銀行カードローンをオススメする理由

キャッシングと言えば、大手消費者金融カードローンが最適です。
現在、カードローンを使用している方の中には、楽天銀行スーパーローンなどの銀行カードローンの利用をしている方もいます。どちらが借りやすいキャッシングでしょうか?

審査では大差はない

大手消費者金融と銀行カードローンでは審査はあまり変わりないでしょう。
金融事故がない信用情報、多重債務者でない場合は、収入があれば借入ができます。

大手消費者金融カードローンなら即日融資ができ、振込キャッシング、アプリなどでのキャッシングが出来るメリットがあります。申し込みもどちらもインターネット経由ではWEB完結です。

楽天銀行カードローンなどでは、すでに口座があり、マイページなどでキャッシング申し込みはすぐに行う事ができます。楽天銀行の場合は、ヘビーユーザーであれば、勝手にキャッシング枠が付きます。

専業主婦の場合

専業主婦は銀行カードローンしか借入ができません。
大手消費者金融では収入がない方の申し込みができません。
借りやすいというのではなく、銀行カードローンだけの申し込みが出来るシステムです。

ただし、中小消費者金融、中堅消費者金融では配偶者の総量規制範囲内での借入ができます。
銀行カードローンが信用情報などで借入ができない場合は、配偶者の同意があれば、中小消費者金融キャッシングが可能です。収入がない専業主婦だけの特権です。

銀行カードローンの専業主婦の限度額は最大50万円程度であり、パート主婦以上の借入が可能なことは特筆すべきことです。パート、アルバイトでは限度額が少ないのは、収入に比例しているからです。限度額50万円というのは、年収150万円がある方です。

パート主婦で、年収が100万円程度の方は、楽天銀行スーパーローンの専業主婦枠がオススメです。この方が限度額が多く借入が出来ます。

信用情報で金融事故がない、初めてのキャッシングでは特にオススメです。
主婦であること、配偶者の収入が少ないとしても、審査通過ができます。

銀行カードローンのメリット

大手消費者金融と審査では差はないですが、金利が2~3%低いです。また、金利半額キャンペーンなども実施していることがありますので、見逃せないことでしょう。

キャッシングの方法はいろいろですが、銀行カードローンの審査に通る信用情報であるのなら、銀行でのキャッシングがお得です。

専業主婦は選択肢がありませんが、信用情報での金融事故がない、ブラックリストではないことが最大の条件になります。そこがクリア出来るのなら、今借りるのなら、銀行カードローンでしょう。即日融資ができないのがデメリットですが。

キャッシングの審査ポイントは収入と勤続年数

キャッシングの審査のポイントは収入です。
20歳以上であることは当然ですが、収入の有無が大きな条件です。

金融会社では、無収入の申し込みができません。
収入の種類としては正社員以外のパートやアルバイトでも対応しています。

収入はどの程度

多ければ多いほど良いのは当然ですが、プロミスなどの大手消費者金融では100万円程度あれば借入ができるとされています。

口コミではもっと少ない80万円程度でも借入ができた方もいます。収入の金額だけでは、返済能力を確認する意味で、50万円の年収では普段借入ができないでしょう。

消費者金融カードローンでは、限度額が申告した年収3分の一の総量規制と決まっています。
銀行カードローンでは総量規制はありませんが、だいたい同等の限度額になっています。
極端に多くの借入ができないとされています。

この銀行カードローンの審査も収入があることが条件ですが、専業主婦だけは借りれる場合があります。無職ではなく専業主婦であり、配偶者がいることが必要です。

収入だけではない

もう1つのキャッシングの審査では、勤続年数も関係します。
こちらも長ければ長いほど審査は通過しやすいです。収入が高く、勤続年数が長いと言うのが理想です。大手消費者金融の勤続年数の目安は1年以上です。

例えば、

  • 正社員 勤続年数1年 年収200万円
  • パート 勤続年数15年 年収150万円
  • この2人の申し込みでは、パートの方の審査が通りやすいでしょう。
    収入もそこそこあり、勤続年数が長いからです。
    審査基準である属性としては、正社員の方が高い信用があります。

    しかし、新入社員とベテランパートでは、離職率の観点から言うと、パートの方が信頼が高いのが審査です。パートやアルバイトの低収入だとしても勤続年数が長い方の信用が厚いです。
    収入、勤続年数ではこうした関係があります。

    転職したては気をつけて

    高い年収の職業についてすぐに借入はできません。
    収入が高いとしても勤続年数が短いと審査は通らないでしょう。
    学生などで20歳以上でアルバイトをしている方も申し込みができます。

    金融会社では、半年以上でも借りれる場合があります。
    学生アルバイトでは、収入も低く、勤続年数半年でも借りれる場合があります。
    大手消費者金融カードローンであり、試しに申し込みをしてみると良いでしょう。

    微妙な審査の差

    あくまでも口コミなどの情報であり、プロミスなどの大手消費者金融に直接聞いた情報ではありません。1年以上の定期的な収入があると審査通過しやすいのは確かです。
    短い勤続年数で審査に通るコツとしては、クレジットカードの利用をしている点です。

    利用と完済をしていることで、信用情報の内容の信用が上がることが多いです。
    携帯電話の機種のクレジットの支払いをしているとか、クレジットの計画的返済ができていることも審査材料の一つになっています。

    カード会社でキャッシングをする

    大手消費者金融カードローンは、審査が早いです。
    朝や前の晩の申し込みで、審査が完了は午前中ということは良くあります。
    そのまま自動契約機でのカード発行、振込実行などですぐにお金を手にすることができます。
    消費者金融カードローンは現在最も借りやすいキャッシングになっています。

    消費者金融カードローン

    上限金利が平均17~18%です。限度額は、年収3分の一です。
    一回の借入が50万円以下の場合は、身分証明書だけで借入ができます。

    運転免許証、パスポートなどでOKです。
    その日のうちにお金がほしい方は、申し込みは大手消費者金融カードローンがベストです。

    クレジットカードの確認を

    クレジットカードでお買い物をしている方で、内容を確認をすると、キャッシング枠が付帯されている場合があります。これはショッピング枠とは別にキャッシングができます。

    この場合、わざわざ大手消費者金融カードローンを手にすることなく、金融機関のATMでお金を引き出すことができます。クレジットカードのキャッシングは実は大手消費者金融カードローンのキャッシングと同じ総量規制となっています。

    総量規制とは?

    総量規制は、貸金業法で定める限度額のことを言います。
    大手消費者金融、中小消費者金融、クレジットカードのキャッシングがその範囲内です。
    銀行カードローンは総量規制対象外であり、カーローン、住宅ローンなども無関係です。

    キャッシングをしたいとクレジットカードのキャッシングで利用すると、大手消費者金融カードローンなどの申し込みのときに年収3分の一以下の借入になり、多重債務者になります。
    クレジットカードのキャッシングの利用をするのなら、他のカードローンの申し込みは要注意です。同じ総量規制範囲内の限度額になり、別計算になりません。

    もし、現在お金が必要というとき、クレジットカードのキャッシング枠が付帯しているのなら、そこからのキャッシングがオススメです。付帯されているということは、すでに審査通過をしているのですから、そのまま借入ができます。大手消費者金融カードローンの即日融資よりもずっと早くにお金を手にすることができます。

    キャッシング枠の申し込みをする

    こちらは審査に時間がかかります。
    クレジットカードのマイページなどで申し込みができますが、現在の収入などの確認だったり、申し込みを一から行うことになります。

    即日融資は先ず無理であり、すぐにお金を借りたいときには、大手消費者金融カードローンがオススメです。銀行カードローンでは即日融資はしていないので、こちらも時間がかかる審査になります。

    審査と信用情報 ブラックリストって?

    大手消費者金融、銀行カードローンの審査では、必ず信用情報の確認をします。
    審査の要の信用情報確認は、どのローンでも行われることです。

    信用情報の何を見る?

    現在と過去の借入と返済の状況です。
    申し込みのときには、現在の借入件数や金額を入力する欄があります。
    その情報が正確かどうかを含めて、過去の情報も確認します。現在と過去の返済の内容で延滞遅滞があったり、任意整理などの債務整理をしているかどうかの確認なども行うことになります。

    ここで、気をつけたいこととして、携帯電話の料金遅滞をしている場合です。
    単に通話料金だけなら問題はありませんが、新機種購入でクレジットにしている場合、遅滞をしていると、信用情報の悪い情報が記録されています。
    それがあると審査に通らないことがあります。

    信用情報では、申込者の借金に対する金融事故の確認を徹底的に行うことであり、金融事故としてマイナス要因があると審査基準に引っかかります。
    大手消費者金融カードローンでは借りやすいですが、金融事故があると審査落ちです。
    もっと厳しいのが、銀行カードローンです。

    どうして落ちたのでしょうか?

    大手消費者金融も銀行カードローンも審査の結果はメールや電話で来ます。
    来店では直接言われるのですが、その理由は絶対に押してくれません。
    当社の規定によって借りられない事になりましたという結論だけです。
    理由は自分で考えるしかありません。

    ブラックリストになったということ?

    ブラックリストの言葉自体正確な意味がありません。
    大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちで呼ぶことがありますし、債務整理者のことを指すことがあります。

    借りやすいキャッシングとされる大手消費者金融や銀行カードローンでは、ブラックリストは借りられないと言います。その多くが、信用情報の金融事故を持っている方であり、それぞれの審査基準をクリアすることができない場合にブラックになったと表現することが多いです。

    クレジットカードのキャッシングも、ほぼ同等の審査基準になります。
    信用情報での金融事故があるとこれらの金融機関でのキャッシングができません。

    何回も申し込みをしたけれどダメだった

    何回も申し込みというのも、金融事故になります。
    これは申し込みブラックと言うブラックリストです。
    お金がないとあちこちの大手消費者金融、銀行カードローンの申し込みをする。
    その度に信用情報の照会をしますが、実はこの照会行動も記録されます。

    何度も借りに来ているということは、お金に困窮しているので、貸せないという対応です。
    3社程度、3回くらいの繰り返し申し込みでは申し込みブラックになってしまいます。
    これだけで、半年間の審査落ち金融事故になります。

    大手消費者金融も銀行カードローンも申し込みをして審査落ちしたときには、すぐに申し込みはしないで、どうしてNGなのかを考えることです。
    それを解決してからの申し込みをオススメします。

    ブラックでも借りやすいキャッシング

    ブラックリストになってしまった皆さんに朗報です。
    借りやすいとされる大手消費者金融カードローン、銀行カードローンで審査落ちしたとしてもまだチャンスがあります。特に申し込みブラックで参っている方は必見です。

    中小消費者金融または中堅消費者金融の存在

    大手消費者金融に対する中小消費者金融は、規模が小さいだけではなく、審査基準のハードルを大きく下げています。

    審査基準が違うキャッシングであり、大手消費者金融では審査落ちだけど、中小消費者金融で借りれたとの口コミはとても多いです。

    中小消費者金融の立ち位置としては、大手消費者金融と張り合わないことで客を獲得をしています。大手消費者金融では少し厳しいとされる場合も、中小消費者金融での申し込みができます。

    銀行カードローンも同様であり、どうしてもお金が必要であり大手消費者金融審査落ちでも、中小消費者金融があれば借りれる機会があります。

    ブラック対応とか聞いたことはありませんかい?

    インターネット金融情報での中小消費者金融の宣伝文句がとても多いです。
    金融会社ではブラックリストでも借りれるとはありませんが、口コミ情報などではわかりやすくブラック対応とあります。

    大手消費者金融の審査基準と違うのは、借入件数が多い、債務整理者でも1年以上経っていれば借りれるなどのメリットがあります。そして、申し込みブラックでも審査の見直しをしてくれることになっています。

    基本の審査

    中小消費者金融では、このような大手消費者金融審査落ちでも収入があり総量規制範囲内であれば借りれる場合があります。また、多重債務者も返済能力があることで借りれる場合も少なくないです。

    大手消費者金融のようにカードローンができるところは少なく、即日融資も対応していないのですが、審査落ちでキャッシングができない方でも、中小消費者金融、中堅消費者金融で相談をしてみてください。

    中小消費者金融の利用の際には

    ブラック対応とは情報サイトでの言葉ですが、中小消費者金融では必ず口コミがあるところに行くことです。闇金が多く、中小消費者金融の顔をして申し込み公開をしています。
    全国にある中小消費者金融はとても多いですが、インターネットでは必ず口コミがあります。
    ホームページだけで良いことが書いてあるネームバリューのない金融業者の場合、口コミがあることを確認して申し込みをしてください。

    フクホー、アロー、キャネット、ライフティ、セントラルなどが多くの口コミも情報も豊富です。この他にも安全な金融業者があります。街金も中小消費者金融と同等の金融業者です。