主婦に人気のイオン銀行カードローン

普段イオンでお買い物をしている主婦は多いでしょう。
日本全国に店舗があるイオン、そこはイオン銀行のATMもあります。

主婦が借りたいカードローン 人気ナンバーワン

お買い物ついでに1,000円からの借入ができます。
イオン銀行カードローンでは、お買い物ついでにキャッシングや返済ができることで主婦には人気です。

銀行系カードローンとしては、ネット銀行ですが店舗内の銀行がある特殊な形です。
イオン銀行ATMも使えるだけではなく、イオンそのものが主婦にとっては便利な空間です。

イオン銀行カードローン

主婦と言う枠に関しては、仕事をしていない専業主婦とパートや会社員に主婦に区別されます。
収入の有無ですが、専業主婦は配偶者に収入があれば、カードローン契約ができます。
ただし、この場合は50万円が限度額です。

専業主婦がカードローンを持ちたい、それもイオン銀行であれば、何かと便利です。
イオン銀行では、無収入専業主婦の審査はOKです。
収入がある主婦は、主婦としてではなく、職種での申込です。
会社員、パートでの申込です。審査は収入によって限度額が変わります。

問題は信用情報かも?

主婦であっても、信用情報機関の審査が肝心です。
金融事故があったり、既に多重債務者の申込は審査が厳しいです。
総量規制は対象外のイオン銀行ですが、それほど多額の限度額はないと言います。

カードローンの前に

銀行口座があると便利です。初回は、銀行口座があればすぐに振込が叶います。
というのも、カードローンの使用は自宅にローンカードが届いてからの話しです。
少なくとも数日かかってしまうので、口座があればすぐにキャッシングができるということです。

即日融資に関しては、保証はないです。
現在、銀行カードローンの即日融資はできない事になっています。
また、銀行口座の利用が多いと、与信が大きいのも確かです。
個人情報もある程度把握しているので。審査には有利です。

ネット銀行として、ある程度利用期間が長いほど審査は有利。
イオンの常連というのも、グループ企業利用者としてのポイントも高いでしょう。

キャッシュカードと一体型のローンカード

銀行カードローンの特徴として、キャッシュカードにカードローンの機能が付帯できます。
これならバレないという対応ですが、自宅にローンカードが届いたとしても、それがキャッシュカードなら、家族にバレることもないでしょう。

在籍確認にしても、銀行からの問い合わせだとしても、カードとバレないなどの利点は大きいです。パート主婦の在籍確認もパート先にしっかり電話がきます。

ジャパンネット銀行カードローンの秘密

主婦でもカードローンが必要?
その動機としては、家族に秘密のカードローンの場合もありますし、配偶者がローンカードを作れないから、主婦が持つ。両方あるでしょう。そこで、ネット銀行として何かと便利なジャパンネット銀行はどうでしょうか?

限度額1000万円の余裕

ドカンと大きな限度額が人気ですが、主婦とは言え、高収入の方では、この限度額もできないことはないです。とは言え、主婦の審査では、普通です。

収入があれば、それに合う審査になりますが、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば良いです。配偶者の在籍確認などはないので、申告だけでOKです。
専業主婦も1000万円借りれるか?というと、それはないです。
せいぜい30~50万円と言った所です。

口座があると便利

ネット銀行としては、振込や入金でジャパンネット銀行を指定する場合が多いです。
実店舗がないのですが、ゆうちょ銀行やセブンイレブンでのATMが使えるので、ほぼ全国で利用が可能です。銀行口座があると、マイページから振込もでき、返済も楽です。

これはデメリット?

ジャパンネット銀行カードローンにしようと思ったけれど、止めたという口コミがありました。
専業主婦もできるというのにどうして?と思ったら、金利が高いのです。
消費者金融系並の高金利で、他の銀行カードローンと比較をすると高いです。
18%の高い金利になってしまうことで、これならNGかな?ということに。

審査で言えば大手消費者金融カードローンの方が低い場合もあり、デメリットとして挙げる方も少なくないです。銀行カードローンなのに、15%以上の最高金利はないわ、ということです。

専業主婦には大手消費者金融の選択肢はない

専業主婦ではこれがポイントです。
そして、「高い金利では審査が甘いかも?」という口コミは聞き逃しができないです。
審査が厳しいとされる銀行カードローンです。

金融機関では、保証会社の審査がありますが、金利を高くしているところに、何かがある?ということです。少し審査に不安な主婦にとっては、ジャパンネット銀行のカードローンは穴場とも言える何かがあるかももしれないです。

ただし、金融事故が信用情報に多い。
既に多重債務で、延滞経験があり、明らかにブラックのキャッシング利用者のジャパンネット銀行審査通過はないです。総量規制対象外で、限度額が大きい。収入がある主婦にも狙い目です。
多く借りることができ、まとめローンとしても使用している方が多いですが、ネット銀行としては、少し異色のカードローンと言えるでしょう。

働く主婦なら大手消費者金融カードローン

即日融資のカードローンが良いのなら、大手消費者金融だけです。
銀行カードローンでは、即日融資はしていないです。
ネット銀行でも翌営業日になっています。

大手消費者金融で借りれる主婦とは?

大手消費者金融は収入がある方しか申込できないです。
ですから、パート、アルバイト、派遣社員、会社員の主婦が対象です。

個人事業主として、確定申告をしている主婦もOKです。
最近は在宅ワークで稼ぐ主婦も多いですが、大手消費者金融の審査対象になっています。
とにかく収入がある方であれば良いです。

年収は?

はっきりとした数字はないのですが、年収100万円であれば大丈夫でしょう。
電話で問い合わせしたとしても、審査しないと分からないと言われていますが、口コミ情報では大手消費者金融で年収70万円でも借りれたとの報告がありました。

大手消費者金融では、総量規制範囲内の借入になり、その限度額は年収の3分の一です。
よって、70万円なら20万円台の限度額ということになります。

必要書類は?

大手消費者金融では、50万円以下の借入なら身分証明書だけでOKです。
100万円以上の多重債務や50万円以上の借入では、収入証明書が必要になります。
その提出書類で審査をして借入ができます。
もう主婦という枠組みではなく、収入と信用情報での審査になります。

大手消費者金融では

主婦と言う考え方はないです。すべての責任は申込者の収入と返済能力だからです。
ですから、家族などは関係なく、収入に合わせた限度額の設定です。したがって、内緒での借入ができますが、妻が返済ができないから夫が尻拭いするということもないわけです。

返済できない時は

きちんと話しをすることですが、利用者が返済NGとなった時、債務整理をお勧めします。
債務整理は、配偶者に内緒で行うこともでき、こちらも夫は無関係です。
あってはならないことですが、大手消費者金融でのキャッシングを多く借りすぎて、返済ができないときには、債務整理もきちんと考えてください。

配偶者にバレないようにしたい場合は、弁護士などに相談をしてください。
きちんと事情を話した上で、きっちりと債務整理をすることをお勧めしたいです。

主婦の債務整理というと、おかしな言い方ですが、配偶者内緒でお金を借りることもできますが、債務整理もできます。ただし、しばらくクレジットカードも使えないですし、各種ローンも組めないです。それだけは、承知しておくことが必要ですが。

ソニー銀行カードローンをお勧めしたけれど

主婦のカードローンと言えば、収入がある方はどんなカードローンの審査もOKです。

大手消費者金融系?銀行系?どちらのカードローン

収入があれば大手消費者金融の利用ができますが、専業主婦は銀行系カードローンだけです。
ネット銀行を始め、地銀などでも専業主婦でも借りれます。
銀行のカードローンのメリットは低金利、銀行口座があると何かと便利です。
キャッシュカードとの一体タイプもあります。

ネット銀行では、イオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行、じぶん銀行などで便利です。
ATMもセブン銀行やゆうちょ銀行での利用ができます。
ただ、専業主婦は限度額が高くて50万円となっていますが、返済リスクがある分限度額はこの程度です。人気の高いイオン銀行、楽天銀行もありますが、最近ソニー銀行のカードローンも注目です。

ソニー銀行カードローン

2011年までは専業主婦の申込ができなかったですが、2015年に再開したカードローン申込では、専業主婦もOKです。銀行カードローンの中でも低金利とされる内容で人気です。

銀行口座があれば、簡単に入出金ができます。
あまり知られていないというソニー銀行ですが、今注目されています。

審査は厳しいって本当?

ソニー銀行の保証会社はアコムです。
アコムでは、いくつかの銀行カードローンの保証会社になっていますが、ソニー銀行が一番厳しいとの口コミがあります。ただし、低金利のキャッシングができます。専業主婦では利用限度額が50万円と言う内容であり、銀行カードローンなので総量規制対象外です。

収入なしの専業主婦でも借りれるようになったことで、申込はお勧めです。
ネット銀行なので、ネットだけの申込になります。

専業主婦にはお勧めしないという口コミ

それは、専業主婦の申込では配偶者の同意書と住民票が必要になっています。
他のネット銀行では、このような提出書類がないので、多少面倒です。

そして、同意書?ということは、配偶者に内緒のカードローンができないという点で、専業主婦は他の銀行カードローンがいいんじゃない?ということです。このことを確認しておかないと、簡単に審査通るけれど、バレるとまずいという方には、不向きになってしまいます。

みずほ銀行カードローン

ここも安定した配偶者の収入があることが条件ですが、そのことの提出書類は不要です。
銀行口座は必要ですが、提出書類が少ない、配偶者にバレないカードローンであれば、みずほ銀行の方が良いということになります。地銀なども検討してみて、低金利キャッシングができる地域もあります。

絶対オススメ?専業主婦のカードローンは楽天銀行カードローン

専業主婦は、銀行カードローンいか申込ができないです。
消費者金融カードローンは即日融資で便利ですが、専業主婦の受付はしていないです。
収入ゼロの専業主婦は、総量規制対象外の銀行カードローンだけが申込ができます。

楽天市場の利用者?

楽天銀行カードローンは、楽天市場利用者、楽天IDなどがあるととても簡単に申込ができます。
収入がある主婦はもちろんですが、きちんと専業主婦用のカードローンが用意されています。
楽天銀行の機能も楽天スーパーポイントなどの連動もあり、とにかく専業主婦は断然お勧めのカードローンです。

審査は?

平均的です。信用情報で金融事故がない方なら審査通過ができます。
銀行口座があれば、それも審査の一つとして有利になりますし、楽天IDなどあることでも審査が通るとか?口コミに過ぎないのですが、金融事故がないことが審査では大きなチェックポイントになります。

どんな銀行でも、顧客のカードローンの利用には、審査は有利になるのは当然のことです。
楽天銀行では対応がとても良いとの評判で、専業主婦にはお勧めです。

即日融資はしていない

審査はすぐにわかりますが、キャッシングは翌営業日からです。
カードローンも良いのですが、楽天銀行に振込をしてくれるので、マイページから依頼で、秒速で入金。そのまま楽天銀行からの出金が可能ですが、楽天スーパーポイントアップなどで、入出金にお金がかかることがあります。それを回避したい方は、ローンカードの利用が良いでしょう。任意返済もローンカードで可能です。

銀行審査に通る

主婦に限定ではなく、総量規制対象外の銀行カードローンの審査は、金融事故や消費者金融に借入があると不利です。専業主婦の場合は、最初から利用限度額が少ないので、他の銀行カードローン利用をしている場合の申込では審査に通らないこともあります。

専業主婦はどうしても大手消費者金融の申込ができないので、銀行カードローンだけの申込になります。金融事故がある場合は、審査落ちになりますから、期間をあけることをお勧めします。

中小消費者金融の配偶者貸付

消費者金融でも街金や中小消費者金融では専業主婦も配偶者貸付ができます。
銀行カードローンで配偶者の安定した収入ではなく、配偶者貸付では配偶者の総量規制範囲内の借入になります。ですから、銀行カードローンのキャッシングとは違うのですが、多少面倒な審査になります。

それでも配偶者の同意があり、総量規制範囲内で余裕があれば、審査に通ることがあります。
金融事故があっても借りれる中小消費者金融ですが、ブラック専業主婦の配偶者貸付については、審査を受けないとなんとも言えないです。