全国対応の地方銀行カードローンがあるって本当

銀行カードローンの中でも、全国対応の地方銀行カードローンが穴場とされています。

全国対応で言えば誰でも申込みができるので、その地域に在住していなくても良い、それでいて低金利のメリットがあります。

大手の銀行カードローンだけではない

全国対応のカードローンで申込みは、インターネットを使うことになります。バナーでは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行等の都市銀行カードローンがおなじみです。

消費者金融系とは違い、地方銀行カードローンは、銀行法のカードローンです。使い出があるだけではなく、ATMも全国で使用できます。その地方銀行のネットバンキングで口座開設して使い勝手も良いでしょう。

好きな地域のカードローン、審査が甘いとされるところ、提出書類がWEB完結等で選択ができますが、来店しなくても良いというのも大きなポイントです。たまたま、全国対応の地方銀行カードローンの地域に住んでいたということもあるでしょう。

どのくらい全国対応になっている?

インターネットの情報では、口座開設が必要な場合と必要ではない場合があります。口座開設が必要がないのは10行ほどです。必要なのは3行になっています。申込みに必要な書類や方法はそれぞれ違います。

そもそも地方銀行とは?

各都道府県に本店がある銀行を言います。地元に強い金融機関であることは確かですが、地元でも中小企業ではなく、大きな会社との取引が多いことも。零細企業などは信用金庫の方が身近な存在です。ただ、その県の代表金融機関としての立ち位置になります。

カードローンも商品としてありますが、たいていその地域限定のカードローンになっていることが多いです。インターネット申込みにより、一部の地方銀行が、全国対応になっているといったほうが確かです。

感じとしては、地方銀行カードローンというよりは、低金利の銀行カードローンとして捉えることができます。大手銀行のカードローンとスペックもほぼ同じです。

甘い審査の銀行カードローンも存在

そんな銀行カードローンですが、大手銀行のカードローンは審査落ちだけど、地方銀行カードローンの審査に通る方もいます。

口座開設をして銀行の他の金融商品の利用もできるなど、カードローンきっかけで顧客拡大は、地方銀行の狙いの一つです。ネットバンキングができたことで、地方銀行の戦略としてカードローンを全国対応にしている場合もあります。

主婦も銀行カードローンを持つチャンスであり、収入が低くても、なくても配偶者の収入があればキャッシングができます。