↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

J.Score(ジェイスコア)の返済方法や知っておくと便利なポイント

J.Score(ジェイスコア)の返済方法は、どのような方法があるのでしょうか?
返済方式や返済方法など、知っておくと便利なJ.Score(ジェイスコア)の返済のポイントなどを、詳しくまとめてみました。

J.Score(ジェイスコア)には3つの返済方法がある

J.Score(ジェイスコア)の返済方法は、3種類あります。
ご自分の好きな返済方法で、自分のニーズに合わせて返済ができますよ。
どのような返済方法があるのか、以下にご紹介します。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

口座振替による返済

ご自分の銀行口座から、自動引き落とし返済がされるタイプです。
毎月26日の返済日に自動的に引落し返済してくれるので、うっかり返済を忘れずに済みます。
支払い口座にお金を入れておくだけで自動的に返済してくれるので、毎月着実に支払いの履歴を重ねることができます。

ただし、26日の返済日までお金を口座に残しておかないと、残高不足で支払いができないことも発生してしまいます。
口座のお金を使い過ぎて引落し返済ができず、返済遅延にならないように注意しなければいけません。

Pay-easy(ペイジー)による返済

Pay-easy(ペイジー)とは、インターネットにより料金の支払いをするシステムです。
返済日をきちんと覚えておいて、自らインターネット経由で支払いを行います。

Pay-easy(ペイジー)は返済にかかる手数料が無料なので、便利にご利用できますよ。
Pay-easy(ペイジー)は便利なサービスですが、慣れていない人には難しく思われるかもしれません。
しかし、誰もが無料でご利用できるお得なサービスですので、慣れるととても便利ですよ。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行振り込みによる返済

J.Score(ジェイスコア)側から指定された口座へ、現金振り込みをする返済方法です。
26日の返済日を覚えておき、自ら指定された銀行口座へ振込返済を行います。
インターネットバンキングを持っている人であれば、インターネットから24時間いつでも支払いが可能なので、便利ですよ。
自分から確実に入金をして支払いたいと思う人に、オススメです。

しかし、銀行振り込みの支払いには手数料がかかり、その手数料は利用者側の負担となってしまいます。
3つの支払い方法の中では、手数料がかかってしまうこの銀行振り込みによる返済が1番割高となってしまいます。

このように3つの返済方法があり、どれでもお好きな返済方法を選ぶことができます。

J.Score(ジェイスコア)の返済日っていつ?

J.Score(ジェイスコア)の返済日は、返済方法により異なります。
返済方法により、以下のように決められています。

  • 口座振替による返済 毎月26日
  • Pay-easy(ペイジー)による返済 自由に返済日の指定が可能
  • 銀行振り込みによる返済 自由に返済日の指定が可能
  • このように、返済日を指定されているのは口座振替による返済のみです。
    Pay-easy(ペイジー)による返済と銀行振り込みによる返済の場合は、自由に返済日の指定ができます。
    自分の好きな日を指定できるので、指定した返済日を忘れないことが大事となります。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    J.Score(ジェイスコア)の返済方式はどんな感じ?

    J.Score(ジェイスコア)の返済方式は、残高スライドリボルビング方式という返済方式となっています。
    残高スライドリボルビング方式というのは、利息の計算方法が一般的な返済方法とは異なります。

    残高スライドリボルビング方式は、現在の残高に対して元金と利息を合わせた、毎月の最低返済額が変動する返済方式となります。
    借りた金額に応じて最低返済額が算出されて、算出された最低返済金額を支払っていく流れとなります。

    最長返済回数を把握しておこう

    J.Score(ジェイスコア)の最長返済回数は、120回までとなっています。
    利用限度額に合わせて変動し、具体的な利用限度額や返済回数は、以下のような内容となります。

  • 利用限度額が30万円以下の場合:最長返済回数36回(3年)
  • 利用限度額が30万円超~100万円以下の場合:最長返済回数60回(5年)
  • 利用限度額が100万円超~1,000万円以下の場合:最長返済回数120回(10年)
  • ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    繰り上げ返済も可能

    J.Score(ジェイスコア)は、お金に余裕がある時に繰り上げ返済も可能です。
    繰り上げ返済をしたい場合は、J.Score(ジェイスコア)のお客様窓口に電話をして、どのような手順を取ればいいのか相談してみるといいですよ。
    繰り上げ返済をすると利息も少なく済みますので、もっとお得にご利用ができますよ。
    J.Score(ジェイスコア)のお客様窓口は平日の9時~18時までしか営業していないので、電話をする時間に注意して相談をするといいですよ。

    なるべく早く返済することを考えよう

    J.Score(ジェイスコア)のご利用は、なるべく早く返済することをオススメします。
    J.Score(ジェイスコア)の金利は最高金利で年12.0%と低めに見えますが、想像以上に大きな利息が付いていることを把握しておきましょう。

    例えば、100万円の借入で金利年12.0%で返済しておくと、毎月の最低返済額は23,000円となります。
    毎月23,000円を10回返済すると、10回分の合計返済額は230,000円となります。
    100万円から23万円を差し引きすると77万円ですので、10回返済すると残高が77万円と思う人もいると思います。

    しかし、毎月の2万3千円の返済の中には、年12.0%の金利が含まれています。
    その中には毎月9,000円低度の利息が含まれているので、借入金額に対する毎月の返済額は13,000~14,000円程度としかなっていません。
    そのため、月々23,000円を10回返済しても、10回返済後の残金は86万円程度にしかなりません。

    銀行カードローンや消費者金融などどこの金融機関も同じことですが、利息というのは想像以上に多くかかっています。
    年12.0%の金利でも多くの利息がかかってしまうことを、覚えておきましょう。
    そのため、利息が長期間かからないように早めに返済していくことが大事となります。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)の返済方法やこれらのポイントを把握しておくと、とても便利にご利用ができますよ。
    返済に関しても色々種類があり、誰でも簡単にご利用ができます。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    返済が便利なJ.Score(ジェイスコア)の借入限度額ってどれくらい?

    みずほ銀行とソフトバンクの出資で作られたJ.Score(ジェイスコア)は、金融業界の中でも大きな話題となっており、利用者数もどんどん増えてきています。
    返済方法も便利で大変評判が高いのですが、借入限度額はどのようになっているのでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)の借入限度額や、知っておくと便利なポイントなど、詳しくご紹介していきます。

    J.Score(ジェイスコア)の借入限度額はAIにより決まる

    J.Score(ジェイスコア)の借入限度額は、AIがビッグデータを元にして申込者を審査した上で出る数値により決まります。
    AI審査やAIスコアアップによって申込者の属性や生活スタイルにAIスコアをつけ、そのAIスコアの高さにより借入限度額が決まるのです。
    AI審査やAIスコアアップを行うことで、融資の審査を受ける前に自分が利用できるであろう金利や契約極度額を知ることができるのです。

    この流れはJ.Score(ジェイスコア)の最大の特徴であり、今までにない便利なサービスとなっています。
    余計な手間をかけず、コンピューターによる正確な計算や膨大なデータによる理論により、適切な限度額が設定されて表示されるのです。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    AIスコア・レンディングで契約極度額を算出してみよう

    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、誰もが気軽に入力してAIスコアを知ることができます。
    そのため、特に借入れをする予定では無い人でも、AIスコア診断で自分がご利用できるであろう金利や融資金額の上限を知ることができるので、試しに行ってみるといいでしょう。

    AIスコア・レンディングは、以下のような流れで行っていきます。

    登録

    まずは、J.Score(ジェイスコア)に登録をします。
    メールアドレスとパスワードを設定して送信すると、登録したメールアドレスにURLがありますので、それをクリックして登録完了です。

    AIスコア診断を行う

    次にAIスコア診断を行う画面となりますので、そのまま進めていきましょう。
    AIスコア診断は、18の質問に答える流れとなります。
    18の質問は、職種やお住まいなどの、プライベートな一般的な内容です。
    LINEのようなチャット形式で質問され、選択により答えていきます。
    18項目の受け答えが終わったら、その時点でのAIスコアの点数が出てきます。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    AIスコアアップ

    AIスコア診断の18個の質問に答えるだけでもいいのですが、その後表示されるAIスコアアップに答えることで、更なるAIスコアアップが期待できます。
    AIスコアアップは、生活スタイルなどのより細かい部分を質問する流れとなっており、全部で150問以上あります。
    時間にして20~30分ほどかかってしまいますので、面倒だと思われるかもしれません。
    しかし、確実なAIスコアアップを望むことができるので、絶対に回答すべきといえます。

    AIスコアが600点以上で審査を受けることができるようになる

    AIスコア診断やAIスコアアップで600点以上になった場合は、J.Score(ジェイスコア)の融資の審査を受けることができます。
    600点以下の場合は、審査を受けることができません。
    そのため、いかに600点以上にするかが、とても大事となります。

    一般的なサラリーマンで債務性が悪くなければ、AIスコア診断だけでも600点は簡単に超えるようです。
    しかし、職業が不安定だったり他社からの借入などの債務性が良くない場合は、AIスコア診断だけでは600点を超えることはありません。
    そのため、AIスコア診断の後のAIスコアアップを全て答えて確実なスコアアップを望まないといけません。

    AIスコアが600点以上になると、現在のAIスコアと貸付年率、契約極度額が表示されます。
    表示されている条件は、AIスコア診断とAIスコアアップの入力情報に基づいた参考値です。
    実際に融資を受ける際は、多少異なる場合もあります。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    AIスコアの数値に応じた借入限度額の目安

    J.Score(ジェイスコア)では、AIスコアの数値により利用限度額が決まります。
    利用限度額の幅はとても広く、以下のような金利と限度額となります。

  • 950点~1,000点の場合:金利年0.8%~2.1%、限度額10万~1,000万
  • 900点~949点の場合:金利年1.9%~3.7%、限度額10万~730万
  • 850点~899点の場合:金利年3.5%~5.4%、限度額10万~540万
  • 800点~849点の場合:金利年5.2%~7.0%、限度額10万~400万
  • 700点~799点の場合:金利年6.8%~9.5%、限度額10万~260万
  • 600点~699点の場合:金利年9.3~12.0、限度額10万~150万
  • このように、AIスコアの数値により利用限度額には大きな差があります。
    そのため、なるべくAIスコアアップをして、より良い条件で融資を受けるようにするといいでしょう。

    借入限度額は総量規制が該当する

    J.Score(ジェイスコア)は、カテゴリで分けると消費者金融です。
    そのため、総量規制が該当します。
    AIスコア・レンディングにより利用限度額を上げても総量規制が該当するので、年収の1/3までしか融資を受けることはできません。

    総量規制は全ての融資に対して該当するので、他社からの借入れが既にある場合は、他社からの借入もプラスした上での年収の1/3までの融資となります。
    450万円の年収の人は、150万円まで融資を受けることができます。
    しかし、既に他社から50万円の借入れがある場合は、J.Score(ジェイスコア)では100万円までしか融資出来ないという計算となります、

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    50万円を超える限度額の場合は収入証明書も必要となる

    J.Score(ジェイスコア)では一定の融資金額を超える場合は、収入を証明する書類が必要となります。
    J.Score(ジェイスコア)で50万円の限度額を超える場合、若しくは他社との借り入れとの合計が、100万円を超える場合は必要となります。
    以下のような収入証明書が、必要となります。

  • 前年度分の源泉徴収票
  • 前年度分の納税通知書
  • 前年度分の住民税決定通知書
  • 前年度分の所得証明書
  • 前年度分の課税証明書
  • 直近3カ月以内で2か月連続の給与明細
  • これらのどれかの書類が、必要となります。
    これらの所得を証明できる書類は発行に時間がかかることがあるので、前もって用意しておくといいですよ。

    吹き出し 右

    いかがでしたでしょうか。
    返済が便利なJ.Score(ジェイスコア)の借入限度額や借入れの際のポイントなど、まとめてみました。
    借入れを検討している人は、これらのポイントに目を向けて利用してみるといいですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    J.Score(ジェイスコア)のお得な返済方法は?

    J.Score(ジェイスコア)には、返済方法が3つあります。
    3つの返済方法の中では、どれが一番お得で利用しやすいのでしょうか?
    J.Score(ジェイスコア)のお得な返済方法について、ご紹介致します。

    J.Score(ジェイスコア)には返済方法が3つある

    J.Score(ジェイスコア)には、返済方法が3つあります。
    口座振替とPay-easy(ペイジー)と銀行振り込みがあり、お好きな返済方法を選ぶことができます。
    それぞれのメリットやデメリットを、ご紹介します。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    口座振替

    口座振替は、ご自分の銀行口座にお金を入れておくことで、返済日に自動的に引落し返済をしてもらえます。
    返済日を忘れっぽい人や、手間いらずで返済したい人にオススメです。
    しかし、口座に返済金額が入っていない場合は、引落し返済ができず遅延や延滞になってしまうことがあります。

    Pay-easy(ペイジー)

    Pay-easy(ペイジー)は、インターネットバンクに対応した口座を持っていることで、支払いができるシステムです。
    ネットバンクに対応している口座を持っていれば使えるので、とても便利です。
    三井住友銀行のSMBCダイレクトや、楽天銀行、みずほ銀行のみずほダイレクト、三菱東京UFJ銀行の三菱東京ダイレクトなどがあります。
    口座開設はどれも簡単ですので、1つ開設しておくと便利ですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    銀行振込

    J.Score(ジェイスコア)の指定の口座へ、利用者が返済額を振り込む返済方式です。
    自分の都合による返済タイミングにできるのが、メリットといえるでしょう。
    しかし、時間を割いてATMや銀行まで移動して振込返済をしないといけないので、面倒なデメリットは発生してしまいます。
    返済額によっては大きなお金を持ち歩くことになってしまうので、防犯上良くありません。

    3つの返済方法の中でお得な返済方法とは

    J.Score(ジェイスコア)の3つの返済方法の中でお得な返済方法は、口座振り替えです。
    その理由は、以下の2つが挙げられます。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    銀行口座振り替えは、返済の際に手数料が一切かからない

    銀行口座振替は、手数料が一切かかりません。
    そのため、余計な費用を掛けずに返済ができます。

    返済額が入金されていれば間違いなく返済ができる

    返済額を口座に入れておけば、間違いなく返済ができます。
    返済し忘れがないので、とても便利です。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    各返済方法の支払い日

    各返済工法の支払い日は、以下のような内容となります。

    口座振替

    口座振替の返済日は、毎月26日となります。
    そのため、毎月26日まで口座にお金を入れておくだけで、自動的に返済ができます。

    Pay-easy(ペイジー)と銀行振り込み

    Pay-easy(ペイジー)と銀行振り込みの場合は、返済期日を自分で指定することができます。
    自分でお好きな返済日を指定しておき、返済日よりも14日前からお好きなタイミングで返済ができます。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    キャッシュバックキャンペーン中はキャッシュバック期間に返済しよう

    J.Score(ジェイスコア)では、期間限定でキャッシュバックキャンペーンを行っていることがあります。
    キャッシュバックキャンペーンの期間中は、初回契約者のみ最大2か月分の利息が現金で戻ってきます。
    そのため、キャッシュバックキャンペーンの期間に融資を受けて、キャッシュバックキャンペーンの期間中に返済をすると、利息0円でご利用ができますよ。
    初回融資の月から翌月末までの有効となるので、この期間を有効的に使うためには初回融資を月が替わってすぐに行うと長い期間無利息とすることができますよ。

    キャッシュバックキャンペーンは期間限定ですので、いつでも行っている訳ではありません。
    J.Score(ジェイスコア)の初めてのキャッシングの際は、J.Score(ジェイスコア)のホームページをチェックして、キャンペーンの有無をチェックしてからご利用するといいですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    J.Score(ジェイスコア)は借入額で毎月の最低返済額が変わる

    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの返済方式は、残高スライドリボルビング方式となっています。
    借入額によって、以下のように毎月の最低返済額が変わります。
    金利年12.0%の場合、以下のような最低返済額となります。

  • 借入額3万円の場合:最低返済額1,000円
  • 借入額5万円の場合:最低返済額2,000円
  • 借入額10万円の場合:最低返済額3,000円
  • 借入額20万円の場合:最低返済額5,000円
  • 借入額30万円の場合:最低返済額7,000円
  • 借入額50万円の場合:最低返済額12,000円
  • 借入額100万円の場合:最低返済額23,000円
  • このように、支払いを全て完済させるまで、毎月同じ金額での返済ができます。
    また、追加で借入額が増えた場合は、その都度最低返済額が変わります。
    もちろん、金利によって借入額に対する最低返済額は変わります。

    借入金額が増えると、返済も大変になっていきます。
    毎月の返済額を踏まえて返済方法を考えるのも、1つの方法といえるでしょう。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    J.Score(ジェイスコア)のお得な返済方法は、一般的には銀行引き落とし返済です。
    しかし、Pay-easy(ペイジー)や銀行振り込みも、ご利用者によっては便利な返済方法といえます。
    ご自分がこれだ!と思う返済方法にし、便利にJ.Score(ジェイスコア)の返済をしていくといいですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    返済が便利なJ.Score(ジェイスコア)の評判は?10個のメリット

    できるだけ低金利で多くの融資額を得ることができる、そんな融資を実現したのがJ.Score(ジェイスコア)です。
    今までの銀行カードローンや消費者金融にはない、新しい魅力たっぷりの金融サービスです。

    そんなJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
    評判が高い10個のメリットを、ご紹介します。

    金利が低い!

    J.Score(ジェイスコア)は、他社のローンカードなどとは違い、低金利でのご利用ができます。
    実質年率0.8%~12.0%で、借入れができます。
    この金利は大手銀行よりも低く、みずほ銀行は実質年率2.0%~14.0%であり、静岡銀行は4.5%~14.5%ですので、J.Score(ジェイスコア)の方が断然低いことがわかると思います。
    また、大手消費者金融の金利よりも低く、アコムは実質年率3.0%~18.0%であり、プロミスは実質年率4.5%~17.8%なので、J.Score(ジェイスコア)の方が断然低いということがわかります。
    他社にはない、低い金利でのご利用ができるのです。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    融資の申込み前に借入額や金利がわかる!

    J.Score(ジェイスコア)は、AIスコア診断やAIスコアアップにより、融資の申込み前に自分の融資可能額や金利がわかります。
    一般的な銀行カードローンや消費者金融は、審査を受けないと自分の融資可能額や金利はわかりません。

    しかし、J.Score(ジェイスコア)はAIスコア診断やAIスコアアップを行うだけで事前に自分の融資可能額や金利がわかるので、とても便利といわれています。
    融資の審査の前に自分の借入の評価が確認できるなんて、今までの金融業者ではありえなかったですよね。
    J.Score(ジェイスコア)ではそれが事前に可能なので、審査を受けなくても自分を評価してもらえると高い評判が挙がっています。
    これからは、融資の審査をする前に自分の融資内容の評価がわかる、J.Score(ジェイスコア)の流れが普通になっていくでしょう。

    審査の際の書類の受け渡しがデータなので簡単

    J.Score(ジェイスコア)は20代や30代の若い人も多くご利用しており、J.Score(ジェイスコア)の使いやすさも非常に高く評価されています。
    中でも、審査の際の書類関係の受け渡しに定評があり、誰でも簡単に短期間で受け渡しができると好評です。

    J.Score(ジェイスコア)の審査の際の本人確認書類などの書類の受け渡しは、書類を写真に撮ってデータで送ります。
    郵送や直接手渡しなどで提出しないので、短期間でスピーディーに受け渡しが可能です。
    書類の写真をクリアに撮影して送らないといけないという条件はありますが、スマホや携帯で気軽に撮影をして送ることができるので便利です。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    審査時間が短時間!

    J.Score(ジェイスコア)の審査時間は、短時間で終わります。
    30分~1時間程度であり、すぐに審査結果が届きます。
    短時間で審査が終了する理由は審査基準が低いわけではなく、既にAIスコア診断などの細かい情報によりどのような人なのかを把握しているからです。
    そのため、短期間で審査を終わらせることができるのです。

    平日の14時45分まで審査が通過したら、即日融資もできますよ。
    とてもスピーディーな審査なので、急な用入りに対応できたという声も多く挙がっています。

    融資の申し込みから融資まで全てネット完結!

    J.Score(ジェイスコア)は、融資の申し込みから融資まで全てインターネットで完了させることができます。
    まずはAIスコア診断とAIスコアアップをインターネット上で行って、600点以上のAIスコアでクリアとなります。
    600点以上のAIスコアになると、その時点での金利と契約極度額が表示され、申し込みに流れることができます。
    申込も審査通過も、その後の審査は全てインターネット上で可能であり、契約も全てインターネットで行います。
    外出せずに全ての手続きができるので、家に居ながら、若しくは職場に居ながら申し込みから融資まで可能なのです。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    カードレスでキャッシングができる

    J.Score(ジェイスコア)はインターネット上でキャッシングの手続きをするので、キャッシュカードの発行はありません。
    カードレスでご利用ができるので、カードを保有することなく便利にご利用ができますよ。
    近年は何でもカードの発行なので、お財布の中がカードでいっぱいになっている人も多いと思います。
    J.Score(ジェイスコア)はカード発行されないので、カードなしで便利にご利用ができますよ。

    みずほ銀行の利用者はお得がいっぱい

    みずほ銀行の口座をお持ちの人は、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアを上げることができます。
    また、金利を0.1%引き下げることができるので、適用金利を低くすることができます。
    例えば最高金利の12.0%の適用となっても、みずほ銀行の口座をお持ちであれば11.9%の金利とすることができます。

    みずほ銀行の口座を使って長ければ長いほど、AIスコアアップを望むことができるそうです。
    長年みずほ銀行を使っている人は、有利ですよ。
    みずほ銀行の口座をお持ちの方は、みずほ銀行と情報連携するといいですよ。

    1つ注意点があり、それはみずほ銀行のローンの支払いで遅延や延滞をしていないことです。
    みずほ銀行カードローンで支払いの遅延や延滞をしている場合は、J.Score(ジェイスコア)と情報連携してしまうと、遅延や延滞の情報も伝わってしまいます。
    J.Score(ジェイスコア)は消費者金融のカテゴリなので、他社ご利用の遅延や延滞を好みません。
    そのため、逆にAIスコアダウンにつながってしまう可能性もあります。
    もし、みずほ銀行関係で遅延や延滞がある場合は、情報連携はしない方がいいでしょう。

    みずほ銀行の口座をお持ちではない場合は、新規開設してJ.Score(ジェイスコア)と情報連携をすると、AIスコアアップへみちびくことができますよ。
    口座開設したばかりなので多くのAIスコアアップは望めませんが、少しでもAIスコアアップをしたい人は、みずほ銀行の口座を作るといいですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    ソフトバンクユーザーはお得がいっぱい

    ソフトバンクユーザーは、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアを上げることができます。
    また、みずほ銀行と同じく、金利を0.1%引き下げることができます。
    みずほ銀行とソフトバンクの2つと契約している場合は、この2つとJ.Score(ジェイスコア)を情報連携させることで、金利を0.2%も低くすることができます。

    ソフトバンクの携帯電話じゃない人は、この機会にソフトバンクにキャリア変更するといいですよ。
    J.Score(ジェイスコア)のAIスコアアップのためには、オススメです。

    しかし、1つ注意点があります。
    それは、ソフトバンクの毎月の料金の支払いの際に、遅延や延滞があった人です。
    ソフトバンクの支払いの遅延や延滞の情報は、情報連携することでJ.Score(ジェイスコア)側に伝わってしまいます。
    遅延や延滞の情報は、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアに悪影響を与えてしまう恐れがあります。
    そのため、ソフトバンクの支払いに遅延や延滞がある場合は、J.Score(ジェイスコア)との情報連携はしない方がいいでしょう。

    キャッシュバックキャンペーンを行っていることがある

    J.Score(ジェイスコア)では、最大2か月分の利息キャッシュバックを行っていることがあります。
    J.Score(ジェイスコア)を初めてご利用する人に限り、契約した当月から翌月にまで返済した分が該当し、最大2か月分の利息がキャッシュバックされます。

    J.Score(ジェイスコア)で30万円を1年借りた場合、2か月分のキャッシュバックを受けると以下のような計算となります。
    年12.0%の金利で、計算を行います。

    30万円×金利12.0%÷12カ月×2カ月=2,000円

    よって、2,000円のキャッシュバックとなります。
    キャッシュバックは現金で返金してもらえるので、融資ができて無利息期間の利息も返金してもらえるので、お得ですよ。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    24時間365日いつでも申し込みができる

    J.Score(ジェイスコア)の融資の申し込みは、24時間365日いつでもご利用ができます。
    ただし、銀行営業時間のみの対応ですので、平日の9時~15時以外の時間帯の場合は、翌営業日の対応となってしまいます。

    吹き出し 右

    いかがでしたでしょうか。
    返済が便利なJ.Score(ジェイスコア)には、このような10個のメリットがあります。
    様々な人たちにこれらのメリットが評価されて、大変高い人気を得ています。
    今までのキャッシングには無かったメリットが満載ですので、是非ご利用してみませんか。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    返済が便利で人気のJ.Score(ジェイスコア)のデメリットとは

    返済が便利で人気のあるJ.Score(ジェイスコア)ですが、残念ながらデメリットもあります。
    J.Score(ジェイスコア)は素晴らしい金融業者ですが、ご利用の際にはデメリットにも目を向けると、便利にご利用ができますよ。
    J.Score(ジェイスコア)のデメリットを、ご紹介致します。

    AIスコアが600点以下の場合はご利用できない

    J.Score(ジェイスコア)は、AIスコアが600点以上ないと審査を受けることができません。
    そのため、600点以下のAIスコアでは審査の対象となることができません。
    AIスコアが600点以下になる人は意外と少なくなく、AIスコアアップでも600点超えない人もいます。
    そのような人は、残念ですがJ.Score(ジェイスコア)のご利用はできません。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    銀行の営業時間しか融資を受けることができない

    J.Score(ジェイスコア)は銀行振込融資なので、銀行の営業時間内しか融資を受けることができません。
    平日の9:00~15:00の銀行営業時間に、振込融資が可能です。
    銀行営業時間以外の場合は、翌営業日まで待って融資を受けないといけません。
    土曜や祝日、日曜にお金が必要になっても、残念ながら融資を受けることはできません。

    総量規制内しか融資を受けることができない

    J.Score(ジェイスコア)は消費者金融ですので、総量規制が該当します。
    総量規制内での融資の範囲となり、年収の1/3までしか融資を受けることができません。
    いくら融資極度額で高額の融資額が表示されても、あくまで融資を受けることができるのは年収の1/3までです。

    また、他社から既に借入がある場合は、他社の借り入れ分と合算して、年収の1/3までしか融資を受けることができません。
    人によっては、J.Score(ジェイスコア)で少しの金額しか融資を受けることができない場合もあります。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    ATMで融資を受けることができない

    J.Score(ジェイスコア)の融資は、利用者の金融機関口座への振込融資のみです。
    そのため、他社のキャッシングのようにATMでの融資を受けることはできません。
    そのため、融資に不便さを感じる人もいるようです。

    J.Score(ジェイスコア)の審査に落ちると個人信用情報機関に記載されてしまう

    J.Score(ジェイスコア)は消費者金融ですので、審査落ちになると個人信用情報機関に記載されてしまいます。
    個人信用情報機関に記載されてしまうと、最低でも半年はJ.Score(ジェイスコア)の審査を受けることができません、

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    J.Score(ジェイスコア)と同時に他社の審査を受けると審査落ちすることがある

    J.Score(ジェイスコア)と当時に他社の審査を受けてしまうと、審査落ちとなってしまうことがあります。
    他社の審査を受けたことによって、他社の借り入れ分も融資をしたとみなされてしまうことがあるようです。
    借入れを受けていなくても、借入れしていると判断されてしまうようです。

    そのため、既に借金があると判断されてしまい、その分も含めた総量規制の計算となってしまい、審査に通らないことがあります。
    J.Score(ジェイスコア)の審査に申し込む際は、他社と同時に申し込まないようにしましょう。

    在籍確認は必ず当人が受け答えしないといけない

    J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は、必ず本人と受け答えしないと在籍確認とみなされません。
    他の金融会社カードローン審査の在籍確認の場合は、不在でも不在の旨を電話に出た人が言ってくれるだけで、在籍確認となります。
    しかし、J.Score(ジェイスコア)ではそれは通用しないそうです。
    不在であれば何度も職場に電話をかけてきて、本人に代わってもらうまで数回行うそうです。
    数回行って本人と会話ができない場合は、在籍確認ができなかったということで審査落ちとなってしまいます。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

    主婦はご利用できない

    主婦は収入がないので、J.Score(ジェイスコア)のご利用はできません。
    安定した収入がない人は、審査の対象とならないからです。
    旦那さんの収入で審査の対象とできる可能性はあるので、お客さま窓口に相談してみるといいでしょう。

    吹き出し 左

    いかがでしたでしょうか。
    返済が便利で人気のJ.Score(ジェイスコア)には、このようなデメリットもあります。
    どの金融業者でもそうですが、多少のデメリットはあります。
    デメリットも把握しながら、上手くキャッシングへと繋げるといいですよ。
    J.Score(ジェイスコア)にはメリットがたくさんありますので、自分が便利に使えるように利用してみましょう。

    ↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓