カードローンとは


カードローンはキャッシング専用のカードを保有し、必要なときに必要な分だけお金を引き出せるサービスです。審査の際に決まった上限枠の範囲内で好きなときにお金を借りられ、上限額は30万円や50万円のケースも多いのですが、100万円や300万円、場合によっては500万円を貸し出しの限度額として設定しているカードローンもあります。ここで借りたお金の使用は自由で、事業目的には使用できないことが多いものの、それ以外は生活資金など多岐にわたって使用が可能です。

人間、いつどんなときにお金が急遽必要になるのかはわからないものです。たとえば冠婚葬祭などはその最たる例です。結婚式はまだ前もってわかりますが、葬儀に関しては本当に突然連絡が舞い込みます。そして、相手との関係性にもよりますが、やはり連絡をもらった以上は駆けつけることとなります。お香典自体はそこまで大きな金額でなかったとしても、相手の葬儀をおこなう場所が自宅から遠い場合には飛行機や新幹線に乗っての移動や宿泊が伴うこともあります。親戚の場合にはこうしたケースも多いのです。

そして、こうした事柄を考えると葬儀に出るだけであっても数万円のお金が出ていきます。家族で向かう場合にはその人数分のお金がかかるわけです。また、前もって予定がわかっている結婚式でも、6月などの季節には結婚式が重なることも多く、尚且つご祝儀の金額も大きいために出費が痛い場合もあります。こうした場面でもカードローンというサービスがいつでも使える環境にあれば、それは大きな安心感につながるのです。

大人として社会人として問題のない日々を過ごすためには、お金も必要ですが、毎月の給与収入だけでは厳しいと感じることも多いものですから、ぜひカードローンのカードを手元に持ちましょう。ほかにも飲み会の支払いが生じた場合、引っ越しなどでまとまった金額が必要な場合などにお金を即座に借りられます。提携しているATMも多く、コンビニや銀行ATMを使用してお金が出せますので借り入れも便利なため、前向きに活用しましょう。

カードローン審査


カードローンはお金を借りられる便利なサービスです。しかし、お金を貸し出す以上、業者側としてはその後、返済をしてもらわないといけません。そのため、カード発行にあたっては返済能力の有無を判断するための審査が必ずおこなわれます。つまり、カードローンのカードを持ちたいと思っても、審査によって持たせてもらえるケースとそうではないケースがあることは覚えておきましょう。

ただし、多くの場合には問題なく発行してもらえます。公務員や正社員の方はもちろんですが、契約社員や派遣社員、自営業者や個人事業主などの肩書を持つ方であっても、カード発行が可能なケースは多いため、自分がどのような立場であってもまずは前向きに申し込みをおこない、審査を受けてみましょう。業者によって異なりますが専業主婦や学生であっても発行可能なケースがあります。

また、カードローンの審査内容としては自分自身の名前、住所、連絡先などの個人情報を入力して申し込みをおこなうことから始まります。さらに、その際には勤務先の情報や年収なども提供することとなります。やはり審査の目的は返済能力ですから、この点は重視されます。業者ごとに審査方法は異なりますが、本人への電話による意思確認のほかに、勤務先などへの連絡によって在籍確認がおこなわれることもあります。

加えて、運転免許証やパスポートなどの身分証明書も提示を求められます。申し込み方法は書類を記入して郵送するケース、ウェブからの申し込みがおこなえるケースなどがあります。身分証明書はウェブで画像送信できるケースや後日別途郵送するケースなどがあります。そして、審査によってカード発行がされると決まるわけですが、同時に借り入れできる上限額も決まります。たとえばそのカードローン業者では上限額が100万円だったとします。しかし、審査内容によっては上限額が50万円になるような場合もあるのです。

いずれにしてもカードを持つためには審査は必須です。また、審査は最初におこなわれるのみでカード発行後は基本的には審査はありません。そのため、今回限りととらえて結果が出るまで待ちましょう。

カードローンおすすめ


カードローンにはいくつかのタイプがあります。ひとつはキャッシング業者が発行するカードローンです。また、もうひとつは金融機関が発行するタイプのカードローンです。この違いは業者の違いということになりますが、総量規制という物事を意識した上で利用する際には明らかな違いがあります。

この規制では無理な借り入れがないように、個人は借入総額が年収の3分の1までと決まっています。法律でこのようなルールが決まっているため、業者側は申し込みがあって貸し出したいと思っても規制にかかるようなケースでは貸し出せないのです。

業者側では申し込みを受けたあと、信用情報機関などへの問い合わせをおこない、他社での借り入れ状況などをチェックします。そこには現在の借入残高や融資枠などが表示されるため、本人の申告にかかわらず、業者には判明します。実際に借り入れをおこなっていなくても与信枠があれば同様です。そのため、総量規制に引っかかってしまう場合には、カードローンのカード発行に後ろ向きになってしまう人もいるのですが、じつはこの総量規制には例外もあるため、その点も覚えておきましょう。

どういうことかといえば、銀行がカード発行をおこなうタイプのカードローンは総量規制の規制の範囲に含まれないのです。今はメガバンクや都市銀行、地方銀行など各行がカードローンのサービスを提供していますが、こうした金融機関からのカードローンは総量規制に含まれないこととなっているのです。

そのため、仮にすでに年収の3分の1の借り入れがある人であっても、新たに銀行のカードローンを使用することは可能です。無論、それぞれのカードローンごとに金利が異なりますし、最低返済金額なども異なりますので、この点だけで申し込みをおこなう業者を決定することはできませんが、総量規制という観点から考える場合には銀行が提供するカードローンのサービスはオススメできるサービスと言えます。また、この点にこだわりがない場合には金利が低いカードローン、上限額が大きいカードローンなど、自分にとって使い勝手のいいカードローンを選んでください。

カードローン金利


カードローンはお金を借りるサービスです。いつでも自分の意志でお金が必要な場合にお金が借りられるため、急な予定が入ってお金が必要な場合に手持ちも銀行残高もない場合に非常に助かります。次の給料日までの繋ぎ資金としても活用が可能です。

しかし、お金を借りる以上は当然ながら、返済時には金利を上乗せした金額の返済となります。現在は各社から数多くのカードローンが生まれており、それぞれのサービス間での競争も激化していることから金利の低いサービスも多数登場しています。住宅ローン並みの超低金利で貸し出してくれるケースもあれば、12%や14%が実質年率となっているカードローンなどもあります。

ただし、この金利は与信枠や借入残高などによって変わってくるケースが大半です。たとえば100万円の場合には実質年率が10%であっても、50万円の場合には12%などというケースもあるのです。やはり大きな金額を借りてくれる相手に対しては、金利も低く設定しているのです。お金を借りてそれを返済するという観点で考えれば、この金利が0.1%違うだけで大きな違いが生まれます。そのため、たかが金利などとは考えずに金利に着目して、自分が借り入れをおこなう上で最も魅力的なカードローンを選んでおきたいものです。

ですが、金利が低いからといって、自分が借り入れたい金額を借りられないようでは意味がありません。たとえば引越し時の資金や、賃貸物件への入居でまとまった費用が必要になるような場合、それなりのお金をカードローンから借り受けることとなります。そのような利用目的がある中で金利が低いことだけに注目してしまうと、結果として自分が必要な金額を借りられないこととなってしまいます。そのため、返済額をできるだけ抑えるために金利が低いカードローンを使用したいものですが、同時にそのほかの要素も含めて総合的に考え、自分が利用する上で好都合なカードローンを選び、審査を受けてみてください。

カードローン即日


お金が必要なときに、即座にお金を借りられる便利なサービスがカードローンです。すでにカードを持っている人は安心ですが、まだ持っていない人が急遽お金が必要になった場合には、スピーディーな発行を期待するものです。

その点、カードローンは非常にありがたいサービスと言われています。なぜなら即座に審査をおこない、即日のカード発行をおこなってくれることもあるからです。カードが即日で発行されれば、その瞬間からお金を借り入れることができるため、やはりありがたいサービスと言えるはずです。業者ごとにカード発行までの時間は異なりますが、審査終了まで最短30分をうたっている業者もあります。こうした審査をおこなってくれる業者ならば、即日カード発行にも対応してくれるケースが多いものです。

カード自体は後日郵送するというケースも多いのですが、店舗を持つ業者の場合、店舗で申し込みをおこなえばその場で受け取ることが可能です。また、ネットから申し込みをおこなった場合も、本人が早急にカードを受け取りたい場合には、店舗に出向いてカードを受け取ることが可能です。

さらに銀行系のカードローンの場合、その銀行のキャッシュカードをすでに持っていれば、そのキャッシュカードがカードローンのカードも兼ねる場合が多いです。つまり、審査さえ通ってしまえばお財布の中にあるキャッシュカードを使ってお金を借りることが可能になるわけです。

このようにカードローンは、審査やカード発行までの時間がとてもスピーディーであることも特徴のひとつとなっています。お金が来月必要になるということが今からわかっていれば、余裕を持って審査やカード到着までの時間を待つこともできますが、そうではないケースではその日のうちや翌日までに融資を受けたいということも多いはずです。そのような場合には最短30分での審査や即日カード発行などのサービスはとてもありがたいものになります。

だからこそ、自らがカードローンの申し込みをおこなう際には、この点も意識して業者選びをおこないましょう。