J.Score(ジェイスコア)の審査 仮審査の時間はその人の自由

J.Score(ジェイスコア)とは、新しいキャッシングのAIスコアを利用した、AIスコア・レンディングのことを言います。
キャッシングですから、審査があります。
この審査は、仮審査と本審査に分かれています。

仮審査の時間

カードローンの申し込みとだいたい同じと考えて下さい。
24時間インターネットで申し込み可能ですが、審査は営業時間内(9時から18時、土日休み)に行なわれます。

仮審査は、AIスコアの質問に回答する形です。
サイトやアプリのメンテナンス時間以外なら、すぐに対応します。
仮審査までは、30秒から数時間という長さです。

審査の時間に幅があるのが特徴

これがJ.Score(ジェイスコア)の今までないキャッシング審査になります。
仮審査で行なわれるAIスコアの点数は、質問によってスコア化されます。
基本の18項目の回答で最短30秒程度。そこで仮審査申請ができます。

そして、数時間というのは、すべての質問に回答した場合で、150個もの質問が並びます。
難しい質問ではないのですが、やはり考えなければならないものもあるでしょう。
適当な回答ではNGなので、すべての質問に答えようというのなら、時間がかかります。

とにかく最初の18項目だけでも良い、あとは答えても答えなくても仮審査ができるのが、J.Score(ジェイスコア)の仮審査なのです。
その審査結果は、登録のときのメールアドレスに送られてきます。
本審査は、営業時間内ですとそのまま移行することになります。

仮審査で可決するには

AIスコアで600点以上が条件です。
それ以下だったり、申し込み内容で審査落ちすることがあります。
キャッシングサービスですから、20歳以上で収入があることは大前提です。

また、現在の借入状況も調べられてここで審査されます。
借り入れ件数4件とか、銀行カードローンも消費者金融も多重債務者状態、ローンカードも駆使してという場合は仮審査も難しいです。
本審査からの内容は、普通のキャッシングと同様で、AIスコアは関係ないです。

時間があるのなら

申し込みのときに時間に余裕があるのなら、多くの質問に回答することをお勧めします。
利用者が得をするには、600点いかないとダメだけではなく、AIスコアが少しでも高い方が有利です。
利用限度額などは総量規制が関係してくるのですが、AIスコアが高いほど、金利がどんどん下がります。
もし、時間がないのなら、途中でやめて、後でAIスコアアップの項目で質問に回答することで、有利な申し込みができます。

本審査まで、自分が借りられる金利を決めることができる、
画期的なキャッシングがJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングです。

本審査の時間も早い 即日融資も可能

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングの仮審査は、AIスコアで600点以上いかないと先に進めません。
消費者金融等で言う、本審査には進めないのです。

仮審査で可決の可能性を探る

例えば、専業主婦がAIスコア・レンディングに申し込みをしたとしても、絶対に本審査に進む事ができません。
キャッシングは消費者金融と同じ貸金業法のものですから、収入がないと審査対象にならないのです。
AIスコアでの最初に行う入力では、収入の有無で専業主婦は審査落ちになります。
収入がある方、アルバイトでもパートでもOKですから、どんどんと質問に回答していくことで、AIスコアを上げることができます。

もちろん収入は多い方が有利であり、限度額も上がります。
しかし、総量規制範囲内です。

仮審査に可決!

いよいよ、本審査です。
本審査は、銀行カードローン、消費者金融と同じで、個人信用情報機関の照会や在籍確認が行なわれることになります。
既に、自身で借入件数や現在の返済額等の入力をしていきます。

あくまでも確認ですが、審査基準は甘くないです。
イメージとしては、大手消費者金融並と思って下さい。
ですから、3社以上の多重債務を使用、債務整理からあまり年数が経っていない場合は本審査には通過しないです。

利用限度額は、総量規制範囲内であり、多重債務では余った金額での借り入れになります。
AIスコアは借入額には反映されないのです。
信用情報でどこまでの許容範囲、AIスコアが良いからという優遇はないでしょう。

本審査までの時間

本審査も早いです。
すべてコンピューターによるもので、即日融資も可能です。
申し込み時間によって変わりますが、振込時間に間に合えば、即日融資ができます。
これも大手消費者金融と同じです。ただし、ローンカードはありません。
現在は、振込だけのキャッシングです。

可決後、理想としてはみずほ銀行口座が良い

みずほ銀行の口座振込で、0.1%の金利が下がります。
また、ソフトバンクのキャリアであれば、更に0.1%の金利下げです。
みずほ銀行とソフトバンクがタッグを組んだJ.Score(ジェイスコア)ですから、ここは最大の優遇措置になります。
少しでも金利を下げたい方の、フィンテックを利用したキャッシングサービスです。
できることは何でも取り入れて、本審査可決で、低金利キャッシングを実現させましょう。

ブラックの方には、J.Score(ジェイスコア)の利用はできませんし、収入がない方も申込をしても悲しい結果になってしまいます。
収入を得て、AIスコアのAIスコアアップをしてからの申込がお勧めです。

いつ本審査を受ける?AIスコアで優位に進めるキャッシング

WEB完結のJ.Score(ジェイスコア)ですが、WEBでなければ申し込みができないといえます。
カードローンや消費者金融と大きく違うのは、AIスコアの数値によって金利差が出ることです。

可決で変わるキャッシング

キャッシングの平均金利は15%超です。
借入額にもよりますが、数万円のキャッシングでは大手消費者金融では17%程度は行くでしょう。
J.Score(ジェイスコア)でのキャッシングでは、高くても12%と、銀行カードローンよりも低い金利です。

契約できれば、キャッシングそのものが大きく変貌してしまう。
そんな予感から、利用者も申込者も増加しています。

審査までの時間は申込者次第?

大手消費者金融等の審査にかかる時間は30分程度です。
入力そのものは数分で完了です。
J.Score(ジェイスコア)の申し込みは、数分で“終わらすことができます”。

妙な言い方ですが、人によっては数時間かけて行うこともあります。
そして、時間が長いほど有利な融資条件になることが多いです。
これが、J.Score(ジェイスコア)の新しいキャッシングです。

AIスコアの質問に答える時間

最初の基本的な質問が、18項目あります。
ここでAIスコアが600点以上なら、完了しても良いのです。
もし、600点いかないときには申し込みができないので、次の質問に回答しなければなりません。
余裕で600点を越えていたとしても、質問に回答することで、AIスコアの数値が上がります。
同時に、金利が低いキャッシングが約束されていくということです。

すべての質問は150ありますから、それにかかる時間は人それぞれです。
今日は時間がないから明日続きの質問に答えるでも良いです。
また、数日経ってからの回答もOK。

そして、転職して収入が上がった、健康に留意する生活習慣をしているなどの変化があるときに回答をすると、AIスコアはどんどん上がります。
今はキャッシングの時期じゃないというときには、キャッシング申し込みをしない選択ができるということです。

可決時期を自分でずらす

消費者金融の申し込みでは、収入がある今と少し先だとしても審査に差はないです。
ただAIスコア・レンディングの場合は、何かに注意をする、自分をスキルアップしたときのAIスコアには差が出ます。
キャッシングのときに、その差を利用することで、一番低い金利でキャッシングができます。

ですから、今急いでキャッシングは要らないという方は、どんどんとAIスコアアップをしてからの利用が良いのです。
今、すぐ必要がないキャッシング、本審査可決は自分で決める、金利も自分で左右できるという新しいキャッシングなのです。

大手消費者金融とJ.Score(ジェイスコア) 本審査の違い

AIスコアは、自分の今の評価をAIとビッグデータに基づいて数値化することができます。
ようやくフィンテックも、生活に溶け込んできたAI製品の一つです。
AIスコア・レンディングはキャッシングを目的としてAIスコアですが、この存在はこれから様々な分野で応用されることでしょう。

大手消費者金融より可決率が上がる?

要はお金がより借りやすい存在になるということです。
審査があるのは当然ですが、その一部にAIスコアを取り入れた新しいキャッシングサービスです。
数値化によるAIスコアは、申込者の差別化ができます。
既存の金融業者では、審査は一元化であり、決まった枠に審査条件をはめ込んだ形です。

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングでは、金利で大きな差が付きます。
また、人によっては、大手消費者金融では借りれなかった方も、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアの数値によって借りれる可能性が出ます。
さらに、AIスコアアップも狙えることで、可決率がより高くなるという可能性も出てきました。

ブラックは可決しない

本審査に至っては、大手消費者金融と同じです。
契約の条件として、信用情報に金融事故があると審査通過はできないです。

また、総量規制が限度額になっています。
AIスコアが高いと言っても、たくさん借りられるものではないです。
多重債務者なら、余った総量規制での融資になります。
単に金利が低いだけと考える方も多いですが、それでもJ.Score(ジェイスコア)の最高金利が12%。
十分な低金利キャッシングと言えるでしょう。
ブラックがこの金利の恩恵を受けることはできません。

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資の会社です。
保証会社はみずほ銀行ですから、審査体制はガッチリとしています。
ただしCICだけの加盟であり、場合によっては、抜け道的な逃げで、審査通過の可能性があるとの口コミもあります。
カードローンで審査落ちだけど、ここで可決したとの口コミもゼロではないのは注目です。
ただし、契約限度額だけは総量規制範囲内であり、消費者金融との多重債務では、限定的です。

可決に向けて

金融事故がある場合には、申込者は信用情報をキレイにしてからの申し込みがお勧めです。
仮審査の時点のAIスコアの質問回答だけは、信用情報は無関係です。

現在のAIスコアで600点以上いかないと本審査には行けないのですが、金融事故がある間は、AIスコアアップを狙い、AIスコアを少しでも高い数値にしておくことです。
みずほ銀行口座開設と利用、スマホのキャリアをソフトバンクにしておくだけでも、AIスコアアップを狙えます。
また、Yahoo!JAPAN IDの取得も忘れずに。

J.Score(ジェイスコア)の審査とAIスコア

J.Score(ジェイスコア)の本審査には在籍確認が存在しています。
AIスコアと在籍確認、キャッシングがすべてAIでできるわけではありません。

可決のためには2つの審査

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングでは、仮審査と本審査があります。
まずはAIスコアですが、質問に回答していく形で、データが数値化されます。
それが600点いかないと、キャッシングの本審査にいけません。

そして、本審査はキャッシングの審査と同様です。
信用情報で金融事故がある、債務整理をしてあまり経っていない、総量規制以上の借り入れをしたい、そんな場合はAIスコアが高くても審査に通らないです。
2つの審査のうち、本審査は金融業者の審査レベル同様です。
大手消費者金融に通る、場合によっては、それ以上の厳しさもあります。

みずほ銀行とソフトバンクの会社 可決までの時間

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資会社です。
ですから、キャッシングノウハウは素人ではなく、AIスコアを上手に組み合わせた、低金利のキャッシングです。
すべてをWEBで行うことで、スピーディな審査が注目です。
可決までは、営業時間内なら1時間もかからない場合も。
14時までの審査完了では、即日融資も可能です。

ローンカードではなく、現在は振込のみの対応であり、みずほ銀行なら文句なしです。
金利もそれだけで0.1%下がります。当然申し込みはソフトバンクのキャリアで完結。
これで、また0.1%金利下げ、合計0.2%低金利の優遇になります。
とにかくすぐにキャッシングしたい方にも、J.Score(ジェイスコア)はお勧めです。

可決のコツ

みずほ銀行、ソフトバンクの利用は当然です。
また、AIスコアのAIスコアアップは低金利のためのものであり、自分を高く評価してもらうためのものです。
すぐにできるものとしては、健康的な健全な生活を送る、インターネットの利用を行う、少し高度な資格取得を頑張る、収入を上げるなどです。
AIスコアの質問では趣味等も聞かれますが、充実して健康志向の生活を送ることも、AIスコアアップに繋がります。

高い評価を願うのなら、足元からのスキルアップがお勧めです。
1つ1つのAIスコアアップは少しだとしても、それが足し算になり掛け算となれば、大きな数値を引き出す事ができます。
きちんと生活をしている人に正しい評価ができるのがAIスコアでしょう。

AIとビッグデータの分析は、なかなかのものです。
そして、それがキャッシングの金利と連動するのですから、毎日を頑張ること、これもAIスコアアップの一助になります。