↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)のメリットはいろいろ

J.Score(ジェイスコア)のキャッシング、金利が低いことでは評判は高いです。
ブラックは借りられない、審査も大手消費者金融より厳しい口コミが多い中、自分のAIスコアが気になる方も多いようです。

J.Score(ジェイスコア)のメリット なんと言っても低金利

ほとんどの方が金利を挙げます。
0.8%の金利になる方は少数ですが、最高でも12%です。
大手消費者金融と比較にならない低金利であり、特に返済額には大きな隔たりがあります。
金利が低いだけでも利用者が増加する理由です。

また、AIスコアの情報で、自分で金利を下げることも可能です。
みずほ銀行とソフトバンクの契約、Yahoo!JAPAN! IDの取得だけではなく、常に向上心を持ち、健康的な毎日を過ごしている善良な国民というだけでも、AIスコアが変わります。
高学歴、有資格者等も低金利の要因です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)のメリット 完全WEB完結

当然のことながら、WEBでの申し込みになります。店舗がないので、来店も不要です。
ですから、全国対応であり、スマホ1台あれば、どこでも気軽に申し込みができます。

大手消費者金融と同じ内容になりますが、キャッシングが少なければ身分証明書だけで審査通過になります。

J.Score(ジェイスコア)のメリット AIスコアが面白い

AIスコアは、自分の信用度の数値です。
何かをしたら上がる、何かをしなかったら下がるという、まるでゲーム感覚で、質問に回答することができます。
このAIスコアですが、更新をすると、融資条件が良くなるのです。

もともと限度額などは総量規制範囲内ですが、金利などはAIスコアが高いほどお得です。
この機能がJ.Score(ジェイスコア)のメリットですが、AIスコアのAIスコアアップが、まるで自分が高く評価されているような気がして快感だと言います。
それに金利が連動するのですから、こんなに楽しいことはないでしょう。

J.Score(ジェイスコア)で今までにないキャッシングを

それは、一番が低金利です。
審査は、AIスコアが600点以上あると申し込みができます。
最高の金利で12%です。それ以上は掛からないのです。

この点だけでも、キャッシングの評判としては大きな反響があるのは当然です。
現在、10万円程度のキャッシングならローンカードでも15%超の金利は絶対です。
それでも銀行カードローンは低いですが、12%はないです。
それぞれの利用限度額は、総量規制範囲内で一応多重債務もOKです。
その内容に関しては、ほぼ大手消費者金融と同様です。
金融事故があると、利用額が減少だけではなく、審査に通りません。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIスコアの上げ方 簡単なものから難易なものまで

話題のJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングですが、キャッシング申込をする前にやっておいた方が良いという口コミがあります。
従来のキャッシングの常識を大きく覆したJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングですが、あなたの信用度で金利が変わるというものです。
そこで、信用度を高くすることで、より低金利キャッシング実現のためにやった方が良いことを見てみましょう。

手始めはこれ

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資の会社です。
そこで、スマホのキャリアをソフトバンクにする。
キャッシングはローンカードを使うカードローンではないので銀行振込になります。

それで、メインバンクをみずほ銀行に変える。
ベタの方法ですが、これだけでもAIスコアは上がります。
あなた自身の信用よりも、会社に対する貢献度が評価されることになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

禁煙禁酒、習慣的な運動

生活習慣の中で、病気リスクを減らしたヘルシー生活をするのです。
キャッシングとの関係は?というと、健康管理ができることは、自己管理ができる人と評価されます。

きちんと身の回りのことができるのなら、返済リスクが少ないとAIでは判断ができます。
好きな色は?どんな性格?という質問もありますが、根本的に変えられないところは無理ですが、努力で変えられる生活を改善をしてみましょう。
嘘はNGです。

AI審査の凄さ

性格診断のような内容ですが、AI搭載のビッグデータは1つ回答しただけではなく、総合的な分析をします。
その可能性は、コンピューターの域を脱していて、どんな結果ができるか、最新テクノロジーはとにかくスゴイです。

いろいろ多岐にわたる質問の回答で、AIスコアが出す点数は、今の自分の評価です。
それで、何ができるか?というと、高ければキャッシング金利が低くなるということです。

低くしたい金利

信用情報が無関係のAIスコアの段階では、自身の評価が大切です。
すべての回答で150個の質問がありますが、答えただけでもAIスコアは上がると言います。
もっと努力をすることで、もっと低い金利が期待できます。

どうせ、年収が高い、高学歴、なんだかんだと金かけて優雅な生活をしている奴は低金利なんでしょ?との口コミも多いです。まさに、そのとおりです。
AIスコアの判断で金利は決まるのですが、収入が高く、健康に留意している生活をしている方には優遇されます。
高い収入や高学歴と聞いてがっかりする方もいますが、転職して収入が上がる、今から勉強して高学歴になれば、自分のAIスコアもガッチリ上がります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

即日融資も可能!審査は早いが、質問は多い

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングの融資スピードは早いです。
仮審査から本審査、振込までは銀行営業時間に審査が間に合えば、即日融資も可能です。

在籍確認があるらしい?

AIスコアの診断は、仮審査の段階です。
そこから、AIスコアが600点以上の方は、今の自分のAIスコアで本審査に申込をします。
もちろんネット完結ですから、そのまま進めます。

本審査では、AIスコアを元に、信用情報の確認等が行なわれるのですが、消費者金融とほぼ同じです。
大手消費者金融のように1時間程度で終わる内容ですが、〆は在籍確認です。
AIスコア・レンディングなのに、最後は在籍確認?
そうです。普通に勤務先に電話をかけて在籍確認を行う場合があります。
ただ、口コミではうちはなかったという内容もありますが、一応消費者金融のキャッシングですから、在籍確認はあると考えた方が良いでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

とにかく審査が早い?

これも人によっていろいろでした。
50万円以下のキャッシング、多重債務者で100万円以下の借入額がある方は、収入証明書の提出が必要です。
それを知らずに提出が遅れると、審査は長引きます。
説明が後手後手になったりと、申込に時間がかかり、審査が翌日持ち越しになる場合もあります。土日祝日は休みなので、確実な即日融資を受けるためには、曜日も意識した方が良いとのことです。

質問がだるい

大手消費者金融なら、そんなに入力の手間がないです。
数分で審査に入ることができます。

J.Score(ジェイスコア)では、AIスコアのための会員登録部分がとても面倒です。
AI審査では、多くの質問に答えることで、より低金利のキャッシングができます。
それはわかっているけれど、いちいちアンケート方式の質問に回答する事自体がだるい方もいます。
一度にしなくても良いとのメリットはありますが、今すぐ低金利で借りたいのなら、少しでも多くの質問回答もしたい、だけど面倒。ですが、この手間こそが、低金利になる鍵なのです。

最初の18項目の質問だけで600点以上のAIスコアが出ればあとは良いのです。
しかし、もっと回答したら金利が低くなる。
そう言われたら、やらなくてはならないという義務感に苛まれるとしたら、だるさもマックスです。
面倒だから、この金利でいいや、大手消費者金融よりも低いし。
こんな方もきっと多いはずですが、もっと質問に回答しておけば良かった、と思うときも。

翌日はもっとAIスコアが上がっていることもあります。
そんなことを言っていたら、キャッシングする機会が先延ばしになってしまうのですが。
基本的に利用額は変わらないのですが、AIの情報が多いだけに、面倒な方には、AIスコアは高いハードルになる方もいます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)の最大の魅力は低金利で評判になるはず
J.Score(ジェイスコア)の評判では、低金利ですぐに借りられたとの口コミが多いです。
特に気になるのがAIスコアの存在ですが、そこさえクリアできれば、今までにない低金利キャッシングができます。

低金利、そこが一番

消費者金融と銀行カードローンを比較したときに、金利と限度額が気になります。
断然銀行カードローンの方が良いのですが、審査は厳し目です。
借りやすさでは、特に大手消費者金融がお勧めです。

銀行カードローンでは今までは低金利キャッシングとして評判でしたが、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの場合、もっと低金利が実現しました。
しかも、今の自分の金利はAIスコアで判断してくれるので、そのあたりもワクワクします。
実際に、10%以下のキャッシングを実現している方も多いです。
J.Score(ジェイスコア)の低金利、これが何よりも魅力となっています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

高くても12%

AIスコアの値が600点以上で申込対象になります。
このAIスコアとは、様々な質問に回答していく形で、スコアが積まれていきます。
経験値ではないのですが、質問に多く回答すると、AIスコアが伸びる可能性があります。

そこで、610点程度の場合、J.Score(ジェイスコア)の最高金利12%。
これを高いとみる方はいないでしょう。
多重債務者ならまとめローンもできるんじゃない?という低金利です。
そして、AIスコア最高点が1000点です。多分この方で0.8%の金利です。

あまりいないですが、キャッシングで1%以下は、ちょっと信じがたい金利です。
そこまで行かなくても、先ず10%以下を目指すことも不可能ではないのです。
J.Score(ジェイスコア)の評判が良いのも納得でしょう。
他社と比較するまでもなく、大満足の新キャッシングです。

金利だけでも引っ張れる

評判はここだけではなく、AIスコアの存在です。
努力しだいで、自分で金利を下げられる。AIに頑張ってますねと評価されることで、金利下げの実現が可能になっていくのです。

まるでゲーム感覚のAIスコアですが、質問に多く回答することで、自身の評価値が分かります。
600点はキャッシングに必要な点数ですが、どんどん上がれば、あなたの金利が下がっていくのです。

AIスコアアップでもっと低金利に

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資のJ.Score(ジェイスコア)は、両者の利用者には優遇があります。
また、返済リスクが低い高収入も低金利になります。

それだけではなく、難度の高い有資格者、多趣味で活躍している、SNSでインターネットと深くつながっている等のプライベートの充実もAIスコアに深く関係しています。
自分の行動次第で、自分でAIスコアを上げることができます。
それが、J.Score(ジェイスコア)のメリットとして話題になっている点です。
600点以上超えるまで、もう少し待って低金利にしてから申込をする方も多いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

カードローンではないのに、J.Score(ジェイスコア)の評判が良いのはなぜ?

J.Score(ジェイスコア)はカードローンではないです。
ローンカードはなく、振込キャッシングです。

ここは大手消費者金融と大きく違う部分で、利用限度額があり何回も自分で出し入れするのではなく、申込でキャッシングをします。
ただ、例えば最初のAIスコアが670点だとします。このときは、10%程度の金利です。
最低の最高金額として150万円程度です(総量規制関係あり)。

ただ、今度借りたい時には、AIスコアを800点にして申込すると、金利が6%程度になります。
なんと、AIスコアを上げることで、金利差が出ることから、ローンカードのような使い方はできないのですが、絶対に得するキャッシングができる、それがAIスコア・レンディングです。

今度の自分の金利

AIスコアは上がることで、金利も下がり、限度額も上がります。
J.Score(ジェイスコア)そのものが貸金業法の消費者金融と同じ扱いですから、年収1/3の総量規制は関係しますが、最高限度額は1,000万円です。
少しだけ最初に借りて、AIスコアの数字を高くして低金利にしてから、またキャッシングする方法もあります。
大手消費者金融や銀行カードローンにはないこのシステムが、J.Score(ジェイスコア)の評判です。

AI審査は、常に新しい情報から、新しい金利を導きます。
AIスコアアップのための生活が、そのまま金利に反映されるところが魅力です。
J.Score(ジェイスコア)の評判が良くなるのも納得です。

何だ、貸金業法なの?

金利の仕組みは新しいですが、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングのキャッシングそのものは、消費者金融と同じです。
審査の概要は、公表なしですが、総量規制、多重債務の借入件数、延滞者の扱い、債務整理者の扱いなどはほぼ大手消費者金融と同様です。
みずほ銀行とソフトバンクが作った消費者金融で、審査ノウハウはみずほ銀行が保証会社になります。
ソフトバンクもクレヒス等があり、審査体制は万全です。
新しいと言っても、消費者金融そのもので金利の仕組みが違うというだけです。
ですから、金融事故者の扱い、専業主婦等の無収入者は審査落ちしてしまいます。

AIスコアが高くても、本審査で借りれない場合もあります。
キャッシングシステムそのものが新しいのではなく、金利の算出方法が変化することで、より返済額の小さな、それでいて計画的なキャッシングができるだけです。
消費者金融と同じなんだ。
J.Score(ジェイスコア)の口コミで多いのが、大手消費者金融より確実に低金利でキャッシングができるということです。審査に通ればの話ですが…
普通のカードローンではないことですが、次に借りる時にはもっと低金利で!というチャレンジができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓