大手銀行より地方銀行のカードローンがオススメな理由

カードローンをお選びの際に盲点になってしまいがちなのが、地方銀行のカードローンです。

地方銀行のカードローンなんか大丈夫なの?と思ってしまうかもしれませんが、とてもご利用しやすいカードローンです。大手銀行のカードローンよりも魅力が満載ですので、是非注目をしてみましょう。

大手銀行よりも地方銀行のカードローンを選ぶべき理由を、ピックアップしてみました。

大手銀行より審査が甘い

大手銀行と比べると確実に審査が甘いので、審査が通りやすい傾向があります。

銀行は審査の基準が高い傾向がありますが、地方銀行は地元密着型での審査となりますので、銀行の審査の良さを残しながら柔軟な対応の審査となります。信用情報に傷がある場合は審査は通りませんが、年収が多少低くても属性が良い方は審査に通る可能性が非常に高くなります。

この様な方は、審査に通りやすい傾向があります。

  • その地方銀行の口座を持っている
  • その地方銀行に給与振込口座がある
  • その地方銀行の口座で公共料金の支払いを行っている
  • その地方銀行の口座で住宅ローンやマイカーローンの支払いを行っている

このように、既にその地方銀行とお付き合がある場合は、審査に優位にプラスとなります。

大手銀行より金利が安い

大手銀行よりも金利が安いので、お安くカードローンをご利用出来ます。低金利なカードローンが多いので、とてもご利用しやすいです。

大手銀行よりATMの利便性が良い

地方銀行は地元に多くの支店がございますので、ATMの利便性が大変高いです。コンビニATMももちろんご利用可能ですが、個別のATMの方が便利ですのでご利用が快適です。

銀行というスペックはかわらない

大手銀行も地方銀行も、銀行には変わりません。その為、地方銀行のカードローンも大手銀行と同様のスペックとなります。審査が甘い中で同様のスペックを得る事が出来るという事は、非常に望ましいという事となります。

ご利用年齢に幅がある

地方銀行は大手銀行よりも、カードローンのご利用年齢に幅がある傾向があります。

一般的に大手銀行の場合は60~65歳までの上限年齢の場合が大半ですが、地方銀行の場合65~70歳のご利用年齢上限の場合が大半となっております。その為、年齢を増した方は地方銀行のカードローンの方が断然ご利用しやすいという事となります。

借り入れ上限金額は地方銀行のカードローンの方が高い場合がある

借入れ上限金額は、大手銀行よりも地方銀行の方が高い傾向があります。その理由は、大手銀行の方が審査に厳しく、審査に通っても貸し出しリスクを少なくする為融資金額が少ない傾向があります。

地方銀行は大手銀行より審査基準が低く、借入上限金額に対しても柔軟な考えをします。多くの融資をご利用したい場合は、断然地方銀行が有利となります。

地方銀行は収入証明書不要の場合が多い

地方銀行は収入証明書に対し柔軟な対応をしてくれる場合が多く、金額によって求められる場合や一切不要とうたっている地方銀行もございます。収入証明書は取り寄せるのも手間がかかりますので、不要というのは非常に便利です。

ご相談に乗ってくれる

地方銀行は地元の方にとても親切であり、カードローンの支払い内容などの相談に乗ってもらえる傾向があります。大手銀行はこのように相談に乗ってもらえる雰囲気はございませんので、ご利用しやすいカードローンとする事が出来ます。

おまとめローンも可能

地方銀行のカードローンは、複数の借金の一本化が可能なおまとめローンが可能な銀行が多くあります。あまりにも属性が良くない場合は審査が通りませんが、ある程度の他社の借り入れは一本化も可能となります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
大手銀行の方が拍が付いて良い感じがするかもしれませんが、この比較から考えると地方銀行のカードローンって魅力が多いと思いませんか。大手銀行は大手銀行のレッテルが大変大きいですが、それだけです。

カードローンは、ご利用しやすいカードローンをご利用すべきです。銀行のカードローンをご利用したい場合は、是非地方銀行に目を向けてみましょう。