J.Score(ジェイスコア)は若い人を中心に評判の秘密は?

吹き出し 右

2016年からサービスが開始されたJ.Score(ジェイスコア)は、若い人を中心にどんどん話題に挙がっているキャッシングシステムです。
特に、20~30代の人たちに、多くの支持を受けているようです。
そんな若い人に評判が高いJ.Score(ジェイスコア)の魅力を、ご紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)は若い人を中心に評判が高い話題のキャッシングサービス

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが出資して作られた、キャッシングサービスです。
みずほ銀行が持っている顧客データ分析やローン審査のノウハウと、ソフトバンクのAIデータを融合して顧客データをスコア化して、融資の活用にみちびくサービスです。
このような独自のキャッシングサービスにより、20~30代のみなさんに人気があります。
その理由は、従来の銀行カードローンや消費者金融では、20~30代のみなさんは審査に通らないことが多くあるからです。
20~30代のみなさんは属性が良くないことが多く、従来の金融業者では審査の対象にならない人もいました。
J.Score(ジェイスコア)はAI審査でのAIスコアによるキャッシングシステムなので、従来審査が通りにくかった人でも審査の対象になることが多くなりました。
そのため、20~30代のみなさんも、J.Score(ジェイスコア)なら審査の対象となることがあります。

なぜ若い人でもJ.Score(ジェイスコア)では審査の対象となるのか

それでは、なぜ若い人でもJ.Score(ジェイスコア)では審査の対象となるのでしょうか。
その理由は、AI審査による可能性の部分も審査に含まれるからです。

J.Score(ジェイスコア)というのは、未来の可能性も考慮して審査に加えます。
そのため20代~30代の若い皆さんでも、将来の可能性が見込める人にはAIスコアが高くなるように設定されています。
従来の銀行カードローンや消費者金融では未来まで見込んだ審査よりも有利な条件を引き出し、融資へと繋げることができるのです。
例えば、大卒の20代中盤では勤務してたった数年ですが、30代・40代になったときにはこれくらいの取得になっているだろうという期待値が込められます。
その分AIスコアが高くなり、AIスコアが600点以上となり審査の土台に立つことができるのです。

若い人でも好条件で融資ができる

20代や30代の若い人は、従来の銀行カードローンや消費者金融をご利用できたとしても、金利が高く借入限度額は少ないのが大半です。
他社の金利は年15~20%が主流であり、借入限度額は20~50万円程度にしかなりません。
J.Score(ジェイスコア)なら高くても最高12%の金利にしかならず、借入限度額はもっと多くを期待することができます。
低金利でキャッシングができれば、将来の支出を減らすこともできるので、楽に返済や生活ができるようになります。
そのため、20代や30代の若い人たちにも、J.Score(ジェイスコア)は人気なのです。

スマホやタブレットで申込み、審査、融資まで全てできる

20代や30代の若い人にJ.Score(ジェイスコア)の評判が高いのは、スマホやタブレットで申込みから融資まで全てできることです。
若い人は何でもスマホやタブレットで済ませるので、スマホやタブレットなどのインターネットのみで全てが完了するという部分にも高い評価を得ています。
自分の空き時間に自分のペースで申込みができるので、今の若い人にはピッタリのようです。
しかも、書類の送信も全てネット完結なので、出かける必要は一切ありません。
自宅や学校、職場、カフェなど、どこにいても申し込みから契約まで出来るのです。
融資も銀行振込融資ですので、家から外に出なくても振込融資を受けることができます。
まさに今の若い人にピッタリで、便利なキャッシングサービスなのです。

審査時間が短い

J.Score(ジェイスコア)は、審査時間が短いのも若い人たちに大きな支持を得ています。
仮審査から契約まで、30分~1時間程度で済ませることができます。
待たなくていいので、20代や30代の若い人でも気にせず申し込みができるようです。
キャッシングの審査というのは通常は時間がかかって当たりまえなのですが、20代や30代の若い人は待たされることを良く思わない人が多くいます。
J.Score(ジェイスコア)なら待っても1時間程度ですので、あっという間に審査が終わります。

即日融資も可能

J.Score(ジェイスコア)は審査時間が30分~1時間程度ですので、申し込みの時間によっては即日融資も可能です。
平日14時45分まで振込融資をお願いすると、15時まで銀行振込融資が可能となります。
20代や30代の若い人は急に用事ができたり欲しい物ができることがあるので、素早い融資というのは非常に助かるようです。
そのため、即日融資というのは好条件のキャッシングのようです。
急にデートに行くことになった、急にほしい物ができたなど、このような急な用入りも即日融資可能なら助かりますよね。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
このような理由から、J.Score(ジェイスコア)は20代や30代の人にもとても人気があります。
今までキャッシング審査が不利だった若い人も、J.Score(ジェイスコア)なら自分が納得できるキャッシングにたどりつけることが期待できますよ。

評判が高いJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングって何?

吹き出し 右

J.Score(ジェイスコア)での融資に繋げるために必要なのが、AIスコア・レンディングです。
でも、AIスコア・レンディングってあまり聞き慣れないワードなので、難しくてわかりにくいと思う人もいると思います。
AIスコア・レンディングとは何なのか、詳しくご紹介していきます。

評判が高いJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングって何?

J.Score(ジェイスコア)というのは、みずほ銀行とソフトバンクが提携してできたキャッシングサービスです。
J.Score(ジェイスコア)では、AIスコア・レンディングで得たAIスコアを元に金利と融資可能金額を決定して、その後のキャッシングの審査へと繋げます。

AIスコア・レンディングのAIというのは、人工知能を指します。
スコアは点数、レンディングとは貸付を意味します。
AIスコア・レンディングを日本語に直すと、人工知能・点数・貸付ということになります。
人工知能を用いてお金を借りたい人を点数化して、貸し出しを行うサービスです。

人工知能に対する様々な質問に答えていき、その答えを総合的に判断して点数化します。
1000点満点で600点以上の場合は、キャッシング審査の土台に立つことができます。

J.Score(ジェイスコア)は消費者金融のカテゴリ

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行が関わっているので、一見銀行カードローンに思える人も多いと思います。
しかし、J.Score(ジェイスコア)は消費者金融のカテゴリとなっております。
そのため、J.Score(ジェイスコア)には総量規制が該当します。
貸金業法の総量規制が該当するので、年収の1/3までしか融資を受けることができません。

AIスコア・レンディングの中身とは

J.Score(ジェイスコア)公式サイトでAIスコア診断(メンバー登録)をタップして、メールアドレスやパスワードを設定入力します。
その後、メールの方に6ケタの認証コードが届きますので、24時間以内に認証をしなくてはいけません。
認証をしたら、AIスコア・レンディングの回答に応えます。

AIスコア・レンディングの回答はむずかしいことはなく、ただ提示された質問に答えるだけです。
最初に18問の簡単な質問をされるので、それに応えるようにしましょう。
AIスコア診断では、以下のような質問を聞かれます。

  • 生年月日
  • 性別
  • 最終学歴
  • 勤務形態(正社員、アルバイト、パート、自営業などから選びます)
  • 仕事の業種
  • 企業規模
  • 勤務先の入社時期
  • 年収
  • 結婚の有無
  • 子供の有無
  • 同居家族
  • 自宅の郵便番号
  • 住まいのタイプ(持ち家なのか借家なのか)
  • 現在の住まいの居住年数
  • 他社からの借入の有無(住宅ローン、教育ローン、自動車ローン以外のローン)
  • これらの質問は、時間にして2~3分で終わります。
    18問の質問の回答が終わって送信をすると、AIはスコア化して数字で算出して、その時点でのAIスコアが表示されます。
    600点以上の場合、貸付利率(年率)と契約極度額が表示されます。
    今の時点ではこれらの数値は仮の数値ですので、参考程度に把握することをオススメします。

    AIスコアのスコアが高ければ高いほど、融資条件が良くなります。
    AIスコアのスコアが低ければ低いほど、融資条件が悪くなってしまいます。

    スコアアップでAIスコアを上げよう

    AIスコア・レンディングの18問の質問に答えると、600点以下の人も多くいます。
    600点以上じゃないと審査の対象とならないので、自分は該当しないとガッカリしてしまいますよね。
    しかし、まだガッカリしなくて大丈夫です。
    AIスコアアップというのがあり、それに応えることでAIスコアの点数を上げることができます。
    AIスコアアップというのは、以下の内容となります。

    • プロフィール
    • 生活
    • 性格
    • ウォレット
    • ファイナンス
    • 情報連携
    吹き出し 左

    これらの6つの項目で、質問の数は100個以上あります。
    全部回答すると20~30分ほどかかってしまいますが、AIスコアの点数を上げることができるので、必ず行うべきといえます。

    AIスコアアップのコツ

    AIスコアアップのコツは、以下のポイントに目を向けてみましょう。

    提供可能な情報は全て入力しよう

    情報が増えると、人工知能によるAIスコアの精度が高くなります。
    そのため、正しい評価と共にAIスコアを上げてくれます。
    時間はかかりますが、回答できる部分は全て回答するようにしましょう。

    携帯のキャリアはソフトバンクに変えて連携しよう

    J.Score(ジェイスコア)はソフトバンクが出資している企業ですので、ソフトバンクユーザーはAIスコアを上げることができます。
    ソフトバンクユーザーではない場合は、携帯をソフトバンクに変えてAIスコアアップに繋げましょう。
    細かく言うと継続期間が短い場合は、加算されるAIスコアも少ないようです。
    しかし、確実にAIスコアアップができるので、オススメです。

    みずほ銀行に口座を作って連携しよう

    みずほ銀行はJ.Score(ジェイスコア)に出資しているので、みずほ銀行に口座を作るとAIスコアを上げることができます。
    ソフトバンクと同様継続期間が短いと高いAIスコアアップにはなりませんが、スコアアップすることは間違いありません。

    Yahoo!JAPAN IDと連携しよう(2018年春以降)

    2018春ごろに、J.Score(ジェイスコア)とYahoo!JAPANの情報連携ができる予定となっています。
    2018年春以降にJ.Score(ジェイスコア)をご利用する場合は、Yahoo!JAPAN IDと連携させるとAIスコアアップが期待できますよ。

    AIスコアアップの回答は嘘をつかない

    AIスコアアップの回答の際に注意すべきポイントは、嘘をつかないことです。
    100個以上スコアアップの質問の回答というのは、AIが全て精査します。
    AIは人工機能であり機械なので、上手く騙せると思っている人も少なくないようです。
    しかし、AIという人工知能の力というのは、情報の全体の整合性を判定する能力を持っており、AIスコアアップを目的として繰り返す回答を嘘と判定する能力を持っています。
    そのために、タダの一問一答でも嘘がバレてしまうのです。
    自分をよく見せてAIスコアアップしようと嘘をついても、どうせバレます。
    そのため、正直に回答を入力するようにしましょう。
    嘘をつき人間をAIは嫌い、評価をグンと下げます。

    定期的にログインして回答の更新をする

    AIスコアアップというのは、過去に答えた質問の内容に編集がいつでも可能です。
    例えば、年収が変わった、職種が変わった、家族構成が変わった、車を変えた、引っ越したなどのライフスタイルの変化があった場合は、ログインして回答の更新をしましょう。
    これらはライフスタイルの改善に当たる場合であり、再回答をすることでAIスコアが上がる可能性があります。

    AIスコアは600点以上を目指そう

    AIスコアは、600点以上で審査の土台に立つことができます。
    そのため、600点以上ないと何も始まりません。
    AIスコアというのは、600点以下となっている人は少なくありません。
    そのため、600点以上になる努力をしましょう。
    600点以下の人は一般的な人よりも何かが明らかに違うということなので、そこを改善するところから始めましょう。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングについてご紹介してきましたが、とても簡単なシステムだと思いませんか?
    誰でも簡単にご利用できるシステムですので、まずはAIスコア診断からはじめてみませんか。

    J.Score(ジェイスコア)の評判の高さは金利の低さ

    吹き出し 右

    J.Score(ジェイスコア)の評判の高さは、金利の低さです。
    銀行カードローンよりも低い金利でご利用できるということで、大変評判が高いキャシッシングシステムです。
    J.Score(ジェイスコア)の金利形態はどのようになっているのか、わかりやすくまとめてみました。

    J.Score(ジェイスコア)の評判の高さは金利の低さ

    2016年にサービスがはじまったJ.Score(ジェイスコア)ですが、ここまで評判が高くなった理由は金利の高さも大きな影響となっています。
    J.Score(ジェイスコア)はカテゴリ的には消費者金融なのですが、銀行カードローンよりも低い金利でのご利用が可能です。
    最高金利でも銀行カードローンよりも低い金利になるので、銀行よりもJ.Score(ジェイスコア)!と思う人も増えているほどです。

    J.Score(ジェイスコア)の金利はいくら?

    J.Score(ジェイスコア)の年率は、最低利率が年0.8%、最高利率が年12.0%となっています。
    有名な大手消費者金融と金利の比較をしてみると、こうなります。

    • アコム:年3.0%~18.0%
    • プロミス:年4.5%~年17.8%
    • アイフル:年4.5%~年18.0%
    • モビット:年4.5%~18.0%
    吹き出し 左

    これらの大手消費者金融と比較しても、J.Score(ジェイスコア)の金利はとても低いということがわかると思います。

    実際どれ位の金利がかかるのか

    金利のパーセンテージを見てもイマイチ理解出来ない人のために、実際の借入でどれくらい金利がかかるのかを計算してみます。

    利息というのは、借りているお金×金利÷365日×借りている日数の計算となります。

    50万円を最高金利の年率12.0%でキャッシングし、30日で返済した場合の利息を計算します。

    50万円×12%÷365日×30日=4,932円

    このように、50万円を最高金利12.0%で30日間キャッシングした場合、4,932円の利息がかかります。
    50万円を1か月借りても4,932円の利息ですので、安心してご利用できるのがわかると思います。

    J.Score(ジェイスコア)の金利を下げるコツ

    J.Score(ジェイスコア)の金利は、以下のようなコツで下げてみるといいですよ。

    AIのスコアを上げる

    1番の方法は、AIのスコアのスコアを上げることです。
    スコアアップの更新でスコアアップをのぞむことができるので、定期的に更新してみるといいですよ。

    みずほ銀行とソフトバンクと利用提携をする

    J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクの共同出資の企業ですので、みずほ銀行に口座ソフトバンクと利用提携することで金利を低くすることができます。
    みずほ銀行に口座をお持ちだったり、みずほ銀行カードローンを契約してる人は、J.Score(ジェイスコア)と利用提携するとスコアを上げることができますよ。
    ソフトバンクも同様に、利用提携によりスコアアップをすることができますよ。
    みずほ銀行もソフトバンク藻契約していない場合は、新たに契約をしてスコアアップを図るといいですよ。
    みずほ銀行とソフトバンクの利用提携は利用期間が長い方がスコアアップになるのですが、短期間でもスコアアップにつなげることはできるので、やってみる価値ありですよ。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    このように、J.Score(ジェイスコア)は金利の低さでも高い人気を誇っています。
    金利が低いというのは大口の融資でも負担が少ないので、頼りになりますよね。
    また、AIスコアの更新でAIスコアの点数をアップさせ、金利を低くチャレンジもしてみるといいですよ。

    J.Score(ジェイスコア)の評判の高さは情報連携のメリット

    吹き出し 右

    J.Score(ジェイスコア)が評判が高く注目されている理由は、情報連携によるご利用のしやすさです。
    J.Score(ジェイスコア)の情報連携のメリットはどのようなポイントがあるのか、まとめてみました。

    J.Score(ジェイスコア)には情報連携可能な企業がある

    J.Score(ジェイスコア)には、情報連携可能な企業やサービスがあります。
    これらの企業やサービスと連携することで、もっと有利にJ.Score(ジェイスコア)のご利用ができるようになりますよ。
    情報連携できる企業やサービスは皆さんおなじみのところばかりですので、どなたでも簡単に情報連携ができますよ。

    J.Score(ジェイスコア)の情報連携先 ソフトバンク

    J.Score(ジェイスコア)を運営している株式会社J.Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクが半々で出資している企業です。
    そのため、ソフトバンクとJ.Score(ジェイスコア)は情報連携が可能です。

    対象は、ソフトバンクの携帯電話を利用している、いわゆるソフトバンクユーザーです。
    ソフトバンクは出資会社ではありますが、連携することでJ.Score(ジェイスコア)側にはどんなメリットがあるのでしょうか。
    それは、以下のような内容となります。

    • 毎月どれくらいソフトバンクの携帯電話を利用しているのか
    • 毎月ソフトバンクの携帯料金を支払うことができるのか

    この2つの情報がJ.Score(ジェイスコア)側に入るので、情報として取得できるメリットがあります。
    そのため、ソフトバンクの携帯料金の支払いを遅延や延滞している人には、大きなデメリットとなってしまいます。
    ソフトバンクの利用料を遅延や滞納している人は、J.Score(ジェイスコア)とソフトバンクの情報連携はオススメできません。

    みずほ銀行の情報連携先 ソフトバンク

    J.Score(ジェイスコア)を運営している株式会社J.Scoreは、みずほ銀行も出資している企業です。
    そのため、みずほ銀行とJ.Score(ジェイスコア)は情報連携が可能です。

    対象は、みずほ銀行の口座を持っている人です。
    みずほ銀行にはインターネット支店もあり、インターネット支店で口座をお持ちの人も連携ができます。

    みずほ銀行と連携すると、みずほ銀行の口座の残高中身を情報共有されてしまいます。
    そのため、みずほ銀行の口座の中身は、0円にしておかないことが大事となります。
    多少お金が入っている程度でもいいので、少しは預金しておくようにしましょう。

    J.Score(ジェイスコア)の情報連携先 Yahoo!JAPAN

    Yahoo!JAPANの大株主は、ソフトバンクです。
    この関係性により、2018年3月ごろにはYahoo!JAPANとJ.Score(ジェイスコア)の連携ができるようになります。
    ヤフーオークションとヤフーショッピング2つの情報と連携になるようです。
    Yahoo!JAPANはご利用している人が多いので、多くの人が情報連携にすることができますよ。

    情報連携することによるメリットとは

    J.Score(ジェイスコア)では、なぜ他企業と情報連携というシステムを取っているのでしょうか。
    その理由は、情報連携を取っている企業と連携していることで、J.Score(ジェイスコア)側は各企業での利用者の利用状況を把握することができるからです。
    それらの情報を把握することでAIスコア数値に反映させ、より正確なAI数値へとみちびくことができるからです。

    また、利用者側にもメリットはあります。
    まず、J.Score(ジェイスコア)に出資しているみずほ銀行とソフトバンクの場合は、この2つの企業と情報連携することで金利を0.1%ずつ引き下げることができます。
    みずほ銀行とソフトバンクの2つの企業と情報連携すると、0.1%ずつの金利の引き下げとなるので、合計0.2%もの金利の引き下げにつなげることができます。

    Yahoo!JAPANとの連携のメリットは、まだ発表されていません。
    2018年3月くらいの情報連携ですので、春以降にどのような連携メリットがあるのか発表があるでしょう。

    これからの情報連携先の増加に期待
    今のところの情報連携している企業は出資先の2社であり、Yahoo!JAPANもそのうち連携サービスの内容を発表するでしょう。
    2018年4月現在、残念ながらJ.Score(ジェイスコア)と連携している企業はまだまだ少ないです。
    しかし、このような画期的なキャッシングサービスに目を向け、連携しようとする企業は増えていくと思われます。
    J.Score(ジェイスコア)と連携している企業と情報連携することで、AIスコアの数値もあがり金利も下げることができるという、今までにない便利なキャッシングサービスになっていくことは間違いありません。
    今後の情報連携企業の増加に、期待しましょう。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)の情報連携には、とても嬉しいメリットがあるということがわかったと思います。
    J.Score(ジェイスコア)をご利用の際は、是非情報連携できる企業と連携して、好都合なキャッシングへとみちびくようにしましょう。

    J.Score(ジェイスコア)の口コミ評判のポイントは?

    吹き出し 右

    J.Score(ジェイスコア)は、まだ開始されて数年ですが、とても評判が高いキャッシングサービスです。
    皆さんが支持をしている評判や魅力というのは、どのような部分なのでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)の口コミ評判のポイントを、まとめてみました。

    自分の借入能力が判断できる

    多くのから高い評判を得ている部分は、自分の借入能力を数値とし判断できるところです。
    J.Score(ジェイスコア)は、AIスコア診断で自分のことを様々回答していくことで、AIスコア・レンディングのAIスコアが付きます。
    そのAIスコアにより、利用者に似合った借入限度額や金利が表示されます。
    一般的な銀行カードローンや消費者金融の場合は、申し込みをしないと借入限度額や金利はわかりません。
    J.Score(ジェイスコア)はAIスコア診断に答えるだけで借入限度額や金利が出てくるので、自分の借入能力を簡単に確認することができます。
    若い人でも簡単にできるということで、高い評判を得ています。

    金利が低い

    J.Score(ジェイスコア)はトップクラスの金利の低さで、今までにない低金利の金利設定となっています。
    最高金利でも12.0%ですので、銀行の最大金利よりも低いです。
    金利が低いので、他社の借入の借り換えに使う人もいるようです。
    金利が低いと使用用途が広がるので、皆さん便利に思われているようです。

    利用限度額が高い

    利用限度額は1,000万円なのですが、実際の審査の際の契約極度額も高いという評判が多く挙がっています。
    一般的な銀行系カードローンや消費者金融よりも高い借入金額となったという声も多く、これがAIの魅力といえるでしょう。
    多くの借入金額があるということは、万が一何かあった時でも安心ですよね。

    審査が早く即日融資となる

    J.Score(ジェイスコア)は、融資までにかかる審査時間は30分~1時間程度です。
    そのため、あっという間にローン審査が終わるので、即日融資になったという声も多く挙がっています。
    お金は急に必要になることもあるので、審査が早く即日融資になりやすいのは便利ですよね。

    ソフトバンクとの利用提携ができる

    J.Score(ジェイスコア)はソフトバンクが半分出資している企業なので、J.Score(ジェイスコア)とソフトバンクとは情報連携ができます。
    ソフトバンクユーザーというのは数多いので、情報連携によりAIスコアアップになったという声も多く挙がっています。
    また、ソフトバンクユーザーがJ.Score(ジェイスコア)と情報連携すると金利が0.1%低くなるので、こちらもとても評判が高く挙がっています。

    ネット完結で利用しやすい

    J.Score(ジェイスコア)は、AIスコア診断から申し込み、契約、融資まで全てをインターネット完結でご利用ができます。
    現代はネット社会なので、ネット完結はとても便利と嬉しい声が挙がっています。
    ネットで利用するキャッシングですので、ローンカードも不要です。
    また、返済方法を銀行口座振替にすると、全てインターネット完結とすることができます。
    しかも、ネット振り込みの手数料はJ.Score(ジェイスコア)側の負担ですので、とってもお得にご利用ができますよ。

    最低返済額が低くてご利用しやすい

    最低返済額が低いので、毎月の返済が楽という評判も多く挙がっています。
    50万円の返済極度額で借入額が25万円、貸付利率が8.0%の場合、毎月の返済額は6,000円となります。
    また、200万円の返済極度額で借入額が100万円、貸付利率が4.0%の場合、毎月の返済額は11,000円となります。
    100万円を借り入れしても毎月の返済額が11,000円なんて、とても便利に返済ができますよね。
    そんな手軽さも評判が高く、とても人気があります。

    アルバイトやパートでも審査の対象としてくれる

    アルバイトやパートは消費者金融でも審査の対象としてくれますが、あまり待遇はよくありませんよね。
    少しでも属性が良くなく審査落ちしたという声も、多く挙がっています。
    J.Score(ジェイスコア)は、アルバイトやパートでも安定した継続収入さえあれば審査対象となります。
    アルバイトやパートの人でも審査に通ったという嬉しい声も、多く挙がっています。

    返済日を選ぶことができる

    J.Score(ジェイスコア)の返済は、銀行口座引き落としやペイジー、指定口座への振り込みの3種類がありあす。
    銀行引き落としの場合は毎月26日と返済日が決まっていますが、ペイジーと銀行振込み返済の場合は自分の都合のいい日に返済日を決めることができます。
    パートやアルバイトの人はお給料日が普通の会社員と違う場合も多いので、自分のニーズに合わせた返済日は便利だと高い評判が挙がっています。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)には、様々な評判が挙がっています。
    J.Score(ジェイスコア)って、便利で使ってみたい金融サービスだと思いませんか?
    新しい観点から出来上がったキャッシングサービスであり、今までの金融業者にはなかったメリットがいっぱいです。
    気になる人は、まずはAIスコア診断からはじめてみませんか。