結婚式ローンとは?審査は厳しいって本当?

結婚式ローンはブライダルローンの商品名で銀行や信販会社で提供しています。
結婚に関する費用にだけ使用ができる目的ローンであり、キャッシングとは違います。

ですから、結婚式のための費用をキャッシングで高金利で借りるよりも、結婚式ローンの審査で借りる方が低金利です。ここは目的ローンのメリットとしては大きいです。

結婚式ローンの審査

これは一般的に厳しいとされています。まず問題なのが費用です。
結婚式は費用をかけようとするのなら、いくらでも高い内容ができます。
結婚式のための内容だからと審査のことも考えずに申し込みをするのは危険です。

目的ローンでは、完済見込みがある方しか契約ができないことから、収入に見合った審査になります。ですから、結婚式の目的で10万円だけ結婚式ローンを使いたい場合とすべての費用200万円を借りたいときの審査も違います。

厳しいのは返済能力の問題であり、少額の借入なら審査は楽に通ります。
しかし、多額の費用だったり、既に借入がたくさんある方が、新たな結婚式ローンの契約となると借りられない場合があります。

銀行と信販会社の審査の違い

ここも大きいでしょう。
銀行では、低金利の目的ローンを含む結婚式のためのローンの用意があります。
銀行でのお金の借り方としては、厳しい審査は当然であり、金融機関の審査は、銀行だけではなく、保証会社の入ります。書類なども多く、簡単には審査に通らないとされています。
全国的にもすべての銀行で結婚式ローンが存在しているものではないです。

ネット銀行では楽天銀行で取扱をしていますが、メガバンクなどでは商品がないです。
信用金庫、地銀などでは存在していますが、地域限定で使える方も限られていることが多いです。信販会社の審査では、銀行ほど厳しくはないのですが、こちらは金利が高いです。
クレジットやローンの感覚ですから、高い金利で銀行よりは多少甘い審査内容です。

しかし、信用情報などで金融事故がある方の申込はNGです。
新郎新婦しか申込ができないので、定職についていないアルバイトやパートでは、結婚式ローンを組む事ができないです。

結婚資金をすべてまかなえることができない?

結婚式ローンでは、結婚式場だけのローンの場合があります。
新婚旅行などは含まれない、結婚指輪や新居の費用に使えないなどのデメリットがある商品もあります。審査との兼ね合いですが、どこまでの費用を借りたとして、返済にかかる金利なども確認してください。低金利な分審査は厳しいものになると考えてよいです。

銀行と信販会社の結婚式ローン 審査と適用範囲の違い

結婚式ローンを考えるとき、基準を決めて選びましょう。
金利、使える範囲、返済などです。

審査の内容

結婚式ローンの審査は、普通の目的ローンと同様です。
契約者の年収と職業、信用情報などが審査項目です。
融資を受けたい金額にもよるのですが、完済ができることが大前提です。
イメージとしては、自動車ローンでしょう。新車で200万円程度の自動車ローン。
商品としては、費用面でも結婚式ローンと同等です。

ここでも数年間の返済期間で完済ができる範囲内の審査になりますが、信用情報で金融事故があったり、収入が低いことでは借りられない場合が多いです。自動車ローンを例に取ると、銀行と信販会社で扱う結婚式ローンでは、銀行の方が低金利だけど、審査は厳しいのは納得です。

どこまでの費用で使えるか?

信販会社の結婚式ローンでは、結婚式場と提携している場合があります。
これは結婚式場で簡単に申し込みができるものです。書類なども結婚式場で行う事ができ、とても簡単です。しかし、たいてい結婚式場で使える費用しか賄う事ができないので、新婚旅行などには使えないです。

細かなことですが、持ち込みなどの費用でも対応していない。
純粋に結婚式場だけの借入しかできないケースも少なくないです。
結婚式ローンの利用をしたいがために、結婚式の内容も買えなければならない。
そんな事情もあります。

銀行の結婚式ローンでは使用範囲が広いけれど、審査がなかなか通らない方には厳しい現状です。銀行と信販会社の審査基準、そして使える範囲などは確認しておくことが必要です。

厳しい審査の銀行が困難だけど

結婚式ローンの大きな特徴として、返済が普通のローンとは違うところにあります。
結婚式ではご祝儀があります(一応ない場合も)。ローンでの返済の一部をご祝儀で行う事ができます。そこで、信販会社での高い金利の結婚式ローンだとしても、普通に返済のローンよりは負担が小さいことが考えられます。

結婚式の計画では、費用をかけることではなく、ご祝儀収入の点でも計算されることです。
うまく行けば、高い金利も数ヶ月での繰り上げ返済であまり気にならない場合があります。
銀行のローンでは低金利ですが、厳しい審査が予想されます。イマイチ審査に自信がない方でも、とりあえず信販会社の結婚式ローンで、ご祝儀返済を念頭に計画を立てるのもありです。

信販会社でも甘い審査ではなく、銀行よりは緩い程度です。
金利も決して低くはないので、結婚式ローンは慎重な選択が必要です。
銀行での審査通過がベストで、使える範囲も広いです。
しかし借りすぎて、新婚早々返済に追われるのも回避したいことでしょう。

結婚式ローンの審査が気になる 問題は収入? 

結婚式ローンの平均金利は8%程度です。
カードローンと比較をしても低金利です。
ということは、借入審査も多少厳しいことは当然です。

審査基準で大切な要件

それは、収入と信用情報です。
どの借入でも同じですが、返済能力に見合った収入があり、信用情報で金融事故がないことが条件です。ただし、借入金額でも大きく変わります。どこまでの結婚式の費用をローンに頼るかでも審査も変わってきます。

例えば、10万円と200万円の借入金額の差があれば、審査内容も変わります。
金融事故があれば借りられないですが、年収では10万円は借りられるけれど、200万円は借りられない審査の差です。

結婚式ローンというくらいですから

おめでたいことですが、審査は慎重です。信用情報については、自分の借入状況です。
ここで問題になるのは、過去の返済記録と現在の借入状況です。
クレジットカードの使い方にしても、多くの借入があったり、総量規制ギリギリのキャッシングをしているようでは、結婚式ローンの審査には通らない場合があります。

借入ゼロでなければならないことはないです。
借入も充分に完済ができる範囲であり、結婚式ローンも返せるのが条件になります。
審査の内容の公表はないのですが、返済期間もあり、借入が少ないほど有利です。

また、年収は高いほど良いのですが、属性で上場企業、公務員、正社員など将来性のある安定した職業であることは有利です。新郎新婦のどちらかが契約者になります。共同での契約にはならず、保証人も不要です。現在、信用情報が良い方が契約するのもありです。

たとえ年収が低くても、借入ができる可能性が高いでしょう。ただし、正社員以外は厳しいでしょう。アルバイトでも勤続年数が長いとか、収入が高いなどの条件がありますが、最初から正社員以外は審査落ちもありです。

銀行系の結婚式ローン

地銀もありますが、全国対応なのが楽天銀行のブライダルローンです。
こちらは結婚に関係する費用をすべてまかなう事ができます。
7%の金利ですが、300万円までの借入で1万円からの返済ができます。

ネット完結で申込ができますが、楽天会員で有利です。
こちらはかかった費用がわかる領収書などの提出が必要です。

1ヶ月以内の提出で低金利になりますが、提出がない場合は楽天スーパーローンの14%台の金利になります。既に楽天会員になっている方は、申込しやすい内容であり、ネット銀行ですから、申込も簡単になります。

結婚式ローンの審査が不安?申し込みしないとわからない

車を購入するときには比較的気軽にローンの利用をします。
結婚式ローンも同様に考えて良いでしょう。金融機関、信販会社の目的ローンとしての存在です。

審査の内容

返済ができる収入があり、信用情報で金融事故がないことが前提です。
現在、いくつかローンを抱えていたとしても、返済能力があれば借入ができるでしょう。
ただし、金額に制限が出ることもあります。

結婚式ローンでは、車のように◯万円と決まっていないです。
費用をかけたい、あれもこれもしたいとなれば、多額の費用がかかります。
そこで、消去法などでできるものとできないもの、不可欠なものを探っていくことになります。

どうせ借りるのだからというのは、最低限後悔のない結婚式のためのことであり、借りれる金額はある程度決まっています。結婚式には600万円とか200万円などと数字が出ます。高級車が平気で買えるくらいかかる場合もあります。ある結婚式ローンでは限度額が800万円のものもあります。

返済ができる方しか借りられないのですが、結婚式ローンの審査では、借りたい金額によっても審査内容が変わってきます。当然ですが、低ければ低いほど借りやすいでしょう。

プレシャンテの結婚式ローン

信販会社の結婚式ローンです。
6.5%の金利で500万円までの借入ができます。
こちらは結婚式場で申し込む形です。

結婚式場でしか使えないので、新婚旅行などの費用を支払えないです。
不便なようですが、考え方としては、結婚式だけのローンで限定的になることです。
少ししか借りないというのであれば、結婚式場でかかる費用だけをローンにするのです。
繰り上げ返済も対応していて、ご祝儀などを使えば、金利負担を感じずに完済ができます。

限度額は大きいですが、借入を少なくすることが確実に審査通過ができます。
プレシャンテはジャックスの目的ローンです。
結婚式場でかかったお金をジャックスが立替になり、その返済です。

プレシャンテの口コミ

結婚式場での勧誘もありますが、お金を貯まらないカップルにはオススメです。
返済で躊躇してしまう場合でも、その場でご祝儀の概算などの話しもできたと言います。

結婚式ローンについては、審査も心配ですが、結婚式場でオープンにお金の話しができるのもプレシャンテのメリットです。国内外400以上に会場で利用ができる結婚式ローンであり、金利も銀行並の低金利です。新郎新婦のどちらかに返済能力があれば申し込む事ができますので、試しに申し込む方も多いようです。

審査落ちしている方なんていないよね?審査落ちは恥ずかしいと思われる方も多いですが、全員が必ず審査通過ではないようです。プレシャンテがNGなら他を考えれば良いでしょう。

結婚式ローンの必要性 気になる審査は?

結婚式ローンの審査は返済能力が問題になります。金融事故者は申し込む事ができないです。
取り扱う金融機関や信販会社が少ないですが、銀行より信販会社の方が甘い審査とも言われています。審査落ちしてしまう原因では、収入だけではなく借入金額にも影響があるようです。

結婚式だけに使える?

結婚式ローンではブライダルローンとして、結婚式場だけ対応と結婚のかかるすべての費用に使える場合があります。使える範囲での審査の差ないのですが、借入金額と関係があります。結婚式の内容も豪華にしたい場合もあります。

借入金額に合わせた内容にするのが良いのですが、返済能力がどの程度なのかが問題です。

キャッシングやカードローンとは違う

お金を借りる点では、カードローン感覚ではまずいです。
はっきり言って、カードローンの審査よりは厳しいです。
しかし、結婚式ローンの返済はほとんどが繰り上げ返済が多いといいます。

または、途中でご祝儀を返済に充てて、返済負担を小さくしている方が多いです。
審査でもこの点が多少考慮していることもありますが、収入の安定と信用情報は深く関係した審査になります。金融事故者、ブラックによる借入はできないでしょう。

ゼクシィの結婚式費用立替えプラン

ゼクシィでは、結婚式ローンの形で立替のプランがあります。
この特徴は、融資から3ヶ月は金利がゼロになります。
もともと高めの金利ですから、3ヶ月で完済をしたのなら、金利ゼロの結婚式ローンができます。ご祝儀を計算した上で計画的な借入ではローンだけど利息なしでの利用が可能です。

気になる審査

審査では金利が高いこと、スルガ銀行のブライダルローンであることを勘案して上で、とても厳しいことはないでしょう。金融事故があれば別ですが、キャッシングなどで返済が少ない、延滞遅滞がない場合は、借入ができることでしょう。無利息期間が最大3ヶ月は、結婚式をローンで行うことに抵抗がある方にもオススメです。

返済計画を立てやすいだけではなく、返済負担も小さくなることでしょう。
790万円までの借入ができ、結婚に関係する費用をすべて対応することができます。
かかったすべての領収書などがあると、きちんと使っただけの借入ができ、金利無関係の3ヶ月で完済をしたのなら?ご祝儀だけではなく余裕のある資金作りができ、後悔のない結婚式も挙げることができます。

いろいろと感情が交錯する結婚式

結婚式ローンの存在は、そんなの有り得ないと思っている方も少なくないと言います。
お金を貯めようとしてもなかなか貯まらない。
結婚式は挙げたくないけれど、立場上挙げなくてはならないカップルもいます。
または、ローンをしてまで結婚式はきちんとしたい方もいます。

そんな結婚式と結婚費用にかかる様々感情が交錯するなかで、結婚式ローンが良い形で使用されることを望みます。金融事故がなく、安定収入なら新郎新婦の2人のどちらかの契約で結婚式ローンを組むことができます。