↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの金利の決め方 審査に通れば良いだけではない?

キャッシングで一番に気になることは金利です。1%でも低いキャッシングをしたい。
借金と金利の関係はわかりやすいことですが、たくさん借りたら金利は低くなる。

きちんと返せる人には、金利を低く設定してくれます。
逆に言えば、あまり信用がない方に少しだけ貸す場合には高い金利になるということです。
高い金利でも仕方なくキャッシングをしなくてはならない場合もあります。

金利が低いのは?

現在、手軽にキャッシングができるところで、低金利なのは銀行カードローンです。
ネット銀行だけではなく、店舗で提供しているカードローンに関しても、消費者金融と比較をするとお得です。

そして、上記の低金利の法則から行くと、きちんと返せる人でなければ、銀行カードローンの契約はできないです。
金利が低い銀行カードローンは、キャッシングの中でも審査が厳しいとされています。
これが、審査と金利の関係です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査で決まる金利

審査の内容で、金利が決まるキャッシングもあります。
しかし、銀行カードローンも大手消費者金融音も予め金利が決まっていて、そのキャッシングができるかの審査をする方法です。
アナタは優秀だから低い金利にします、ではないです。

現在銀行カードローンで14%台の利息で、大手消費者金融で17%台の金利です。
それをみただけでも、銀行カードローンの方が良いにきまっているのですが、審査が通らないこともあります。

最近新しい形のキャッシングも登場

今まで、キャッシングと言えば、カードローンなどで審査は一元的でした。
ところが、“J.score(ジェイスコア)”なるものがあります。
金利の上限が12%なのですが、AIスコア・レンディングという方法の審査が新しいです。

AIでの審査では、様々な質問に回答したり、ライフスタイルを数値化していき、その数字で、融資額と金利が決まります。
同じ収入の方でも、ライフスタイルの違い、質問の回答によって金利が変わってきます。
キャッシングの内容は、消費者金融と同じ総量規制範囲内ですが、場合によっては銀行カードローンは比ではない低金利が実化します。
ホームページからの登録で、どんどん質問に回答していくことで、金利を下げるゲーム感覚で、低金利キャッシングができます。
きちんとこの条件ではなくてはならないという、ラインがあります。
あくまでも、そのライン上のことであり、金融事故がある方が借りれる中小消費者金融とも違います。

審査の厳しさで言うと、銀行カードローンと同等というのですが、150の質問がその他の可能性かを引き出してくれるのです。
申込者によって金利が違うと言うのは、今までにない金利設定です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

今更なんだけど、キャッシングの金利って何?

消費者金融のカードローン、銀行カードローンで注目する点は金利です。
どれだけ低いことが問題になります。
この金利について、改めて考えてみましょう。

金利とは?

カードでお金を引き出す。
当然返済をするのですが、その時に◯%の利息が必ずついています。
イメージとしては、キャッシングと言うお金をレンタルをする。
そのレンタルが完了したときにレンタル料金を支払う。
それが利息であり、計算をするのが金利です。

金利は、1年間にお金を借りた場合の利息と考えることが多いので、年率とも言います。
例えば、17%の金利とあるキャッシングでは、10万円借りたときには、17,000円になります。
年率というと、1年後には117,000円の支払いをする契約です。
これが金利であり、普通は年率で計算された利息とみて良いでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

利息の計算方法

10万円で17%のキャッシングでは、元金100,000円の利息17,000円で、117,000円になります。
返済のときには、最終的に117,000円を支払うことになります。
毎月返済になると、例えばリボ払いでは、10,000円ずつ払いのなら10,000円を、11回と7,000円の12回払いといった感じです。

ところが、キャッシングでは日割り計算の場合があります。
元金×金利÷365日×借入期間で返済になります。
100,000円×17%÷365日で、その日の利息計算になります。この場合は、約46.5円になります。
それを30日で返済なら、46.5×30で1,397円になります。これが、その月の利息になります。

そして、毎月元金も返済していくことで、計算が変わってきて、毎月返済額が変わります。
リボ払いの方法もありますが、日割り計算にしていくと、繰り上げ返済をすると、利息部分を大きく減らすことができます。
1日でも早く完済するということは、利息部分が減っていくことになります。

年率と実質年率

金利は年率のことですが、たまに実質年率の文字があります。
実質年率とは、純粋な金利の他に事務手続きのために必要絵な手数料を含んでいるときに使われる言葉です。
内訳は公表することがないのですが、実際には、金利以外の費用も含めている場合、実質年率と表現することが多いです。
カードローンやキャッシングではなく、不動産担保ローンや住宅ローンなどで、手続きが煩雑なローンの場合、良く使われる言葉です。
実質年率とある場合は、見えない部分でも費用がかかっていることを認識されると良いでしょう。

基本的には、金利◯◯%、実質年率◯%とあると、それ以上の返済義務はないです。
ただし、カードローンでは、提携ATMや返済振込などで手数料がかかることがあります。
これは、金利とは別に、利用者負担としてかかるものですから、返済時やキャッシングのときにコストがかかってしまうことがあります。
手数料無料の表示の確認をしておくと安心です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの上限金利とは?金融業者によって違う

現在カードローンやクレジットカード、キャッシングでは金利の上限が決まっています。
金融庁に届け出をして正規金融業者として営業するためには、この上限金利は守らなくてはならないです。
ですから、高い金利で営業しているところは、違法業者やヤミ金であると言えます。

金利の上限は?

キャッシングの金額によって違いますが、10万円未満が20%。
10万円以上100万円未満は18%。
100万円以上となると15%です。
ですから、99,000円のキャッシングでは20%、100,000円で18%が上限金利ということになります。

消費者金融や銀行カードローンでは、この金利は必ず明記がありますが、そこで各上限金利、10万円では大手消費者金融は17~18%。銀行カードローンが12%~14%。中小消費者金融が18%~20%です。
多くのキャッシングでは、10万円、100万円という表示ではなく、利用限度額300万円としています。
金利のところでは、5%~18%という書き方をしています。
このときに低い金利にも目が行きますが、とても低いとしても、最高金額を借りたときです。
注目してほしいのが、上限金利です。
必ず幅をもたせた表記になっていますが、現在のキャッシング事情では、銀行カードローンの金利が低いとされています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

10万円借りるときに

14%の銀行カードローンでは、114,000円。
17%の大手消費者金融では、117,000円の返済額で、その差が3,000円です。
それが大きいかどうかは個人差がありますが、0が1つ増えた100万円のキャッシングなら、利息だけで30,000円の差になります。

利息は、元金とは無関係なので、少なければ少ないほうが良いに決まっています。

大手消費者金融で返済を減らす事ができる?

たとえ少し高い金利のキャッシングをしたとしても、返済方法でいち早く元金を減らす返し方で、実質金利の差がないことになります。
キャッシングの利息は日割り計算です。10万で17%の金利は46.5円程度です。
20日早く支払いが終われば1,000円少なく返済することになります。

借りたときには、金利が高いとされる大手消費者金融ですが、返済次第ではも銀行カードローンの返済と変わらない金利でキャッシング利用をしたことになります。
返せたらの話しですが、キャッシングの返済については、臨機応変な対応であり、元金を借りて、返済までの時間が利息が付くと考えると良いでしょう。
すぐに返済をすることで、金利ゼロに近いキャッシングもできます。
月曜日が給料日だから、金曜日に借りる。
そんな借り方もあまり金利を気にせず、利用できます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

無利息期間って本当にあるの?キャッシングは安く借りよう

キャッシングの金利を、少しでも安くしたい。
実は、このキャッシングはすぐに返済ができる、返済額を最小限にしたいときには、無利息期間があるキャッシングに注目です。
大手消費者金融ではおなじみになりますが、銀行カードローンなどでは口座開設と同時で、無利息になる場合があります。

30日間だけ無利息

消費者金融の30日間無利息サービスは、30日間の金利がゼロになります。
しかし、返済が31日目になると、普通に金利がつくことになります。
それでも、最終的には、最初30日間の無利息があるので、返済額を抑える事ができます。
キャッシング後の返済額は、元金と利息分です。

ちなみに1万円ずつ返済のリボ払いだとしても、元金と利息が付きます。
これが、無利息期間の返済では、そのまま元金だけの返済をしたことになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

無利息期間の恩恵

10万円の借入で、毎月1万円ずつ返済するとします。
普通のキャッシングでは、初回の1万円返済しても、元金は9万円以上あります。
次の付きにまた、元金から金利計算で返済額になります。
それが、無利息期間の返済1万円は、全て元金分です。
ですから、次回は9万の元金となり、どんどん減っていきます。

最終的に減っていくのもそうですが、毎月の元金がきちんと減少していくことになります。
10万円以上ではもっと差がついていくことになります。

1つの消費者金融で初回のみ

この無利息期間の利用は、初回の契約のみです。
次回からは使えないのですが、1週間無利息期間のある消費者金融もあります。
これは、1週間は何度でも無利息です。
あまり恩恵はないようですが、返済が長くなると、やはり差が出ます。

そして、決定的なのが、5万円までは半年間無利息というサービスです。
6回の返済で完済ができれば、お得な内容になっています。
いずれも、1度きりの無利息期間のサービスです。
いざキャッシングとなったときに、無利息期間サービスのある消費者金融は絶対におすすめです。

金利は少ない方が良い

銀行カードローンなどでは、金利半額キャンペーンなども行っている場合があります。
お金を借りたいときに行っていたら良いのですが、一応カードローン申込みを完結しておくと便利かもしません。

そして、1%でも低い金利でのキャッシングをしてください。
計画的なキャッシングであり、無理な借り方をしないことと、必要最小限のキャッシングをするようにしてください。
無利息期間は30日が多いですが、その間に返済ができるのが理想です。
そうではない場合、少し余裕を持って借りておこうはNGです。
カードローンで行うキャッシングは、自身のキャッシュカードのようなものですが、借金をしていることをお忘れなく。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシングの金利の遅延損害金について

キャッシングの金利は、決められた返済日までにかかるものです。
ところが、返済日に間に合わないと、遅延損害金が発生することがあります。

遅延損害金とは?

消費者金融、クレジットカード、銀行カードローンで返済日に返済しない方に対しての、延滞金、罰金のようなものです。
1回1万円、2万円という形ではなく、金利◯%の形で付きます。
最大でも20%程度ですが、普通の金利に上乗せになります。

返済するときには、遅延損害金も合わせて支払うことで解決が付きます。
遅延損害金の支払いをしなくてはならないというのは、返済ができない状態でしょう。
そこが問題になることがあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カード会社としては

返済ができないと、利用者に直接連絡が入ります。
その時に返済ができないのであれば正直に言うことですが、あと少し待てば支払いができるのなら、その時には元金、利息、遅延損害金の支払いをすることで解決します。
その際の手数料などは基本的にないのですが、今回の延滞については、遅延損害金の支払いにて解決です。

金融機関としても、次回からは通常返済になっていきます。
しかし、それだけではない事態もあります。

信用情報に遅延損害金の記録が付く

キャッシングの審査では。信用情報の確認がありました。
そこで返済トラブルがない金融事故を起こしていないことで、審査に通るのですが、この遅延損害金の存在は、金融事故になります。
ですから、一度遅延損害金を支払う返済トラブルに関しては、要注意人物になってしまいます。

数日だったり、すぐに解決した場合は、大きな金融事故ではないと言いますが、それでも多額のキャッシングをしたいとか、他社申し込みのときには、遅延損害金の存在は大きいです。

絶対に遅れない

返済に関しては。どんなことがあっても遅れないことです。
遅延損害金の発生してしまうことは、それだけブラックリストに近づくことで、今後のキャッシングに大きな影響を与えます。
1度だけでは、すぐにブラックリストにはならないのですが、繰り返しはNGです。
延滞金を払えばいいんでしょう?という問題ではなく、返済に遅れる行動がキャッシング審査ではポイントになってしまいます。

もし、途中で支払いができないのなら、返済額の相談にも乗ってくれます。
その際には、返済日前に直接消費者金融に相談することです。
そうすることで遅延損害金の必要もないのですが、契約書き換えは金融事故には入ります。
一応ブラックリスト候補になりますが、返済ができずに、ダラダラと遅延損害金が続くよりはマシです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓