J.Score(ジェイスコア)って何?どんなキャッシング?

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して作った金融機関です。
個人融資を対象として金融会社ですが、ポイントは低金利です。
最低0.8%も驚異ですが、最高でも12%です。こんな低金利キャッシングはみたことがない。

AIスコア・レンディング

AIは人工知能ですが、J.Score(ジェイスコア)では審査に応用しています。
基本的な審査では、消費者金融などと同じ内容が必要ですが、キャッシングをするしないは別として、あなたの情報がAIによってスコア化され、レンディングは貸付の意味です。

AIスコアは、日々変わる内容で、J.Score(ジェイスコア)にとって有利な客ほど高い数値になります。その時にキャッシング申し込みで、その数値でのスコアで申し込みができます。
高ければ高いほど低金利になります。

限度額に関しては、総量規制範囲内であり、年収をもとに3分の一以内です。
J.Score(ジェイスコア)で注目なのは、いかに低金利にするか?です。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアは600点が必要

AIスコア・レンディングの最低条件は600点です。
これが、12%でキャッシングができる最低ラインです。

この時点で銀行カードローンよりも低金利ですが、全ての質問に回答をしましたか?
キャッシングは今でなくてはならないですか?
というのも、現在620点だったとします。最初の18項目の基本情報での数値がでます。
ところがあと160程度の質問があり、回答次第ではどんどん金利が下がります。
まだ、回答していないのであれば、この時点での申し込みはもったいないです。

急いでいないのならと言うのは、質問によっては改善ができるものも多いのです。
例えば、現在auの方はソフトバンクに乗り換えるだけで金利が下がります。
同じくみずほ銀行の口座開設をしているだけ、みずほ銀行で定期を作ったというだけでも金利が下がって行きます。
SNSの発信が多いとか、趣味が多い、◯◯が好きと好奇心旺盛な方ほど、金利に影響で出ると言います。

ちょっと注目

現在他社に借入がある方も、J.Score(ジェイスコア)の審査通過はできないことはないです。
しかし、多重債務の申し込みはどうしてもスコアが低いです。
なんとか一回でも多く返済をしてからとか、限度額を上げる努力をするだけでも金利が下げることができます。自分で金利のコントロールができるキャッシングは、他にはないでしょう。
ゲーム感覚ですが、キャッシング審査は消費者金融内容と変わらないです。

ただ、少しでも金利を下げるためには、金融事故ゼロを条件にどんどんとキャッシングチャンスを与えてくれる内容になっています。ここが新しいですが、最高でも12%と言うのは魅力がベストなキャッシングです。

J.Score(ジェイスコア)の審査と情報連携

J.Score(ジェイスコア)の審査では、あなたのことを教えてくださいが審査項目になります。
みずほ銀行とソフトバンクが作った会社ですから、あなたのスマホのキャリアは?では、docomoよりソフトバンクが有利です。

また、普段の生活でインターネットとあまり接していないより、インターネットがなくては生活ができない方の方が良いです。
要するに、スマホはソフトバンク、インターネット漬けの方ほど、J.Score(ジェイスコア)の利用はしやすいと言えます、

情報連携をすると得がある

みずほ銀行、ソフトバンク、ヤフーの利用です。
自分たちの会社にとって得な内容があれば、金利下げに貢献するというものです。
情報連携だけで、金利を下げることが可能です。

スマホもdocomoユーザーは、ソフトバンクに乗り換えるだけで金利がお得です。
J.Score(ジェイスコア)では、消費者金融と同様に限度額が総量規制範囲内です。
ですから、情報連携の恩恵として、限度額を上げることはできないです。
よって、サービス内容としては、より低金利の可能性が高くなります。

契約ができる審査基準は、大手消費者金融並です。
ブラックリストではなく、多重債務もせいぜい1社程度が限界。
決して厳しいのではなく、大手消費者金融同様と思って良いでしょう。
返済能力がある方限定のキャッシングです。

消費者金融と違うのは

新しい審査でAIスコア・レンディングを採用しています。
AIスコアが高い方ほど、低い金利でのキャッシングができます。
大手消費者金融と違うのは、ローンカードがないことです。
店舗もないです。すべてインターネットの申し込みしか受け付けないです。
店舗がない、自動契約機などもないぶん、キャッシングにかかるコストダウンが実現しています。それが、おおなき特徴です。

インターネットを駆使し、普段の生活もスマホ中心。
今までキャッシング経験がなく、仕事も順調。
そんなどちらかというと、現代社会にマッチした方向けのキャッシングと言えます。
操作も難しくないのですが、カードローンではない事に多少不満がある方も。
ただし、振込でもネット銀行の口座があれば、使い方も簡単なのでしょうか?
すべてネットで解決。

1つだけ古典的な審査

それが、在籍確認です。
J.Score(ジェイスコア)の担当者が、個人名で勤務先に電話をします。
在籍確認だけですが、ここだけはインターネットで解決ができない内容です。

あとは、インターネットならではのキャッシングになりますが、12%の金利は前代未聞の内容といえるでしょう。ブラックリスト以外なら、申し込みは本気で考えても良いかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)の審査、面倒だよ

日本の個人融資で、一番低金利とされているのがJ.Score(ジェイスコア)です。
銀行カードローンよりもお得な内容です。金利が低いけれど、面倒な事があるんじゃない?
それはあります。

質問に回答してください

これが2段階に分かれます。
先ず、J.Score(ジェイスコア)の登録では、大手消費者金融とほぼ同じ内容の項目が並びます。
それがLINEの要領で回答をしていく感じです。
ここの18項目で、キャッシングの必要な情報はクリアです。

その時点で、回答がAIスコアで計算され、AIスコア・レンディングによって借入額と金利が決定します。ここで既に、低金利になっています。
18項目だけで600点以上であれば良いのですが、ここで600点以下なら、今の時点でJ.Score(ジェイスコア)でのキャッシングができないです。

18項目で大手消費者金融の審査と同じ

要するに、この18項目が大手消費者金融の申し込みだと言うことです。
あとは150以上の質問があり、600点に加算をされていくと思ってください。
J.Score(ジェイスコア)は、金融会社ですから、最初の質問でキャッシングの合否がでてしまうのです。あとは、どれだけ低くできるかだけが問題です。

ブラックリストだったり、延滞している、収入がないなどの回答があれば、どうしたって600点にはならないということです。だから面倒と言う方もいます。申し込みをして審査落ち。
それが600点だの、590点だの言われて混乱する方も少なくないです。

要は消費者金融

消費者金融のキャッシングと同じ。
審査は大手消費者金融並で、限度額は総量規制範囲内です。
ただべらぼうに低い金利が注目されていて、申し込みがLINE状になっているということです。

ローンカードはないので、ATMでカードローンではないです。
ただ、申し込みをして振込が早く、返済も楽です。
キャッシングとしてはローンカードがない消費者金融のようなものです。

すぐに借りたよ

すべて 質問回答は40分程かかると言われています。
最初の18項目だけでも、高い収入で、安定した職業であれば、大手消費者金融よりは遥かに低いです。それで良い。そんな方も多いです。

大手消費者金融より、銀行カードローンよりも低いんだからとさっさと契約してしまう方も多いです。
確かに、全ての回答で持って低金利になるのに、と思うのですが、質問回答が面倒な方にとっては、そんなのどうでも良いという方も。
だって、十分低金利じゃない。自分が今まで使っていた銀行カードローンよりも安いよ、これで満足。そんな方も多いでしょう。

本当に、高い年収の方ですと、数%の金利が実現します。
質問は受けたほうがお得だよと言いたいですが、18項目だけでも十分な内容のキャッシングです。低所得者からしてみると、それだけでもうらやましいことです。

要するにJ.Score(ジェイスコア)のうまさ

高給取りは低金利ですと言えば、J.Score(ジェイスコア)の人気は上ります。
情報連携として、みずほ銀行、ソフトバンクに有利な情報があればなおのことですが、高い収入があればそれだけ返済能力が高いと言う結果で、信用が高いのです。

今までは、それが審査通りやすいというだけでしたが、J.Score(ジェイスコア)ではソリのことを低金利の形で提供をしています。
これでは、本気で低金利キャッシングを探している方にとっては、魅力のキャッシングになります。
J.Score(ジェイスコア)、個人融資としては、とっておきの存在です。

J.Score(ジェイスコア)のデメリットはコレ でも、低金利は魅力です

個人融資の対象が1つ増えました。
店舗がない金融会社、すべてインターネット対応のJ.Score(ジェイスコア)です。

低金利が売り

最高でも12%の金利です。キャッシングの限度額は1,000万円です。
消費者金融?銀行?みずほ銀行とソフトバンクが作った会社です。

総量規制が存在する点、収入がなければ審査対象にならない点でいくと、消費者金融と似た感じです。
ただし、ローンカードがないので中小消費者金融のような振込キャッシングになりますが、審査は大手消費者金融並であり、ブラックリストの借入はできないです。

口コミで聞いたJ.Score(ジェイスコア)のデメリット

J.Score(ジェイスコア)は使えないという方の多くに、土日融資ができない点です。
大手消費者金融ではこんなことはないことです。

まるで銀行カードローンと同じじゃないか?という方もいますが、平日の早い時間なら、即日融資ができることもあります。
金曜日の夕方の申し込みでは、土日の振込はしていないです。
銀行が行っていない時のキャッシングができないのは不便な方も多いです。

カードローンがないのは不満だよ

これもデメリットとして挙げる方も多いです。
ローンカードなら、ATMで簡単にキャッシングも返済もできます。
ほしい時に借りれるのが、土日も無関係というのが大きなメリットです。

契約もそうですが、実際の借入も休日がしたい方には、J.Score(ジェイスコア)がカードローンではない事に不満は大きいです。
J.Score(ジェイスコア)としては、ローンカードがないので、自動契約機も店舗も必要ないとされています。

店舗、ないんだよね

これも不安な方は多いです。
ネット銀行も店舗はなくても安心じゃない?と言いたいですが、店舗がない金融機関を利用していない方も多いです。

ですから、いくら低金利とか、AIスコア・レンディングと言っても、J.Score(ジェイスコア)は信用できない方もいます。
みずほ銀行が作ったといったとしても、インターネットの店舗では信じられないというのです。
年代もありますが、J.Score(ジェイスコア)は、インターネット世代には使いやすい金融機関、金融業者といえるのは確かでしょう。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアが600点いかない

最初からのNGですか。
審査落ちではなく、600点いかないと申し込みもできないのがJ.Score(ジェイスコア)の特徴です。これもコストダウンの一つですが、合理的な審査のため、AIで選択してしまうのです。

借りれないのですが、それはそれでいいんじゃない?
申し込みしてから審査落ちより、最初から今はダメというのですから、今度600点以上到達したタイミングでの申し込みはいかかでしょうか?

利用者の顔が見えない

まだ始まったばかりのJ.Score(ジェイスコア)の利用者は、あまりいないのが現状です。
しかし、情報サイトも口コミも多くなって、5chでも話題です。
限度額の増額の内容もあり、審査内容、低金利の驚異なども語られています。

デメリットは、低金利の点でクリアできるものばかりですが、銀行カードローンよりもお得なキャッシング、申し込みしてみたいと思いませんか?

大手消費者金融審査落ちでも借りれる可能性があるJ.Score(ジェイスコア)

大手消費者金融で借りられない方がJ.Score(ジェイスコア)でのキャッシングで、銀行カードローンよりも低金利が借りられる。そんな口コミがあります。

J.Score(ジェイスコア)のキャッシング

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資で作った金融機関です。
店舗はなく、申し込みはインターネットのみで対応しています。
AIスコア・レンディングで、AIスコアで貸付条件が変わる個人融資です。
その内容でポイントは、低金利で最高でも12%というもの。

大手消費者金融で審査通過できる方なら、ラクラク12%のキャッシングができますが、質問に多数回答していくと、12%の金利がどんどん下がるというスグレモノキャッシングです。
特に、みずほ銀行の口座がある。スマホのキャリアがソフトバンク、Yahoo!IDを持っていて、プライム会員になっているだけでも金利が低くなるという仕組みです。
みずほ銀行とソフトバンクに有利な生活をしている方ほど、お得なキャッシングができます。

限度額は総量規制

低金利ですが、限度額は総量規制範囲内です。
ただし、条件によっては契約極度額の引き上げなども審査次第で行われるなど、多く借りたい、安く借りたい方には有利な条件が満載です。
みずほ銀行とソフトバンクの情報連携、みずほ銀行をメイン銀行として定期などを行うことが、低金利につながるなどのポイントが多いです。

質問は200近く

金利低下のための質問は200近くあります。
性格なども判定材料になるのですが、要はお金に対して真面目なことです。
虚偽の回答はNGです。AIスコアは、1回だけではなく、数回回答するのもありです。
J.Score(ジェイスコア)のキャッシングの申し込み前に、全ての質問に回答がおすすめです。

その中で、これからしようと思っていた事を、したあとで回答することで、AIスコアが上り、低金利キャッシングができます。それが、みずほ銀行に定期を作ったとか、スマホをソフトバンクのキャリアに変えた。昇給したなどです。

良い方向に本当に変えたのなら、AIスコアは上がっていくのですが、虚偽申請をしたのなら、バレます。そして、審査落ちになることも。

肝心の審査

キャッシングの審査では、信用情報などは普通です。
大手消費者金融と同じ審査内容で、金融事故があれば審査落ちです。
ここもすべて正直に回答しなくてはならないのですが、AIの判断は、侮れないです。

ですから、キャッシングの申し込みでは普通の消費者金融の審査同様と思ってください。
そして、最初の600点以上のAIスコアがあれば、後の質問に正確に正直に回答をして、少しでも高いAIスコアでのキャッシング申し込みをしてください。