↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

お金ないから結婚式は挙げない、ができない人へ

結婚式を挙げたい。そのときにネックになるのがその費用です。
結婚式はどうするか?披露宴の有無?両親や親族の手前、しない手はない等それぞれの結婚式事情はいろいろです。

最低費用を押さえよう

現在、一口に結婚式と言ってもさまざまな形があります。
そして、基本の固定費用は結婚式だけにかかる部分です。
神前式や教会式、人前式で行われけることが多いですが、これは親族のみの列席で、式と食事のみが多いです。格安結婚式としても紹介される、小さな結婚式です。

最近の傾向としては、衣装も付けたり、演出も多少ありますが、だいたい親族のご祝儀程度でまかなえる内容、もしくはプラスアルファです。
そのアルファの部分もお金ないということであれば、考えなくてはならないことですが。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

やっぱり披露宴

最低費用の他に披露宴と言うことになると、こちらの方がお金はかかります。
しかし、こちらも格安結婚式として、後払いでゲストのご祝儀をあてにできたり、最初からリーズナブルな演出もあります。

ただし、そうした内容が全国で存在しているわけではなく、地域的な伝統や風習も考えた式にしなくてはならない場合もあります。
それなりの人数の披露宴では、どうしても自己負担額が大きくなります。
知り合いが1人者と夫婦者の人数の違いも、費用を大きく変動させます。
披露宴のお金のかけ方は、結婚式の情報サイトなどで、提案がありますから参考にしてください。

最初からお金ない

何をするにしても、自己負担額0円は無理です。
貯金がない、親にも頼れない方は、ブライダルローンの利用はどうでしょうか?
ブライダルローンでは、10万円程度からの利用で、新郎新婦どちらでも契約が可能です。

また、数十万円ではカードローンでの利用もありでしょう。
お金を借りてまで、結婚式はしたくないというのもありです。
実際に、お金がないから2人で入籍だけをしているカップルも多いですが、反対に結婚式をしなくてはならないカップルらとっては、お金ないからは理由にならないです。

結婚式場で相談できる

結婚式場、ブライダルサイトなどでも費用の相談は多いです。
お色直し3回やりたいけれど2回で我慢とか、人数が増えても金額が変わらないのなら、たくさん呼ぼうか。
ブライダルローンの申込み、仏滅に式を挙げることで80%OFF等の結婚式場もあります。

結婚資金があまりない方の結婚式として、ブライダルローンの利用。
すべて借りるのではなく、一部だけでも資金調達ができれば、満足の行く式の実現もあることでしょう。
特に、新婦とその親にとっては、また新郎の親にとっても、結婚式はなくてはならないと思っている方は多いですので、お金中から何もしないとできない乱択の方もいるのでは?

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

お金ないなら借りるという選択

結婚式の費用にブライダルローンを利用したい場合、そのローンでどこまでの内容の費用を借りられるかは確認が必要です。
ブライダルローンの場合は、結婚式場と提携していてそのまま費用が支払われる場合と、後で領収書を提出するバターンがあります。

一般的なブライダルローン

ブライダルローンは、挙式、披露宴、結婚指輪の購入代金等が使途です。
また、新居の費用、新婚旅行の費用もブライダルローンでできる場合もあります。

結婚式と言えば、式だけだはなく、新婚旅行も引っ越しもブライダルローンでしたいと言うのなら、ブライダルローンの選択もしなければならないことになります。
金利は平均7%程度。カードローンよりは、借入金額が少ないほど低金利です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

予算に合わすか内容に合わすか

結婚式は、お金ないから質素にする。
こんな結婚式をしたいけれど、お金ないからどうしようの2つのタイプがあります。

一番多いのは、その中間である程度結婚資金はあるけれど、少し足りないからブライダルローン、カードローンです。
このときにブライダルローン審査に通るのなら、低金利で利用ができます。

固定費用と変動費用

結婚式の費用では、固定費用と変動費用と呼ばれる費用があります。
このうち、変動費用が人数によって上下するもので、料理や引き出物、会場装花などです。
そのほかが固定費用で、衣装代や司会、会場費などです。
ここで、固定費用は人数に左右されないのですが、変動費用では人数によって変わっていく内容です。

ただし、結婚式にはご祝儀が付き物であり、ご祝儀なしの出席はないでしょう。
ですから、予算を考えるときに、固定費用を抑え、変動費用でオーバーする部分の調節をすることで、予算を組むことができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

自己負担額を小さくしたいがために

格安結婚式もありますが、ゲストの評判はイマイチです。
本人に向かって言う方はいないですが、会場が貧相だったり、料理なども多少見栄を張ることで、良い結婚式であるとも言えます。
ですから、固定費用の部分を抑えることを考えると、ゲストに直接影響がない予算を抑えた結婚式ができます。

負担と言えば

そこで、最近は銀行や信販会社ではブライダルローンの用意があります。
これは、結婚式のための資金調達法ですが、カードローンと比較をして低金利であることがメリットです。自動車ローンと同じ目的ローンです。

そこで、不足してしまう部分だけを借りて、ある程度レベルの結婚式を挙げるのも良いでしょう。
新婚からローン返済と言うことになりますが、2人の結婚式がより良い者になるのであれば、これも利用価値は高いでしょう。
数十万円のローンであれば、大した負担でもなく、ゲストたちにも自慢できる式が実現できます。お金がないとしても、借りる選択があれば、できないと思っていた結婚式もできますよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

500万円用意しなきゃ?

500万円くらいないと結婚式は挙げられない。
貯金はどのくらいある?親の援助はいくらくらいある?

もし、結婚したい相手からこんなことを言われたとしたら?
そうだ、そうだという方、そんなに豪華な結婚式はいいかも?
と意見は分かれることでしょう。

平均はない

よく結婚情報誌やサイトで平均300万円とか、料理は3万円とあります。
結婚式に関して、本当の比較が難しいです。
なぜなら、1つ1つの内容も価格が違いすぎで、それもチョイスしての演出になります。

例えば、ウェディングドレスですが、インターネットの中古品サイトでは1万円程度で豪華なドレスがあります。
もし、それと同じドレスを結婚式場で借りるとしたら、その式場で10倍以上の差が出るといいます。要するに、結婚式場の格、料金設定の違い等でも大きく変動する部分です。

地域差もあります。まずは、どこでどのような結婚式をするか?です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

その地域での結婚式特徴

東京で新郎新婦が地方から両親と親戚を集めて結婚式をするとします。
そこで、どこにしようか?どこでしたいか?
理想の場所から入ることもありますが、300万円でできるところはどこ?という探し方もできます。

実際にブライダルフェアに行き、あれもこれもいいなと見ていると、自己負担額が大きくなっていく、さあ、どうしよう。
という感じで、実際に結婚式とお金ではシビアな乖離状態が見えてくることがあります。

どちらを優先?

お金がないから小さくするのか、質素にしていく。
お金はないけれど、なんとかしたい結婚式。
ということであれば、ないお金はどうしよう?

そこで冒頭の500万円なくてはならないというこの話になります。
お金がないから、格安結婚式も良いでしょう。
しかし、これだけの結婚式をしたい場合、ブライダルローンの利用がおすすめです。
ただし、内容は確認してほしいことがあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ご祝儀の存在

結婚式って、500万円かけたとしても、ご祝儀もあることで、150人呼んで、1人3万円のご祝儀なら、合計450万円は集まります。
ん?結婚式が終了すると、450万円の収入?ということになります。
ですから、ブライダルローンの利用は結婚式場が前払いだからで、後払いなら自己負担額も少なくて済むということです。

すぐに完済しますと言うことになると、手数料がかかったり、繰上返済ができない場合もあります。
ブライダルローンについては、本当に一時的な借り方、そうではなくこの先もずっと返済していかなければならない方がいます。
ローンの利用については、完済ができれば良いことですが、どうやって返すまでをきちんと把握した上で、確認してください。

500万円というのは

最近の結婚式では、場所ばかりではなく演出も多彩です。
呼ぶ人数が多ければ、500万円だとしても、すごい豪華に内容ではない場合もありますが、本当に地域差は大きいです。

また、新郎新婦2人だけで決められる結婚式なのかも問題です。
両親のこともありますので、結婚に関しては、周りのこともよく考えてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

自己負担額ゼロの結婚式 ブライダルローンを使えない方

結婚式では、自己負担額をどう作るかが大きな問題です。
それがないことでは、結婚式ができないということはないです。
貯金ゼロの結婚式の方法はいろいろとあります。

自己負担額ゼロの結婚式

この情報サイトからの結婚式場は後払いが基本。
費用がご祝儀で賄うことで、自己負担額がなくても良いというのはこういうことです。
ゲストの人数で大まかなご祝儀を予想して、結婚式を作っていくということです。
後払いだけではなく、大安ではない、閑散期の結婚式にすることで、結婚式場ができれば予約を入れたいときに、ディスカウント価格にしていることがあります。

もしその日で良かったらということですが、ご祝儀で十分な内容の結婚式ができます。
ここで結婚式をしたいけれど、貯金がないから諦めるという方におすすめの方法です。
ぜひ相談してみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンはあるけれど

ブライダルローンでは結婚式に関するお金を借りる事ができます。ただし審査があります。
新郎新婦のどちらかが借りなければならないのですが、カードローンの審査よりも厳しいとされています。収入があることが原則ですが、パートやアルバイトでは審査通過は難しいでしょう。
という部分で、ブライダルローンは使えない方もいます。

両親からの援助も当てにできないとなると、ご祝儀です。
そこで、後払いなら、その内容の結婚式ができることになります。
カードローンでも借りれるのですが、その後の返済はとんでもないというお二人にとってはローンしてまで結婚式はしない方も多いです。
しかし、一応後払い、自己負担額ゼロ結婚式は存在していますから、参考にしてみてください。

せっかくの結婚式だから

後払い、大安以外、結婚式場が空いている時の予約。
それだけでも結婚式場のディスカウントは大きい場合も。

この時に固定費用である、会場費や衣装代などが大きく下がるだけで、ゲストに対する変動費用の料理や引き出物などは、ディスカウントしないことです。
格安結婚式では、質を下げることで、ゲストはすぐにバレます。
特に料理だけは見栄を張ってでも良いものを提供してください。それだけでもゲストは満足です。
ただ、結婚式場での対応が、ディスカウントの部分で人数が少ない等の口コミもあります。

後払いでの結婚式をしたいのなら

リサーチは徹底されることをおすすめします。
さまざまなサイトもありますが、できれば結婚式場の口コミ等も確認してみてください。

そして、格安結婚式の場合は、親族のみとその他で安さの内容が違います。
親族のみの小さな結婚式で格安という場合と披露宴を兼ねた格安です。
両方の比較だけはきちんと行うことです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

結婚式そのものを格安結婚にするにしても

スマ婚、式だけ婚等でお金がない方も結婚式が挙げられることはあります。

スマ婚

自社で結婚式場を持たずに、各地の結婚式場と提携し、途中マージンなしですべての費用がまかなう事ができます。
会場も一流の所が多いのですが、格安結婚式をそれなりの結婚式場で挙げたい方にはおすすめです。

後払いOKの結婚式場が多いので、ご祝儀で支払うことが可能ですが、自己負担額はゼロではないでしょう。
楽婚だったり、格安婚等と言われるこのような結婚式は、お金がない方で、結婚式を諦める方たちにおすすめです。

絶対に外せない挙式部分の固定費用はきちんとかかりますが、ゲスト次第の変動費用で、結婚式全体の費用を抑える事ができます。
そして、共通しているのがご祝儀で後払いができるから、自己負担額が低い事になります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

デメリットはある?

スマ婚では、細部についての口コミがありますが、どうしてもこちらに伝わっていない内容が多いです。それが、◯◯できないの項目です。
ゲストが多いほど、ご祝儀が増えますが、こうした結婚式では、コストを下げるために、質が低下していくことが懸念されます。
ある程度自己負担額がないことには、質を落とすことに関しては、おすすめできないです。

自己負担額を作る

それが、親や自分たちの貯金であれば問題ないです。しかし、それがない。
実は、お金がないからこのような後払いの結婚式を選択する場合も多いです。
実際に話をしてみると、ここまで安くしたいのなら、料理のランクを下げるとか、ドレスも気に入ったものは着られないということも多いので注意したいです。

ですから、ここで提案としては、ブライダルローンやカードローンです。
こうした格安結婚式の場合は、あと数十万円出せば、質を簡単に上げることができます。
実質ゼロ貯金のための結婚式ですが、少しはありますが、と言うことになると、話は違います。
本当は500万円もかかる内容を、300万円程度で挙げられることが多いです。
事前に用意をしておいて、と言うブライダルローン等の使い方はおすすめです。
もしそんなに予算が行かないのであれば。そのまま返済してしまえば良いのですから。

借りたけれど、使わなかった。ブライダルローンなら低金利です。
カードローンでも、すぐに一括返済では金利もそれほど高くはないです。

一生に一度の結婚式

どんな形にしても、自分だけではなく、周りの人に祝福されることが大切です。
見栄ですが、料理ランクだけは落とさないことです。
後で、何を言われるかわからないですが。食べ物の恨みは深いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓