地銀カードローンを褒めてみる

地方銀行カードローンは、各都道府県にそれぞれ全国対応の地銀カードローンがあります。

利用限度額と金利を比較して、借りたいところからWEBで申し込みをするだけでOK。メールでのやり取りで指定口座に振込、その後カードが送付されて、基本的にコンビニATMかゆうちょ銀行などでの取引きができます。

同県の場合は、口座がある場合そのまま使えますが、他県の地銀カードローンの場合はコンビニ利用がオススメです。インターネットの利用が何と言っても決め手です。

この方法での銀行そのものも顧客獲得に積極的ですが、目玉としては、

  • 限度額を大きく
  • 金利を下げて
  • 審査を目玉が都市銀行より甘くする

ことがポイントです。

地銀の審査といえば、カーローンや住宅ローンなども使いやすいとして他県からの申し込みもあるくらいですが、カードローンにしても同じ対応です。対象地域を地元だけではなく全国に発信することで、各地方銀行の顧客の人数と幅は広がりつつあります。

利用する方としては、地方銀行ですがネット銀行と同じ対応になります。窓口に行く必要がなく、全てをインターネットとコンビニや郵便局で済ますことになります。

メガバンクと地方銀行のカードローンの違いはあまりありません。現在メガバンクでは、自行のカードローンと傘下である消費者金融系のカードローンが混在しているところも少なくありません。

金融機関として、カードローン乱立と言った具合ですが、銀行と消費者金融は根本的に内容が違うことから、傘下にあったとしても、銀行カードローンの審査は厳しいです。そんなメガバンクと消費者金融の間あたりの審査の甘さを持つ地銀カードローン。口座開設をしなくてもカードだけの申し込みもOKですから、キャッシング専用として申し込むと良いでしょう。

各地のカードローンの評判は結構良いのですが、一定の審査基準はあります。金融事故や延滞、債務整理などをしている方は、原則的に審査落ちはすぐです。そのような事がない方、そして、多重債務のまま申し込みをしないことも銀行カードローンの常識です。

結構面倒じゃないの?という声もありますが、メガバンクや場所によってはネット銀行よりもはるかに審査が緩いと言われています。まずは申し込みをweb完結で、審査時間は短時間のカードローンが多いですから、すぐに結果を知ることができます。