信用金庫カードローンの保証会社について

信用金庫カードローンの保証会社はそれぞれです。しんきん保証基金としんきんギャランティが主な信用金庫の保証会社ですが、その他外部の保証会社の場合があります。

信用金庫の保証会社の審査が甘い

地域とともにをモットーとしている信用金庫では、保証会社も独自になっています。よって、外部の保証会社よりも審査基準が多少甘いです。

審査基準は、信用情報機関の照会などですが、カードローンの内容を保証するものです。信用金庫の金融商品の利用などを加味した上で、考慮するのですが、他銀行のことは無関係での審査になります。

ですから、信用金庫カードローンの申し込みの場合は、信用金庫の保証会社が保証する商品の申し込みが有利です。銀行カードローンのホームページで、保証会社も記載していますから、必ず確認をしてください。

不利な事と言えば

反対に有利なことは、信用金庫で振替や引き落としを多くしていることです。不利なものは全くなく、利用限度額に関しても低すぎることはないです。

この利用限度額は収入が大きな問題になりますから、大差はないでしょう。申込者の年収によって計算がされますが、消費者金融の総量規制以上の利用限度額になることは多いです。借入で不利な部分はなく金利も低めです。

カードローン申し込みに関しては、自動車ローンなどの利用が返済実績が良いなどの信用情報機関の記録は有利に運びます。

金融事故は受け付けられない

銀行カードローンでは、個人信用情報機関で金融事故があると審査落ちです。信用金庫カードローンでもそれは同じです。そして、審査後の信用金庫の審査結果回答では、必ずその理由は告げることはないです。

保証会社の判断ですからということですが、ブラックの審査通過はゼロです。条件としては、そこまで甘くなることはないです。

営業マンと親しいけれど

これも同様です。営業マンは、もし色々な事を知っていたとしても情報漏えいはしてくれないです。

信用金庫の営業マンとは知り合いが多いのですが、審査段階の情報キャッチはできないです。金融会社としての個人情報を漏らすことはないのですから、“不正”は絶対にできないです。

キャッシングではないけれど

信用金庫では、1人でも多くの顧客を巻き込みたいです。ですから、融資相談は積極的です。

特に個人事業主などは、カードローンも良いのですが、融資相談ということで営業マンにお金の事を相談されることをオススメします。その信用が、あとの信用金庫カードローンなどに結びつくことがあります。収入が低いとしても、個人信用情報機関で金融事故がない限り、営業マンの対応はよいはずです。