↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

主婦パートでもキャッシングは契約できる 

カードローンの申込対象は、20歳以上で収入がある方です。
収入の中には、アルバイト、パートもOKのカードローンが多いです。
ですから、主婦でパートをしている方もカードローンでのキャッシングができます。

契約者が自分

当然のことですが、申込ができるということは自分のカードローンです。
大手消費者金融カードローンも名前が自分のものです。
パート程度の収入で本当に借りれるの?という方も安心してください。

銀行カードローンだって、パートの収入で十分に契約者になることができます。
申込の時に、既婚か未婚の欄はありますが、既婚でOKです。
ちなみに専業主婦の場合はちょっと違います。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

パート主婦と専業主婦の違い

専業主婦のキャッシングは自分が契約者になれるのは銀行カードローンだけです。
それも担保としての配偶者の収入がないと審査に通らないことがあります。
配偶者の審査こそしないですが、一応確認の上、やっと借りられるのが専業主婦です。

ローンカードの契約者は自分ですが、配偶者が無職では審査に通らないことがあります。
最近特に厳しくなりました。大手消費者金融は?というと、最初から専業主婦はお断りです。
配偶者がいくら高給取りだとしても、あなたの収入は?でゼロなら審査に通らないです。
大手消費者金融では、パート主婦と専業主婦では大きな壁が存在します。

主婦でも借りられる

このようなキャッシングやカードローンの宣伝は見かけますが、たいてい働く主婦のことです。
そして、パート主婦は基本的にOKであり、配偶者に内緒のキャッシングもできます。
誘い文句としては、専業主婦もフラフラと行きたい所ですが、申込ができないと諦める事が多いです。

主婦パートのキャッシングはいくらまで?

これは、収入の額によります。
大手消費者金融ならカードローンの限度額が、申込入力の年収の3分の一までです。
銀行系カードローンもほぼ同等と言いますが、総量規制対象外となっています。
借入限度額は、収入に応じてですが、配偶者の扶養範囲内ですと、最大で130万円程度。
その申込では40万円程度になります。

自分だけのカードローンで、この程度のキャッシングができますが、もっと働いている方は、その限りではないです。収入が多いほど、限度額も多くなっていくのは当然のことでしょう。
主婦だからということは、パートでも収入がある方は無関係です。
20歳以上で既婚女性で、収入がこのくらいでと言う審査です。
ですから、未婚パート女性と主婦パート女性の審査は同じということです。

ちなみに、主婦ではなく、主夫同様です。
キャッシングの審査では、専業主婦以外では既婚未婚の関係はあまりなく、収入と信用情報が審査では重視されることです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

私、パートだけど、専業主婦なの?

パートをしている主婦がキャッシングをしたい。
大手消費者金融カードローンおすすめ比較でも自由に選択ができます。
カードローン審査は、パートで得た収入から借入限度額が決まります。

主婦だから、パートだからという点でデメリットはないです。
ただし、収入が低いと限度額も低いのは当たり前ですが。

銀行カードローンも同様

銀行カードローンは、専業主婦でも借りれる審査が多いです。
配偶者が安定した収入であれば借りれるのですが、借入限度額が最高50万円程度です。
銀行によって違うのですが、現状では銀行カードローンの専業主婦の最高限度額は50万となっています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ちょっと気になる事

パートしている主婦なんだけど、大手消費者金融カードローン契約で、限度額が35万円だった。
銀行カードローンの専業主婦の方が、限度額が高いの?どうして?

それは大手消費者金融では、総量規制といって年収3分の一しか借りられないからです。
100万円程度の年収の場合、大手消費者金融では最高33万円が限度額になります・
専業主婦よりも借りられないということになります。

パートをしている主婦で、年収が50万円程度の方は、カードローンの契約かできないです。
年収が低すぎだからです。ですから、限度額が少ない、パート主婦でも年収が少ない場合は、銀行カードローンで専業主婦として利用する事も可能です。
ただし、大手消費者金融では専業主婦そのものの申し込みを受付けていないので、銀行カードローンのみの対応になります。

収入があるのに癪だけど

不満はあるかもしれませんが、パートの収入がある主婦として、銀行カードローンに申し込みもできます。しかし、そのときにも専業主婦の限度額50万円以下になってしまうことがあるでしょう。

働く女性に対して侮辱ではなく、銀行カードローンは専業主婦に有利名審査を提供していることになります。どうせ借りれるのなら、多い方が良い方は、あえて専業主婦で銀行カードローン申し込みがオススメです。

私、働いているけれど専業主婦

キャッシングの申し込みには虚偽の入力はしないことと言われています。
パート主婦は収入があるのに専業主婦と申し込みをするのは、虚偽?
正確には違います。パートで収入はありますが、専業主婦の顔があり、配偶者の安定した収入のもとで生活をしているのは確かです。

あなたは本当はパートで収入があるでしょう?ということは言われないです。
ですから、パートで働く主婦でも、銀行カードローンの専業主婦の限度額が多ければ、そちらを利用する事もできます。主婦の特権ということです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

パート主婦のキャッシングはレディースローンが断然良い理由

カードローン審査で、女性ならレディースローンがあれば、それもお勧めの一つです。
カードローン会社では、商品としてレディースローンや無利息機関のあるキャッシングができるものもあります。パートをしている主婦は女性であり、レディースローンの申込対象になります。

レディースローンのカードローン審査は?

実は特別なことは全くなしです。
メリットとしては、対応するスタッフが女性というだけです。
それだけ?という問いもありますが、自分のキャッシングの窓口が女性であることは、案外とこころ強いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

主婦だから、気をつけたいこと

カードローンやキャッシングの申込に対しては、審査の過程で在籍確認があります。
消費者金融ローンも例外ではなく、在籍確認は勤務先に電話をする方法です。
大手消費者金融では、在籍確認なしで提出書類があればOKとすることもありますが、パートの属性の書類では、在籍確認の変わりにはならないでしょう。
ということで、在籍確認は存在します。

そんな時に、レディースローンの在籍確認で男性の担当者が勤務先に電話をするとしたら?
消費者金融の名前を出さずに、担当者の個人名を出します。
ということで、主婦なのに男性からの私用電話?旦那さんではなかったよ?ということになります。セールスとかごまかす事ができますが、女性ならごまかしも楽です。
主婦に限らず、この在籍確認に関しては、女性の申込者はレディースローンでは女性スタッフの在籍確認というのがベストです。

銀行カードローンではレディースローンはない

消費者金融だけなのです。ですから、銀行カードローンの場合は、男性の在籍確認もありです。
そんな時には、私用電話と怪しまれないために、銀行名を出してもらっても良いでしょう。
もちろんそうした対応もでき、勤務先に消費者金融ではなく、銀行ならキャッシングとはばれないことが多いでしょう。

クレジットカード会社の場合は、カード作ったと平気です。
ただ、消費者金融の名前を出してしまうと、今でも少し困惑してしまう場合があるでしょう。

ですから、主婦を含む女性はレディースローンが良い?

銀行系のキャッシングではレディースローンはないのですが、消費者金融ではレディースローンと言うパート主婦の良い味方になります。
審査基準などは、普通のカードローンと同様であり、収入と信用情報での審査になります。
電話での確認なども、担当者が女性なので安心です。

限度額は消費者金融は、年収3分の一の総量規制範囲内です。
パートも最低1年以上の勤続年数が必要ですが、ローン審査は普通に行われることになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

配偶者貸付でパート主婦の利用限度額が変わる?

配偶者貸付とは、消費者金融でも甘い審査の中小消費者金融などで、専業主婦が収入がゼロだけど、配偶者の年収から総量規制範囲内でキャッシングの申し込みをする方法です。
専業主婦でも、配偶者貸付で借り入れができるということです。

パート主婦の限度額を引き上げる?借入限度額を上げる方法

配偶者貸付は、夫婦の収入をあわせる事ができます。
要するに、夫500万円、妻100万円の年収の場合、パートで働く妻の総量規制は30万円程度しかないです。

しかし、夫婦で600万円という年収にして、夫婦で総量規制180万円まで、限度額が上ります。
配偶者貸付では、パート主婦でも多額のキャッシングができることになります。
あまりこの方法での借入審査が対応していないことがありますが、申し込みの時に確認をしてみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

パートの収入だけど多く借りたい

こんな時の配偶者貸付の発動です。
カードローン契約でできないこともありますが、一応配偶者貸付で、配偶者の同意があれば可能だということです。大手消費者金融では、この形の配偶者貸付はしていないです。

一応甘い審査の中小消費者金融や街金などでは、臨機応変な審査で配偶者貸付ができるでしょう。中小消費者金融では、ローンカードがなく、振込キャッシングです。
この時に契約者が夫婦のどちらになる?などの疑問はありますが、問い合わせはお勧めです。

中小消費者金融はブラックのためだけではない

中小消費者金融というと、大手消費者金融審査落ちの方が申し込みをするとされています。
しかし、金融事故がなくても、配偶者貸付があるのなら、パート主婦の配偶者貸付で、堂々と多くの限度額を獲得することができます。金利などは、大手消費者金融と変わらない所も少なくなく、多く借りれるのなら、メリットは大きいです。

ただし、配偶者の総量規制範囲内も関係がありますから、配偶者の信用情報や審査も必要になります。ここで、配偶者の総量規制が使い込んでいるのならできないことです。
夫婦の総量規制を確認ということで、審査も少し複雑になりますが、画期的なパート主婦の借り方と言えるでしょう。

夫に内緒にしたいのなら、できない

夫の同意書が必要です。ですから、内緒でキャッシングはできないです。
パートの収入があれば、総量規制範囲内であれば、キャッシングができます。
インターネットや自動契約機からの申し込みができますから、利用限度額なのか?内緒なのかはよく確認をしてみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

パートの収入でもカードローン審査は受けられる

パートでも借入審査の対象になります。
勤続年数では1年以上で、年収では70万円程度が必要だと言われています。

消費者金融と銀行系の審査の違い

銀行カードローンの方が審査は厳しいとされています。
信用情報の内容だけではなく、年収なども高いほうが良いとされていますが、パート主婦の場合は、比較的低収入のパート主婦も審査に通ると言います。
これは、専業主婦でも借りれるカードローンの審査のこともありますが、銀行口座があり、取引がある場合、申し込みでは有利になると言われています。
イオン銀行や楽天銀行カードローンなどは、パート主婦は歓迎ムードで、信用情報で金融事故がない場合の審査はお勧めです。

借入限度額が高くなるのではないのですが、返済能力があり、限度額が限定的であれば、借りやすいです。専業主婦は、大手消費者金融では審査もされないので、銀行カードローンしかないです。パート主婦で収入が少ない方にもお勧めです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

反対にブラックパート主婦は?

中小消費者金融の審査が期待できます。
債務整理者などでは中小消費者金融で借りれることがあります。
多重債務者は、少ないパートの収入では借りやすいことはないのです。
信用情報で金融事故があっても借りれることは多いので、相談してみてください。

その時に、1万円からという少額融資のところが良いでしょう。
最初から少額融資の中小消費者金融ですが、年収が少ない方の希望は控えめの方が審査に通りやすいです。主婦でも中小消費者金融のキャッシングはできます。
もちちん夫に内緒はきちんと対応してくれます。

カードローン会社を選ぶなら

レディースローン、無利息期間がある金融業者がお勧めです。
在籍確認も担当者もすべて女性のレディースローン、約30日間無利息が続くのです。
中小消費者金融でも同様のサービスがあり、インターネットでの申し込みも可能です。
大手消費者金融なら確実即日融資ができます。
振込の場合は、自分名義の銀行口座が必要になります。

もし、口座がない場合は、申し込みはできない場合があります。
銀行カードローンだけではなく、大手消費者金融の場合も同様です。
ネット銀行などがあると、振込には便利ですが、パート主婦のキャッシングの事情は、思ったよりはスムーズです。

アルバイトの学生などでも借りれるのですから、収入があれば返済ができると認められることになります。総量規制範囲内のキャッシングができます。躊躇している方音もWEB完結でOKです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓