取り上げ審査の実態とは?

地方銀行カードローンの審査では、銀行は行内で行うことと保証会社での許可が必要です。

保証会社とは、返済できないときに変わりに弁済をする金融機関になりますが、そこでの許可は絶対です。保証会社は、国内に複数ありますが、消費者金融系であれば、審査も甘いと噂されています。

全国対応の地方銀行では、消費者金融系の保証会社になっていて、審査に通りやすいと言われています。地方によって違いはありますが、“地方銀行”の枠組みで見れば、大手銀行などよりは借りやすいです。

地方銀行では、その土地に特徴に合うキャッシングに対応しています。会社関係、特に地域の基幹産業等があると重視されることになります。馴れ合いとか、持ちつ持たれつということも言われますが、不正がない関係であれば、銀行としては、多少の審査の甘さもありでしょう。

地方銀行カードローンでは、取り上げ審査が存在します。これは保証会社でNGだけど、その銀行でOKにします。もちろん、信用情報内容がきちんとしていることが前提ですが、古く付き合いであったり、銀行との関係から断らない場合があります。

癒着?と言われる行為に近いですが、あくまでも審査を許可しただけです。返済免除とか、金利優遇などではなく、金融事故があればすぐに引き去るものです。

その銀行口座があり、預金も長い期間している。引き落としや府のコミとしてメインバンクにしている。などの付き合いがあれば、本当に多少のことでの保証会社の断りも覆ることがあるようです。

対象地域ならではの対応ですが、多分インターネットからの申込ではなく、担当者相手のフェィストゥフェイスの申込で対応されることです。もし、魅力的なカードローンが、お近くの地方銀行にあればのことですが。

銀行カードローンなら、ネットバンクなどが便利です。インターネットで申込もできますし、手間もありません。全国対応であれば、対象地域も無関係ですが、上記のような甘い審査があるとしたら、馴染みの銀行がベストです。

銀行にしてみても、多少のリスクを自分で背負う程度のことです。ブラックリストを受け入れるのでは違いますから、自分達の営業範囲内であれば、取り上げ審査もありでしょう。

あなたの街の地方銀行。そんなふれこみもありますが、せっかくだから営業地域のお客を増やしたいのも本音です。