専業主婦と審査について

地銀カードローンで、専業主婦がOKなのはどうしてなのか?

これは、配偶者の収入があるからです。ですから、どこの地銀でも専業主婦の場合は、数十万円の融資額に定めています。あまり高い金額の場合は、返済ができないと見るのは当然です。

専業主婦の場合、既に他のカードローンをしていたり、消費者金融の借り入れがある場合もあります。そんなときには、少ない融資額ギリギリの範囲ですと審査に落ちてしまうことがあるといいます。もっとも、収入がないのですから、多重債務者になる事は困難です。

保証会社での保証が取れないことで、専業主婦のキャッシングは今のところ出来ないことになります。しかし、多重債務を解消した後での申込では、完済した借金があったとの過去がある場合は、審査に通る可能性は高いです。

この場合、専業主婦の多重債務者NGと言うよりは、どのくらいの借金を抱えていて、それがその地銀で定める利用限度額に近ければNGということです。それまで一度の滞納も遅延もなく返済をしていて、いわゆる返済事故がないなどの記録も後押しになります。

返済事故というと、滞納があったりすることで審査落ちしてしまうのは、専業主婦に限ったことではありません。銀行カードローンの場合、ある程度の審査の許容範囲は広いものの、返済事故に関してはうるさいと見ていたほうが良いでしょう。それも、何十年も前の話しならまだしも、ここ数年の記録なら審査は難しいです。

収入のない専業主婦で、まっさらなキレイな返済をしていることが第一条件になります。収入がないのにカードローンが持てる、これは魅力的なことですし、地銀でというのも身近な感じがします。