J.Score(ジェイスコア)の仮審査はスピーディーで便利!人気の秘密

J.Score(ジェイスコア)は、日本の消費者金融業界に新しいキャッシングサービスを作った、消費者金融です。
仮審査などの審査も大変スピーディーで、様々な年代に人気があります。
そんなJ.Score(ジェイスコア)はどのような部分に人気があるのか、わかりやすくご紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)は仮審査も本審査も早い!今までにないキャッシングサービス

J.Score(ジェイスコア)は、メガバンクで有名なみずほ銀行と、携帯電話会社で有名なソフトバンクの2つが合併して作った、新しい消費者金融です。
J.Score(ジェイスコア)の今までの消費者金融には無かった大きな魅力といえば、ローン審査にAI(人工知能)を取り入れたことです。

AIこと人工知能というのは、ソフトバンクがその先端をいく新鋭のテクノロジーであり、これからも色んな分野に応用が期待されています。
そんなAIこと人工知能とみずほ銀行が持っている膨大な個人データーと、ソフトバンクが持っているビッグデータとを融合させて、ローン審査に組み込みました。

従来の銀行系カードローンや消費者金融では、申込者の属性や債務性を対象に審査をしていました。
J.Score(ジェイスコア)は、AIこと人工知能により申込者の将来性も考慮して審査に取り込んで、申込者の属性や債務性も加えて、返済能力があるのかを審査して融資へとみちびきます。
AI審査で数値化されたAIスコア・レンディングの活用により、低金利の実現や融資限度額を高くすることなどを実現しました。

J.Score(ジェイスコア)の人気の秘訣

J.Score(ジェイスコア)が皆さんに愛されている理由は、どのような部分なのでしょうか。
ピックアップしてみました。

融資前に自分が利用できる金利と借入限度額がわかる

J.Score(ジェイスコア)の新しい部分といえば、融資の前のAIスコア・レンディングにより自分が利用できる金利と借入れ限度額がわかることです。
従来の銀行カードローンや消費者金融では、審査を受けないと金利や借入限度額がわかりませんでした。
しかし、J.Score(ジェイスコア)はAIスコア・レンディングの数値で金利と借入限度額がわかるので、前もってどのような感じでキャッシングのご利用ができるのかがわかります。
審査を受けなくても自分のキャッシングの評価がわかるので、とても高い評価が挙がっています。
そのため、20代や30代の若い年代にも、とても人気があります。

金利が低い

次に人気がある部分は、金利が低い部分です。
実質年率は0.8%~12.0%で、この金利は銀行カードローンよりも低い金利となっています。
消費者金融なのに金利が低いので、少ない利息でご利用できると高い評判が挙がっています。

審査時間が早い

審査時間の早さにも定評があり、30分~1時間程度で審査が終わります。
平日の14時45分まで融資のお願いをすれば、即日融資も可能です。
その日に申し込んでその日のうちに融資を受けることも可能なので、便利にご利用できると評判が高いです。

来店不要で全ての手続きが済む

J.Score(ジェイスコア)はインターネットキャッシング会社ですので、全ての手続きはインターネット上で済ませることができます。
AI審査をはじめ、申込、仮審査、本審査、融資の全てをインターネット上で行うことができます。
インターネット完結ということで、手間いらずで審査から融資まで行うことができます。
インターネット社会ですので、このようにインターネットのみで全て済ませることができるということが、大きな人気となっています。
家にいても職場にいても出先に居ても、スマホやタブレット、パソコンさえあればAIスコア診断から申し込み、融資までできますよ。

返済方法の選択肢が多い

J.Score(ジェイスコア)の返済方法は、3つの方法から選ぶことができます。
銀行口座振替とペイジー、指定口座への振り込みの3つです。
ご自分のニーズに合わせた返済ができるというのも、人気の1つです。

毎月の返済額が安い

J.Score(ジェイスコア)は、毎月の返済額が安いのも人気です。
金利12%で5万円の借入なら、月々の最低返済額は2,000円となります。
また、12%で10万円の借入なら、月々の最低返済額は4,000円となります。
月々の最低返済額が低いということで、返済しやすいと人気があります。

増額審査もできる

J.Score(ジェイスコア)は、一般的な消費者金融と同じく増額審査もできます。
J.Score(ジェイスコア)の融資を受けてから10日後には増額申請が可能ですので、急な用入りの際に助かるという声も多く挙がっています。
また、半年以上ご利用するとJ.Score(ジェイスコア)側から増額のお知らせが来るので、この場合は審査にはあまり時間がかからずスムーズに増額を受けることができますよ。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)は、このような部分が人気のようです。
仮審査や本審査の時間が短く魅力いっぱいなので、大変多くのみなさんに高い支持を得ています。
気になる人は、まずはAIスコア診断を受けてみるといいですよ。
自分のキャッシングの評価がわかるので、楽しいですよ。

仮審査も本審査も早い!J.Score(ジェイスコア)の審査の流れとは

J.Score(ジェイスコア)といえば、仮審査も本審査も早いことで有名なキャッシングサービスです。
どのような審査の流れで行っていくのか、仮審査と本審査の流れをわかりやすくご紹介します。

J.Score(ジェイスコア)の仮審査と本審査の時間は素早い!

J.Score(ジェイスコア)の仮審査と本審査の時間は、30分~1時間ほどで終わります。
とてもスピ―ディーな審査なので、即日融資も可能とすることができます。
スピーディーな審査を受けるためには、前もって流れを把握しておいてスムーズに審査を進めることが大事になりますよ。

J.Score(ジェイスコア)の審査の進め方

J.Score(ジェイスコア)の審査の進め方は、以下のような流れとなります。

申し込み

AIスコア診断やAIスコアアップで600点以上になった場合、その後融資の申し込みが可能となります。

仮審査

仮審査では、AIスコア診断やAIスコアアップの内容を審査します。
AIスコア診断やAIスコアアップの内容に問題が無ければ、長くても5分程度で審査の結果がメールできます。

本審査の申し込み

仮審査が通ったら、本審査の申し込みとなります。
J.Score(ジェイスコア)の本審査は、銀行カードローンや消費者金融と同じ審査の流れとなります。
審査の内容は、以下の内容となります。

申込者から送られてきた本人確認書類や収入証明書などの書類の確認、入力内容の確認

J.Score(ジェイスコア)はAIのような機械で行っているイメージがありますが、本審査における最終的な決定というのは、J.Score(ジェイスコア)の審査スタッフが行っています。
そのため、書類のチェックなどは全てJ.Score(ジェイスコア)のスタッフが行っています。

AIスコアと金利や契約極度額の妥当性をチェックする

金利や契約極度額の妥当性については、J.Score(ジェイスコア)の審査スタッフにより行われているようです。

個人信用情報機関に問い合わせて信用情報をチェックする

J.Score(ジェイスコア)が加盟している個人信用情報機関は、CIC(シー・アイ・シー)という信用情報機関です。
CICへの信用照会では、金融事故情報、融資決定額が総量規制の範囲内なのかを確認します。

在籍確認を行う

在籍確認は、勤務先に電話をかけて行う一般的な在籍確認の方法となります。
J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、ほぼ行うようです。
職業の内容が良くて在籍確認が必要じゃない場合は行わない場合もあるようですが、その条件は定かではありません。
また、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、必ず本人が電話に出て会話しないと成立しません。
そのため、必ず会社にいて在籍確認を受けるようにしないといけません。

本審査の結果連絡

本審査の結果連絡が、メールにて来ます。

契約

ネット上で、契約となります。

融資実行

本審査が終わり契約が済むと、融資実行が可能となります。
評価された金利と契約極度額により、融資を受けることができますよ。

ここまでの審査にかかる時間は、30分~1時間程といわれています。
しかし、最近はJ.Score(ジェイスコア)が人気が出てきたのと、J.Score(ジェイスコア)側のスタッフの人数が不足しているので、スムーズに進まない可能性もあります。
場合によっては2時間ほど審査にかかる場合もありますので、時間には余裕を持って申し込むようにしましょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査をスムーズに行うためのポイント

仮審査や本審査がスピーディーといっても、審査の流れが詰まってしまうようなことをしてしまうと、審査がスムーズに進まなくなってしまいます。
J.Score(ジェイスコア)の審査をスムーズに進めるためには、以下の様なポイントに気を付けて審査を受けるようにしましょう。

必要書類をあらかじめ用意しておく

必要書類の中には、用意するまで時間がかかってしまう書類も多くあります。
特に、収入証明書類は用意に時間がかかってしまいますので、必要な場合はあらかじめ用意しておくようにしましょう。

在籍確認が必ず取れるようにしておく

J.Score(ジェイスコア)は必ず在籍確認の電話に出なければいけないので、必ず電話に出られるように会社にいることが大事となります。
もしも電話に出られない職業の場合は、あらかじめJ.Score(ジェイスコア)側に相談しておくようにしましょう。

メールを必ず受け取れるようにしておく

J.Score(ジェイスコア)の仮審査の結果も本審査の結果も、メールで届きます。
ドメイン指定などメール受信の指定をしている人は、J.Score(ジェイスコア)側からのメールを受信できるようにしておかなくてはいけません。
メール受信ができず審査に通らない人もいるので、気を付けるようにしましょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)の審査は、このような流れで行っていきます。
仮審査も本審査も素早く済みますので、すぐに結果が出て融資に繋げることができますよ。
スピーディーで時間を掛けない審査のキャッシングサービスなので、便利にご利用ができますよ。

仮審査が早いJ.Score(ジェイスコア)でも審査落ちしてしまう理由

仮審査が早く快適にキャッシングができるJ.Score(ジェイスコア)ですが、残念ながら審査落ちしてしまう人もいます。
J.Score(ジェイスコア)で審査落ちしてしまう理由を、まとめてみました。

J.Score(ジェイスコア)では審査落ちしてしまう人もいる

J.Score(ジェイスコア)は消費者金融ですので、属性や債務性によっては審査落ちしてしまう人もいます。
J.Score(ジェイスコア)で審査落ちしてしまう人には、審査落ちしてしまう理由があります。
J.Score(ジェイスコア)で審査落ちしてしまったら、なぜ審査に落ちてしまったのかの理由を突き止めて改善することで、審査に通ることができますよ。
審査落ちしてしまった理由をよく考えて、審査に通るようにみちびいてみましょう。

J.Score(ジェイスコア)で審査落ちしてしまう理由

J.Score(ジェイスコア)で審査落ちしてしまう理由は、以下のような理由があります。

AIスコアが600点ギリギリの場合

AIスコア診断でのAIスコアは、600点以上あれば融資の審査の対象とすることができます。
しかし、600点ギリギリで融資の審査を受けると、審査落ちしてしまうことがあります。
600点ラインギリギリの場合は、ほんの少しの属性や債務性の悪さによって審査してしまうことがあります。
600点ギリギリの場合は、その時点では申し込みをするのはオススメできません。
できれば、もう少しAIスコアアップしてから、余裕があるAIスコアで融資の審査を受けることをオススメします。

信用情報に傷がある

信用情報機関の内容に傷がある場合は、審査に通らない可能性があります。
ブラック情報や、申込ブラック、他社の延滞や遅延がある場合は信用情報に記載されているので、審査には通りません。

総量規制に見合っていない

J.Score(ジェイスコア)の場合、AIスコア診断の際に表示された金利と借入極度額で、ご利用ができる感じがすると思います。
しかし、後の融資の審査に際の年収と借入極度額と返済比率が合わない場合、借入極度額満額で希望借入金額を申し込んでしまうと、審査落ちしてしまうことがあります。

J.Score(ジェイスコア)は消費者金融ですので、総量規制が該当します。
総量規制は年収の1/3以上の融資はできないという法律ですので、年収の1/3以上の借入はできないことになっています。
年収が450万円の人であれば、150万円までしか融資ができません。
また、既に他社から借入れをしている場合は、その借入金額も加算されます。
これらの数字と希望融資金額が合わない場合は、審査落ちしてしまいます。
総量規制をよく考えて、希望借入金額を考えるようにしましょう。
後に増額申請ができるので、申込の際は少ない希望借入金額とすると審査に通りやすいですよ。

返済比率が合っていない

年収に対する返済比率が合わない場合は、AIスコアが高くても審査に落ちやすいと言われています。
返済比率が40%を超えると審査落ちしやすいと言われていますので、それ以下に抑えるようにしましょう。

他社のカードローンに同時に申し込んだ

J.Score(ジェイスコア)に申し込んだ際の1か月以内に他社のカードローンに申し込んでいると、審査に通りにくくなる可能性があります。
同じタイミングで他社に申し込んでいるということは、他社のキャッシング枠も融資が可能と判断されてしまいます。
そのため、その分も借入れしていると判断されてしまい、審査通過が厳しくなってしまいます。

AIスコア診断やAIスコアアップの際に嘘が混じっている

AIスコア診断やAIスコアアップは、AIスコアを高くするために頑張ってしまう人も多くいます。
AIスコア診断やAIスコアアップの回答に一生懸命になるのはいいのですが、その内容に嘘をついてしまうと審査落ちとなってしまいます。
AIはコンピューターなので、ごまかせると思うようです。

しかし、AIというのは大変頭が良く素晴らしいシステムであり、回答者の嘘を簡単に見抜いてしまいます。
そのため、見栄を張ってしまった嘘というのは必ずバレてしまうのです。
嘘をついた人は、AIスコアが高くても審査落ちとなってしまいます。
また、一度嘘をついた人は、その後再度審査を受けても審査落ちとなってしまうこともあります。
J.Score(ジェイスコア)の回答には、嘘は絶対につかないようにしましょう。

在籍確認ができない

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、勤務先に電話をして申込者と会話ができない場合は、審査落ちとなってしまいます。
他社の銀行カードローンや消費者金融の審査では「出かけています」と会社の人が言ってくれれば在籍確認となるのですが、J.Score(ジェイスコア)ではそれは通用しません。
J.Score(ジェイスコア)で在籍確認を必ず通すためには、在籍確認が来る時間には会社にいるようにしましょう。

また、派遣社員やパートやアルバイトで大勢の中で仕事をしている人も、在籍確認が取れにくい場合があるようです。
在籍確認の場合は、電話を取る担当者にクレジットカードの在籍確認が来ると前もって言っておくと、スムーズに電話に出ることができますよ。
他の審査項目は全て通っているのに、在籍確認で審査落ちなんてもったいないです。

J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちても再び審査を受けることができる

J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちても、再び審査を受けることができます。
しかし、審査落ちしてすぐには審査に合格しない場合があります。
その理由は、J.Score(ジェイスコア)の審査落ちしてしまったことが個人信用情報機関に記載されてしまうからです。
個人信用情報機関に記載される期間は半年ですので、半年経ってから再度申し込みをするといいですよ。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
このようなポイントから、J.Score(ジェイスコア)でも審査落ちしてしまう人は多くいます。
これらの問題を改善して、J.Score(ジェイスコア)の審査に再チャレンジしましょ

う。

仮審査が早い!J.Score(ジェイスコア)のAIスコアで600点以上取る秘訣

仮審査が早いJ.Score(ジェイスコア)ですが、AIスコア診断で600点以上取らなくては審査の対象となりません。
まずは、600点以上のAIスコアとすることが大事となります。
そこで、AIスコアを600点以上取るコツをご紹介します。

AIスコアは600点以上取れる見込みがある

AIスコア診断で18の項目の回答をしますが、この時600点以下になってしまう人は少なくありません。
600点以下では融資に繋げることができませんので、その後のご利用はできません。
しかし、この時点から600点以上のAIスコアにすることは望むことができますよ。
様々な方法でAIスコアアップを望むことができるので、それらを全てやってみるといいですよ。

AIスコア診断でAIスコアアップへとみちびくポイント

AIスコア診断でAIスコアアップへとみちびくポイントを、ご紹介します。

AIスコアアップの全ての質問に答える

AIスコア診断ではまず最初の18個の質問に答えますが、質問はそれで終了ではありません。
その後AIスコアアップという項目があり、これらの質問に答えると更なるAIスコアアップへとみちびくことができます。
AIスコアアップの質問は全部で150個以上ありますので、かなりの多さです。
質問にかかる時間は20~30分かかってしまいますので、時間は取られてしまいます。
しかし、これらのAIスコアアップ項目に答えることで、間違いなくAIスコアの点数を上げることができます。
面倒でも、必ず全ての項目に答えるようにしましょう。

みずほ銀行と情報連携する

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行が半分出資している企業ですので、みずほ銀行と情報連携ができます。
情報連携することでAIスコアアップへとみちびくことができるので、みずほ銀行の利用者は是非情報連携しましょう。
AIスコアアップの点数は公表されていませんが、ご利用年数や預金の利用額などにより、AIスコアアップの内容が違うようです。
長くみずほ銀行をご利用していて預金も多い場合は、大きなAIスコアアップを望むことができるでしょう。

一般のみずほ銀行の預金だけではなく、ネットバンクの利用やみずほ銀行カードローンをご利用の方も、AIスコアアップへとみちびくことができるようですよ。
もし、みずほ銀行の口座をお持ちではない場合は、新規に口座開設をして少し預金するといいですよ。
もちろんご利用期間は短いので少しのAIスコアアップにしかなりませんが、確実なAIスコアアップを望むことができますよ。
また、みずほ銀行と情報連携すると、金利を0.1%引き下げることもできます。

ソフトバンクと情報連携する

ソフトバンクも、みずほ銀行と半々でJ.Score(ジェイスコア)に出資しています。
そのため、J.Score(ジェイスコア)と情報連携が可能となっています。
ソフトバンクユーザーは、J.Score(ジェイスコア)と情報連携するといいですよ。

1つ注意してほしい部分といえば、ソフトバンクの支払いを滞納したことがある人です。
もし滞納がある場合は滞納の情報もJ.Score(ジェイスコア)側に行ってしまい、審査に不利となってしまいます。
携帯電話の支払いの滞納には敏感に反応してしまうので、審査落ちしてしまうこともあります。
もしソフトバンクの支払いの滞納がある場合は、ソフトバンクとの情報連携は取りやめるべきといえます。
また、ソフトバンクとの情報連携の場合も、金利を年0.1%引き下げることができますよ。

2018年春以降はYahoo!JAPANとの情報連携も可能となる

2018年春以降には、Yahoo!JAPANとの情報連携も可能となるそうです。
Yahoo!JAPANの親会社はソフトバンクなので、情報連携が実現したそうです。
どのような特典が付くのかは未だ未定ではありますが、みずほ銀行やソフトバンクとの情報連携のように、金利が下がるなどのサービスがあったらいいですよね。
Yahoo!JAPANは多くの人がご利用しているので、より多くの人たちが情報連携によりお得にJ.Score(ジェイスコア)をご利用できるようになりますよ。

AIスコアアップをこまめに更新する

AIスコアアップは、一度して終わりではありません。
更新が可能であり、一度作成したAIスコアアップの訂正が可能です。
生活をしていると環境や考え方というのは変わるので、訂正が可能なのです。
AIスコアアップを訂正することで、AIスコアのAIスコアアップへとみちびくこともできますよ。

また、AIというのは考え方が常に進歩しており、AIスコアに対する考え方が変わることもあります。
AIスコアアップをこまめに更新している人には、新しい評価を与えることもあり、AIスコアアップへとみちびくことができるのです。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
このようなポイントで、J.Score(ジェイスコア)の600点以上のAIスコアへとみちびくようにしましょう。
600点以下だった人も、意外と簡単に600点以上とすることができますよ。

J.Score(ジェイスコア)の仮審査や本審査の際に目を向けてほしいポイント

J.Score(ジェイスコア)の仮審査や本審査の際には、目を向けてほしいポイントがあります。
これらのポイントに目を向けて、J.Score(ジェイスコア)の審査通過へとみちびくようにしてみましょう。
J.Score(ジェイスコア)の仮審査や本審査の際に目を向けてほしいポイントを、まとめてみました。

J.Score(ジェイスコア)には総量規制が該当する

J.Score(ジェイスコア)は、カテゴリは消費者金融です。
そのため、融資金額には総量規制が影響します。
年収の1/3までしか、融資を受けることができません。
300万円の年収の人は、100万円までの融資限度額となります。
総量規制というのは全ての借金の合計となりますので、他社金融機関のローンカードの借入も含めて年収の1/3ということになります。
300万円の年収で既に50万円他社から借入れしている場合は、J.Score(ジェイスコア)では50万円までしか借入ができません。

これは、AIスコア診断の際に表示された利用限度額がそれより上回った金額でも、総量規制に該当した金額までしか融資を受けることができません。
総量規制を超えた融資希望金額をお願いすると、審査落ちしてしまこともあります。
総量規制の捉え方に気を付けて、融資希望金額をお願いしましょう。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認の電話は必ず本人に代わらないといけない

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認の電話は、必ず本人に代わってもらって会話しないと成立しません。
銀行カードローンや大手消費者金融の場合は、本人が席を外していても「出かけています」などと電話に出た人が言ってくれるだけで在籍確認となります。

しかし、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、それではダメだそうです。
本人が必ず電話に出てやり取りしないといけないので、在籍確認が来る時間帯は必ず会社にいなければいけません。
在籍確認ができないと融資につながりませんので、気を付けましょう。

融資金額によっては収入証明書が必要になる

J.Score(ジェイスコア)で50万円以上の借入、もしくは他社と合わせて100万円以上の借入になる場合は、収入を証明する書類が別途必要となります。
収入を証明する書類というのは、用意をするのに時間がかかってしまう場合があります。
そのため、前もって用意をしておくといいでしょう。

書類関係はきちんと撮影して送る

書類関係は、書類の写真を取ってデータとしてJ.Score(ジェイスコア)側へ送ります。
写真のデータとして送るので、必要な部分が全て明確になっていなければいけません。
きちんと必要な部分が写っているのか、ピンボケになっていないのかを確認して、確実な書類のデータを送るようにしましょう。
書類の写真のデータの悪さで、スムーズに審査が進まない場合があります。

即日融資への注意

J.Score(ジェイスコア)は審査時間に30分~1時間程度しかかからないので、即日融資とすることもできます。
平日の14:45まで審査完了すれば即日融資にできますが、それ以降の時間は翌営業日扱いとなってしまいます。
また、土日祝日は審査を行っていませんので、土日祝日の申し込みの場合も翌営業日扱いとなってしまいます。

AIスコアアップ項目を全て答える

18個のAIスコア診断後に、数多くのAIスコアアップ項目が表示されます。
AIスコアアップ項目は答えても答えなくてもOKなのですが、答えることでAIスコアアップへとみちびくことができます。
AIスコアアップの細かい答えまで全て答えると、AIスコアの数字を上げることができますよ。
AIスコアアップは金利を下げてご利用極度額も上げることができるので、必ず行うべきことといえます。
AIスコアアップは一度行った後でも行うことができるので、仮審査前に再度AIスコアアップを更新すると少しでもAIスコアを上げることができますよ。
仮審査前にはAIスコアアップ項目を見直して、どこか修正部分はないのかチェックしましょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)の仮審査や本審査の際には、このようなポイントに目を向けるようにしましょう。
審査がスムーズに進んで、審査通過へとみちびくことができますよ。