↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの即日融資ができない理由はコレ

大手消費者金融同様に即日融資ができた銀行カードローンですが、2018年1月より、即日融資ができなくなったのはご存知でしょうか?
そう言えば、という方も多いですが、現在は最短で翌営業日からのキャッシングになります。

審査の過程?

銀行の審査は普通です。
現在は、コンピュータースコアリングシステムによって、すぐに必要な審査が完了します。

しかし、その後警察中データベースに照会することが義務づけられました。
反社会的勢力の該当者の有無を見分けるためです。
今までもなんとなく形としては行っていたところもあるのですが、2018年からは徹底した照会をするため、審査に時間がかかります。
この警察データベースの回答が早くても翌日になることから、即日融資が不可能になりました。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

自動契約機ではどう対応する?

大手の銀行カードローンでは、自動契約機、ローン申込機でローンカードを発行しています。
これは現在でも同じで、その場でカード発行ができます。

しかし、実際にキャッシングができるのが、翌営業日からということです。
ですから、申込みもローンカードもすぐに手にすることは可能です。

土日の対応は?

銀行カードローンでは土日も審査をしています。
ですが、警察データベースの照会を経てからの審査になることで、やはり翌営業日のキャッシングです。土日関係なく、申込みをして審査通過がわかった。

ただし、キャッシングはあくまでも警察データベースの結果次第という規制が入りました。
以前のように、カード発行、即キャッシングの流れではないと言うことになります。

この対応は、銀行カードローンのみ

現在のところ消費者金融は、警察が入っていないです。
架空口座などの犯罪絡みで、銀行カードローンのみ規制が入った形になります。
銀行カードローンと大手消費者金融カードローンは同じキャッシングと考えている方もいますが、実は内容が違います。

銀行カードローンは総量規制対象外であり、大手消費者金融より多くの限度額の設定ができます。金利も低く、利用ができれば良いカードローンです。
しかし、犯罪に巻き込まれたとした場合、金融機関に多大な影響が出ます。
多分手始めの銀行カードローンの、警察の規制だと言うことです。

ここ数年、銀行カードローンでは、消費者金融で見られないほどルーズな貸し方をしていました。その規制の意味もあり、銀行カードローンの借りやすさは厳しさをましています。
即日借りたい、今日借りたいという銀行カードローンの利用は、先ずできないということです。

足りないお金を今すぐ手にしたい方は、大手消費者金融のカードローンに無人契約機などの利用、振込キャッシングでの借り入れになります。
審査基準も消費者金融の方が低いですし、契約手続きはネット完結の方法もあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

即日融資は無理だけど、銀行カードローンを早く手にするために

銀行カードローンを作る時には、詳細な説明を確認してからです。
注意してほしいのが、口座の有無です。
審査とは別の問題で、銀行口座がないとカードローンの申込みができない場合があります。

銀行口座を作るのが先決

消費者金融のように即日融資ができない銀行カードローンですが、口座がないことで、とんでもなく遅くなってしまう場合もありえます。
例えば、みずほ銀行ですが、銀行カードローンは口座が必須です。
では、同時に申込みをしたら良いと考えるのは危ないです。
口座開設は即できないのです。

なんと利用できるまでには約3週間ほどかかってしまいます。
ここで、みずほ銀行の口座があり、銀行カードローンの審査通過なら、明日からのカードローン利用ができます。
銀行口座に必要な書類などもあり、申込書も記入。簡単ではないのです。

しかし、口座がなくても銀行カードローンの契約ができるイオン銀行、三菱UFJ銀行、オリックス銀行のカードローンなどがあります。
ただし、銀行カードローンに関しては、口座開設後の方が何かと便利です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

在籍確認は回避したい

最近は消費者金融では、在籍確認の変わりに在籍が証明できる書類の提出で、在籍確認の代用ができるところもあります。
ところが、銀行カードローンでは必ず在籍確認があります。専業主婦の場合は、自宅になります。
在籍確認では私用電話のように個人名で行うことになりますので、勤務先にはバレないです。

この在籍確認ができないと、審査完了にはならないので、回避したいということは審査ができないことになります。
うちの会社はマズいんだと言う場合でも、説明したところで在籍確認がなくなることは絶対にないです。
電話をしないでほしいということは審査拒否と同じです。

早くても翌営業日

即日融資ができない銀行カードローンですが、口座必須で銀行口座を持ち、在籍確認も、という即日審査は可能です、
社内で行う審査が完了、警察データベースの照会という2つの段階で借り入れができます。

即日で借りたい方は、どうしたって無理な相談です。営業時間内に申込みをしてからの翌営業日になります。
一応土日は対応している審査ですが、勤務先が休業していると審査は進まないことになります。
平日勤務の方は、どうしても平日申込みで翌営業日のキャッシングが妥当になります。
大手消費者金融の審査と即日融が羨ましいのですが、銀行カードローンを選択してしまったなら、即日融資だけは諦めるしかないのが現状です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの審査が厳しいらしい?

銀行カードローンの審査が厳しくなってきたのは2017年からですが、現在は全面的に即日融資は禁止です。

そして、翌営業日も最短という表現をすることが多いです。
便利な即日融資の銀行カードローンですが、急いで資金がほしい方は、とりあえず即日融資はできない、翌営業日のキャッシングも怪しい物です。

土日はやっていないって本当?

このことはいろいろと説があります。
銀行カードローンの審査そのものが、土日には休止しているとの口コミもあります。
そもそも銀行カードローンと大手消費者金融のインターネットの申込みでは、コンピュータースコアリングシステムで大半の審査が完了します。
そこからは、担当者が在籍確認のために勤務先の電話が主な審査です。
そこで、平日勤務の方だとどうでしょう?在籍確認が済まなければ先には進まないです。

ということで言うと、土日の審査は土日に勤務している方のみ対応です。
夜のお仕事だったり、休日であれば在籍確認ができない。
審査に通らないではなく、審査そのものが進まないと言うだけです。
休日の審査体制については、できたよ、在籍確認がきたという方もいます。

受付は24時間365日ですが、カードローンの営業時間であれば対応してるのかな?という感じです。銀行店頭の受付はしていない、自動契約機などの対応です。
この時に審査に通過できれば、カード発行ができますが、在籍確認ができないと、審査は途中になります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの審査が厳しくなった

多重債務や債務整理者の急増が背景にありますが、銀行カードローンの審査そのものが保証会社任せであったことが起因しています。
銀行での保証の確認はしていないこと、この保証会社も貸金業者が行うものでした。

そこに預金保険機構といって、もう一つ審査体制が加わりました。
これもより怪しい申込者ではないか?ということを確認しています。
具体的な内容の公表はないのですが、実はこの審査で1週間以上かかってしまう場合もあります。

土日の営業以外にも

本来厳しい銀行カードローンと言われていましたが、今までは結構借りられた方でした。
これは銀行の業績にもつながることでしたが、現在は借り入れも返済が怪しい場合は審査落ちです。以前は確認しなかった個人信用情報機関をすべて確認をします。

総量規制対象外なので、大手消費者金融のキャッシングは無関係でしたが。今はがっちり確認されるようです。
また、新しい制度で、貸付自粛制度は、家族のキャッシング自粛申し入れに対応するなど、返済能力のなし方には本当に貸さない姿勢が見えます。
ブラックリストは徹底排除の銀行カードローン。即日融資はできないみたい。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

即日融資ができない銀行カードローンだけど

総量規制対象外の銀行カードローンと言いますが、最近では限度額が総量規制と似ています。
あまり借りられないのが現状です。ただし、消費者金融も低金利です。
その点だけがメリットとなっています。

2018年から即日融資できないんだもんね

すべての銀行カードローンで即日融資ができなくなってしまいました。
これは銀行法で決まってしまったことで、最短で翌営業日で1週間程度かかる場合も多いです。
自動契約機、ローン申込機ではカードだけの発行になります。

銀行カードローンの環境としては、多重債務と債務整理者の減少が目的であり、完済ができる人にしか貸さない。そのための審査体制が厳しくなってきたということです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

本来の審査は変わらない

ブラックリスト、延滞者、専業主婦以外の無収入者、多重債務などは借り入れができないです。
多重債務では、総量規制範囲内で返済能力の許容範囲があれば銀行や保証会社で判断をします。

そして、警察のデータベースにないことが条件です。この照会が新たに加わった審査です。
審査基準では、反社会的勢力は無関係であることが必要です。

過去のブラックリストは要注意

過去の闇金などに口座を売却した経験がある方は、売却そのものが犯罪者扱いです。
どうしようもないブラックリストで、闇金から口座を買い取ってあげるとホイホイ現金を受け取った方。アナタの名前の銀行口座で取引されているので、データベースに名前があります。

多分、銀行カードローンは絶対に借りられないです。即日融資の話しではないです。
その他の情報でも、警察が持つデータベースでは、公表ではない情報があります。
今までの銀行カードローンの審査だけではなく、こうした危機感ある審査が加わったことで、即日融資だけではなく、なんだ怪しい審査が続くことになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利キャッシングをしたかった

銀行カードローンの方が金利は低いですが、大手消費者金融で1回だけ借りたい方は、即日融資の上に無利息期間がある大手消費者金融もあります。
低金利ではなく、無金利のキャッシングができるというのも頭に入れておくと良いでしょう。

即日融資は大きなメリットですが、本当の30日間だけは無利息、半年間5万円までは無利息の消費者金融のキャッシングもあります。1回だけのチャンスですが。

即日融資と低金利

大手消費者金融と銀行カードローンの迷いどころです。
その時に応じた使い分けが良いのですが、すぐに必要がないのなら、即日融資ができない銀行カードローン。それも口座があるカードが良いでしょう。
審査も通りやすいですし、これから借りることが続けば低金利は魅力が大きいです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの環境は大きく変わった

銀行カードローンの歴史は浅いです。
昔からおカネを借り目のはサラ金であり、銀行からは融資の形で、担保が必要で窓口で担当者との話しが必要でした。
それがあれよあれよという間に、インターネットの普及とともに、銀行カードローンが消費者金融カードローンの上行く存在になりました。

消費者金融より銀行が安心なのは、利用者も思うことであり、借り入れ限度額も大きく消費者金融とより低金利。
銀行側としても、金利収益で業績がよくなったところも多かったようです。

銀行カードローンの審査

これが実質消費者金融や金融業者が行っています。
前々から指摘があったことですが、銀行カードローンも消費者金融も同じ?という審査です。審査基準が違うので利用者も分けられるのですが、2018年になって警察データベースが加わりました。
反社会的勢力との関わりだけを確認するのですが、個人信用情報機関以外の個人情報も確認されることで、審査体制が多少厳しくなったのです。

ただ、自身が反社会的勢力と無関係な人生の方は関係なく、すぐに審査は完了します。
しかし、これが最短1日かかってしまうことから、銀行カードローンの即日融資がなくなったのです。
契約手続きは即日完了ですが、借りれるのは最短で翌営業日になります。
金曜日の申込みでは、早くて月曜日ということです。

俺、借りれない?

銀行カードローンの債務整理者が急増したのは比較的簡単に借り入れができたからです。
そして、債務整理も数年経てば、銀行カードローンが作れます。

しかし、家族がその浪費クセをなんとかしたいと、金融機関に貸付自粛制度の申し入れをすることで、5年間の借りれない期間をつくることができます。
要するに、債務整理になってしまうようなことは繰り返させたくない。
個人信用情報機関に登録され、銀行カードローンの申込みなどができなくなって借りれないのです。
以前は家族の浪費クセは見ているだけでしたが、こうした対応は、銀行カードローンの債務整理者の減少を目的としています。

即日融資だけではなく

銀行カードローンの審査厳しいです。
前にしておいて良かった方も多いことでしょう。

収入があり、在籍確認ができればバンバン借りれた時代もありました。
即日融資、総量規制対象外の銀行カードローンも今は影が薄くなっていると言うことに。
借りやすい即日融資は大手消費者金融の申込みが妥当であり、銀行カードローンとの差は大したことがないようです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓