免許証だけで身分証明書はOKです

キャッシングの審査は当然のことです。
中でも必ず提出しなければならないものが、身分証明書です。
運転免許証があれば、大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングの審査ができます。免許証だけでキャッシングができるのは、嬉しいことです。

本当に免許証だけで身分証明書ができるのでしょうか?大丈夫です。
どんな場合でも対応できるのは当然ですが、大手消費者金融と銀行カードローンでは免許証だけでOKです。

そもそもどうして身分証明書が必要なの?

それは申込者の入力情報を確認するためです。
キャッシングの申込では、氏名と住所は必ず書きます。
その時に、その情報が確かなものなのかを、身分証明書で確認するのです。
運転免許証がない場合は、パスポートか健康保険証で対応します。
この時も氏名と名前の情報が必要だからです。

申込でいい加減な情報ではないかは、キャッシングでは大切な要件でしょう。
キャッシングに限らず運転免許証が身分証明書として良いのは、写真もあり、偽造ができないことも要因としてあります。

運転免許証は、必ず更新するもので、永遠に同じものを持っているわけにはいかないです。
パスポートも同様ですが、この更新していることも、今の情報確認には必要なことです。
更新が切れた運転免許証を持っているということはないとは思いますが。

免許証はコピーしなきゃ駄目?

WEB申込の場合は、写真撮影で添付処理として対応ができますし、無人契約機ではスキャンでできます。FAX対応などで、コピーの必要はないことが多いでしょう。
しかし、中小消費者金融などでは、コピーした免許証などが必要な場合がまだあるでしょう。

大手消費者金融や銀行カードローンのWEB完結

これは添付処理で対応するからです。
契約書等も存在していないので、そのまま添付処理でOKです。
ベストはWEB申し込みになるでしょう。まさに免許証だけでキャッシング審査を簡単に受けることができます。
WEB完結は今では当たり前のキャッシングの方法ですが、金融事故があるブラックリストの借入ができないです。

申込の時に信用情報で金融事故がある方は、その先の審査が進まないことになります。
確認だけの身分証明書の提出ですから、免許証の提示をする時には、間違いなく借入ができる、ローンカードを手にすることができるということです。
キャッシング申込の時には、運転免許証保持っている方は必ず利用しましょう。一番信頼できる身分証明書です。

免許証以外に書類が必要な時

キャッシングやカードローンの提出で、免許証だけでは通用しないことがあります。

大手消費者金融の場合

借入金額が50万円以上の場合、申し込み時点で多重債務者で、借入が100万円以上ある方は、免許証の他に収入証明書が必要です。
また、50万円以下の借入で運転免許証を持っていない方で、パスポートがあればOKです。

しかし、運転免許証もパスポートもない方は健康保険証になりますが、その時には住民票が必要になる場合があります。
これは来店の時に必要になる場合がありますが、申し込みの時に確認してください。
運転免許証以外の収入証明書で、50万円以上というのは大手のカードローン会社だけではなく、他の貸金業者も同じです。
ただし、銀行カードローンはそれぞれの基準があり、必要がないところもあります。

収入証明書って何?

源泉徴収票も確定申告書が必要です。いずれも最新のものでなくてはならないです。
そして、両方ない場合は、給与明細書で直近2ヶ月の書類が必要です。
賞与がある場合は、1年分の賞与明細書をあわせて提出してください。
限度額の設定で大きく変わることになります。

また、個人事業主の場合は、50万円以下の借入でも確定申告書の提出をしなければならない方がいます。審査次第ですが、用意をしておくとすぐに提出ができます。

銀行カードローンでは?

50万円という決まりが一定ではないです。
300万円だったり、100万円の場合がありますが、多重債務者は、収入証明書が必要な金融機関が多いです。本人確認ではなく、返済能力で不安がある場合、一度に多額のキャッシングをしたい方は、審査上収入証明書がないと不安です。

ですが、銀行カードローンの審査では、ある程度許容範囲が広いですが、その分審査は大手消費者金融より厳しいのが現実です。
消費者金融会社では50万円以上で収入証明書提出は決まっていることです。

スキャン、添付処理でもOK

もちろんWEB完結では、スキャンなどの提出で良いです。
コピーを郵送しなければならないことはないですから、免許証同様の提出で大丈夫です。
借りたい金額が多額でも、収入証明書があれば返済能力を確認することができます。
金融業者としても、返済をきちんとしてくれる人なら、良いわけです。

免許証にしても収入証明書にしても、返済のために必要書類であり、正規の会社で悪用されることも絶対にないですから、安心して提出してください。
これがないと、借りられないという重要書類です。

免許証の提出で気をつけたいこと

カードローン会社に本人確認書類として免許証を提出するだけで審査は通過できます。
しかし、この時に気をつけなければならないことがあります。

住所の問題

更新前に引っ越しをしてしまった場合に、現在の住所と免許証の住所が違うことがあります。
免許証の裏に新住所を書くことになりますが、キャッシングをする時に裏の住所をスキャンすることは絶対に忘れないことです。新住所でなければ、審査は難しくなります。

もし忘れた場合は、すぐに新住所を送れば良いのですが、それでも免許証の裏に新住所が記載していることは忘れないことです。最初から、免許証は両面のスキャンとおぼえておくと良いです。

更新は大丈夫ですか?

免許証、パスポート、保険証も更新日があります。
とっくに切れた身分証明書は本人確認書類にはならないです。
免許証の更新忘れは大変なことになるのですが、キャッシングの際にも本人確認書類とはならないです。

たいていの方は忘れないことですが、もしごまかしてお金を借りようという方は厳禁行為です。
消費者金融会社では、そんなに甘くないです。

店舗申し込みと郵送の時には

免許証のコピーを持参することになります。
金融業者では、本人確認書類として提出された物は返済をしないです。

WEB完結の場合だけスキャンなどになりますが、まるごと提出の時にはコピーしなければならないです。もし忘れたのなら、途中のコンビニなどでできます。その時には表裏両方のコピーは必須です。銀行系カードローンでも同様です。

スキャン失敗!

その時には再提出で大丈夫です。
ぼやけていたり、確認ができないときちんと電話がかかってきます。
必要とされる情報がなければ審査が進まないですから、ゆっくりと落ち着いて行ってください。

カードローン一覧の、本人確認書類としての免許証の需要は高いです。
免許証がある方は、借入はこれだけで十分です。
再提出そのものはたいした事故ではないので安心してください。

確実に免許証だけは大手消費者金融と銀行カードローンだけ?

最近は中小消費者金融でも、50万円以下の少額融資で免許証だけで借りれるところもありますが、基本的には収入証明書が必要なところが多いです。
大手消費者金融や銀行カードローンで借りられない時は、中小消費者金融の申し込みでは、収入証明書も持参していた方が審査が早く済むことがあります。

郵送しなければならないところもありますが、添付処理で簡単申し込みもできる場合があります。WEB申し込みで、添付処理ができれば、ほぼ大手消費者金融と同じ要領です。

免許証以外の提出、本人確認書類以外のものも必要な時もある

運転免許証は、キャッシングの際の本人確認書類となります。
ほとんどのカードローン会社でOKの本人確認書類です。
その他、免許証と同等なのがパスポートです。

大手消費者金融も銀行カードローンも運転免許証かパスポートなら、それだけでOKです。
しかし、両方の本人確認書類がない場合は、健康保険証になりますが、通用しない場合がありますから、確認してみてください。

運転免許証だけで良いということは

顔写真もあり、記載の住所は認められた内容です。
本籍地までありますが、それは今は記載は見えないですが、公的書類としては最高の内容です。
ですから、キャッシングの申し込みでは本人確認書類として使えます。
大手消費者金融カードローンも銀行カードローンも免許証だけの提示で大丈夫です。

免許証もパスポートもない

健康保険証の他に、住民票、公共料金の領収書等の提出が求められることがあります。
現実問題として、運転免許証を持っていない方もいます。
車を必要としない生活をしている方も多いですし、パスポートも同様です。

しかし、最近ではマイナンバーカードがあり、こちらで代用されることもありますが、必ずどの書類提出が必要なのかは確認してください。
免許証がないから審査に通りませんということは絶対にないです。免許証があれば簡単という意味です。

消費者金融会社では50万円まで

免許証で借りれるキャッシングは、50万円までです。
多重債務で100万円以上ある方は、ここで数万円のキャッシングだとしても、免許証だけでは借りられないです。収入証明書の提出が必要になりますが、審査に大きく関係します。

50万円以上にしても100万円以上の多重債務者でも、収入証明書があれば返済能力を確認することができます。多くの消費者金融利用者が一度に50万円ということはないでしょう。

ただし、100万円以上の多重債務はいるかもしれません。
収入証明書で、きちんと返せますということを証明できれば良い話です。
収入証明書というと、なんとなく借入ができないから?と考えるかもしれませんが、キャッシングの法律で書類提出をしなければならないという規定と考えて良いです。

収入証明書がない?

源泉徴収票、確定申告書などですが、給与明細書でも良いです。
それらの書類が集められない場合は、納税証明書等の取寄をしてください。
たまたま書類がないとしても、これだけ納税していると分かれば、収入証明書になります。

所得証明書の書類でも対応できます。
本人確認以外にも、どうしても必要になります。

ブラックリストの提出書類は免許証だけではダメ?

大手消費者金融も銀行カードローンも審査落ちでした。
実はブラックリストになっていますというときに、中小消費者金融や街金で申し込みをすることがあります。

このときに、提出書類は必ず確認してください。免許証だけでは借りられないことがあります。
本人確認書類だけでは認められないことがあり、1万円のキャッシングでも収入証明書が必要な場合があります。

消費者金融カードローンは審査落ち

カードローンのある中小消費者金融もありますが、たいてい中小消費者金融では振込キャッシングです。そして、本人確認書類の免許証と収入証明書を必要とすることがあります。
または、免許証だけで良いブラック対応の中小消費者金融や街金もあり、対応はまちまちです。
融資は限度額が決まっているのではなく、希望額の振込です。

その手続きも添付処理ではなく、FAX対応、郵送してからの審査だったりといろいろです。
一番良いのは来店審査で、事前にすべての書類を手に申し込みに行くことでしょう。
運転免許証や収入証明書はコピーしたものを持参することをお勧めです。
免許証は表裏のコピーが良いです。

こんなにあるの?提出書類

中小消費者金融で定評のあるフクホーでは、提出書類が多いことで知られています。
免許証だけでは到底借りられないです。必ず、収入証明書は必要ですが、保険証も必要です。
人によってとの口コミもありますが、「原則保険証がないと借りられない」とのことです。
これは何を意味しているか?というと、保険証は会社員であれば、会社からの社会健康保険の加入になります。

しかし、会社員以外では、自分で国民保護に加入しなければならないです。
その際に、保険料の支払いがありますが、保険証を持っていないということは、この納税をしていないことになります。そして、国民保険証ではきちんと払っている方と毎月もらう形の支払いを滞納している方の2つの保険証があります。

フクホーでは、その保険証の確認をするのではないか?という口コミがあります。
社会健康保険であれば納税しているのですが、フクホーは中小消費者金融ですが、みるところはきちんと見て審査をすることになっています。

そこで、老舗の信用の厚い中小消費者金融ですが、提出書類が超面倒ということで、違う中小消費者金融を選択する方も少なくないです。免許証だけでOKの中小消費者金融も増えていて、添付書類でWeb完結も可能なのです。そちらの方が借りやすいのは確かです。フクホーだけが極端に良いということではないようですから。

中小消費者金融の情報に関しては、情報サイトが豊富にあります。
提出書類に関しては、良く確認してみてください。