地方銀行カードローンは得なの?損なの?

大手消費者金融の審査落ちだから地方銀行カードローン。これは多分審査落ちになってしまいます。

銀行の方が審査は厳しいですし、メガバンクよりも審査が厳しいところもあります。

口コミ情報は錯綜

地方銀行カードローンがインターネットでできるようになって、全国対応でどこの地域での申し込めるようになりました。普通の消費者金融に申し込みをするように利用できます。

営業区域なども関係なく、東京の方が九州の地方銀行カードローンを持つこともできます。返済はATM利用ですから、来店もしなくて良くて、その銀行口座もいりません。

地方銀行と聞くことで、ネット銀行同様の利用ができるのではないかとか、審査が甘い等情報はいろいろです。結論としては、銀行系のキャッシングの審査内容はだいたい同じだということです。

メガバンクも地方銀行も、それぞれに審査基準があります。ブラック、多重債務などは審査落ちは決定です。あとは年収が高いほど有利である等の条件は全く同じと言っても良いでしょう。

保証会社の違い

審査の違いは保証会社の判断です。最近では大手消費者金融が担当していることがあり、審査に多少の差があります。

しかし、地方銀行の方が極端に甘いことはありません。ただ、口コミで最近募集しているとか、キャンペーンがあるなどの情報があれば乗ってみる価値はあります。

実際に顧客拡大するための審査を甘くすることは考え取られることです。実際に消費者金融などでもオープンしたてのときには、審査が甘くなるとの噂もあります。

よって、審査の甘さはその時々によって違うということでしょう。良いときにチェックされることをおすすめします。

銀行カードローンは低金利

やはり銀行の低金利は魅力です。大手銀行、都市銀行、地方銀行でも上限金利が消費者金融とは比較にならないほど低いのが特徴です。

審査は多少面倒ですが、金利は低いほうが良いです。利用条件に合うのなら、地域無関係の地方銀行カードローン。インターネット申し込みがオススメです。返済などはコンビニATMが手数料なしで使えますし、使い勝手は良いです。好きな地域でも良いのですが、銀行口座不要で利用ができます。

仕事してる?

一応収入がある方が対象です。収入証明書類は多額にならない必要ないのですが、無職などは契約ができません。

専業主婦に関しては、配偶者貸付などがありますが、パートやアルバイト程度の収入でも自分のカードローンを持つことができます。