↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)は借り換えに使うことはできるの?

J.Score(ジェイスコア)は借入れ金額も高く金利も低いので、便利にご利用できるキャッシングサービスです。
金利が低いことで気になることといえば、借り換えローンとして使うことができるのかではないでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)は、借り換えに使えるのかどうか調べてみました。

J.Score(ジェイスコア)は借り換えローンに使える見込みがある

J.Score(ジェイスコア)は、借り換えローンに使える見込みがある金融業者といえます。
借り換えローンとしてご利用したいということは、他社1社の借り入れ分をスライドして、借り換えローンとしたい場合です。
他社1社分ですので、金額も少なめであり、借り換えで金額を借りることは期待できます。

J.Score(ジェイスコア)の公式ホームページをチェックしてみると、借り換えローンとしてもOKとは記載はありません。
しかし、口コミをチェックしてみると、借り換えローンとして使うことができたという声は多く挙がっています。
そのため、借り換えローンとして使うことはできるといえます。

ただし、おまとめローンとしては使うことができないと思います。
おまとめローンということは複数社分のキャッシングをおまとめすることになるので、多重債務者となります。
多重債務者はJ.Score(ジェイスコア)でAIスコアアップしにくく、審査には通りにくいといえます。
そのため、おまとめローンでのご利用は厳しいといえます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)は借り換えにピッタリな金融業者といえる理由

J.Score(ジェイスコア)は、借入れにピッタリの金融業者です。
その理由は、これらが挙げられます。

金利が低い

J.Score(ジェイスコア)の金利は、最高12.0%です。
銀行系カードローンや消費者金融の金利と比べると、ものすごく低いことがわかります。
借り換えすることで少ない金利となるので、少ない支払い総額とすることができます。
借り換え先の検討条件の一番のポイントは、低金利であることです。

それを考えると、J.Score(ジェイスコア)は借り換えにピッタリの金融業者ということになります。
大手銀行での借り換えローンを行っていますが、三菱UFJ銀行カードローンで上下金利14.6%と、J.Score(ジェイスコア)の上下金利より高めです。

審査時間が素早い

J.Score(ジェイスコア)は、事前にAIスコア診断である程度の情報を得ているため、審査時間が短いのも特徴です。
30分~1時間程度ですので、すぐに審査が終わりますよ。
素早い審査となりますので、すぐに融資してもらえ、借り換えとしてご利用ができますよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

事前のAIスコア診断で借入極度額が把握できるので借り換えの目安ができる

J.Score(ジェイスコア)は、事前のAIスコア診断で借入れ極度額が把握できます。
そのため、申し込み前に借入金額が把握できるので、借り換えの計画が立てやすいです。

AIスコアが600点以上であれば審査に通りやすい

一般的な借り換えローンは、本当に借り換えの審査に通るのか不安に思う場合もありますよね。
J.Score(ジェイスコア)は事前にAIスコア診断でAIスコアを得ることができ、600点以上であれば審査の対象となる確率が高くなります。
そのため、600点以上のAIスコアであれば審査に通りやすくなります。

審査に通りにくい20~30代の若い人やアルバイト・パートの人でも、J.Score(ジェイスコア)なら審査に通る可能性がありますよ。
借入れローンは審査に通る見込みがある金融業者選びがベストなので、J.Score(ジェイスコア)はオススメとなります。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
このように、J.Score(ジェイスコア)は借り換えローンとして便利にご利用できる金融業者といえます。
他社の借入れを借り換えしたい場合は、J.Score(ジェイスコア)のご利用も検討してみましょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)で借り換えしたい!J.Score(ジェイスコア)の仕組みを知ろう

J.Score(ジェイスコア)で借り換えしたい場合は、まずはJ.Score(ジェイスコア)の仕組みをしっかり把握してから検討するといいですよ。
借り換えローンとして使うためには、適した金融業者であることが必要となります。
J.Score(ジェイスコア)とはどのような金融業者なのか、詳しくご紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)とは

J.Score(ジェイスコア)とは、2017年に設立された消費者金融です。
消費者金融なのかと思うかもしれませんが、J.Score(ジェイスコア)は従来の消費者金融とは少し違います。
AIという人工知能を取り入れた融資審査方法とし、一般的な債務性や属性に人工知能をプラスした審査で、融資を行う方法を取っております。
従来のキャッシングンの審査方法とは異なり、融資の可能性を高めた新しいキャッシングサービスです。

J.Score(ジェイスコア)という企業は、みずほ銀行とソフトバンクが共同で立ち上げた企業です。
東京の赤坂に本店をかまえていますが、お客様と対応するための実店舗はありません。
完全無店舗型の、インターネットサービスの消費者金融なのです。

お客さまと対応する実店舗がないと思うと、不安に思う人もいると思います。
J.Score(ジェイスコア)ではカスタマーセンターを設けており、電話にてお客様対応をしてくれます。
そのため、安心してご利用ができます。
新生銀行や楽天銀行のような、インターネットで使える銀行と思うとわかりやすいと思います。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコア・レンディングとは

J.Score(ジェイスコア)で取り入れているAIスコア・レンディングとは、様々な情報を登録して自分自身の信用力を数値化して、融資の審査判断にしてもらう方法です。
従来の銀行ローンカードや消費者金融の場合は、過去の融資やクレジットカードの返済履歴や、現在の使用状況などを中心とした審査となっていました。
しかし、J.Score(ジェイスコア)では利用者の信用力を数値化することで、これらから先の未来の返済能力を重視して貸し出しを行うという考え方をします。

AIスコア・レンディングは、具体的にいくつかの質問に回答し、申込者の信用度を算出していく流れとなります。
入力した情報は膨大なデータにより精査されて、将来の収入見込みやお金を生み出す力を予測して、貸し出す金額を決定していきます。
今の状態ももちろん把握しますが、それにプラスして未来の返済能力も重視して審査基準とするのです。

J.Score(ジェイスコア)のメリット

J.Score(ジェイスコア)には、このようなたくさんのメリットがあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

対象とする範囲が広い

J.Score(ジェイスコア)のすごい部分は、融資対象とする範囲が広いことです。
国内に在住している満20~70歳以下の方であり、外国の方でも日本に住んでいて、永住権などの書類が提出できるのであれば審査の対象としてくれます。
雇用形態は問わないので、安定した収入さえあればパートやアルバイトの方、自営業、個人事業主の方でも審査の対象となります。

AIスコアが600点以上であれば融資の申し込みができる

融資の申込前に、AIスコア審査を行います。
AIスコアの点数が600点以上であれば、融資の申し込みができます。
AIスコアが600点以上であれば審査の対象となり、間違いなく審査に通るとは限りませんが、審査に通る可能性は高いといえるでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行をしのぐ低金利

J.Score(ジェイスコア)の金利は、低金利な部分も高い評価を得ています。
年0.8%~12.0%であり、この金利は銀行カードローン商品をしのぐ低金利です。
低金利で利用できるので、無駄な利息を支払わずに済みますよ。
金利が低いので、借入れローンとしても使うことができるのです。

審査が早い

J.Score(ジェイスコア)は、審査の早さも定評を受けています。
30分から1時間程度の審査なので、すぐに審査が終わります。
なぜこんなに審査時間が短いのか、それは審査の甘さではなく事前に行っているAIスコア診断による情報量の多さです。
AIスコア審査で既に申込者の情報を多く把握しているので、融資の審査を行う際には少ない確認項目で審査を終わらせることができます。
そのため、30分から1時間程度で審査が完了するのです。
素早い審査なので、即日融資も期待できますよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

利息キャッシュバックキャンペーンをやっている

J.Score(ジェイスコア)では、はじめての借入の際に翌月分までの利息を、キャッシュバックするキャンペーンを行っています。
例えば10月に融資をお願いした分の利息は、翌月の11月分の利息までキャッシュバックで返ってくるのです。
他社でも無利息期間のサービスは行っていますが、契約日の翌月分までの利息がキャッシュバックされるのはJ.Score(ジェイスコア)だけです。
契約する月の借入れを月初めにすることで、最大のキャッシュバックを得ることができますよ。

7月なら7月1日に契約してキャッシングをすれば、翌月の8月31日までの分の利息がキャッシュバックされるので、最大限にキャッシュバックを利用することができますよ。
融資日によってお得さが変わるので、考えて融資を受けると良いですよ。

みずほ銀行とソフトバンクユーザーはお得にご利用できる

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが半分ずつ出資している企業です。
そのため、みずほ銀行とソフトバンクと情報連携することで、AIスコアアップや金利がお得となります。
情報連携することで金利が0.1%低くなるので、みずほ銀行とソフトバンクの2つと情報連携すると合計0.2%金利を低くすることができます。

また、情報連携によりAIスコアアップもできるので、AIスコアを高くすることができますよ。
みずほ銀行とソフトバンクのご利用状態の良さに比例してAIスコアアップするので、ずっとご利用している人は高いAIスコアアップを望むことができます。
もし、みずほ銀行とソフトバンクと契約していない人でも、これを機に契約すると金利を低くしたりAIスコアアップに繋げることができますよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カードレスなので使いやすい

J.Score(ジェイスコア)の融資は、銀行振込融資です。
そのため、キャッシュカード無しでご利用ができます。
キャッシュカードを持たずに融資を受けることができるので、家族や知り合いに利用がバレることがありませんよ。
銀行口座振替の際の手数料は無料ですので、とてもお得に利用できますよ。

来店不要で申込みから契約、融資を受けることができる

J.Score(ジェイスコア)の申し込みはインターネットでの申込であり、審査や本人確認書類などの書類の提出、契約、融資の全てがインターネットで行うことができます。
電話でのやり取りは在籍確認のみですので、出かけなくても全て簡単に手続きができますよ。

AIスコアアップするとさらに便利な条件でキャッシングができる

AIスコアは、一度登録して終わるのではなく、継続してAIスコアアップをすることができます。
AIスコアアップの内容の訂正はご利用中でも可能であり、変わった部分は訂正ができます。
そのため、ご利用中にAIスコアアップが可能であり、AIスコアの内容によってはもっと低金利で、借入限度額を増やすこともできます。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
このように、J.Score(ジェイスコア)はご利用しやすいポイントがいっぱいです。
金利が低いので借り換えローンに向いており、良い条件も揃っているので快適に利用できますよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)で借り換えできる?J.Score(ジェイスコア)の審査基準を把握しよう

J.Score(ジェイスコア)を借り換えとして使いたくても、J.Score(ジェイスコア)の審査基準に該当していないと、借り換えでご利用することはできません。
J.Score(ジェイスコア)の審査基準はどのような内容なのか、詳しくご紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)は誰でも借り換えができる審査基準なのか

J.Score(ジェイスコア)は、誰でも借り換えができる審査基準なのでしょうか?
残念ながら、誰でも借り換えができる審査基準ではありません。
J.Score(ジェイスコア)は、以下のような審査基準がポイントとなります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

安定した収入があることが条件

J.Score(ジェイスコア)は、消費者金融のカテゴリの金融業者です。
そのため、審査基準は安定した収入があることが前提です。
安定した収入があれば、アルバイトやパート、自営業、個人事業者でも審査の対象となります。
主婦でも、パートで安定した収入があれば審査の対象となります。
ただし、ギャンブルやFX、仮想通貨などは安定した収入となりませんので、審査の対象外となってしまいます。

専業主婦は利用できない

専業主婦は無職ですので、安定した収入はありません。
そのため、J.Score(ジェイスコア)の利用はできません。
他の消費者金融の場合は配偶者貸付というのが利用できますが、J.Score(ジェイスコア)の場合は該当しません。
そのため、専業主婦は配偶者にJ.Score(ジェイスコア)の利用をお願いする方法しかありません。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

20歳~70歳までの人が審査対象

20歳から70歳までの人が審査対象なので、未成年や71歳以上の人は利用できません。
また、年金収入の方でも年齢さえクリアしていれば、審査の対象となります。

日本に在住していれば外国の方でも審査対象となる

外国の方は融資の審査に厳しいですが、J.Score(ジェイスコア)は日本在住であれば、外国の方でも審査の対象となります。
その場合、日本に在住していることが証明できる書類が必要となります。

AIスコアが600点以上の点数が無ければ審査の対象とならない

先程の審査基準にプラスして、AIスコアが600点以上無ければ審査の対象とはなりません。
600点以上のAIスコアか取れたということは、J.Score(ジェイスコア)がお金を貸すことができるスペックの持ち主という証拠となります。
貸付条件とAIスコアの600点以上の2つの条件があることで、審査の対象となることができます。
600点以上のAIスコアになることは難しいことではなく、きちんと働いていて他社からの借り入れ件数がゼロであれば、ほとんどの場合600点以上となるようです。
借入れできる審査基準をクリアしている人は、AIスコア診断をしてみて600点以上のAIスコアになるかどうかを確かめてみましょう。

最初の16の項目の質問だけに答えると、600点以上にならない人もいるようです。
その場合は、その後にある150以上の細かい質問に答えることで、更なるAIスコアアップを望むことができますよ。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)は、このような審査基準で利用できるかどうかが決まります。
借り換えローンで利用したい場合は、まずは自分が審査基準の範囲にあるのかを確認して、ご利用を検討してみるといいですよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)を借り換えで使いたい!審査はきびしいの?

J.Score(ジェイスコア)を借り換えで使ってみたいけれど、気になるのは審査の厳しさではないでしょうか?
審査が厳しいのであれば、借り換えローンとして使うのは難しくなってしまいますよね。
J.Score(ジェイスコア)の審査は厳しいのか、審査落ちしてしまうポイントなど詳しくご紹介いたします。

J.Score(ジェイスコア)は審査が厳しくなく借り換えとして使いやすいのか?

J.Score(ジェイスコア)は、AIスコアさえ600点以上あれば審査は厳しくはないようです。
AIスコアを600点以上持っているということは、それだけでかなりの信用力になるようです。
実際の審査の際には、既に600点以上取得しているということで、あとは確認程度の審査となり、個人信用情報の閲覧や在籍確認をクリアすれば、融資の審査に通るようです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

どのような人が審査が厳しめになるのか

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア診断を受けてみると、600点以下となってしまう人も少なくありません。
600点以下になってしまう人は、大きなAIスコアダウンとなってしまう原因があるようです。
J.Score(ジェイスコア)ではどのような人がAIスコアアップが見込めず審査が厳しめなのか、ピックアップしてみました。

他社借入がある人

他社借入があると、一気にAIスコアダウンしてしまうようです。
他社借入れ件数は1社以上あれば、何社あっても変わらないようです。

また、借入総額はあまり影響しないようです。
他社借入がいくらあっても、件数が1件以上あるだけでかなりのAIスコアダウンとなってしまうようです。
他社借入れ1社と記入した人が、似たような条件で他社借入れ無しと記載した人と比べると、140点もAIスコアが違ったそうです。
他社借入れ件数が1件あるだけで、140点も下がってしまうのであれば、600点以上のAIスコアはむずかしそうですよね。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

勤続年数の短さ

J.Score(ジェイスコア)の審査基準は、利用者の安定性を高く評価します。
そのため、勤続年数の短さは大きなAIスコアダウンの影響を与えてしまうようです。
勤続年数3年以下の場合は、AIスコアは高くなりにくいようです。

勤務している企業規模が小さい

働いている会社の規模が小さいと、AIスコアが下がってしまうようです。
従業員100人以下の会社で働いている場合は、AIスコアダウンになってしまうそうです。
従業員100人以下の会社で働いている人はたくさんいるので、ここでAIスコアダウンとなってしまう人も多いようです。
また、自営業や個人事業主も従業員は少ないので、AIスコアダウンとなってしまうようです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

賃貸住宅に暮らしている人

自分の持ち家に住んでいない人は、AIスコアダウンとなってしまうようです。
実家住まいも自分の家ではないので、AIスコアダウンの対象となってしまうようですよ。
特に、公団住宅へお住まいの場合は、かなりのAIスコアダウンになってしまうようです。

在籍確認で直接会話できない

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、申込者当人と直接話さないと在籍確認としないようです。
他社カードローン審査のキャッシングの在籍確認は、万が一外出していて会社にいなくても、会社の人が「出かけている」といってくれれば審査の対象となります。

しかし、J.Score(ジェイスコア)は外出していることは認められず、直接当人と話さないと在籍確認とはなりません。
在籍確認で当人と電話を会話ができない場合は、何度か電話をかけて試みてくれます。
それでも無理な場合は、融資の審査落ちとなってしまいます。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)で借り換えを考えている人は、自分が審査落ちしないかチェックしてみるといいですよ。
審査は厳しくはありませんが、これらの要素がある人は審査に通るのは厳しい恐れがあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)での借り換え|J.Score(ジェイスコア)の疑問を解決

J.Score(ジェイスコア)は新しいキャッシングサービスなので、色々不安もあると思います。
不安に思うとスムーズに利用できないので、躊躇している人もいると思います。
そこで、J.Score(ジェイスコア)に思う把握してほしい疑問を、ピックアップしてみました。

J.Score(ジェイスコア)の借り換え利用の前に疑問を解決しておこう

J.Score(ジェイスコア)は2017年にできたキャッシング業者であり、新しいシステムを導入したキャッシング業者です。
便利な要素がいっぱい詰まっていると聞いても、今までにないシステムだからこそ不安に思うことがいっぱいありますよね。
J.Score(ジェイスコア)は、安心して利用できる要素が満載の金融業者です。
そのため、気兼ねなく利用できますよ。
疑問に思うことは事前に解決して、快適に利用しましょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)の疑問

J.Score(ジェイスコア)に対して皆さんが思う疑問を、ピックアップしてご紹介いたします。

J.Score(ジェイスコア)はブラックでも利用できるの?

J.Score(ジェイスコア)は新しい融資システムですので、審査も柔軟に思う人もいると思います。
しかし、ブラックの人は審査の対象とはなりません。
J.Score(ジェイスコア)は、他社借入れが1件でもあると大幅なAIスコアダウンとなってしまいます。
そのため、ブラックの要素があるだけで大幅AIスコアダウンとなるので、AIスコアが600点以上になることは厳しいといえます。
ブラックの人は、J.Score(ジェイスコア)の利用は無理といえるでしょう。

月々の最低返済額がいくらなの?

月々の最低返済額は、ご利用金額により異なります。
10万円の契約極度額で5万円借入れした場合、貸付利率が12.0%で毎月の返済金額は2,000円となります。
比較的少ない返済額で利用できるので、便利ですよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

返済日の選択はできるの?

J.Score(ジェイスコア)の返済方法は3つあり、銀行口座振替での返済は毎月26日と返済日が決まっています。
他に2つの返済方法があり、ペイジーと振込返済の場合はご自分の好きな返済日を選択することができます。
ご自分のお給料日などに合わせたり、ニーズに合わせて選ぶことができますよ。

J.Score(ジェイスコア)の店舗はあるの?

J.Score(ジェイスコア)には店舗はありますが、それは業務を行うための店舗です。
お客様が直接出向くことができる店舗は、ありません。
そのため、店舗に出向いて相談することはできません。

その代わり、お客さま窓口に電話で相談などのやり取りをすることは可能です。
何かわからないことや不安なことがあれば、電話で問い合わせることができるので安心ですよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

電話での申し込みはできるの?

J.Score(ジェイスコア)の申し込みは、インターネットからの申し込み方法しか受け付けていません。
そのため、電話などのインターネット以外での申し込みは行うことができません。
インターネットであれば、携帯やスマホ、タブレット、パソコンから申し込みができますよ。

AIスコア診断は過剰に答えていいの?

AIスコア診断はコンピューターが相手ですので、多少過剰に答えても問題ないと思う人もいるようです。
わざわざ正直に答えなくても、審査が通るような回答で答えた方が良いと思うからです。

しかし、AIというのは人間の考え方よりも数倍頭が良く、利用者の嘘はすぐに見分けます。
そのため、嘘をつくとバレてしまいます。
AIはコンピューターだからといって甘く見ていると、嘘がバレて審査落ちとなってしまうことがあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコア診断を受けると個人信用情報機関に記載されるの?

AIスコア診断はただの診断ですので、個人信用情報機関に情報が載ることはありません。
融資を受けてご利用することで、はじめて個人信用情報に記載されます。
AIスコア診断までは誰でも気軽にご利用できるので、キャッシングの予定がない人でも是非行っておくべき診断といえます。

追加返済はできるの?

J.Score(ジェイスコア)では、追加返済がいつでも手数料無料で行うことができます。
そのため、お金に余裕がある時に、どんどん返済するといいですよ。
追加返済で返済期間が短くなるので、支払い総額も少なくすることができます。
ただし、返済額の変更ができるのはペイジーか銀行振込返済のみです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

契約後もAIスコアの変更は可能なの?

AIスコアは、契約後も変更することができます。
新しい情報というのはJ.Score(ジェイスコア)ではものすごく好むので、定期的にAIスコア変更をしておくといいですよ。
定期的にAIスコア改善しておくと、その行動が評価されてAIスコアアップとなる場合もあるそうです。

借入限度額は上げることができるの?

借入限度額の増額は、可能です。
契約日の10日後から可能であり、増額審査の申し込みを行うことができます。
自分から増額審査の申し込みを行うと、審査は厳しめになるそうです。

契約から半年程度経つとJ.Score(ジェイスコア)側から増額申請の通知がくるので、その場合は審査は甘めでスムーズに進むそうです。
J.Score(ジェイスコア)側からの増額のお知らせの場合は、既に内容を審査した上で大丈夫という意味で声がかかります。
そのため、スムーズに審査が進むのです。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
J.Score(ジェイスコア)の様々な質問を、ピックアップしてご紹介してみました。
これで、少しはJ.Score(ジェイスコア)に対する疑問も薄れたと思います。
J.Score(ジェイスコア)を借り換えローンとして使う場合は、これらの疑問もしっかり納得した上で利用するようにしましょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓