↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利のブライダルローンだけど、カードローンと比較すると

結婚式はまとまった資金が必要です。
そこで、貯まるまで待つのも一つの手段ですが、ブライダルローンがあるので、資金調達を簡単にしてしまおうというのもありです。
実際に、借りたお金の結婚式を挙げる方は年ごとに増加しています。

カードローンの感覚?

もともとキャッシングに抵抗がない方にとっては、ブライダルローンの金利の低さを知ることになります。
厳密に言えば、カードローンやキャッシングとは違い、ブライダルローンそのものはカーローンや住宅ローンと同じ目的ローンです。
車はカーローン、家は住宅ローン、結婚資金のためにブライダルローンです。

ですから、カードローンとは違い、金利は高くても10%程度です。
カードローンでかりるよりもずっとお得な場合があります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カードローンとの決定的な違い

カードローンとブライダルローンの違いは、金利だけではなく、使いたい金額が違うことです。
融資金額は数百万単位であり、カードローンでは簡単に借りられない数字です。
言うなれば、カードローンでは賄う事ができないことが予想され、金利も低いことから、利用価値は大きいです。

ブライダルローンは結婚資金という目的がある上での利用が絶対です。
ですから、審査に対しても、カードローンとは違う内容になります。

金利で比較をすると

結婚資金のための資金調達がブライダルローンが妥当であることは確かです。
返済期間も長いですから負担なく、完済も可能です。
資金使途としては、結婚式だけではなく、指輪の購入、新婚旅行、新居の用意にも使えます。
それぞれのブライダルローンの使途範囲はいろいろです。

カードローンと違い、領収書等が必要であり、◯◯に使ったという証拠が必要になります。
ですから、カードローンとは違い、低金利になると言えます。

当然ながら審査は多少厳しい

多額の資金であるだけではなく、低金利の点においても審査は厳しいでしょう。
パートやアルバイトの収入では審査に通らないです。

また、結婚する人が契約者になる必要があり、親が契約することはできないです。
審査基準、申込条件等は、カードローンより厳しいと思ったほうが良いでしょう。

金利ばかりに目を取られると、商品概要も確認の上、返済額も考えて、ブライダルローンの利用は考えてください。
カードローンでも、商品によっては、金利が変わらないものもありますが、ブライダルローンを考える時には、他社の資金調達方法も同時に考えましょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンの使い方

ブライダルローンは低金利ですが、カードローン等で限度額いっぱい借りれるとなると、そちらの方が低金利になることがあります。
例えば、楽天銀行のブライダルローンは限度額300万円で7%の固定金利です。

ところがSMBCモビットのカードローンでは、限度額800万円で最低金利は3%です。
これなら、ブライダルローンではなく、モビットで多く借りた方が得だよね?と言うことになります。

カードローンのからくり

確かに、ホームページには限度額も高く、低金利で紹介しています。
この数字は、初めてのカードローンでいきなり高額の借入ができない事情があります。
また、モビットで800万円の利用ができるのが、年収2400万円以上は必要で、限定的になります。300万円だとしても1000万円程度の年収がある方です。

ですが、楽天銀行の300万円のブライダルローンでは、それほど高い年収じゃなくても借りれます。
300万円の新車を持てる、カーローンが組めるのは1000万円以上の年収の人たちだけではないということです。
そこに、ブライダルローンのメリットとして、多少低い年収でも多額の借入ができる可能性があるということです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

利息は低い方でしょう

ブライダルローンとして商品概要を出しているところは、それほど多くはないです。
銀行と信販会社になりますが、目的ローンのサービスとしてて結婚資金に特化した使い方ができます。
どうしても多額の借入に目が行くのですが、少額だとしても、結婚のためなら借りる事ができます。

そこで、結婚資金のどこまでがブライダルローンで使えるか?ということですが、楽天銀行では新婚旅行は含まれないです。
旅行代金などが認められないのですが、認められるブライダルローンもあります。

使い方について

どこまでの資金使途ができるかでも検討しなくてはならないです。
100%結婚式に使う、ウェディングドレス代に使いたい等であれば良いのですが、その他については、商品を確認しましょう。
結婚式は前払いが一般的です。ご祝儀でまかなえるので、一時的な支払いのためだけに使うのが理想です。

また、結婚式場でご祝儀払いができるのであれば、ブライダルローンの必要もない場合もあります。事前確認は必ずしてください。
最近は、後払いの結婚式場も少なくないですが、ご祝儀だけでは足りない、不安という方にもブライダルローンの存在が大きいです。
この時に少額だけブライダルローンを利用するというのもありでしょう。
ブライダルローンの前に結婚式場の選択ももちろん必要ですが、ブライダルローンのあるおかげで、選択肢が広がります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ブライダルローンと言えば、ジャックスのプレシャンテ

ブライダルローンの金利で気をつけたいのが、固定金利と変動金利です。
固定金利は1つの金利で安心です。いくら借りても同じ金利というのは安心です。

ジャックスのプレシャンテの例

例えば、ジャックスのブライダルローンプレシャンテでは、返済回数で金利が変わります。
一括で返済をしたら18%、回数を重ねることで6.5%という内容です。
利息の支払いは、1回で終わるのが良いのですが、金利の高さで言うと、驚くようですが、信販会社としては、金利の変動もあるということです。

そうなると、返済期間が違っても、返済額が変わらない方が安心です。
低金利と言いながら、ジャックスのプレシャンテのように、商品概要で金利が変わることもありますから気をつけること、ホームページの最初だけで簡単に決めないことです。
とはいっても、ご祝儀等で一括返済は、ローンで低金利の利息を払い続けるより良い話しですが。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ところでプレシャンテ

プレシャンテは、ジャックスが手がけるブライダルローンです。
ジャックスはデンタルローンなどの目的別ローンの種類がとても多いです。

そこで、デンタルローンもそうですが、歯科医と提携しているように、結婚式場で、プレシャンテの申込みができることがあります。
この場合、審査でも資金使途ははっきりしていて、申込みがしやすい形になっています。

自分でブライダルローンを探しに行くのではなく、結婚式の段取りを決めている間の資金不足で、結婚式場からの紹介のサービスです。
ほぼ全国の式場で、プレシャンテの申込みが可能になっています。

上限金利は6.5%

低金利ブライダルローンとして、6.5%で利用ができます。
借入は10万円からで、審査があります。
低い設定ということで言えば、審査基準は多少厳しいと言われています。
借入額にもよりますが、保証会社としては、金融事故がなく、一定の収入があることが最低条件になります。

結婚式、披露宴費用に使えるブライダルローンです。
提携している結婚式場からの申込みでは、自動的に支払いができ、口座振替で返済のみになります。ご祝儀がたまって、繰上返済にも対応しています。
利用可能額は500万円となっていますが、申込者の年収に対応しています。

ちなみにカードローンのような総量規制はないのですが、審査次第では限定的な金額の借入しかできない場合があります。
本当にプレシャンテでのブライダルローンの利用を考えているのなら、キャッシングなどをしている方は、少し借入状況を良くしていくことをおすすめします。
審査落ちの口コミも多いということは、審査が厳しいからでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

楽天銀行のブライダルローンは7%で固定

銀行のブライダルローンと言えば、楽天銀行のブライダルローンがあります。
既にカードローンを使っていたり、楽天IDがある方は使いやすいでしょう。

申込みできる人は?

ブライダルローンですから、若い方と決めつけるのはNGです。
20歳から60歳までの結婚資金として、ローンを組む事ができます。
審査は、保証会社としての楽天カード株式会社を受けられることが必要です。収入があることは必要です。

借入額によりますが、楽天銀行の審査通過のポイントは年収300万円程度の口コミが多いです。
まとまった結婚式の費用を借りたい、しかし返済に不安がある方では、審査落ちも多いです。
金利は固定で7%です。最長返済期間は8年4ヶ月です。
いくら借りても7%で、毎月の返済負担は50万円以下で1万円以上です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査は厳しいの?

目的ローンについては、カードローンほど情報はないです。
特にブライダルローンそのものが、あまり種類がないのが現状です。

借入が多い、返済額が多い状態での申込みはどうしても難しいでしょう。
クレジットカードで買い物をしている、その程度なら良いのですが。
信用情報で金融事故がある方は、最初から申込みはしないほうが良いです。

また、銀行カードローンだけではなく消費者金融等から借りまくっている方は、審査に通らないです。審査のまとめとしては、ブラック以外の結婚当事者であることです。

ここは大切

楽天銀行のブライダルローンは7%です。
きちんとしたブライダルローンにするのなら、審査通過後融資を受けたあと1ヶ月以内に、式場の支払い領収書、振込の控えを提出することになっています。

ちなみに、結婚式場で提携しているブライダルローンなら、信販会社などから直接支払いがされます。
それなら、ブライダルローンが結婚式のために使われたことは一目瞭然ですが。楽天銀行では、融資を受けて支払いをすることになります。
その証拠を見せなければならないのですが、もしそれがないと、楽天銀行スーパーローンの金利14.5%に引き上ります。

返済額が大きく違うので、必ず期日までに提出をして、ブライダルローン本来の7%の融資を受けるようにしてください。融資に必要な書類は、完璧に用意することが絶対条件になります。

借りてまで結婚式というより

ブライダルローンをしてまで、結婚式をしなければならない。
身の丈のあう結婚式をという方もいますが、それはその人達の勝手でしょう。
ブライダルローンを契約したのなら返済をしていくのも自分たちですから、返済のこと考え、それも2人の返済として考えること必要です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

オリックスとゼクシィで結婚資金を用意しない?

信販会社のブライダルローンでは、ジャックスのプレシャンテが有名です。
その他には、オリックスクレジットのブライダルローン、ゼクシイ等もたち変えがあります。

オリックスクレジットのブライダルローン

オリックスクレジットのブライダルローンでは最大800万円までのワイドな限度額です。
実質年率は6%からですが、上限金利10%です。
ブライダルローンでの10%は高い方となりますが、結婚式の費用だけではなく、新婚旅行にも使えます。結婚関連をすべてカバーできます。

審査では、収入がポイントになるのですが、原則的に定期収入であることが必要です。
収入では、パートやアルバイト等は審査落ちになります。
そして、クレジット会社ということで言えば、総量規制範囲内と言う制限があります。
年収3分の一しか借りられないことで言うと、多額の資金調達は、高額所得でなければならないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ゼクシィの結婚費用建替えプラン

なんとゼクシィのリクルート支店では、建替プランがあります。
これは、バックにスルガ銀行がついていることですが、結婚費用を一次的に建替えですが、返済はローンでと言うことになります。
ブライダルローンの一種ですが、スルガ銀行のカードローンの申込みをしてということです。

銀行カードローンの内容ですが、800万円の限度額に金利は最低で8.8%と高めです。
上限金利で12.8%ですが、スルガ銀行のカードローン7%~14.9%よりは低めです。
ここまでは単に高いブライダルローンではないか?ということですが、最大3ヶ月無利息での利用ができます。

3ヶ月無利息?

3ヶ月以内に返済ができることで金利ゼロです。
ですから、前払いの結婚式場での支払いのあと、ご祝儀等で大きく返済が可能です。
繰り上げ返済は手数料無料であり、3ヶ月無利息で返済後は、自分のタイミングで、どんどん返済を進めることができます。

結果的に高いブライダルローンかと思うのは最初だけで、あとから無利息があることで、返済を楽にすることができます。
完済後は、低い金利のブライダルローン並の返済額になっていることも多いです。

ゼクシィでの結婚式探しが前提

結婚式をしたいという時に情報サイトを確認するのですが、その時にゼクシィを最優先に考え、そこでの契約が建替えの条件です。
どこにしようかと迷う所ですが、ゼクシィなら期待に対応できる結婚式の情報が多いでしょう。
予算がオーバーしてしまう、ブライダルローンはどうしようというときには、ゼクシィが断然おすすめです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓