↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カードローンの審査に落ちやすい人ってどんな人?

カードローンといえば、比較的に審査が通りやすいイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。
しかし、審査通過率は100%ではありませんので、審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。

カードローンの審査に通らない方は、どのような方なのでしょうか。
特徴を、わかりやすくまとめてみました。

他社での借入れが多い

カードローンの審査では、信用情報を確認しふるいに掛けます。
1番の審査に落ちてしまい理由は、他社からの借入が多い人です。
収入が高い方は多少の他社の借り入れの多さは関係内容に思えるかもしれませんが、借入金額が既に多い人は返済に追われているイメージとなってしまいますので、金銭管理能力を疑われてしまい審査が通りにくくなってしまいます。

他社からの借入れが多い場合は、少しでも残高を減らす事が大事となります。
残高を減らすと返済実績を作る事が出来、カードローンの審査の際に好印象となります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

住宅ローンなどのご利用がある方

どこのお宅でも良くあり借入れの1つですが、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンの返済中の方も、返済に忙しい人と判断され、審査が通らない場合があります。

携帯電話の未払いがある方

携帯電話は、銀行引き落としで支払っている方が多くいらっしゃいます。
口座の残高が不足していて携帯電話の月々の支払いの引き落としが出来なかったという方も少なくなく、その場合は未払いがあったと信用情報に記録されてしまい、審査が通らない場合があります。

携帯電話の未払いは若い方に多くある傾向があり、携帯電話の支払いは多少遅れても払えば問題ないと軽い気持ちで捉えられてしまう傾向があるようです。
しかし、1度でも期限通りに支払いが出来ないと、その情報はお金にだらしない人と判断されてしまいます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

勤続年数が短い

勤続年数が短い場合は、期間安定定期に収入を得る事が出来ない方と認識されてしまいます。
期間安定的に収入を得る癖が無い方に、毎月カードローンの支払いが出来るとは判断されなく、審査が通らない場合があります。

居住年数が短い

居住情報は一軒家にお住まいの方がパーフェクトとなりますが、賃貸住宅であっても居住年数が長ければ毎月家賃をきちんと支払っているお金にだらしなくない人と判断されます。
居住年数が短い場合は、1か所に定住出来ないだらしない人と判断され、審査が通らない場合があります。

スーパーホワイトの方

スーパーホワイトとは、クレジットカードやカードローンを今まで1度もご利用した事が無い方です。
一見審査に有利に感じるかもしれませんが、全くクレジットカードやカードローンをご利用した事が無い方は、全く情報が無く判断が付かないので、審査に落ちてしまう事があります。
特に若くない方がクレジットカードやカードローンを使った事が無い場合に該当し、30代以上の方は要注意です。

スーパーホワイトの場合は、信用情報を作る事から始める事をオススメします。
クレジットカードを1枚作り、半年~1年程利用する事で信用情報に記録されますので、カードローンが作りやすくなります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

1か月の間に4社以上のカードローンに申し込んだ

カードローンは、短期間にいくつものカードローンに申し込みをすると、お金に困っている人と判断され審査が通りません。多くても、1か月に3社までのお申し込みとしましょう。

お申し込みの際の利用限度額が高過ぎる

お申し込みの際の利用限度額は、そのカードローンのホームページの利用限度額を参考にして金額を決定される方が大半ですが、最初から記載ある最高金額の利用限度額にはする事は出来ません。最初の内は、少ない金額のご利用が一般的です。

最初から高い金額をご利用希望金額でお申し込みをしてしまうと、お金に困った方と判断されて審査に通りません。
一般的に年収の1/3以内とし、特に最初のうちは100万円以下に抑える事で審査が通りやすくなります。
会社員や公務員で50万円程度であり、それ以外の方は20~30万円程度が関の山です。

その後半年ごとに行う利用限度額の審査により、限度額を上げる事が可能となります。
後に利用限度額は上げる事が出来ますので、最初はお安い金額での融資をお申し込みするようにしましょう。

お申し込みの個人情報に不備がある

よくある話なのですが、お申し込みの際の個人情報の記載に間違いがあり審査に落ちてしまう方がいらっしゃいます。
ご自分の個人情報なので間違って記載する訳はないのですが、書き間違いをし虚偽と判定されて審査に落ちてしまう方がいらっしゃいます。

お申し込みの際は、何度も見直しをして間違いが全くないように万全の体制にし、お申し込みを行うようにしましょう。
後で間違いに気づいて訂正する事は出来ませんので、慎重に確認する事が大事となります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
審査に落ちてしまう方には、必ず原因があります。
どこが原因だったのかきちんと確かめ、次回カードローンをお申し込みする際には絶対に間違いのない状態で審査を受けるようにしましょう。
うっかりの間違いでも通用しませんので、注意しなければいけません。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓