↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンの勧め まずは審査が通るかが問題だけど


結婚式の費用が不足しがちな方に、ブライダルローンはお勧めです。
大切な結婚資金で、あと少し手持ちがあればあれもできるこれもできるといった場合、どうしてもお金が足りないことで後悔してしまうこともあります。
両親からの援助金がない場合、お互いの貯金が不足しがちな時は、ローンを組むことも一つの手です。

住宅ローンやカードローンは、皆さんも当然行っているローンですが、ブライダルローンはどうかな?と思っている方に。
住宅や車は長く使うものですから、ローンを組んだとしても元は取れると考えがちです。
ところが、結婚式や新婚旅行というのは一瞬の出来事に過ぎません。
それにわざわざローンを組むなんてと考えている方も少なくありません。

価値観の相違で、お金がないからできる範囲の披露宴をしよう、質素な内容が良い、またはもう結婚式なんてしないのもありです。
格安結婚式なども全国で行われていて、ご祝儀で披露宴まで賄えることもできます。
インターネットでは、様々な結婚式の形を見ることもできますが、いろいろと探していくうちに、やっぱり結婚式はきちんと挙げたい心境になる場合もあることでしょう。

見栄もあり、立派な挙式をしなければならない事情もあり、しかしお金もないということになると、ブライダルローンも選択肢としては、住宅ローンやカーローンと同じ扱いで良いでしょう。
数日間の結婚に関連するお金ですが、そのことが一生心に残るものであれば、住宅や車以上に大切なイベントであることは違いないです。
ローンと言っても数年間の辛抱と考える事ができるのなら、やはりお勧めできるローンの一つです。

ところで、このブライダルローンには審査があります。
ですから、既に消費者金融などから借入がある場合は、審査に通らないこともありますし、収入の安定がなければできない話です。
新郎が十分な信用がなければ、新婦が組んでも良いのですが、実は今まで家事手伝いで、ということであれば、ローンを組むことすらできないのです。
一応、この審査が通るか通らないかも念頭に入れ、どんな結婚式にしたいか、資金不足で、ブライダルローンが組めないときには、何に妥協をするかなどを考えてみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンの審査基準について


ブライダルローンの審査は、普通のカードローンや消費者金融の内容とほぼ同じです。
金融機関で、貸付をする場合の審査基準は、商品の名称が変わったとしても、特別な違いはありません。

ブライダルローンの前に、金融機関での融資の申込をした時、審査に通らなかったというのであれば、ブライダルローンも審査で落とされてしまうと思ってください。

審査に引っかかる具体的な例として、

  • 現在多重債務者である
  • 数年前に債務整理をした
  • 他のキャッシングなどで滞納をしている
  • 現在一定の職業に就いていない
  • 年収が低い
  • などです。これは普通のカードローンとほぼ同じです。
    反対に、ブライダルローンがOKな場合は

  • 正社員である
  • 過去に借金の経験がない
  • 借金をしたこともあるけれど、完済している
  • 現在も過去の借金の滞納や遅滞がない
  • 債務整理経験がない
  • 現在、年収が200万円以上ある
  • などです。

    銀行系の審査はとても厳しく、消費者金融系のブライダルローンなどは比較的審査も甘いこともありますが、借金関係の債務整理や滞納・遅滞に関しては、消費者金融でも審査は通りません。仮に、通ったとしても、消費者金融系の金利はとても高いのです。

    実際に申し込みをしてみないとわからない場合もありますが、上記の審査NG項目で一つでも心当たりがある方の場合は、ブライダルローンはできないと思った方が良いでしょう。
    ただし、結婚する2人が使うものですから、どちらか契約をしても大丈夫です。
    どちらも同じようなことがある場合はできませんが、新婦は定職もあり、収入が安定しているのなら、ブライダルローンを組んでもOKです。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    楽天銀行のブライダルローン


    ネット銀行大手の楽天銀行のブライダルローンをご紹介します。
    金利は7%で10万円から300万円まで可能です。
    ネット銀行ですから、申込書などの郵送手続きなしで、既に口座がある方は簡単に申し込みができます。

    結婚式費用として披露宴、結婚指輪や婚約指輪、新婚旅行までの使途がはっきりしていれば、契約ができます。
    新婚旅行だけの場合は、ブライダルローンは組めません。
    借入期間は最長8年4ヶ月ですから、返済を逆算して計算ができます。

    提出書類は、本人確認証、源泉徴収書などの所得がわかるものと結婚式費用の請求書などです。
    融資実行の1ヶ月以内の提出の義務があります。
    もしこれが守られないと、金利が14.5%になってしまうというペナルティがあります。
    これは、楽天銀行で発行しているスーパーローンの金利です。

    手軽な申し込みができる楽天銀行のブライダルローンですが、気になる審査は、金額にもよりますが、他社の借入がいくつかあったり、安定収入がない方は難しいです。
    目安としては、年収300万円以上の20歳から60歳以下の方となっています。
    そして、国内に住んでいる条件というのも国際結婚をお考えの方にとっては、考えなくてはならないことです。

    もし、300万円のブライダルローンの場合は、月額返済額が4万円以上と決まっています。
    もちろんボーナス併用も可能ですが、借り方にも気をつけなくてはなりません。

    収入があまり高くない方で、1万円台の返済しかできない場合、楽天銀行のブライダルローンでは50万円が限度額になってしまいます。
    それでは足りないという場合、最初から選べないブライダルローンと言えるかもしれません。

    手軽の裏にはいろいろありますが、銀行でのブライダルローンを考える時、楽天銀行と既に取引がある方で、返済がなんとかできそうという方は、銀行系のブライダルローンとしては使いやすいといえるでしょう。
    審査内容は、銀行は大抵同じ内容になっていることが多いです。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    ブライダルローンは必ず比較して決める


    銀行系のブライダルローンは、あまり数が多くないです。
    存在しているブライダルローンは低金利のものが多く、フリーローンを利用するよりも返済額が少なく負担は小さいです。
    ですから、結婚費用の捻出には、できるだけブライダルローンを使用したいところです。

    ブライダルローンにもちょっとした工夫が必要です。
    300万円かかる結婚式の資金として、全てブライダルローンでなんとかしたいとします。
    あちこちの金融機関で、最高限度額もそれぞれですが、できればそのブライダルローンが300万円の金融機関からの利用がお勧めです。
    現在、余裕の500万円なんていうところもありますが、多ければ良いというものではないのです。

    キャッシングやローンで、最高限度額がその商品の最低金利になることが多いです。
    ですから、

  • A 最高限度額500万円 金利5%~14%
  • B 最高限度額300万円 金利4.5%~15%
  • とある場合、300万円を借入したいのなら、Bを選択する方が金利が低いのです。
    このように、最低金額で利用をしたい場合は、最高に近い金額から見ていくと、返済額が大きく変わってきます。そして、ブライダルローンの高い金利は、少額の場合です。
    ですから、50万円程度のブライダルローンならAの方が金利は安いことになります。

    数は少ないですが、選択肢はいくつかありますから、借り入れたい金額と金利については必ず検討することが必要です。
    また、審査によっては、借りたい最高額が通らないこともあります。
    収入だけではなく、他の借入金があったりするときには、減額されたり、審査そのものが゜通らないこともあります。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    信販会社のブライダルローン


    ブライダルローンの中には、信販会社が提供しているものもあります。注目なのは、金利の低さです。
    銀行系のブライダルローンでも金利はフリーローンと比較をしても低い(金額が少ないとそうではない)場合も多いですが、信販会社でも銀行の低金利よりも低いところがあります。
    そして、特徴としては、結婚式場と提携していることです。

    提携しているということは、結婚式場そのものが限定されるのですが、大手信販会社のブライダルローンでは、ほぼ全国の有名結婚式場と提携しているので、ブライダルローンから結婚式場を探すのも一つの手です。また、この提携で特別なサービスを受けられる特典もあります。

    結婚式をするに当たって、何度も打ち合わせをして、現実味が帯びてくると、予想よりも遥かに費用がかかることがあります。
    妥協したら良いことですが、打ち合わせのひとつひとつがワクワクの連続で、あと◯◯円あれば、諦めないで済むのにと思うことも多いです。

    そこで、ブライダルローンを利用することを前提に話を進めていくと、まさに夢が叶う、何ていうこともあります。
    それを打ち合わせの時に契約をすることで、改めて銀行系ブライダルローンに申し込みに行く必要もなく、料金も結婚式場でわかって手続きもそのままできるので楽です。

    そして、結婚式は蓋を空けて見ないとわからないというのがご祝儀です。
    おもったよりも集まったのなら、そのままブライダルローンの支払いに回すこともできます。
    返済期間も短縮できるかもしれません。
    結婚式場と提携している場合のブライダルローンは金利も低いことがあり、返済計画も立てやすいです。

    ただし、このローンは、総量規制や借入金が既に多くある場合は利用できないです。
    審査に関しては、普通の信販会社と同じですから、借りられる金額の制限などもあります。
    だから、あと1年でその他の借金返済をしてから、審査に通るまで待とう、それもありです。
    お金を貯めようと言うよりは、こちらの方法を使う方が結婚資金を作りやすいでしょう。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓