借り換えローンはメリットメリットばかりではない

借り換えローンをしませんか?
いえいえ、住宅ローンはありませんからと言う方は多いでしょう。

実際借り換えローンというと、住宅ローンで低金利のものに借り換えすることを言います。
住宅ローンを組む時には、一番良い金利設定を選ぶことになります。
そうして変動金利で低金利を味わって何年か経つと、固定金利のもっと良い住宅ローンを見つけた。そこで、借り換えの提案です。

とにかく低金利

借り換えのメリットは、低金利であり、総返済額が減少させることです。
ただし、ルールがあり、金利差が1%以上、残債が1,000万円以上である場合に借り換えローンをすることです。ただ安ければよいというものではないです。
これは、住宅ローンだけではなく、キャッシングも同じだと知っていましたか?

借り換えローンは絶対お得はうそ?

キャッシングにしても、金利が低いローンカードに替えることで、返済額を減らすことができます。単純に、やすい金利に替えるとお得です。
ただし、住宅ローンもそうですが、借り換えの時には最初のローンを完済しなければならないです。
そのためにキャッシングをするのですが完済の時に、繰り上げ返済手数料がかかることがあります。

案外とコストとしては大きい場合があります。住宅ローンでは、そのコストは大きいです。
金利差1%以上というのは、住宅ローンもキャッシングは共通しています。
差は大きいほど良いです。

しかし、この差が小さかったり、返済の時の手数料がかかる。
あと住宅ローンでは、借り換えローンの契約の時にも手数料がかかります。
新たな住宅ローンのし直しです。
その時の手数料、繰り上げ返済手数料を加算すると、本当にお得?と感じられることがあります。

勧められるままにしない

住宅ローンの借り換えローンについては、シミュレーションで納得が行くことが必要です。
また、勧められて何も考えずにサインしてしまうのは危険です。

期間固定金利で、あるときいきなり変動金利になったり、シミュレーションでの内容が変わることがあります。
変動金利の場合は、今のゼロ金利の間は良いですが、情勢が変わると予測がつかないことになります。
そんなリスクも感じつつ、ある程度の覚悟が必要です。

キャッシングでは

とにかく低い金利に借り換えができれば良いのですが、多重債務を1つのローンにする場合などは気をつけてください。そして、借り換えローンはそんな簡単な審査ではない事も。
これは住宅ローンでも同じことですので、誰でもすぐに借り換えローンができると思わないことです。

借り換えローンのメリットとデメリット

ローンの借り換えは、金利が低い商品に変えることを言います。
カードローンだけではなく、住宅ローンでは頻繁に行われることです。

変動金利から固定金利の住宅ローンに。
借入額が多い分、低い金利になると返済金額が大きく変動します。

カードローンの方が簡単で単純

住宅ローンの場合は、手続きが複雑です。
カードローンなら、金利がわかりやすく、総返済額も少ないため、単に金利が低いキャッシングに乗り換えしたら終わりです。
大手消費者金融や銀行カードローンの場合、繰り上げ返済についても手数料がかかることはないです。単純で簡単です。1%でも低い金利のものがあれば申込みをしてみましょう。

住宅ローンのような変動金利がない分、借り換えリスクも極めて少ないことになります。
金利プランでカードローンは固定金利です。
金利幅があるのは、借入金に対してのものですから、低い金利がそれチラの方がお得と計算がしやすいです。

借り換えローンのメリット

利息が低くすることができます。
これが最大の目的であり、良いカードローンを選択し直す事ができます。
毎月の返済負担が小さくなって、総返済額が大きく変わります。
メリットとしては、低金利に越したことはないです。

借り換えローンのデメリット

それは審査です。実は借り換え目的での審査では、多重債務の一種です。
目的として借り換えにしたとしても、その審査は新規キャッシングより厳しいです。
それは、一時的としても多額のキャッシングになることに。
総量規制の関係する消費者金融では、なかなか厳しい内容です。

また、借り換えローンでは内容を確認しないと、返済額が大きくなることもあり、このことは金融業者では指摘しないことです。
選択に慎重にならなければ損をすることがあります。

借り換えローンと言う商品はない

金融業者も金融機関も、自社の金融商品として紹介をしているだけです。
大手消費者金融でも借り換えローンとして紹介していますが、極端に低金利ではなく、借り換えローンをする時には、自分で選ぶ必要が出てきます。

その時に選択ミスをしてしまうことは致命的ですが、多額の借り換えローンでは簡単に審査に通らないです。実際問題、カードローンで低金利に借り換えローンの成功率は、審査通過率の低さからなかなかうまく行かないのが実情です。

まとめローンとは違う

一本したいまとめローンは、多重債務者対象です。
借り換えローンは、1つのカードローンを借り換えをするだけです。
微妙に違いはありますが、借り換えローンもまとめローンも低金利のものに変わって、返済金額を大きく減らす目的は同じです。

借り換えローンでは選択を間違えると総返済額が増える

借り換えローンは、商品を確認しないと、返済金額が増えることがあります。
低金利のローンにしたのに、まだ終わらない?と思うことがあります。

金利は下がったのに

例えば、現在17%のカードローンで、14%のカードローンに借り換えローンができたとします。
そのきっかけとして、毎月の返済負担が大きいからですが、借り換えを機に毎月の負担も小さくしたとします。3%も金利が下がったので、もっと楽をしようということです。

ところが、元金には変わりがないので、返済期間が長くなることがあります。
カードローンの金利は、返済期間が長くなれば多く支払うことになります。
要するに、この場合は毎月の負担を小さくしたことが原因です。
結局、毎月の負担が小さくしただけで、結果的に多く返済することになります。

理想としては、毎月の返済額を変えない

借り換えをしたとしても、毎月の返済額はそのままか若干下げるだけにしなければ、借り換えの意味がないです。
いやいや、毎月の返済額だけを変えたいと言うのなら良いですが、本来の借り換えは全体に返済を圧縮することです。
借り換えの目的次第ですが、返済額を小さくするだけというのも、なんともカードローン返済としてはイライラするものです。

総量規制ギリギリではまず審査は無理

借り換えローンの審査では、余裕を持って返済できる方が対象としています。
審査が厳しいと言うのはこの点です。

新規キャッシングと違い、融資額が大きい、既に借入件数が多い時の申込みです。
それも、完済前の申込みでは本当に返すことができる?との審査に入ります。
信用情報で金融事故がないのはもちろんですがも、延滞することなく、今でもきちんと返すことができることを証明するしかないです。

消費者金融からの銀行カードローン

単純に銀行カードローンは利用限度額も大きく消費者金融より低金利です。
総量規制対象外なので、審査次第では、借り換え成功です。
ただし審査は厳しい方になりますが、ここで一番求められるのは、収入の安定です。
そして、返済額は下げることなく、これまで通りの返済プランにすることです。

消費者金融からの銀行カードローンの審査はなかなか難しいですが、できないことではないです。
融資目的を借り換えローンにして、収入が安定していることをアピールすることが必要でしょう。
金融事故なし、今総量規制ギリギリではない場合、比較的借りやすいことがあると言います。

楽天銀行等のネット銀行を検討してみてください。
借り換えローンではなく、この場合は新規キャッシングになります。
そして、そのお金で消費者金融分を完済し、返済だけをしていく形になります。

借り換えローンにチェンジするタイミング

カードローンの返済をしている間で、約定返済額が変わることがあります。
これは返済負担が小さくなるのですが、この時が借り換えローンのチャンスです。

残債によって返済額が変わる

融資額が大きいほど金利は低いです。
消費者金融も銀行カードローンも金利プランは、多く借りるほど低金利になっています。
借り換えローンについては、より低いものを求めることになります。

借り換えローンの審査では、最初から多重債務目的ではないことがわかっていたとしても、返済額が小さい方が有利です。
約定返済額が変わるのは、より借り換えローンの審査に通りやすいと言えます。

期間で言うと

新規キャッシングから借り換えローンに乗り換えるためには、1年以上は待ったほうが良いと言います。これは、数ヶ月での借り換えローンでは、返済実績が認められない。
そんなに簡単に借り換えができないことを意味します。

実質金利が低い方へ流れるのですが、1年以上の経過と約定返済が少なくなっていく時が大チャンスと言えます。

約定返済とは別に任意で返済

これは、毎月の返済とは別に、入金をすることで元金を減らしていく方法です。
返済方法は金融業者によって違いますが、たびたびカードローンなどで入金をしていくことで、早くに約定返済を下げる事ができます。
元金が少なくなればいいじゃないと想うのですが、その上で借り換えローンで総返済額を少なくすることができれば、なお良いことです。

融資額を早くに少なくして借り換えローンで低金利で返していく。
途中で、繰り上げ返済ができれば、一気に完済という内容です。
当初15%とか17%の金利だったので、任意の返済と借り換えローンで、ずっと低い金利で完済することができます。事情があってのカードローンの借入ですが、総返済額を減らしたい。
返済回数を増やさないということであれぱ、この方法はお勧めです。

多重債務は厳禁

借り換えローンの場合は、多重債務での申込みは審査通過率が下がります。
まとめローンとは違いますから、できれば1つカードローンで、返済額を少なくしての申込みが理想です。借り換えローンによって、確実に総返済額を減少させるのが必要なことです。
損をしないように、シミュレーションをして確認をしてください。

借り換えローンという商品もあるけれど

大手消費者金融では借り換えローンがあります、
多少金利は低いですが、他社の低い金利を見つけることも検討してください。
現在、銀行カードローンの場合は、より低いカードローンも見つけることができます。
大手消費者金融からの銀行カードローンの審査では多少難しい審査になります。

借り換えローン、した方が良い方としないほうが良い方

借り換えローンについては、消費者金融系と銀行系があります。
商品として、または新規キャッシングとして借り換えローンになるものをすべて挙げた場合です。借り換えローンをした方が良い方を考えてみましょう。

一つのめどですが、現在15%の金利のカードローンである

大手消費者金融もその一つに入りますが、借り換えによってもっと低いカードローンも存在しています。
返済も手数料がかかる方法で行っていたり、金利返済以上にコストがかかっている場合は検討してみましょう。
そして、返済額を確認して、返済が終わらないとため息をついてしまう内容の場合も、低金利借り換えローンの検討をお勧めします。

とは言っても、金利が高い街金から銀行カードローンの借り換え等はできないです。審査基準の差がありすぎです。
銀行カードローンの借り換えをするのなら、せいぜい大手消費者金融からでしょう。借り換えローンの審査は一般に審査が厳しいとされていますから、あまりにも審査基準が地が場合は借りられないです。

借り換えをしない方が良い方

今のカードローンの金利が10%程度であるばあい、それよりも低い金利は期待できないです。
また、50万円以下での借り換えでは、あまり効果がないこともあります。

ただし、審査は通りやすいこともありますから、やってならないことはないです。
借り換えローンしなくても十分に支払いができるのならしなくて良いとの口コミもあります。
別の言い方をするのなら、今は苦しい返済でもないけれど、同らならもっと得をしたいと借り換えローンにするのも良いでしょう。
やってはならないのではなく、借り換えローンを精査してみるのも良いでしょう。

何回も借り換えローンができない

金融機関にしても何回も借り換えは対応しないです。
カードローンにしても、一度の借り換えローンであとは、任意返済などで自主的にかえしていくことが、完済をすることをお勧めします。

あっ金利が低い、借り換えローンしようと簡単に行かないのが現状です。
ということは、最初のカードローンの選択でよれ低金利カードローン審査に通ることがベストです。

消費者金融系ですが低金利のキャッシング

カードローンではないのですが、大手消費者金融並の審査内容のJ.Score(ジェイスコア)はお得です。最高金利が12%と銀行カードローンより低いです。
多くの質問に回答したり、SNSを積極的に行ったり、健康的な生活をしてく等、前向きの生き方をしている方に、少しずつ低金利になっていくという新しい金利システムになっています。

金融事故があると審査はムズカシイですが、借り換えローンとしても、新規のキャッシングとしてもお勧めです。振込キャッシングですが、即日融資にも対応しています。