↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

他社借入でもJ.Score(ジェイスコア)で借りれるか?

新しいキャッシングの方法として、J.Score(ジェイスコア)が紹介されることがあります。
ポイントとしては、AIスコア・レンディングであることと、低金利なことです。

J.Score(ジェイスコア)とは?

個人融資を対象にした新しい金融機関です。
銀行でも消費者金融でもなく、インターネットを通じての融資をしている会社です。

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資会社です。
今までない審査体制やキャッシングができるとして、インターネットバナーなどにも登場しています。そこで気になるのは、AI診断の言葉です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコア・レンディングとは?

今までキャッシングにはない言葉ですが、このAIスコア・レンディングが新しいです。
AIスコアとは、人工知能AIを使って、情報を数値化したものです。
AIは、J.Score(ジェイスコア)の出す質問に対しての回答で、申込者を数値で表します。
レンディングとは、その数値に対しての貸付を意味します。

今までの審査では、年収や信用情報の内容だけでしたが、AIスコアで判明した数値が、審査対象になります。
ですから、年収300万円正社員だとしても、SNSを盛んにやっている人とそうではない人、学歴、みずほ銀行の口座の有無などでも審査結果が違います。

信用情報は肝心

AIスコア・レンディングですが、信用情報で金融事故がある方は対象外です。
最初の質問で600点以上いかないことで借入ができないです。
AIスコア・レンディングとして、低金利で借りれるのは、ブラックリスト以外と言うことになります。

他社借入に関しては、大手消費者金融でも許容範囲ですが、J.Score(ジェイスコア)でもその内容によるでしょう。
既に3社であれば、借入はできないですが、1、2社であったとしても、借入額が少なかったり、返済能力があれば、借りれる事もあるかもしれません。
それこそ、600点はいく最初の質問であれば、あとはどんどん質問の回答していって、条件を良くしていくことができます。

少なくとも大手消費者金融で借りられない他社借入の多重債務者に関して、J.Score(ジェイスコア)の審査落ちは決定的です。
口コミでも、頑張っても他社借入は1社だね、という方が多いです。

それよりもJ.Score(ジェイスコア)

AIスコア診断だけでも体験してみてください。
診断だけでは、キャッシングができず、600点以上で申し込むのです。
他社借入を指定いる時点でAIスコア診断をして、完済してから再びAIスコア診断をしてみてください。

こんなに金利が違う?限度額も上がるんだと驚異の内容です。借入から返済の時系列でAIは学びます。
少しでもAIスコアが高いほど、J.Score(ジェイスコア)キャッシングの条件が良くなりますが、現在他社借入があってどうしても低金利のキャッシングをしたいのなら、J.Score(ジェイスコア)で600点に到達することが必要です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

多重債務ができるJ.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)の限度額は高く1,000万円です。
しかし、実際には、総量規制が限度額となっていますので、自身の年収3分の一しか借りれないです。

総量規制ということは

消費者金融の借入がある時にJ.Score(ジェイスコア)に申し込みをすると、他社借入がある状態で、多重債務になります。
その審査はどうか?というと、多重債務だけが原因での審査落ちはないです。
肝心なのはその内容ですが、AIスコアはあまり良くないです。

J.Score(ジェイスコア)に申し込みをする前に、必ずAIスコア診断をしなければならないです。
最低限の質問の18は、キャッシングに最低限必要な情報です。ここに、他社借入情報も入ります。この時、他社借入0と1では大きくAIスコアが変わります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査落ちと審査通過

この他社借入がある状態での審査については、大手消費者金融と同じです。
少額の借入であれば、しかも1社であれば、AIスコアが低い状態でキャッシングに申し込みができます。高くても12%なので、銀行カードローンより低金利でお得なのですが。

他社借入がない方が良いのですが、今借入した入りなら仕方がないことです。
総量規制範囲内の限度額であれば、借りれる場合もあります。

他社借入がある場合

消費者金融では提出書類が増えます。
J.Score(ジェイスコア)でも、50万円以下のキャッシングなら身分証明書だけでOKですが、他社借入で100万円以上の場合は、収入証明書などが必要です。

総量規制範囲内の借入ができますが、ここで100万円以上の借金をするとなるとそれなりの証明書が必要になります。ただ提出だけで良いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

他社借入があっても

最初の質問項目で、600点以上いかないとキャッシング申し込みにはつながらないです。
他社借入、多重債務でも返済ができるのであれば、J.Score(ジェイスコア)の審査が通ることはあります。

ここで、大手消費者金融にいくより、ずっとお得です。要は大手消費者金融審査と同様と考えてみてください。ブラックリストになったらOUTです。

せめてもの抵抗

18の質問で、AIスコアが600点になりました。
あとの質問にも回答をして、0.1%でも金利が下がるように努力をしてみましょう。

これが、完済後ではずっと低くなるのですが、細かな質問に回答で、今の自分ができる最低の金利を目指してください。
J.Score(ジェイスコア)は、こんな冒険ができるのも特徴の一つです。
1人の申し込みに対して1つの金利と限度額ではなく、やりようによってはどんどん下げるができるのは、利用者としては嬉しいことです。
他社借入の多重債務は可能ですが、低金利12%よりもずっと低くは望めないことでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)と信用情報について

J.Score(ジェイスコア)の信用情報の審査では、個人信用情報機関は1社のみ登録とされています。これは金融事故の有無や、返済状況を確認するためです。

銀行カードローンの個人信用情報機関を含め3機関ありますが、J.Score(ジェイスコア)はCICというクレジットカード会社などが多く加盟しています。
銀行カードローンではあまり関係ないとされています。
重大な金融事故以外は、情報共有はされていないというのですが。

他社借入情報

J.Score(ジェイスコア)に申し込みしたい時、他社借入が銀行カードローンであまり関係ないです。というのも、CICの内容では銀行カードローンを他社借入とはしていないからです。

ただし、一応借入は確認されます。審査対象として大きなモノではないということです。
消費者金融と銀行カードローンが競合しても借りれることが多いのはこうした事情からです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ちょっとした裏事情も

CICだけで安心していたら大変。
J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行が深く関係しているので、銀行カードローンノウハウはあります。そして、クレジットカード関係では、ソフトバンクが関わっています。

ということで、他社借入については、正直に申告をするだけです。
問題になるのは、借入件数と借入額でしょう。いずれも少ない方が審査に通るとされています。

レンディングは下がる

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングのレンディングは貸付です。
他社借入がある方は無条件でAIスコアが低くなります。
ですから、間違いなく低金利の度合いが少ないです。

参っちゃうしといったとしても、最高の金利で低金利とされている銀行カードローンの下ですが、J.Score(ジェイスコア)を多重債務先として申し込むのは賛成です。
しばらくは多重債務になりますが、早く完済をしてしまうことが大切なことでしょう。

そして、完済後にきちんとAIスコア診断をして、今度は本当のJ.Score(ジェイスコア)の低金利を味わうことをおすすめします。
AIスコアの自分の金融に関する申し込み情報が600点いくことが条件ですが、他社借入だけでもマイナス点は大きく、AIスコアが伸びないです。

CICとクレジットカード会社

CICの個人信用情報機関では、ほぼ全部のクレジットカード会社が加盟しています。
ソフトバンクのことは、携帯電話代金とともに機種代の支払いをしている方の場合です。
毎月の支払いが遅れていると遅滞になり、CIC的にはマイナスです。

他社借入ではないのですが、この遅滞が続くことで、J.Score(ジェイスコア)での審査落ちは予想されます。
J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクの共同出資の会社ですから、自分たちに不利な利用者の排除は必ず行うことでしょう。
他社借入の多重債務よりも、こちらの心配が大きいです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコア600点いかないと借りられない

J.Score(ジェイスコア)を多重債務先として選択するのは賛成です。
それは低金利だからです。

総量規制範囲内のキャッシング

J.Score(ジェイスコア)では、多重債務もできます。
一応は、年収3分の一が範囲内ですから、ギリギリは厳しいのですが、自身の総量規制範囲内で2社程度の多重債務はできているようです。
その条件として、延滞はしていない、2社以上の多重債務ではない事、債務整理後すぐではないことなどです。

もし、現在ブラック対応の中小消費者金融の借入であるとしたら、J.Score(ジェイスコア)の審査通過はないです。ブラックリストはJ.Score(ジェイスコア)の審査対象ではないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコアで

600点以上いかないと、話しにならないことです。
そこで、AIスコアで600点にいった人で、他社借入があるとしたら、その方は多重債務ができることになります。

しかし、500点台である場合は、他社借入が原因かもしれないし、その他にも原因でJ.Score(ジェイスコア)のキャッシングができないです。
他社借入がある方で、どうしようと思っている方は、借りる借りないは別にして、今の自分のAIスコアを確認してみてください。

明日になったら上がっているかも?

そんな簡単なことではないですが、他社借入の返済を1度でも行ったあとに、AIスコア診断をすると、上がります。
普段の生活、特にキャッシングに関する事項と連動をしているので、AIスコアの上げ方として、返済を増やす、借金を作らないなどが効果的です。
AIスコア基本となる最初の質問が、大きな鍵を握ります。ここで、他社借入情報も入力することになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

キャッシング申込内容と同じ

AIスコアを確認をするのには、どのような信用があるかを見極めることになります。
例えば、学生のバイトと正社員で勤続年数が長い方では、AIスコアは全く違います。
他社借入もゼロと1だけでも、差は大きいです。

ということで、学生バイトで他社借入1はAIスコアも600点いかないことは考えられます。
しかし、勤続年数が長い正社員では、他社借入1だとしても600点は越えられることが多いでしょう。基礎となるAIスコアが、職業や年齢でも大きく変わります。

だから楽しいJ.Score(ジェイスコア)

とりあえず返済ができる範囲内での他社借入の状態で、多重債務をしたいと言うのなら、どんなAIスコアになるかを確認してみてください。申し込みだけでもやってみると良いでしょう。

どんなAIスコアになるのか、上げるために返済 頑張ってみたり、インターネットに関わる生活を心がけるなど、J.Score(ジェイスコア)を取り巻く内容は面白いです。だからこそ人気が高まっているのです。そして、多重債務ができたとしたら、最低限の借入がおすすめします。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

他社借入が原因で審査落ち?J.Score(ジェイスコア)の審査は厳しい?

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資の金融機関のJ.Score(ジェイスコア)は、キャッシングの内容は総量規制存在の消費者金融です。
審査基準としては大手消費者金融並で、ブラックリストは借入ができないです。

他社借入にしても、厳禁ではなく、返済ができる範囲内であれば審査に通ることは大きいです。
ただし、AIスコアは低いです。

AIスコア・レンディングだから

J.Score(ジェイスコア)の金利も限度額も、AIスコアの数値でレンディング、借入が決まります。
ですから、申し込みの過程で、単にキャッシングの申し込みだけではなく、たくさんの質問に回答をしたり、他社借入なら、返済をしていくだけで、借りやすさだけではなく、金利も下がっていきます。

信用情報の内容が良好だと、低金利のキャッシングができるのもJ.Score(ジェイスコア)のお約束です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

600点いかないと

他社借入だけの信用情報では、600点以下になってしまうわけではないです。

他社借入の内容で借入件数が多い、借入金が多い、延滞をしている。
このようなことがあると、借りれないだけではなくAIスコアも600点いったとしても、J.Score(ジェイスコア)から審査落ちの結果が舞い込みます。
AIスコアが高い方でも、審査により借りられないことがありますが、それが単に他社借入だけではなく、その他の要因も大きいです。

600点以上のAIスコアで審査落ち

利用者の中で、このような方もいます。
他社借入は直接的な原因ではないのですが、虚偽申請も大きいです。

少し良いように質問に回答したりした場合、AIは学習をします。
前後の回答に整合性がないことがわかると、虚偽回答として、AIスコアが高い状態でもキャッシング対象にならないことが多いです。
これは致命的なことであり、間違った回答でも同様です。
人間ですから、間違いはあるのですが、故意と作為の違いなどの見分けができないことも。

他社借入だといろいろと疑う

さまざまな要因で500点のAIスコア、600点いったとしても借入ができない。
これが他社借入のせいと思いこむのも仕方のないことですが、1社程度の少額の他社借入だけでは、J.Score(ジェイスコア)が審査落ちすることはないです。そんなに審査は厳しくないです。
ですから、他に審査落ちになる要因があると思われますが、完済してからのJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングがおすすめです。

また、みずほ銀行の口座開設とスマホもソフトバンクに乗り換えするだけでもAIスコアは確実に上ります。
他社借入、返済できそうなら完済がおすすめですが、J.Score(ジェイスコア)での多重債務は金融事故がないのなら多分可能です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓