↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

初めてのキャッシングは銀行カードローンで

急にお金が必要になった。貯金だけでなんとかならない。
そうだ、お金を借りてみよう。しかし、とても不安。

今までキャッシングの経験がない、カードローンを持ったことがない方は不安がいっぱいです。
そんな、キャッシング初めての方に、銀行カードローンのイロハをお伝えします。

どこで借りたら良い?

ここで、銀行カードローンを一押しです。
大手消費者金融のCMは、ほとんど毎日テレビで見ますが、あえて、銀行カードローンを先に申込をすることです。
理由は、利用限度額が消費者金融より大きいことと、金利が低いからです。
要するに、多く借りられて、返済が少ないキャッシングだからです。
大手消費者金融も良いですが、カードローンで最初に借りたほうが良いのは、銀行カードローンと推薦したいです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンもたくさんある

CMをしていないだけで、インターネットで銀行カードローンで検索をすると、たくさんのサイトがあります。
ここからどこが良い?と言うことになります。
ネット銀行、大手銀行、地銀、信用金庫といろいろですが、地元の銀行での申込も可能です。

そこで、使いやすさで言うと、ネット銀行の口座があれば、そのままマイページからの申込がすぐにできます。
改めてカードローンの情報ではなく、その銀行の口座からは簡単申込です。
ネット銀行では、ATMもゆうちょ銀行やコンビニATMで利用ができ、手数料もかからない場合があります。
わざわざ口座開設をしないで、そのままネット銀行カードローンが作れるのはとても便利です。

地元の銀行で

普通預金口座があると地元のカードローンがあれば、それも良いでしょう。
基本的にネット銀行との金利差もなく、そのまま契約が可能です。
ネットバンキングサービスがあれば、申込はインターネットから、カードの受け取りは店頭でという形もところもあります。
案外と、カードローンに力を入れている地銀などでは、ネット銀行より低金利のサービスがあります。
銀行から融資という堅苦しいものではなく、キャッシング、カードローンと言えば、軽く考えてOKです。

商品概要説明書などは、小さな文字で分かりづらいですが、銀行カードローンなら、たいてい審査も同等であり、普通口座があるところのカードローンはおすすめです。
営業日が土日休みですが、ATMの利用ができることで、実際のカードローンでは支障がないです。キャンペーンなどがあると、お得にカードローンが作れる事もあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

大手消費者金融より銀行カードローンが良いというメリット4つ

現在、お金を個人で借りたいとなると、大手消費者金融や銀行カードローンがあります。
銀行カードローンの方が良いとの口コミが多いのですが、それはなぜでしょう?
大手消費者金融よりもメリットが多いからです。

金利が安い

一番のおすすめポイントです。
カードローンでは、5%~15%という書き方で紹介しています。
どうしても低い金利に目が行くのですが、これは借入限度額の最高を借りたときです。
現在借りたい金額が10万円以下の場合か、高い方の金利に注目してください。
大手消費者金融では、17~18%ですが、銀行カードローンでは高くても15%台です。
安いものでは、14%も少なくなく、この金利差だけでも銀行カードローンの方がおすすめの理由です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

借入限度額が大きい

消費者金融と銀行カードローンでは借入限度額が違います。
消費者金融は、年収3分の一が限度額になっていて、どこの消費者金融も同じです。
ところが、銀行カードローンではそれぞれの審査で違っていて、総量規制以上の借入限度額になっています。
せいぜい半分程度ですが、年収が高い方は大きな差が出ます。

金利が低くて託さ借りれる方が良いと考える方には、この限度額は大きな差があります。
契約極度額といって、銀行カードローンでは利用者のキャッシングに応じて、限度額が変わることがあります。
されも担当者の裁量ですが、要するにたくさん利用して、きちんと返済してくれる契約者にはどんどん貸してくれるのです。
総量規制の縛りがないので、銀行カードローンの方が使い手があります。

周囲にバレない

いろいろな場面でキャッシングをしなくてはならないとき、周囲の目が気になることがあります。
書類などで、大手消費者金融からのものではなく、銀行からの郵便物であれば、それがキャッシングをしている事実を隠す事ができます。
ATMの利用にしても、お金を下ろすという行為で、キャッシングができます。
案外と、人の目が気になる方は多いです。
ですから、カードローンの申込では、自動契約コーナーなんかでは絶対にしたくない方は多いかも?
銀行ATMで、カードでお金を引き出すのが、キャッシングだけど、自分のお金のように見せる事も可能です。
カードを見てもカードローンと分からない事も多いです。

自動融資機能について

一部の銀行カードローンでは、銀行口座で引き落とし残高が低いと、自動的にキャッシングがされるサービスもあります。
要するに、28日に2万円の引き落としがあるけれど、普通預金口座に1万円しかない。
不足している1万円を、キャッシングとして一時的に建て替えるイメージです。
後で返済の形をとれば、引き落としに影響がでないです。

定期預金があれば、自動貸付ができますが、定期預金がない場合ももしもの対応も、銀行カードローンの契約をしておけば対応してくれるのです。
こんな銀行カードローンの使い方もでき、消費者金融にはないメリットが多いのです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの審査を解説
銀行カードローンは、口座がなくても申込ができます。
インターネットで、条件が良いところで申し込むこともできますが、地銀などでは、地元優先の場合もありまする
そして、どんな銀行カードローンでも審査が必ずあります。
審査ではどのような事をするのでしょうか?

審査の基本

審査では何を確認するか?というと、返答ができる人なのかを総合的にチェックします。
20歳以上と言うのは、基本中の基本です。上限では、60歳台が多いです。

それはなぜでしょう?
60歳と言えば、定年です。収入が定期的に入らないからです。
審査の基本は、年齢と収入だからです。
銀行カードローンは働いている方を対象としているので、20歳以上で収入がある方、これを第一に考えます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

収入は月に20万円、年収して240万円程度だけど

このような方は、銀行カードローンの審査に通ります。
申込ができますが、では勤務先に確認をしますね?
これが在籍確認です。

銀行カードローンの審査では、必ず勤務先に連絡が行きます。
書類上で、年収を書いただけなら、紙に書いた餅です。
本当に働いているかを確認するために、電話をかけます。
ただ、◯◯銀行のカードローンのことでとの電話ではなく、◯◯さんはいますか?と聞くだけです。
勤務先には、在籍確認だと分からないです。
たいてい少額のキャッシングでは、収入証明書は必要ないのですが、高額のキャッシングでは、給与明細や収入証明書が必要になります。

信用情報の確認

初めてのキャッシングの場合は、あまり関係ないのですが、個人信用情報機関があり、情報確認をします。
そこには、過去と現在のクレジットカード利用、キャッシング情報、各種ローンの借りた、返済した情報が掲載されています。
そこで、返済をしていないとか、借りすぎていないなどの確認をします。

申込のときに、他社借入などの情報を書きます。
その事実を個人信用情報機関で確認をします。これが審査です。
信用情報と内容が違う場合は、審査に通らない、銀行カードローンは借り入れないことになります。

ブラックリストの言葉を知っていますか?

ブラックリストとはこの個人信用情報機関で、返済トラブル、借り過ぎ、債務整理などをしている方の総称です。
俗語であり、正確には異動情報がある方です。

銀行カードローンでも大手消費者金融でも、この異動情報がある方は借り入れができない、審査落ちになることがあります。
ブラックリストになってしまうと、キャッシングができなくなってしまうことがありますから、返済はきちんと行うことです。
借りすぎにも注意が必要ですが、多重債務などでつい借りてしまうと、異動情報がつき、ブラックリストになることがあります。

以上が、銀行カードローンの審査であり、全てで問題がなければ、借り入れができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

ホワイトリストって知ってる?審査落ちのあるらしい

初めてのキャッシング、クレジットカードの利用もしたことがない方。
このような方をスーバーホワイトリストと呼ぶことがあります。

スーバー?ホワイト?
聞いたことがないのと思いますが、反対語としてブラックリストです。
ブラックリストと聞いて、危ない人たちだよね?という認識、これは間違いではないです。

ホワイトリストとスーバーホワイトリスト

銀行カードローンに申込をするときに、キャッシングもクレジットも初めての方は、大歓迎といきたいスーバーホワイトリストですが、実はそうでもないのです。
できれば、キャッシングの前にクレジットカードの利用やキャッシングしていたとしても、完済してくれている方が、審査は通りやすいと言います。
それがホワイトリストです。

ブラックリストに対してと言いましたが、ホワイトリストとは、個人信用情報機関で別段問題がない、審査通過できる方たちです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

スーバーホワイトリスト、いいじゃないか?

確かに、金融事故もなくブラックリストでないのですが、借りて返すの行動の経験がないと、きちんと返してくれる?完済できる?と不安があります。
しかし、スーバーホワイトリストだからと審査落ちすることはないですから、銀行カードローンの審査としても戦々恐々といった感じです。

ですから、銀行カードローンを作る前には、なにかクレジットカードで1つ利用されることをおすすめします。
その経験が、ホワイトリストとして、すぐに審査通過のきっかけになります。
今どき、クレジットカードも利用していないのに、いきなりキャッシングは大丈夫か?
そんな不安です。

高齢ほど不利?

普通預金口座は持っています。
60歳にして、カードローンでも持とうかな?
クレジットカードは使ったことがないよ。
本人確認書類は、運転免許証がある、ゴールドカードだ。
ブラックリストの経験もないし、収入もある。

このような方の審査は難しいかもしれません?
今から借りたいのですか?と。審査落ちになる方もいるそうです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

もう1つのホワイトリスト

それが、ブラックリストを経て、債務整理した方です。
自己破産では、すべての借金がゼロになり、個人信用情報機関の金融事故の異動情報だけが残ります。
そして、数年経ち、ブラックリストがホワイトリストと生まれ変わります。

実は、高齢でホワイトリストの方は、こうしたパターンも多いですが、スーバーホワイトリストより信用があると言います。
それは、キャッシングもクレジットも経験があるからです。
債務整理からしばらく経つと、もう二度とバカな借り方はしないだろうと思われるのです。

現在、スーバーホワイトリストの方

キャッシング経験、クレジット経験がないのもダメなの?という説明でしたが、最初は少ない金額の希望が妥当です。
利用額は少なくて、すぐに返済ができると信用ができます。
審査内容、返済能力があるので、借入は不安はないですが、返済経験がないと言うだけの話しです。
キャッシングという商品初体験としては、若いほど良いかも?
そういう事かもしれません。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの方が絶対におすすめ

利用限度額が、大手消費者金融より多い銀行カードローン。
申込方法もほぼ同じで、インターネットから簡単にできます。
数万円のキャッシングを希望するのなら、本人確認書類だけで、カードローン契約ができます。
専業主婦でも銀行カードローンでは申込ができますが、大手消費者金融ではできません。

借入限度額の違い

大手消費者金融などの消費者金融では年収3分の一と決まっていますが、銀行カードローンはそれ以上はあると言います。
極端に多いのではないのですが、使い勝手は良いです。
契約極度額も増やしやすいです。
普通預金口座を持っている、それも長く利用しているなどの条件の審査に反映されます。
銀行にとっては、カードローンの利用はそのまま利益になるため、返済能力があれば審査に通りやすいのです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査は?

申込の内容に合致していて、個人信用情報機関で金融事故とされるトラブルがないことです。
そして、在籍確認で完了です。早い方で、1時間程度で終了します。
勤務先への在籍確認も、個人名なので、カードローンの在籍確認とはバレないです。

しかし、審査完了後のキャッシングは難しいです。
現在、銀行カードローンの多くが、翌日からの利用になります。
ですから、審査に通ったとしても、すぐに借入ができない銀行カードローンが多いのは要注意です。

デメリット、結構ある?

大手消費者金融では即日融資ができますが、銀行カードローンは原則即日融資はしないです。
審査も、大手消費者金融の方が甘いです。
借りやすいと言えるのが大手消費者金融とされていますが、金利は断然銀行カードローンの勝ちです。

ですから、即日融資ができないのは仕方ないですが、返済のことを考えると、銀行カードローンがお得です。
専業主婦も借りれるのも大きなメリットであり、とにかく返済です。
金利は1%でも低いほうが良いです。

厳しい審査に通る事

後に多重債務などの経験する方が多いですが、銀行カードローンに通らないにしても大手消費者金融に行けば良いのです。
大手消費者金融の審査に通らない方は、銀行カードローンも通らないです。
また大手消費者金融で借入がある場合、銀行カードローンの審査が通らないとの口コミも多いです。

ですから、最初にカードローンを持つのは銀行カードローンがよく、できればずっと銀行カードローン1本で、多重債務はしないことです。
返済は必ず完済を心がけて、ブラックリストなどには縁しない、カードローンライフにしてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓