お金をすぐに調達したい


お金がすぐに必要だというときは、クレジットカードのキャッシングが便利です。キャッシングですからお金を借りることです。特に審査をしなくても借りることができるのかと不安に思う人もいることでしょう。現在の消費者金融会社でしたら何も問題がありません。かつてのサラ金と呼ばれた消費者金融会社とはまったくの別会社になったと思っていいです。

話が逸れましたが、クレジットカードのキャッシングはクレジットカードの申込の際に審査に通っているのです。審査に通ったからクレジットカードのキャッシングはいつでもOKということです。もっとも、クレジットカードのキャッシングについての返済は、通常の大手消費者金融会社のカードローンの金利よりも高くなっているので、注意しましょう。クレジットカードのキャッシングをあまり使う人は少ないです。クレジットカードのキャッシングは困った時のために取っておきましょう。

それと、お金が欲しいときはやはり友人知人に頼るのがいいでしょう。古くからの知り合いですから細かな遠慮が必要ないところよくて相談したらすぐにお金を用立てしてくれると思います。それでも用立てしてくれるお金にも限度があり、相場的にはすぐに財布から取り出せる額としては3万円程度が妥当といったところでしょうか。もちろんお金がないと用立てはできないのですが、3万円程度でしたらすぐに用立てできるお金です。それは自分の照らし合わせてみるとわかるでしょう。

もっともそのお金が無いから借りようとしているわけですが、普段でしたら、そういったお金は何かあっても困らないように財布の中に入れておきたいお金です。そのようなことから友人というのは困った時に力になってくれるものです。それはお互い様ですから、こちらも友人が困っていることがあれば率先して相談に乗るようにしたいものです。お金を借りようとお願いしても二つ返事でOKを出してくれることでしょう。

そうなると、借用書のほうは借りる側が用意するようにしましょう。普通でしたら、貸し出すほうが借用書を用意するものですが、友人ですから借用書の用意をするのを遠慮しがちです。それでも親しい仲にも礼儀ありですから、そのような場合も想定して借りるほうから借用書を用意するようにしましょう。友人のほうも借用書は水くさいといいながら、きちんと借用書を用意してくれるのは嬉しいものでしょう。ということで少額のお金、3万円程度でしたら友人に借りるのがいいでしょう。

返済は次の給料日がもっともいいタイミングです。食事くらいはお礼をしなくてはいけないのですが、おそらく食事をおごるようなことをしたら、普通に銀行や消費者金融会社から借りたほうが返済利息は少ないので、お金の負担の面では友人からお金を借りる方が高くつくでしょう。それ以上のお金が必要な場合は身内からお金を借りるようにしたほうがいいでしょう。友人も力になってくれるかもしれませんが、お金のことは少しこじらせただけでも後で尾を引くことが多々あります。身内の場合はお金のことでいざこざが起こりにくいですし、必要な額も高額となると友人よりも身内に頼ったほうがいいでしょう。

お金が必要な場合は、素直に銀行や消費者金融会社からお金を借りる方がいいかもしれません。こちらのほうが甘えは通用しませんし、必ず返済していかなくてはいけません。お金を借りた返済していかなくてはいけないのですが、良い意味で銀行や消費者金融会社からお金を借りるほうが誰にも迷惑をかけていないということになります。お金を借りるなら少しでも返済が楽なほうがいいので、金利の低い銀行カードローンがオススメです。

しかし、銀行カードローンは誰でも気軽に借りるといったことができません。申込み条件はシンプルで満年齢が20歳以上で安定した収入のある人ということになります。年齢に問題がなければ、収入の問題もきちんと働いていれば問題はないように思えます。

実際に申込み条件を自分でクリアしていると思えば、誰でも銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをすることができます。そこから、その人にお金を貸してもきちんと返済してくれるのかといった審査を銀行側がするようになるのです。ですから、行ってしまえば申し込むのは自由であり、それについて銀行が審査をしてどのように判断するかということにかかっているのです。

一般的に銀行カードローンの審査は厳しいです。審査に通りやすい通りにくいというか、お金の借りやすさを表わす指標となるのを属性と呼んでいるのですが、この属性はさまざまな項目で成り立っているのです。属性が高ければお金はかりやすく、属性が低いとお金は逆に借りにくくなります。つまりは審査に通りにくくなるということです。

この属性を決定づける主な項目の一つに雇用形態があります。雇用形態というのは正規雇用や非正規雇用のほぼ2種類となるのですが、察しの通り正規雇用の人のほうが属性は高いです。一方の非正規雇用の人は属性が低くなります。これは収入が多い少ないといったことも関係しているのですが、それよりも大きいのは申込み条件にある安定した収入です。

正規雇用の人の場合は雇用が会社から保証されています。終身雇用が崩壊したといわれて久しいのですが、それでも望めば定年まで勤めあげることができますし、会社が正規雇用の人を勝手に解雇することはできません。懲戒解雇以外はその身分が定年まで保障されているからです。

一方の非正規雇用の人は会社との雇用契約が有期となります。これは3ヵ月ごとの更新、6ヵ月ごとの更新、あるいは1年ごとの更新といったように雇用期間が有期となっているのです。雇用期間が切れる頃に、再更新するかどうかは労使が話し合うこととなっているのですが、会社側が更新を希望しなけれは退職ということになります。これは本人の希望よりも会社が更新しなければそれまでなのです。雇用契約の間は雇用も保証されていますが、それも雇用契約の期間だけということになるのです。

安定した収入のある人という概念から、銀行からみると非正規雇用の人の収入は安定していると見ることはできません。つまりは、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りにくいと言えるのです。また、銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切なお金だからです。そのお金を貸し倒れさせてはいけないということで、返済能力の高い人、すなわち属性の高い人に融資を行うということになるのです。ですから、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りにくく、すなわち銀行カードローンを借りにくいということになるのです。

しかし、全く借りることができない、審査に通りにくいということで、お金を少額に切り替えると審査に通りやすくなる場合があります。しかし、総じて非正規雇用の人は審査に通りにくいと考えていいでしょう。銀行カードローンにもデメリットがあって、即日融資に対応していないのです。

一頃はメガバンクを中心に即日融資を大々的に宣伝していたのですが、最近ではそのような宣伝を見ることはありません。というのも、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられて、その照会情報を得るのが翌日以降となってしまったので、即日融資が物理的に不可能になったからです。不正融資を防止するための施策なのですが、銀行カードローンの唯一のデメリットと言えるでしょう。もっとも属性の低い人からすると審査基準が高いのもデメリットと言えるかもしれません。また、銀行カードローンの場合は銀行だけではなく保証会社の審査にも通らなければいけません。

消費者金融会社で借りる


銀行カードローンの審査に通らなければ、次は大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするしかありません。しかしここで気をつけたいのは、申し込みブラックです。信用情報機関には銀行カードローンの審査に落ちたという情報が記録されていて、信用情報機関に審査のために照会するとその情報がすぐにわかるようになっているのです。

審査の内容はどの金融機関でも貸金業者でも変わらないので、他社の審査に落ちたということで何か問題があると判断されてたいていの場合はそこで審査ストップとなるのです。要は審査NGということですね。

ですから、カードローンの審査に落ちた場合は向こう6ヵ月は新規のカードローンの申し込みはしないようにしましょう。そこで審査落ちとなるとさらに向こう6ヵ月間は審査に通ることができなくなるので、永遠に審査に通ることができなくなります。

消費者金融会社のカードローン


消費者金融会社のカードローンはどこも取り扱っているわけではありません。消費者金融会社の中でも、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社が取り扱っています。

知名度の高いのは大手消費者金融会社のカードローンでしょう。多彩な申し込み方法があり、店頭やWebでの申し込みの他に無人契約機が主要都市のあちこちに設置されていて、24時間365日稼働しているのです。その日の22時までに申し込みの手続きが済んで審査に通ることができたら、すぐに無人契約機からローンカードが発行されて最寄りのコンビニATMからすぐにキャッシングすることができるのです。これが大手消費者金融会社のカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

中小消費者金融会社と街金


カードローンを取り扱っているのは、大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社のみです。消費者金融会社は2,000社近くあるのですが、カードローンを取り扱っているのは十数社といったところでしょう。ほとんどの消費者金融会社は通常のローンのみの取扱いとなっているのです。

消費者金融会社のカードローンは消費者金融会社の中では審査基準が厳しくて、過去に延滞履歴があるような人でしたら、審査に通ることはないでしょう。また、多重債務者となっている人も新たなカードローンに融資の申し込みをしても審査に通る可能性は低いです。

カードローンの審査に通らないとなると、中小消費者金融会社と街金の通常のローンに頼らざるをえません。中小消費者金融会社の多くと街金は審査も独自審査を行っているところが多く、現在の属性のみを重視しているので、電話による在籍確認や収入証明書などの書類提出のみで審査に通ることができます。

返済能力のみを見ているので、ブラックの人でも融資を受けることができたと、口コミサイトに投稿が載ることがあります。もっとも、ブラックでも借りることができるというわけではないので注意しましょう。あくまでも返済能力を見ているということです。

カードローンで借りるには


銀行カードローンの場合は、属性を重視しているので他社借入れが多い場合でしたら、カードローンの審査に通ることはできないでしょう。できるだけ複数の債務をおまとめローンなどで一本化しておくことが大切です。

消費者金融会社のカードローンの場合は複数の債務となると総量規制が問題になることがあります。年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。これは法律ですから、この規制にかかると、返済をできるだけ多くしないと新たな借入れはできません。消費者金融会社の場合は特に総量規制に注意して返済をできるだけ多くして、借入可能額を増やしていくようにしましょう。