地方銀行カードローンが熱い?

カードローンと言えば、消費者金融や銀行です。消費者金融が大手消費者金融と中小消費者金融があるように、銀行も大手と地方が存在します。

地方銀行カードローン

地元なら知っている方も多いでしょう。ただ、お金を借りたいときに、銀行の窓口でキャッシングと言うのはあまりしたくないことです。

しかし、現在地方銀行カードローンといっても、消費者金融や大手銀行カードローンと同じようにインターネットや電話での申込です。直接窓口に行かなくてもカードローンを持つことができます。

いつも行く地方銀行の掲示物に、カードローンやキャッシングの文字を見ることがあったかもしれないと思う方、申込はここというQRコードはありませんでしたか?現在、申込はインターネットでがポピュラーです。

地方銀行カードローンは全国対応?

地方銀行は都道府県単位で置かれています。実際に利用するのは地元ですが、インターネットが広まっている現在は、その垣根は取り払われています。要するに、窓口にくる必要がない場合、全国のATMでお金の出し入れができる場合は、地元で必要がないのです。

ですから、申込は銀行口座がない方がカードローン申込ができる時代。消費者金融同様に、キャッシングが地方銀行でも同じように展開することができます。

利用条件

インターネット、全国展開の場合は、20歳以上の収入のある方です。

しかし、一部の地方銀行カードローンでは、地元しか相手にしていない場合があり、その時には営業している対象地域内に住所があるか勤務先があることが条件です。地域性の高い地方銀行ならではの対応になってしまうのですが、大手銀行よりもきめ細かなサービスが目的です。

余談ですが、大手や都市銀行では敷居が高いから地方銀行にお世話になる方は多いです。メガバンクなどではなく、営業マンがすぐにきてくれるなどの日頃からのお付き合いをしているところというのも距離が近くて安心です。

銀行としては、このような顧客も歓迎ですが、インターネットでホームページ開設と同時に、利用区域の制限をなくすことで、一気に顧客を広げることに成功した地方銀行も少なくないです。来店不要は契約者にしても楽な契約です。

口座はないが、インターネットバンキングの台頭

来店不要で、通帳もないけれど、インターネットバンキングがあれば、ネット銀行そのものです。すべての管理も行うことができます。

インターネット申し込みで、全国地方銀行のカードローンが作れるようになりました。とても魅力的な低金利だけど営業区域が決まっている場合もありますが、バナー広告などで、宣伝をしているところも少なくありません。