのが特徴です。
プレシャンテでは、結婚式場での提供が多く、提携している場合がほとんどです。

もし、結婚式場でどんどん話が進んでいき、不足した結婚式の費用の一部をここで借りたらどうでしょう?と言う流れになることが多いです。

ちょっと痛いデメリット

プレシャンテは、結婚式場との提携ですから、支払いがすべて結婚式場で対応をします。
そして、かかった金額の返済という形になるので、結婚式場だけの費用しか借りる事ができないです。

新婚旅行や新居のための結婚費用として借りる事ができないのが、デメリットになります。
しかし、限定的な借り方ができるので、余計に借りて返済が大変になることもないでしょう。

繰り上げ返済は可能

結婚式は普通の目的ローンと違い、結婚式のあとにご祝儀が存在しています。
それを繰り上げ返済として、プレシャンテの返済に充てる事ができます。
ご祝儀が多ければ、一回で完済してしまう場合もあり、一応見込みとしてご祝儀目的でブライダルローンの契約を考える事ができます。

6.5%の金利はキャッシングなどとは違い低金利ですが、返済がすぐに完了することで、新婚の残債を少しでも減らすことができます。結婚式場での話の途中で出るプレシャンテの話題ですが、返済に合わせたプランの組み換えなどもできるでしょう。

結婚式場としては

プレシャンテを扱うところでは、他の金融機関のブライダルローンの利用ではなく、そのままの契約が嬉しいでしょう。全費用の借入ではなく、不足してしまう数十万円だとしっかり相談に乗ってくれることでしょう。

10万円単位で借入する方も多いようですが、それで満足の行く結婚式ができれば、お二人にとっては最高の日になることでしょう。

プレシャンテの申し込みをすると

あとは結婚式場ではタッチしないです。
審査などはジャックスが担当して、審査通過なら契約ですし、審査落ちなら別の方法を検討したら良いのです。結婚式場では、プレシャンテの窓口になっているだけの話ですが、忙しい結婚式の打ち合わせで、結婚式場で申し込みができるのはとても楽と評判です。

自分で探すとなると、なかなか時間が取れないなどのデメリットもあります。
プレシャンテの利用は、その手軽さからも人気です。

金利は高めだけど、無利息期間のあるブライダルローン

ブライダルローンの金利は10%に近いと高いと感じられます。
これは平均5~7%のブライダルローンが多いせいですが、ゼクシィが提供する結婚式費用立替えプランは、注目です。

800万円までの総合結婚費用ブライダルローン

ゼクシィが提供するブライダルローンは、結婚式だけではなく、結婚に関するすべての費用を賄うことができます。結婚指輪、新婚旅行、新居なども対応します。

そして、ゼクシィは単に窓口になっていて、実際はスルガ銀行の目的ローン、カードローンの利用になります。ですから、最低金利でも8%台と多少高い内容になっています。

さらに、数十万円のブライダルローンでは10%以上になってしまうため、決して低金利のブライダルローンとは言えない内容です。実際の名称は、スルガ銀行の目的ローンですから。

ところが、ここからがゼクシィの出番

ゼクシィでの結婚式費用立替え制度では、返済の最初の3ヶ月が無利息になっています。
ここが、多少金利が高いとしても、他のブライダルローンとは大きく違います。
要は、3ヶ月で完済ができる範囲であれば、無利息で元金だけの返済ができます。

ブライダルローンの返済はご祝儀でどんとしてしまう方が多いですが、繰り上げ返済に関しては、手数料がかかったりしますが、それもなしです。
無利息の期間があることで、普通の返済にはない大きなメリットがあります。

資金使途が自由

これも魅力です。
予定している資金だけではなく、返済計画を立てた上で、無利息期間を利用しての結婚全般の利用ができます。

高い金利は気になるのですが、返済が早くできることで、大した気にならないということです。
ご祝儀目的と言えば、あまり聞こえは良くないのですが、ゼクシィで立て替えの要領で結婚式ができるというのは嬉しい限りです。

審査はスルガ銀行の審査基準

ブライダルローンとしてではなく、スルガ銀行の目的ローンの審査になります。
ネット銀行のスルガ銀行では、銀行系のキャッシング審査でも、“比較的甘い審査”とされています。それでも一定の収入や信用情報で金融事故者では借入ができないのですが、返済能力がある方なら、審査通過もあります。

結婚されるどちらかが契約することになりますが、ゼクシィを通じて申し込みができます。
この直接金融機関ではなく、結婚式の話の途中での申込については手続きも楽にできます。

銀行カードローンとしても使用できるのですが、とりあえず結婚式のためのキャッシングであり、完済に全力をあげることをオススメします。
最初の3ヶ月の無利息というのは他にはないブライダルローンです。

楽天銀行のブライダルローンはなかなかの人気

結婚式のためのブライダルローンは楽天銀行でも取扱をしています。
目的ローンの一つですが、結婚費用全般に利用ができ、資金使途が自由です。
7%の金利は、平均的と言えます。

使いやすいと評判

既に楽天カードローンや楽天銀行の利用している場合は、審査も楽です。
しかし、信用情報や収入などできちんと審査をした上で、甘い審査とは言わないですが、申込などは、楽天会員なら早いです。WEB完結であり、300万円が限度額です。金利だけではなく、申込が簡単なのも人気の一つです。

ここは要注意

ところで、楽天銀行のブライダルローンでは、使用前に資金提供を受けます。
ジャックスのプレシャンテは、直接結婚式場に支払う形で、その金額がブライダルローンになります。ということで、これだけかかりました、これだけかかりますという結婚費用の目的に使った証拠が必要です。

資金提供から決まった期間に、結婚式場の明細、新婚旅行などの領収書などの証拠書類を提出することになります。100万円を借りて、結婚式では50万円の領収書しかないと言うことになるとこれは話が違うということになります。

この領収書の類の提出がないと、金利が14.5%になります。これは楽天銀行のスーパーローンの金利です。ですから、速やかに領収書などを提出して、すべて結婚式のために使いましたと申告することが重要です。

結婚費用全般に対応するブライダルローンは皆同じ

プレシャンテのように、結婚式場しかかからないのであれば、ブライダルローンの内容をごまかすことはできないです。しかし、使途自由の場合は、証拠書類が必要です。

楽天銀行のブライダルローンだけが特別ではなく、他のブライダルローンも同様です。
金利が上がってしまうので要注意です。

目的ローンを借りる

まとまった金額のブライダルローンなら、銀行系の目的ローンも同じ程度の金利で提供しています。こちらは、証拠書類がなく、何に使っても良い内容なので、使いやすい点では大きなメリットがあります。審査基準としては、金融機関によるのですが、目的ローンもブライダルローンも審査基準の差はないです。

決まった期間に証拠書類が揃わないかも?
結婚式とは関係ない資金として使いたいときには、ブライダルローンでごまかすのではなく目的ローンも同時に検討されることをオススメします。
借入額に相当する証拠書類がなければ、ブライダルローンとは言わないです。

楽天銀行ブライダルローンの返済

楽天銀行殻の引き落とし、お金がある時に少しずつ返す。
そして、繰り上げ返済が可能です。
すべての手数料がかからないので、完済を早めることもできます。

ブライダルローンの審査について

結婚費用が足りない時のブライダルローンをご存知ですか?
結婚式場だけで不足したクレジットのように使えたり、結婚式だけではなく結婚費用をすべてカバーできるローンなどがあります。

結婚式はお金をかけたいイベントの一つです。
返済も考慮してローン契約は、是非検討してみてください。

審査は厳しい?

ブライダルローンの多くは10%以下の低金利の商品が多いです。
そこで、低金利と言えば、金利は甘くないです。
借入したい金額によるのですが、年収は200万円以上がほしいです。
アルバイトやパートは、審査は難しいです。

たとえ、数十万円の借入額だとしても、カードローンのような審査ではないです。
利用条件としては、安定した一定の収入があり、金融事故者ではないことです。
目的ローンとしての位置づけでは、ブラックでは借入ができないでしょう。
収入証明書が出せる、できれば正社員などで、勤続年数も1年以上は絶対です。
新郎新婦どちらでも安定した収入の方であれば、審査は通ることが多いです。

ちなみに、三等親までの収入が合算できるブライダルローンもありますが、こちらは低金利ではない内容です。借入額が小さい場合、キャッシングと変わらない高金利になってしまうことになります。

個人信用情報機関で金融事故はNG

審査では、カードローンやキャッシング以上の厳しさがあります。
現在多重債務であれば、キレイにすることは必要です。

1社程度の大手消費者金融の借入で、返済が正常なら良いですが、既に2社以上の返済をしているのなら、完済されることをオススメします。そして、銀行系、信販系のブライダルローンはどちらも審査が厳しいと考えてください。

審査に通らない

審査では2つの原因が考えられます。
1つは申込者の信用情報などで、審査基準を満たしていない場合です。

もう1つは、借入額を少なくすることで、審査が通ることがあります。
結婚式全般の見直し、新婚旅行も海外ではなく国内するとか、借りたい金額を下げると審査通過ができることがあります。カードローンで借りよう、もうローンカードがあるし。と言う前に見直しをしてみることです。

カードローンよりも低金利のブライダルローンですし、ご祝儀がたくさん集まれば、繰り上げ返済も可能です。その時に低金利であることは嬉しいことです。

審査に通らないから結婚式は延期

この選択もあります。
ブライダルローンの審査基準で、申込者の勤続年数があります。
その条件に満たない場合、1年待てば良い、延期で再チャレンジもありです。
それまでに資金が貯まるなら、なお良いことですが。

ブライダルローンありきの結婚式というのも、是非検討してください。
お二人だけではなく、親族にとっても大切なセレモニーです。