地方銀行カードローンはやっぱり地元

お金を借りたいとき、消費者金融か銀行カードローンが簡単です。どちらが良いか?というと銀行カードローンですが、銀行にも種類があります。

普通、銀行というと口座がる地元の銀行、インターネットショッピングなどで使うネット銀行などがあります。もし、キャッシング枠があれば、そこでお金を借りることは可能ですが、現在何もない状態からですと、銀行カードローンの申込が妥当です。

そこで、どこに申込をするか?地方銀行であれば、店舗にいくのなら簡単です。窓口で、必要書類を出して申し込めば良いだけですが、それはしたくないというのであれば、ネットで申込ができる地方銀行カードローンを探してみてください。ここでは、地方銀行にこだわってみましょう。

まず、お住いの地域でインターネットの申込家できるかをチェック。対象地域であれば、既に口座をもっていることもあり、審査上でも便利です。なんと、審査ナシでカードローンで持てる場合があるのと地元ならではとなります。これは、カードローンに必要な審査内容がわかっているからです。

銀行口座開設のときの個人情報、給与の引き落としがされていれば、在籍確認もいりません。あとは個人信用情報機関の過去と現在の借金と返済状況が把握できれば、カードローンの審査は通ることになります。

地方銀行カードローンは地元のものを作るのが良いと言うのは、こうした簡略ができることと、それまでの利用では審査自体甘くなっていることも要因としてあります。

ここでブラックリストになっていれば話は別ですが、信用情報で何も問題がない方は、インターネットで全国対応のカードローンを探すよりも、地元で作るのがベストです。

銀行としても、同じ方がさまざまな商品を利用している方が与信もありますから安心です。ここで返済もきちんと行うことで、ますます信用が高まります。

銀行カードローンは、地方銀行ではどこも金利は変わりません。審査内容が少し違うことで、利用限度額では差が出ますが、カードローンでの信用が高まれば、増資にも対応しています。案外と臨機応変な対応が期待できるのですが、これこそ地元だからというメリットです。

ネットバンクでは、こうした審査の甘さは地元ほど味わえないかもしれません。メガバンクなどにはないメリットが地方銀行には多いです。まずは、地元から探してみてください。