↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの時に肝心なのが返済のこと

キャッシングの申し込みのときには、必ず“上限金利”を確認してください。
あるデータでは、キャッシングの利用状況で、下限金利でのキャッシングをする方は圧倒的に少ないと言います。

通常、キャッシングは1回に1万円から10万円程度の利用がもっとも多いようですが、そうなると、キャッシング金利は上限金利になることが多いです。
利用代金に、利息が必ず付いて返済です。少しでも低いキャッシングに申し込み、注目は上限金利の方です。

返済方法について

実際に返済では、それぞれの金融会社の指定があります。
引き落とし口座が必要だったり、必ず振込にしてくださいなど、対応が違います。
引き落としの場合は、手数料はかからないのですが、振込返済では手数料がかかることが多いです。

また、ATMの利用でキャッシングと返済ができる場合などいろいろですが、手数料も含めて確認することが必要です。
大手消費者金融では、比較的自由な返済方法があり、手数料もかからないのですが、中小消費者金融などでは、手数料こちら持ちの振込返済が多いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

返済額の問題

たいてい利用代金に対して、最低返済額が設定されていることが多いです。
10万円のキャッシングでは、月に1,000円からということはないです。
必ず、最低この金額の返済をしなければならない指定があります。
中小消費者金融の場合は、これに手数料が加わることになります。
ですから、計算をしながら借りなければ、返済ができないこともあります。

また、振込の場合は、銀行営業時間なども関係します。
ネット銀行が使える、ゆうちょ銀行からの返済ができるなどの臨機応変な対応の金融会社であるかの確認も必要です。

借りるときには必ず頭に入れて

キャッシングのときには、金利と借りれる金額のことで頭がいっぱいです。
審査に通らないのではないか?いくら借入ができるか気になるのですが、同時に返済内容は確認が必要です。
利用代金明細の有無も最近では、ペーパーレスでインターネットで画面で確認するようになっています。

つい借りすぎてしまい、返済のことがわからなくなることもあります。
毎月決まった時期に明細書が届くことで、確認したいなどの返済の時のことを頭に入れてから、キャッシング申し込みをした方が良いです。
キャッシングは借りるときよりも返済の方が大変なのですが、全てを理解してから借入することをおすすめします。
あとから、そんなはずではなかったと思うことがありませんように。
金融会社では、いちいち確認はしません。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの返済日の変更について

キャッシングの返済が、支払日が自由なところもあります。
振込返済の場合ですが、利用者の都合に合わせた返済ができます。
月末とか、25日となると給料日の関係から、返済が難しい方にとっては、この自由の返済ができることは嬉しいことです。

35日周期の返済もあり

どんな支払や返済でも、毎月10日とか、25日と設定されている場合が多いです。
しかし、キャッシングの返済では、35日周期で返済ができるところもあります。
5月31日の最初の支払いでは、次は7月5日、その次は8月4日といった感じです。
返済日が混乱してしまいそうですが、5日の余裕で、お金をきちんと用意しておいてくださいということです。

金利で行くと、キャッシングは日割りですから、30日周期よりも返済額が多少多くなるのですが、35日周期で助かることもあります。
返済に余裕がない時には、5日間でなんとか工面ができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

支払日の変更

金融会社によっては、途中の変更にも対応していますが、必ず10日ほどの余裕が必要です。
こちらも金利計算のためですが、返済方法で日にちに関して柔軟な対応をしてくれるところもあります。
返済をする意思を尊重する意味でも、こうした要望にはきちんと応えてくれるので、返済ができないのではなく、返済してほしいときには、早めに言うようにしてください。

分かりづらい返済

毎月決まった返済なら、元金◯円、金利◯日分で◯円とわかりやすいでしょう。
それが、途中で返済になったり、遅延損害金などの発生で金額が変わることがあります。

利用代金明細書を確認の上、わからないことはすぐに問合せをしましょう。
間違いはないとはいっても、人が行なうことです。
払いすぎは利用者にとっても嫌なことでしょう。

給料日直後が良い

こうしたことにも対応してくれることが多いです。
金融会社によっては、必ず指定される場合もありますが、月に何回か支払日の設定ができることがあります。
きちんと返済をするには、給料日と返済の関係はとても重要です。
どんなことでも、返済に関しては、サービスをモットーとしている金融会社も多いです。

こうした場合、大手ほど臨機応変ではないことは多いです。
最初から指定された日でなければならないということもありますが、一応相談だけしてみると良いでしょう。
これができなければ、返済をしないからと言うのは勝手な言い分です。
なんとかその方が返しやすいので、お願いできないでしょうか?と下手に出る方がトラブルもないでしょう。
返さないと言うのは、利用者が悪い表現です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングとリボ払いで返済 元利金等返済って何?
キャッシングでは、1社だけで借り続ける。多重債務もできます。
その時に返済方法は最初の契約でいろいろです。

リボ払いまたは元利金等返済

例えば、1社しか借りていない。返済をリボ払いにしたとします。
クレジットカードの支払いで良く耳にする言葉ですが、キャッシングでは元利金等返済の表現をします。
漢字で見るとわかりやすいのですが、毎月一定の返済をします。

10万円を借りて、金利が20%。
120,000円の返済を1ヶ月に1万円ずつ、12回です。
これならわかりやすいのです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ところが

この時に、繰り返し借りたとします。
10万円の完済をしないうちに、3万円を借りたとします。
この時に、毎月の返済は1万円ですから、変わらない。
あとから借りた3万円の支払いがあとになって利息が増え、返済期間も長くなります。
13万円の借金で金利が20%ですと、132,600円です。
途中の3万円の返済は、最初の10万円完済後になるので、返済は楽ですが総返済額はとても大きくなって長くなってしまいます。

多重債務の場合

これは、1社ずつリボ払いにしても、会社が違うので同時に返済をしていきます。
1社で10万円、他社で3万円の場合は、リボ払い1万円設定でも2万円の返済額になります。
返済は大変ですが、返済期間は短縮されます。

リボ払いに関しては、少ない借入では1万円ずつでわかりやすいのですが、追加融資をしたり、多重債務では負担が大きくなってしまいます。
その負担が後回しになってしまうことで、いくら払って、いつ完済になるかも
わからないことになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

リボ払いとは言わない

キャッシングでは元利金等返済と言いますが、返済ラクラクの表現です。
しかし、実は返済の長期化と、追加融資しやすい形になるので注意が必要です。
1社での追加融資の時には、返済方法を再確認されることをおすすめします。
クレジットカードのキャッシング枠などでも、このようになっている場合は多いです。

そして、どんなキャッシングも完済してから、次のキャッシング申し込みと計画的な借り方が基本になります。
大手消費者金融でも多重債務や追加融資ができる、返済が1万円とわかりやすいというのですが、返済側にしてみたら、利息が多くなっていることが多いです。

せめて考えたい

多重債務にしても、金利が小さなキャッシングにいけるように努力が必要です。
努力と言うのは、延滞をしない、審査の厳しいキャッシングから申し込みをするなどです。
最初から甘い消費者金融などの申し込みをしてしまうと、低い金利の金融会社など手は審査に通らないことがあります。
キャッシングをしたら、同時に返済のことはきちんと確認してください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの返済方法の1つの繰り上げ返済について

毎月決まった額の返済をお願いします。
キャッシングでは、元利金等返済の内容でこうした明記があります。
繰り上げ返済に関しては、改めて手数料がかかることがあります。
同時にこうした記述がある場合、その金融業者からのキャッシングは検討する必要があります。

繰り上げ返済とは?

10万円のキャッシングの返済で、毎月1万ずつ返済したとします。
元利金等返済で、決まった額が引き落とし口座から引かれます。

ところが、途中で、全ての利用残高を返したい。
決まった額ではなく、残り全部を繰り上げて完済することを繰り上げ返済と言います。
返すのだから良いことですが、金融業者にしてみれば損です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

10万円のキャッシングで20%の金利の場合

1万円の返済で、12回で120,000円です。会社としては2万円の利益です。
それが、途中で繰り上げ返済になると、年利の金利ですから、2万の利益が少なくなってしまいます。
それで、手数料という形で、繰り上げ返済は阻止したい場合があるのです。
完済は良いことですが、最初の契約どおりにしてくれなきゃ、利益が出ないということです。

一方で

繰り上げ返済大歓迎のキャッシング業者も多いです。
何よりも、完済をしてくれるのなら歓迎です。

例えば、上記で1万円ずつの返済ではなく、15,000円ずつ支払いをしていく。
その場合は、当初の12回より早くに返済が終わることで、利息の支払いが少なくなります。
利息利益よりも完済を推奨しているところでは、繰り上げ返済もご自由に。
途中で多く振込された場合も、計算をして行きますということに。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

振込用紙で返済をしている場合

振込用紙で、返済額を印刷されて、ゆうちょ銀行などで支払う場合。
月末計算で、返済額が明記しています。
もし、それ以前に振込をした場合も、利息分が計算され、次の返済額が少なくなります。

こうして、支払日が決定していて、少しでも早く返済をしていくことで、元金はそのままですが、利息の部分を少なくしていくことはできます。
キャッシングの利息が日割りで計算されているからですが、繰り上げ返済を含め、多めの支払い歓迎の業者がおすすめです。

返済方法を選ぶ

引き落としでは待っているだけの対応ですが、楽天スーパーローンなどは、マイページから希望の金額が指定できます。
今月は少し多く返済したい場合は、その数字を入れるだけです。
利用者にとっては、返済が1日でも早く終ることで利息を払わなくて良いのです。

繰り上げ返済で手数料がかかってしまうのは、本末転倒的なことです。
キャッシング業者の選択の1つとして考えてみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

利息のことはきちんと考えて、キャッシングの利用を

キャッシングの利用では、ちょっとだけの数万円、1回利用がおすすめです。
給料日前のピンチとか、ボーナス前など、常に返済ができる状態でのキャッシングがベストです。

金利は◯%とありますが、早く返済をしたら少なくなります。
日割り計算になりますので、即返済ができれば、休日の銀行ATMで自分のお金を引き出す手数料よりも少ないです。

使い方と返済の仕方

キャッシングは、常時返済があると言うのはあまり良いことではないです。
カーローンや住宅ローンなどの目的ローンとは違い、お金を借りる時には金利も高いです。
身の丈に合わないお金の使い方から、キャッシングを多くしている方は、生活そのものの見直しが必要でしょう。

普通の返済していたとしても、金利分でも相当行きます。
なんとなく支払いをしていると悪いことではないのですが、多くは借りない、必要以上の借入れないことは絶対条件です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

金利の低いキャッシング

そうなると審査が厳しいのですが、大手消費者金融の審査に通る方は、無利息期間のキャッシング利用がおすすめです。
利息がないのですから、元金のだけの返済です。
顧客拡大のキャンペーンですが、どうせかりるなら返済が少ない方が良いでしょう。
無利息期間なら慌てて返済の必要もないです。30日は、利息がないので、計画的に使えます。

キャッシングで怖い慣れ

最初は、こわごわキャッシングをすることが多いですが、多重債務もできなんとなく慣れてしまうことは多いです。

引き落とし口座では、多重債務ではあちこちからの返済になっているのですが、無利息期間以外の普通のキャッシングでは、相当な利息になっている場合が多いです。
繰り上げ返済ができるものがあればすぐに行う。
多重債務も少なくできるものは、完済したり、利息を抑えることで、上手なキャッシングと返済をしましょう。
延滞などは、絶対にしないキャッシングが理想です。

返済で困ったら

今後返済ができないではなく、今月だけが厳しいとか、支払日の変更。
早く払いたい、繰り上げ返済の方法などは、直接問合せをしてください。
返済相談は、何も支払いができないだけではなく、様々な返済方法についても話しを聞いてくれるはずです。
利用代金明細の内容確認でも良いですし、金利計算等も納得いく内容を知っておくべきです。

そして、1日でも早く完済を目指しましょう。
そのために慎重なキャッシングと見込ある返済ができるキャッシングを心がけて。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓