朝日信用金庫の朝日教育カードローン

朝日信用金庫のカードローンで、朝日教育ローンがあります。これは、就学のために使用できるカードローンであり、利用目的が限定的です。

教育ローンがカードローン

申込者の子孫、孫、被扶養親族までの教育のためのカードローンです。50万円から500万円の借入で、金利を3.90%です。50万円単位で、利用ができます。

教育ローンは、奨学金などの利用が一般的ですが、申し込みに間に合わなかたり、収入が多いことで断られることがあります。今まで、銀行などの教育ローンは金利が高いイメージですが、朝日カードローンでは3.90%です。そして、カードローンの形になっているので、計画的な教育ローンとして使用ができます。

奨学金とどちらが良い?

その時の金利にもよりますが、朝日信用金庫できカードローンの形が新しいです。必要な分の借入になりますが、返済計画も立てやすいでしょう。

入学6ヶ月前からの申し込みができます。金利も低いことで、教育ローンに関しては、早めに検討してみてください。しんきん保証基金が保証会社になります。

カードローンは3種類

朝日信用金庫では、低額の朝日カードローン、800万円までの“きゃっする”、教育ローンのためのカードローンの3種類です。すべて朝日信用金庫の営業区域に住んでいることが条件です。

ですから、地銀や大手の銀行の全国対応のカードローンではないです。これは、信用金庫カードローンの特徴の一つです。全国の地域にある信用金庫では、その区域内に住んでいる、勤務していることが対象の、中小金融機関です。

朝日信用金庫独自の朝日カードローンでは、50万円迄の少額のカードローンです。“きゃっする”は全国の信用金庫で使用できるものであり、その規模が違います。そして、その少額の部分では、それだけ審査が甘くなることは予想されます。

多く借入したいよりも少ない利用限度額が良いのなら、多少の審査の融通が期待できます。10万円、30万円、50万円になりますが少ないほど有利です。

金融事故者は?

朝日カードローンの審査では、ブラックリストの審査通過は難しいとされています。信用金庫カードローンの審査の甘さは、金融事故では無く、他の銀行系カードローンには審査が通らない方でも借りれる方です。大手消費者金融もOKの、個人信用情報機関が必要です。

大手消費者金融で借入をするのなら、朝日カードローンの方が低金利ですので、オススメです。台東区、その他関東近辺の朝日信用金庫の営業区域の方はご検討ください。