キャッシングの審査の基本について

初めてのキャッシングでは何かと不安です。
どこに申し込みをしたら良いか?
何がメリットで何がデメリットとなるのかなど、わからないことだらけです。

特に、気をつけたいこととしては、キャッシングは借金であることだけは、どんな借り方をしても共通しています。
そして、必ず返済をしなくてはならない義務が発生することです。

大きく分けて3つのタイプ

インターネットでバナーやCMなどでもおなじみですが、キャッシングはインターネットで簡単に申し込みができます。
消費者金融系と銀行系、信販系がお金を借りれるとされるところです。
それぞれ管轄している法律の違いから、借りれる限度額や金利がいろいろです。
そして、必ず審査があり、借りれる人と借りれない人が出てきます。

初めてのキャッシングだからといって、必ず借りれるものではない、今回は審査に落ちてしまうこともあります。
どのタイプのキャッシングが良いかも大切ですが、審査に通過することが必要です。

審査とは?

申し込みをした時に、自分の個人情報を伝えます。
基本は、年齢や住所などですが、勤務先や収入は必須条件です。

利用者の収入がないと借りれない場合がほとんどで、フリーターや無収入の方は、キャッシングの機会はほとんどないです。
特例としては、無収入の専業主婦だけですが、条件が整っていないとキャッシングかできないです。
審査は、個人信用情報機関の内容も確認します。

個人信用情報機関とは?

いわゆる信用情報とされる内容で、今までのクレジットカードの記録、カーローンや住宅ローンなどの目的ローンの使用状況です。
クレジットカードの使用があっても、各種ローンの返済があっても、審査に通らないわけではないです。
信用情報機関では、借りました、返しましたというすべての記録が掲載されていて、完済しましたという情報も審査要件になります。

ブラックリストと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?
それが、この個人信用情報機関の内容で、トラブルとして記録されている方たちの総称です。

トラブルとは?

過去にクレジットカードの返済をしていないとか、現在他社の借入がたくさんある。
カーローンで延滞をしている。滞納しているなどのきちんと返していない。
そんな情報を元に借りれるかどうかの判断をします。

それぞれに審査基準があり、一概にすべての審査に落ちるのではなく、中小消費者金融などでは、大手消費者金融や銀行カードローンで審査に通らない方でも、審査に通る場合もあります。
ブラックリスト対応の中小消費者金融として評判の金融業者も存在しています。

最終的な審査は在籍確認

申し込みをして、申込情報と信用情報の確認後は、在籍確認です。
勤務先に電話をして、申し込み者がそこに在籍しているかを確認します。

◯◯さんはいますか?と簡単なもので、担当者が直接個人名できくだけです。
審査としては、一番簡単とされるものですが、この在籍確認はどの審査でも存在しているもので、ごまかしがきかないです。
収入が書いてある、勤務先も書いてあるけれど、在籍確認でそんな人はいませんと言われた時には、審査に通らないということになります。

キャッシング審査で耳にする属性って何?

キャッシングをするには、消費者金融カードローンや銀行カードローンがあります。
それぞれ審査がありますが、差はあります。
ただし、大手消費者金融と銀行カードローンでは、共通している審査が多いです。

属性

属性とは、申込の時に入力する自身の情報です。
具体的には、年齢と年収、勤務先と勤続年数、居住形態や婚姻状態などです。
この中で、20歳以上の年齢と年収が100万円程度がなくてはならないです。
勤務先の住所と電話番号(固定電話が条件のところが多い)で、勤続年数も1年程度は必要です(数ヶ月でも審査に通る場合あり)。
この情報を確認して、属性が決まります。

正社員や公務員が良いのは当然ですが、それは会社が安定していて、収入が一定だからです。
個人事業主などは、年収が高いとしても、収入の安定さで正社員より下の属性になります。
アルバイトなどでは、低収入だとしても、毎月安定した収入であれば、審査は通ります。
収入は多ければ多いほど良いですが、特に安定した収入であることが重視されます。

勤続年数も長い方が良い

勤務先に長くいることは、退職しない安心感があります。
それは、収入が切れないことを意味しています。

キャッシングは、この先返済が続くことですから、退職せずに長い間働いている人の方が信頼されます。
その形態が、アルバイトやパートでも同じです。
パート主婦10年と新入正社員では、パート主婦の方が、属性が良い場合があります。

年齢は20歳以上なら良い?

下限は20歳です。
クレジットカードのショッピング枠は、親の承諾があれば高校生以外の18歳や19歳では契約ができます。
ただし、キャッシング枠はつかないです。

では、年齢の上限は?というと、60歳~64歳くらいです。
審査に通りやすい上限年齢は、50歳代だと言われています。
つまり、これは収入が安定していることを意味しています。
きちんと完済ができる人に対して審査は通ります。

持ち家と賃貸ではどちらが良い?

賃貸の家賃がある場合、その金額で返済リスクが心配されます。
住宅ローンがない家に住んでいたり、実家通いは属性が良いでしょう。

持ち家だとしても住宅ローンがあると、賃貸と同じ扱いになります。
公営住宅などは家賃もやすいですが、収入が低いことで心配されることもあります。
要は、収入が多ければ良いことですが。

職業で不利な条件

収入が不安定な職業として、風俗業、水商売、自由業などがあります。
キャッシング審査では、今は良いけれど、来月はいくら収入があるかわからない方の属性は、審査に通らないこともあります。
ただし、これは絶対に審査落ちではなく、長年経験しているとか、個人事業主として確定申告などで、お金の管理ができているなどの条件で、キャッシングができます。
最近では、上記のような職業でも大手消費者金融カードローンを持っている属性の方は多いです。

キャッシングの審査の要が個人信用情報

個人信用情報機関は、属性と同様に審査の要です。
何のことかという、クレジットカードやローンの履歴書のようなものです。
今までのクレジットカードの契約から、使用したり、返済の記録がすべて掲載しているものです。

キャッシングに申込をしたら、個人信用情報機関は確認をします。
信用情報として、どんな借金をしてきたかがすぐに判明します。

国内の個人信用情報機関

JICC株式会社日本信用情報機構、CIC株式会社シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターの3つの機関が存在していて、国内の金融機関、金融業者は必ずどこかに加盟していて、自社の記録を掲載します。
大手消費者金融などでは、2つ以上加盟していることが多いです。

ここでは、キャッシング申込をした人の記録は参照をしますが、その行為もすべて記録されます。
ですから、今大手消費者金融に申込をしている前に、他社申込をしていた場合も、その事実が判明してしまうのです。

信用情報の確認の方法

個人信用情報機関と申込のあった金融業者では、個人信用情報機関を参照します。
どんな借入と返済をしているか?その金融業者の審査基準に合う内容かを確認します。
そして、この確認も新たに記録として更新されることになります。

すべてコンピュータを通じて行うことで、日数がかかったり、料金がかかるものではないです。
実は、本人の個人信用情報であれば、自分で内容確認もできます。
あくまでも本人だけですが。

3つの個人信用情報機関の情報

例えば2つしか加盟していない金融業者では、1つの情報内容が悪いとしたら、借入ができると考えます。
特に銀行カードローンでは、全国銀行個人信用情報センターにしか加盟していないこともあります。

しかし、実は3つが同じ情報を共用している内容がいくつかあります。
それは、延滞や債務整理の事故情報(返済トラブル)、カードの紛失や盗難情報、本人が申込の時に入力した情報。
これらは、どの個人信用情報機関からも確認を必ずします。
ですから、加盟していない個人信用情報機関の情報も、肝心な部分は確認することができます。

初めてのキャッシング申込だから

過去にクレジットカードの経験もない場合、個人信用情報機関では何も記録がないです。
このことは、スーパーホワイトリストと言います。
クレジットカードも持っていない方が、キャッシングの申込をすることは少ないです。
これは、素晴らしいことと思われると思うのですが、実はそんなことはないのです。

金融機関や、クレジットカード会社の利用履歴がある方が信用が出てきます。
特に完済していて返済トラブルがない方の方が、審査に通りやすい事情があります。
スーパーホワイトリストなら絶対に良いということはない、個人信用情報機関の不思議な事情があります。
ですから、キャッシング前には、クレジットカードなどの利用をしておくことをおすすめしたいです。

キャッシングで審査が甘いとされるのは

キャッシングの審査では、具体的な内容の公表がないです。
審査基準にしても、今みんなが知っていることは、口コミ情報によるものとホームページで公開している情報のみです。
ですから、実際には、◯◯は大丈夫とか、◯◯はNGという事柄は、はっきりしたものでなければわからないです。

信用情報の見方

審査基準で一番大切な個人信用情報の確認ですが、審査基準でこの程度という内容はわかります。
銀行カードローンより、大手消費者金融の方が甘い。
多少返済トラブルがあっても借りられる、中小消費者金融という感じです。
あとは、利用者の体験などを口コミで公開しているものを参考にすることが必要です。

個人信用情報で、金融トラブルや返済トラブルがある方の総称としてブラックリストの呼び方があります。
ブラックだから借りられない。ブラックでも借りられる中小消費者金融という感じです。
金融機関では、審査基準はきちんと公表していないのは、単に個人信用情報だけで判断をしていないからです。

属性と信用情報

この2つの審査結果が、すべてです。

例えば、信用情報で多少トラブルがみられた場合でも、高い収入であり、ボーナス前なら借入ができたり、ということがあります。
インターネットでの申込では、入力情報だけでの審査ですが、電話や来店で直接話す機会があれば、完済アピールも可能です。
審査の内容がわからないけれど、とりあえずこうやって返すとか、来月になったらお金が入る事実を告げるなどして、審査基準を逸脱する場合もあります。
この対応は、おもに大手消費者金融や銀行カードローン以外の中小消費者金融になりますが、大手消費者金融などでも直接話をしてみると良いでしょう。

いいかげんな審査?

そうではないです。
厳密に言えば、完済見込があるのなら契約ができるという臨機応変さがあります。

キャッシングでは、全ての申込も借入も返済の信用情報に記録されます。
きちんと返済をしている方であれば、信用もでき、少し無理だけど貸す判断もあるのです。
キャッシング申込で、借りれると思わなかったという口コミが多いのも、そういうことでしょう。
金融業者も損する取引はしたくないですが、反対に一見リスキーでも完済見込がある方のキャッシングの審査ができることが、それが中小消費者金融の甘い審査と言うことになります。
審査内容の公表がないからこそ、危ないと思った方でも借りれるのです。

情報は多いけれど

大手消費者金融や銀行カードローンで思ったように借入ができない方が利用する金融業者です。
情報サイトが多いのは、きちんと法律を守っているところばかりではなく、違法な金融業者も多いからです。
何度かキャッシングをしていると、違法業者のこともわかってくるのですが、大手消費者金融や銀行カードローンなどでネームバリューのないところとは縁をしないことです。
最初のキャッシングは、名前を知られているところで計画的に借入すことをおすすめします。

審査に落ちるということ 主な理由は?

ブラックリストとか審査落ちとは、消費者金融や銀行カードローンの申込をして審査に通らない方です。
原因はいろいろです。申込後、すぐに審査に通らないこともあります。
普通、審査では、仮審査と本審査がありますが、仮審査では申込情報の内容で審査基準に合わないと、それ以上の審査をしないです。

仮審査に落ちるのは

年齢と、収入によるものが多いです。
申込年齢以外の申込と収入がゼロだったり、極端に少ない場合です。
消費者金融では70万円程度が最低年収だとされています。
それ以下でキャッシングの審査が通らないことが多いです。
20歳以上でも70歳台では審査も通らないです。

また、70歳台と言えば、年金受給者も多いですが、年金は収入とならないです。
年金の方は、それ以外の収入がある方が対象になります。
住所不定、勤務先が書いていないなどの書類の不備も仮審査で落とされます。
住所不定は本当であれば、最初からキャッシングはできないです。

本審査で落ちるのは

仮審査で通過したとしても、信用情報でいわゆる金融事故があると難しいです。
金融事故とは、延滞している、他社借入が多い多重債務、自己破産などの債務整理者などです。
初めてのキャッシングの場合は、このような金融事故はないです。
完済記録ばかりであれば良いのですが、多重債務でも借りたいとか、自己破産後したけれど借りたい方などは審査に通らないことがあります。

これは勘違い?

本審査では、それぞれ提出しなければならない書類も確認します。
本人確認書類などですが、住所が違うとか、入力情報が違う場合も審査は厳しいです。

勘違いでは済まされないです。1つ1つを間違わないよう入力してください。
申込情報と信用情報の内容が違ってもNGです。多重債務者は、借入件数なども危険です。
収入証明書が必要な時は、多額のキャッシング審査の時ですが、収入と収入証明書の数字が違うのも審査に通らないです。
これも勘違いでは済まされないです。

そして、在籍確認

最後にくる審査が在籍確認だと言います。
勤務先に担当者が電話をするだけですが、電話が通じない、そんな人はいませんと言われた。
そして会社の電話番号が間違えていた。これでは、在籍確認ができないですから、絶対に借りられることはないです。

本審査を勘違いなどでNGになってしまうのはもったいないことです。
緊張感もって、キャッシング審査を受けることをおすすめします。
間違ったからでは済まされないです。