住宅ローンを考える

お金を借りるときには、常に返済リスクを頭に入れることが必要でしょう。
少しでも金利を低く、返済額を抑えることがポイントです。
超低金利ローンと言えば、住宅ローンです。

夢のマイホーム、地獄のローン返済

金融機関での住宅ローンでは、◯%の文字だけが目を引きます。
しかし、その低さだけで簡単に契約をするのはいただけない話です。

住宅ローンこそ、何千万円と言う高い買い物であり、カードローンの何十万円をキャッシングと言う話ではないからです。目的ローンの住宅ローンでは、その時々で金利が変わります。
そして、商品としても固定金利、変動金利、数年で見直し等で、返済額が大きく変わります。

バカにならない手数料

住宅ローンは単純に住宅のお金だけにかかるかと思ったら、各種手数料がすごいです。
借入額、借入期間などでも違いますが、3000万円の住宅ローンだとしても、手数料関係で100万円超で差額が出ることもあります。
大きな金額ですから、100万円程度と思う事もありますが、知らないと大損してしまう場合もあり、金融機関の選択も必要な事です。

超低金利ローンを見つけたら

まずは最初の契約の時に、ベストなタイミングで低金利の住宅ローンを見つけたとします。
何よりも審査が通り、思い通りの支払額だと、長い返済をスタート。

ところが、途中世界情勢も含め、超低金利ローンの登場もない話ではなく、そこで住宅ローンの借り換えの話がおすすめの場合もあります。
その目的は、返済額の大幅ダウンです。その際に、借り換えはもう一度住宅ローン契約をすることになりますから、今の住宅ローンを完済をすることになります。

手数料の話では繰上返済が多額な場合、せっかくの借り換えでも損をしてしまうケースも見受けられます。
今の収入から行くと、退職金で一気に繰上返済をしようか、退職金がないので、ずっと固定金利が良いという選択で迷う事があります。
借り換えのチャンスはいつやってくるかわからず、その時に繰上返済手数料が少ないほど、借り換えの成功率が上ります。

金利が固定期間が長い方が良いの?

期間短縮が一番良いのですが、低いと思われる固定金利であれば安心感は大きいです。
返済方法も元金均等返済、元利均等返済では、今の返済負担が低い方が良いとか、最初から元金も払う方が良いとのせめぎあいになりますが、担当者と良く話をすることです。

ちなみに、長期優良住宅は価格が高いですが、控除額が大きく、家も長持ちして、住まいにかかるコストダウンが見込まれるとのことです。
マイホームでも一筋縄では行かない、とにかく1%でも安い超低金利ローンについては、住宅ローン契約後もアンテナを立てて情報キャッチすることが必要です。

変動金利と固定金利はどちらが良い?

住宅ローンでは、0.001%の単位で返済額が大きく変わります。
超低金利ローンと言われて久しいのですが、マイナス金利にあおりを受けて、住宅ローンの低金利行進は更新し続けています。

変動型の恐怖

住宅ローンの金利では、変動型と固定型が存在しています。
その中で、固定金利選択型では、今までは低金利が続いているので成功ですが、これが逆転してしまうと、高い金利になってしまう事。
全期間固定金利なら、最初の金利が持続するのですが、今で言えば変動型にしておくことで、かなり金利が下がっていて、損をしてしまっているとの焦りもあります。
住宅ローン評論家にしても、金利の上昇の予測はつかないことで、契約時の変動型と固定型の金利の選択については、運としか言いようがないです。

変動型の魅力は、固定金利よりも低いことです。マイナス金利の今はチャンス到来です。
4月と10月の見直しでは、急激な上昇に対してのストップ機能もありますが、時には返済が大きくなる事も予想され、ジェットコースター的な返済が続くことになります。
20年30年という長いスパンの住宅ローンですから、何が起こるかはわからないことです。

期間固定、変動選択型

住宅ローン契約時に、ライフスタイルから考えて、一定期間の金利固定を選択。期間終了で変動型にするタイプもあります。
変動型の返済額が少ない事で、安心固定金利は良いけれど、少し余裕がある時に、低い金利になる思いもしてみたい等のリスク管理ができる方におすすめです。

結局何がいいの?

まずは、住宅ローンをしようというときの商品を集めてください。
住宅メーカーの紹介でも良いのですが、メインバンクでの商品でも良いです。
長く取引をしている銀行では、住宅ローンの契約は大きな収益です。

住宅金融支援機構の商品等も紹介されることもありますが、とにかく超低金利ローンと言われる今の時代では、0.001%でも低いもの、最終的に得をするものをここで決めることが必要になります。でも、安心してください。住宅ローンでは、借り換えがスタンダードです。
住宅ローンの最中にもっと超低金利ローンを見つけたときには、同じように契約の見直しが可能です。

その時に、繰上返済手数料がかからない住宅ローンであれば経費節減になるのですが、金融機関で大きく違う手数料にも注目してみてください。
すぐに決めなければならないものではなく、できれば住宅ローンは諸経費を含め金利だけではなく、商品を見極めて比較作業に時間をかけることはおすすめします。

金融機関を選択するときに参考にしてみて

住宅ローンはどこの金融機関が良い?
近所のメインバンクを挙げる方が多いかもしれませんが、最近はネット銀行や労金もJAといった金融機関も魅力的な住宅ローンを手がけています。

金利で選ぶだけではない

変動、固定、選択型の金利では銀行、信用金庫などでは幅広く扱っています。
これだけでは選択ができない。そこで注目されているのが、繰上返済手数料です。
決まった返済日以外に入金が手数料無料でできたり、一気に繰上返済をしたいというときにすべての手数料の有無によって、住宅ローンを決める方が多いです。

そして、保証料と言われる団信、団体信用生命保険の保険料です。
これは、支払い能力がなくなったときの弁済をしてくれる保険であり、保険料がかかります。
それを無料にする金融機関も増えています。全体の支払額が大幅に下げることができます。

金利、繰上返済、団信。そして、事務手数料等、初期費用が大きくカットできたり、途中の支払いが節約できる商品も出ています。
ネット銀行では、若い方にはおなじみの金融機関です。繰上返済などでは簡単に行う事ができますが、店舗がないので、担当者との打ち合わせで不安という声もあります。

金利をよそに

こうした金利以外の要素に関しては、超低金利ローンの今の時代だから選択要素としてクローズアップされるものです。というのも、実際に金利以外の費用はバカにならないものです。

すべての費用を住宅ローンの組み込むことで、それに金利がかかりますから、元金が大きくなってしまうことになります。
超低金利ローンで諸費用がとにかく低いというのが魅力ですが、全ての条件を兼ね備えた住宅ローンというのも少ないのが現状です。

とにかく返済額を抑えたい

金利選択も大切な要因ですが、担当者は言われるままで、美味しい情報を漏らすことはないです。いきなりお金の話をされたところで、何がどうお得なのかもわからないまま契約してしまうケースも少なくないと言います。

インターネットの情報は豊富です。
ネット銀行は手軽ですが、手数料関係が高いけれど、繰上返済手数料無料が多い。
メインバンクにしているところでは、付加価値としてのサービス金利を持ってくる等の情報が多彩です。
できれば時間をかけて、自分の住宅ローンはどうしたら良いかを考える事をおすすめします。

多分、超低金利ローンはもう少し続くとの見解はありますが、これも見通しとしては、極端な金利上昇だけはないというだけです。
1%でも住宅ローンでは返済額が大きく変化する化け物ですから。

超低金利ローンの今だから固定金利?

ここ数年、住宅ローンは驚異的な超低金利ローンと言われています。
住宅ローンの代表的なフラット35では、2010年で2.84~3.59%でした。
それが2016年7月では0.93~1.58%です。
この数字はすごい下げですが、毎回下がるたびに今が買い時という事になっています。

3000万円35年で借りたい

1%で月に84,685円 総額35,567,804円2.5%で月に107,248円 総額45,044,199円
なんと35年間ですが、10,000,000円の差額が出ることがわかります。%にして1.5の差です。

ちなみに金利が下がるということは、景気がいまいちということですが、これから景気が良くなっていくと、当然金利は上ります。
最近の情勢ではなんとなく景気が上向きと言う話も聞きますが、住宅ローンの契約ではなんとかしなくちゃ、と思うことです。
それにしても、金利の1%の差が、こんなに差額が出るというのは驚きです。

固定金利のメリット

借入期間が長い住宅ローンでは、金利は固定金利、変動金利があります。
それぞれ返済期間で決めるのですが、超低金利ローンだから固定金利。
これも今の選択としては良いとされています。生活設計が立てやすいことではおすすめです。

上記のように、今は本当に超低金利ローンと言っても良いでしょう。
その恩恵を味わうため、ライフスタイルの設定もしやすいです。

変動金利のメリット

変動では、今のままでいけば変動期間に返済額が下がる可能性が高いです。
その時に、お金をためておいて、繰上返済をして期間短縮を狙う。これも一つの方法です。

変動金利は何もしなくても、それこそ0.5%でも金利が下がれば、3000万円35年のローンでは、月に7,000円程度の節約ができます。
1年間で85,000円程度です。それが数年続けばまとまった金額になり、繰上返済をしてしまえば、支払うはずの金利を大幅カットできます。
ついでに繰上返済手数料がなければ、まる儲けになります。

金利と手数料

金利が下がれば、繰上返済ができれば、返済額を大きく下げるチャンスは多いです。
融資を受けるときには、単純なキャッシングとは違い、さまざまな手数料がある住宅ローンです。
控除額で言えば、長期優良住宅ではお得になったり、団体信用生命保険の保証料の無料等のサービスも存在している等、とにかく金利以外にも考えなければならない、お得な要因が多いです。

借入が大きい住宅ローンに関しては、簡単に決められないことが多いです。
メインバンクだけではなく、ネット銀行、労金等も検討してみてください。
1つの住宅ローンだけではなく、比較されることは絶対です。

超低金利ローンも良いけれど、審査の話を

住宅ローンは金融機関の選択から始まります。
インターネットだけではなく、既に住宅ローンを使った人に聞くのも良いでしょう。
そして、借り換え成功した方の話を参考にされると良いです。

超低金利ローンだからこそ

今は一応、住宅ローンは選び放題といえるでしょう。
借入期間が長く何があるかわからないですが、10年のスパンでみると、今が買い時です。
既に住宅ローンを始めている方は、今が借り換えと言うことに。

住宅ローンでは、ずっと1つの契約ではなく、途中替える事もあります。
借入額が大きいことで言えば、金利に伴う返済額が気になる方も多いです。
基本的に金利は高くないのですが、いくらでも低いことが理想です。

と、その前に

審査があります。200万円以上の年収というのが最低ラインですが、収入だけではなく職種も見られます。
そして、信用情報では消費者金融にキャッシングがあると、銀行カードローンで残債があると審査落ちです。
厳しい金融機関では、カードローン契約をしているだけでも審査に通らないですし、ブラックリストは論外です。

そこで、カードローンの完済と解約などはおすすめです。
このことは口コミによるもので、金融機関の説明ではないことです。
審査の違いで金利も変わります。銀行の住宅ローンでは、それぞれ金利が違います。
平均して超低金利ローンですが、甘い審査の金融機関では、この超低金利ローンはないです。
とはいっても3%程度だとしても、返済額には大きく響くことになります。
低金利の住宅ローンを選べない、そんな現状もあります。

金利内容は確認を

期間固定で超低金利ローンを味わいながら、変動金利でお得感も味わう。
これが金利選択型で、今変動金利で上昇すると言っても、それほど極端ではないと言います。
しかし、リスク期間が続くことで、リスク管理に自信ない方は、変動金利は不向きです。
固定金利であれば、変わらない金利、今の超低金利ローンではおすすめです。

良い住宅ローンで借り換えが可能ですが、借り換えでは審査がとても厳しいです。
超低金利ローンに替えるのですが、転職したばかりとか、他の目的ローンの返済が多いと借入ができないことがあります。カードローンがあるだけでも審査落ちという口コミは多いです。

住宅ローンを意識した方は、信用情報のためのキャッシングなどはしばらく禁止でしょう。
ただし、住宅ローンの金融機関でおすすめの銀行カードローンでは審査に響かない事もあるようです、ご参考までに。