↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利カードローンを選ぶ ブラックリスト以外の選択肢

低金利カードローンと言えば、銀行カードローンであることはご存知ですか?
大手消費者金融と銀行カードローンでは、2%程度銀行カードローンの方が金利が低いです。

大手消費者金融の方が良い点

しかし、実際には大手消費者金融のメリットが大きいです。
即日融資、無利息期間があったり、レディースローンなどもあります。
使い勝手もあるのですが、一応カードローンと言えば、どちらかが対象になることが多いです。

新生銀行レイクALSAでは、最大180日間5万円が無利息サービスになります。
その他の金利では、レディースALSAは消費者金融扱いですから高い金利になります。
どちらにしても、銀行カードローンと大手消費者金融両方もてて、使い勝手の良いときに使い分けるがどうでしょうか?

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査に余裕がある方の話し

銀行カードローンの方が審査は多少厳しいとされていますが、金融事故ナシが基本になります。
借入額が年収3分の一の総量規制範囲内で、多重債務でも2社程度。
過去の個人信用情報では、延滞も遅滞も致命的な事故がない方対応の話しです。

どのカードローンのしようか?と選択ができるということは、金融事故がなく、ブラックリストではない方だけのことです。
そして、大手消費者金融、銀行カードローンの上行く低金利キャッシングが、J.Score(ジェイスコア)ですが、銀行カードローンよりも低金利の消費者金融系キャッシングです。
特別な審査ではないのですが、ブラックリストでないことは条件の一つです。

銀行系カードローンが特に厳しい

カードローンでも、銀行系でメガバンクなどは厳しいです。
ネット銀行でも住信SBIネット銀行などは低金利ですが、ブラックはダメでしょう。
甘い審査の楽天銀行スーパーローンにしても、ブラックリストが借りれたとの口コミはほとんどないです。

大手消費者金融で借入ができない方が、銀行カードローンに鞍替えと言うのは不可能な話しです。
口コミの一部ではできたとの報告もありますが、たいてい銀行カードローンからの大手消費者金融の審査通過が多いです。

大手消費者金融も銀行カードローンも借りられない方は

甘い審査の中小消費者金融が良いのですが、総量規制範囲内の小口融資が対象です。

しかし、ムリして借りずに債務整理をして楽になる方法も提案したいです。
借入残高が高く、最大4件の多重債務では、返済ができなくて潰れてしまうことがあります。
そうなったのでは、洒落にならないことであり最初からの債務整理の選択が正しいでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

何よりも低金利ならJ.Score(ジェイスコア)でしょう

銀行カードローンは、最大14%程度が最高金利です。
大手消費者金融との差は3%程度で、今までは最大低金利とされています。
メガバンクも地銀も信用金庫、ネット銀行も横並びでこの金利設定になっているのですが、融資額も総量規制以上と言うメリットも魅力です。

後発ほど美味しい?

銀行カードローンの台頭は、大手消費者金融カードローンよりずっとあとです。
銀行法のもと銀行カードローンでは、個人を対象にキャッシングを始めたのですが、消費者金融が先輩です。差をつける意味で、低金利や専業主婦対応などの特別待遇を設けています。
やはり低金利で言うと、できれば返済が楽な方が良いと考えることが多いです。

ところが、現在は、銀行カードローンの低金利より低い最高金利12%のキャッシングも登場しています。まさに後発の強みです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)って知っている?

金融機関J.Score(ジェイスコア)は低金利のキャッシングとして2016年に登場しました。
AIスコア・レンディングで、AIで計算した金利と限度額がそれぞれ変わります。
審査は、普通に収入や信用情報などを基本にして、あとは質問回答によってAIがその方の可能性を確認。
J.Score(ジェイスコア)にとってプラスとなる申込者には有利な内容でのキャッシングが約束されることになります。

ただし、貸金業法が適用されるキャッシングですから、借入限度額は総量規制範囲内です。注目すべきは低金利です。
これもJ.Score(ジェイスコア)にとって良いと言うのは高い収入で、信用が高い方で多く借りたい方には低金利が提供されるという内容です。
AIスコアは、ときによって、数値が上がりますから。J.Score(ジェイスコア)に良い客になれば、低金利になっていくという面白いキャッシングができます。

AIスコアというだけではなく

要するに新しい形のAIスコアと言うオプションをつけたキャッシングということです。
大手消費者金融、銀行カードローンという2大ポピュラーキャッシングの時代は完結し、新しい時代の到来でしょう。AIスコアは今の形ですが、今後の低金利カードローンは期待です。

J.Score(ジェイスコア)はカードローンではないです。
振込キャッシングしかできないという致命的なデメリットがありました。
土日休日のキャッシングができない、即日融資は対応している場合はありますが(混雑していなければ)、土日使えないのであれば、NGかな?という方も多いかも。
しかし、高い収入がある方は、絶対にお得キャッシングができることはお約束できます。
間違いなく銀行カードローンよりも低金利になること、国内最低金利の利用ができるのはおすすめなのですが。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利は高い収入でなければならない?

結局、カードローンやキャッシングは、収入が高い方に有利です。
大手消費者金融も銀行カードローンも低収入対象に審査をしています。
総量規制や利用限度額については、収入を基本として決まります。

このときに収入が高いほど多く借りられて、低金利になります。
1万円、3万円という場合は、そのカードローンやキャッシングの最高金利になることが多いです。

それはあたり前

ある程度お金がある方が貸してほしい、貧乏な方から貸してほしい。
同じ100万円の申し込みがあったとしたら、どちら貸しますか?
当然お金がある方に貸すことになります。金融業者でも当然の対応です。
何よりも大切なことかもしれません。お金を貸すときには、完済ができる方を優先にします。
その条件が高い収入、安定した収入です。

ですから勤続年数が長い会社員、公務員などは低金利でのカードローンの利用ができます。
低収入の方のヒガミは仕方のないことです。それだけ返済リスクが高いことと、金融業者の儲けのためです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

まとめ買いの心理

1つ300円のお菓子を1つでは300円。
2つでは500円というスーパーのセールがありますが、500円支払いができる方にはサービスをしましょうというのが、お金の駆け引きの感じです。お店としたら多く売りたい、現金を手にしたいのですから。

キャッシングでは、確かな返済ができる方には多く低金利提供をします。
案外とそれがホームページの前面に出てアピールとなることが多いです。

大手消費者金融も同じ

大手消費者金融でも多く借入することで低金利ですが、銀行カードローンの方が金利は低いです。そのかわりに、無利息期間30日のサービスがあります。
30日期間金利ゼロ、1週間以内返済なら何度でも金利ゼロ(ノーローン)、最大180日5万円だけ金利ゼロ(新生銀行レイクALSA)などのサービスがあります。

新生銀行については、このカードローンは消費者金融系の内容になり、銀行カードローンではないです。
銀行カードローンも、大手消費者金融も多く借入される方にサービスをしてくれると言うのですが、行くに借りても金利が変わらないという金融機関もあります。

J.Score(ジェイスコア)の金利

AIスコア・レンディングで貸付をします。
その時に限度額もわかるのですが、金利はその人のAIスコアで決まります。
最大でも12%と低いのですが、金額によってではなく、その方の金利がこれというようにAIスコアが計算します。

J.Score(ジェイスコア)の借り方としては、いくらでも自分の金利が決まってから融資します。
ホームページで決まりきった数字ではなく、AIスコアをあげることで最大0.8%まで低金利にすることができます。ただし、高い収入であることが必要です。
ここもかい?ということですが、銀行カードローンや大手消費者金融よりもずっと低金利が実現できます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

驚くの低金利 カードローンじゃなくてもいい

低金利のキャッシングをしたいのなら、最近インターネットバナー広告でも賑やかなJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングがおすすめです。銀行カードローンより低金利です。

返済シミュレーションで驚き

J.Score(ジェイスコア)では、最大金利で12%です。
これだけでも銀行カードローンより低いですが、AIスコアによってもっと低くすることができます。約160の質問回答で、人によっては10%以下で、普通のキャッシングができます。
ローンカードがないJ.Score(ジェイスコア)ですからすべて振込キャッシングになります。
それを承知しておいてください。

振込ということは、土日祝日の対応はしていないということです。
大手消費者金融、銀行カードローンでは契約後はローンカードで借入も返済もできますが、振込ではこういう結果になってしまうということです。それでも、返済が大きく変わります。
ちなみに甘い審査の中小消費者金融では最大20%の金利ですが、J.Score(ジェイスコア)との比較は恐ろしいことに。本当の低金利ってすごいと言うことになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

それだけ低金利ということは…?

審査が厳しいと思うかもしれませんが、大手消費者金融並です。
その時点で、借りれる借りれないが分かれるのですが、少なくとも大手消費者金融で借入ができる方は、J.Score(ジェイスコア)キャッシングができます。
ということで、今から低金利カードローンという方は、大手消費者金融ではなく、J.Score(ジェイスコア)がおすすめです。

消費者金融ではないの?

違います。
総量規制が関係するので、消費者金融系の金融機関ですが、J.Score(ジェイスコア)はAIスコア・レンディングと言う部類です。
基本となる信用情報や収入などの審査、在籍確認などはありますが、その他の低金利になっていく仕組みや最初から12%で始まるなどは新しいキャッシングの形です。
銀行系カードローンよりもお得な内容ですが、スマホで申し込みをしなければならないなど、特に若者に人気のキャッシングです。

AIスコアだけは、ゲーム感覚で行う事ができ、600点でキャッシングに申し込みができます。
ただし、AIスコアは日々学習をして、昨日より今日とScoreが上り、それは低金利になります。
定期預金が増えた、借金完済した、禁煙した、人に親切にしたという内容でも変わります。
すぐにキャッシングをしないときは、AIスコアが高く、低金利になったときを見計らってキャッシング申し込みをすることをおすすめします。
ローンカードはないのですが、低金利だけをみても内容は最高です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利でお金を借りたい方へ

銀行カードローンは低金利ですが、口座開設をしなくてはならない場合があります。
時間がかかってしまう場合があり、すぐにキャッシングができない場合があります。

中には、口座がなくても利用ができますが、引き落としなどができない、手数料がかかるなどの低金利だけどコストかかる?という内容も多いです。
できれば、銀行カードローンでは既に口座開設しているところで検討されると良いでしょう。
ネット銀行などは、どこでも1つ口座があると便利ですが、カードローンの内容もぜひ確認してみてください。

大手消費者金融の場合も

最近では、大手消費者金融各社は、大手銀行の傘下に入っています。
そこで、その大手銀行の口座があれば有利。

カードローンではなく、振込もすぐに対応できる場合があります。
カードローンも久しいのですが、スマホでできるカードレスATM取引などがあったり、キャッシング業界は多様化しています。
利用限度額は総量規制範囲内、銀行カードローンも即日融資廃止などで厳しい点はありますが、キャッシングの仕方については、さまざまな形が出ています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコアのJ.Score(ジェイスコア)

そしてAIスコア・レンディングのJ.Score(ジェイスコア)では、審査がAIで行う画期的な内容です。貸金業法に則った内容ですが、とにかく低金利が最初からお約束です。
最大12%は、銀行カードローン以下の素晴らしい内容です。
AIスコアが良いと、数%の金利で1万円とか借りられるなど、今までにない低金利が実現できます。

これもキャッシング多様化の一つですが、スマホを駆使した生活をしている方には、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは新しいキャッシングとして、絶対におすすめです。
みずほ銀行口座が良いです。持っているだけで金利が下がります。

ただし、ブラックリストは

中小消費者金融しかないです。
大手消費者金融、銀行カードローンが金融事故があるために借入ができない方は、中小消費者金融や街金での審査しかないです。
それでも限定的なキャッシングで高い金利になってしまうのですが。

借りれないとわかったら、債務整理がおすすめです。
金融事故を挟んで、キャッシング事情は大きく変わるのですが、中小消費者金融の甘い審査では、ブラックリストでも借りれるので、とにかく借りようと思う方が多いです。
ただ、返済負担が大きくなって、すぐに債務整理をするのであれば、最初から自己破産などがおすすめです。

無理なキャッシングはしないことです。
そして、債務整理から10年程度経ってからのJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングを受けてみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓