↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。
メリットも大事ですが、デメリットにもしっかり目を向けてご利用の検討をしましょう。
J.Score(ジェイスコア)の口コミを参考にして、デメリットをご紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)にはデメリットの口コミもある

ジェイスコアはとても良い部分ばかりのキャッシングシステムですが、残念ながらデメリットも挙がっています。
良い商品であっても、思うことは人それぞれですので、デメリットがあっても仕方のないことです。
デメリットも十分に踏まえて、自分に合ったキャッシングなのかを考える材料にするといいですよ。

J.Score(ジェイスコア)の口コミからわかるデメリット

J.Score(ジェイスコア)の口コミからわかるデメリットは、以下が挙げられます。

J.Score(スコアリング)点数が600点以上ないと審査の対象とならない

そもそも、J.Score(ジェイスコア)の審査の土台に立てる条件は、AIスコア診断でのAIスコアの点数が600点以上無ければ審査の土台に立つことができません。
そのため、AIスコアが600点未満の方はAIスコア・レンディングは利用できません。
スコアアップなど色んなものがありますので、それらをご利用して600点以上になるように頑張らないといけません。
他社の借入状況が良くない人は、なかなか点数が上がらないようです。

ATMでのご利用ができない

一般的なキャッシングのように、ATMでのご利用というのは一切できません。
融資方法は銀行振り込み融資のみですので、ATMキャッシングはできません。
常にネット環境にあればインターネット融資を受けることができますが、そうじゃない人には不便なのかもしれません。
セブン銀行などのコンビニATMでのご利用ができる金融機関は多いので、J.Score(ジェイスコア)もそのようになるともっと便利なのかもしれませんよね。

土日祝日の融資に対応していない

J.Score(ジェイスコア)は銀行振込融資ですので、土日祝日の融資には対応していません。
銀行振り込み融資をしている限りは、土日祝日対応はむずかしいといえるでしょう。

店舗が実在しないのが不安

J.Score(ジェイスコア)はインターネット上での企業ですので、有人店舗は実在しません。
店舗が実在していない部分に不安に思う口コミも、挙がっています。
確かにJ.Score(ジェイスコア)には有人店舗はありませんが、みずほ銀行とソフトバンクの大手2社が作った企業です。
そのため、安心してご利用することができます。
有人店舗はありませんが、お客さま窓口はしっかり完備されていますので、不安に思う必要性は一切ありませんよ。

利用者の実績がよくわからない

J.Score(ジェイスコア)は2016年に出来た新しい企業です。
そのためか、利用実績に乏しく不安という口コミも挙がっているようです。
J.Score(ジェイスコア)の場合は600点以上のスコアリングで審査に参加できる状態になり、その後の審査は一般的な銀行カードローンや消費者金融の様な審査の流れとなります。
総量規制が該当しますので、内容的には消費者金融の審査に近いでしょう。
そのため、一般的な属性の人であれば、審査通過は望めるということになります。
新企業と新しい取り組み方なので不安に思うかもしれませんが、審査の流れは一般金融業者と同じですので心配はいりません。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)にはメリットがいっぱいありますが、このようにデメリットもあります。
改善すべき点もいくつかありますが、画期的でご利用してみたい最先端のキャッシングだと思いませんか?
自分のAIスコアはどれ位の評価なのか、まずはAI審査で自分を確かめてみましょう。


↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓