お金を借りる方法

お金を借りるのは、金融機関や金融業者の他に友人、父母などの選択があります。
どのシーンでいくら借りたいかでも違う借金ですが、いずれも返済をする義務が伴う行為です。
親は別枠の場合が多いですが、借りたものは返すことは必要でしょう。

簡単なのはカードローン

消費者金融、銀行カードローンがありますが、スマホからも簡単に借入ができます。
簡単過ぎて借りすぎてしまう方も多いですが、カード会社では返済能力があるのなら、結構簡単に審査が通ります。問題は返済能力ですが、20才以上で安定した収入が条件です。

大手消費者金融では学生アルバイトでもOKで、銀行カードローンではパート主婦でも総量規制範囲内の年収3分の一で借りることができます。
ですから、1万円だけカードで借りたいのは難なくできる方が多いことでしょう。

友人などに嫌な顔をされずに、スマートカードローンキャッシングがオススメです。
金利がきになるのなら、銀行カードローンの方が低金利です。
大手消費者金融では初回は無利息期間30日付きですから、利用価値ありです。

この方法がベスト

今の時代だから、消費者金融カードローンなどは簡単にオススメをしています。
以前は、サラ金として高金利のキャッシングで、お金を借りる行為そのものに否定的でした。

しかし、最近ではカードローン保持者も少なくなく、金利も利息制限法の制定でそんなに高くない範囲内です。保証人や担保も必要なく、年収3分の一が範囲内で、ちょっと不足してしまう、少しだけ借りたい方には、カードローンはオススメできます。

消費者金融VS銀行

現在、簡単に申し込みができるカードローンの種類は2つです。
この差は銀行カードローンが低金利であり、消費者金融でも大手消費者金融では即日融資ができます。金利差では2%程度です。それぞれに使い勝手が良い方の選択ができますが、審査は銀行カードローンの方が厳しいです。

最大の違いは、借入金額が銀行の方が多いことも要因として大きいです。
特に口座がある借入では断然有利になったり、キャッシュカードでそのままカードローンとして利用ができるなどのメリットがあります。返済ができる能力があると、保証会社でOKをだせばの話ですが、銀行カードローンがお得とはよく言われることです。

審査に通らないと

大きな審査要件は安定収入と20才以上ですが、信用情報、借入の有無などが加味されることになります。多重債務者や債務整理者では、大手消費者金融も銀行もカードローンで簡単キャッシングができない場合もあります。

未だ一度も借入をしていない、クレジットカード会社の利用もしていないのに、カードローンの審査落ちという不思議現象もありますが、それには理由も存在しています。

年金生活者は、収入は安定していますが借入ができない場合があります。
というと、審査での安定収入って何?借入経験がないのにどうして審査落ち?という事態も存在しています。金融機関や金融業者では審査公開はしていないですが、それぞれに審査では難しい場合もあります。まずは、簡単カードローンの申し込みをしてみて。

大手消費者金融で借金が一番良いかも?カードローンのことです

多分、カードローンでポピュラーなのは大手消費者金融でしょう。
以前なら店舗で契約とか、電話が必要でしたが、現在はPCかスマホで完結です。
自動契約機でのカード発行の方法もありますが、カードレスの選択とアプリ利用のキャッシングなどで、快適に申し込みができます。まるでオンラインゲームの要領で1時間もすると現金を手にすることができます。

大手消費者金融の申込

ホームページで入力で情報を入れる。身分証明書を画像で送る。
消費者金融で在籍確認を行なって、問題がなければ契約です。自動契約機でカード発行は22時まで対応し、そのカードでコンピにATMでは24時間現金を借りる事ができます。それまでに1時間です。

注意事項

申込に関しては、全て正確な内容を入力します。
借入がある方、収入が低い方も正直に自分のことを申告します。
保証人とか、担保などは不要であり、大切なのは正確な情報だけです。
申込方法の記事で、注意事項としてあるのは、正確さと在籍確認についてです。

在籍確認はどうする?

SMBCモビットだけは、社会保険証がある方は身分証明書として提出することで、在籍確認がスルーすることができます。ここだけのメリットであり、他社では在籍確認が存在します。

在籍確認は、勤務先に直接担当者が電話しますが、◯◯消費者金融とは絶対に言わないので安心してください。私用電話の内容であり、そこに本人がいる必要はないです。勤務先で電話にでた方が、申込者がいるという表現をしたら良いのです。ただし、個人情報なので申し上げることはできませんという内容では、在籍確認にならないです。

そのような会社である場合には、直接相談が必要です。相談?
インターネットで申し込みをしていると出来ません。
よって、電話での申し込みをオススメします。

この時に女性ならレディースローンですと、女性のオペーレーターが全て対応してくれます。
この在籍確認がうまくいかないことには、カードローンの契約ができないです。
一番の注意点であり、代わりになるようなものの提出ができるかを確認してみてください。

振込対応もあり

最近では、カードローンの契約でカードレスを選択ができます。
サイトでマイページからの対応で振込でキャッシングの方法です。
財布の中にローンカードが入らないことで、カードローンの事実を隠すことができます。

セブン銀行で行えるアプリでの契約方法では、スマホがローンカードになります。
この方法もキャッシングの要領で、スマホがあれば申し込みも借入返済ができます。
現在、最も契約もしやすく借りやすい、返済も楽なのが大手消費者金融でのお金を借りられる方法でしょう。

銀行カードローンはどうなの?

ほぼ大手消費者金融と同じ方法での申し込みになります。
在籍確認も存在していて、ローン申込機ではカード発行もできます。

テレビ型もありますが、銀行カードローンでは残念ながら即日融資が停止されています。
すぐに借入ができない対応になっていますから、大手消費者金融ほど便利ではないので、すぐにお金を借りたい方向毛ではないです。ただし、大手消費者金融よりは低金利にはなりますが。

低金利が良いのなら銀行カードローン、即日融資NGだけど

銀行カードローンの借り方は、大手消費者金融同様にインターネットで簡単に行うことができます。入力して、身分証明書の提出、在籍確認で審査は完了です。
即日融資ができないのですが、金利が大手消費者金融よりは低めです。

やっぱりネット銀行がオススメ?

確かに、ネット銀行のカードローンのバナーは多いです。
楽天会員なら楽天銀行カードローン、イオンでお買い物をする方ならイオンカードローン、auユーザーならじぶん銀行の金利が下がります。それぞれにメリットがあります。

メガバンクのカードローンならキャッシュカードでの出し入れが簡単だったりと、大手消費者金融にはない特徴が多いです。低金利であり、急いでいないキャッシングなら銀行カードローンも悪くないです。

侮れない地銀と信用金庫

お住まいの都道府県では、必ず地方銀行や信用金庫が存在しています。
実はこの金融機関のカードローンも確認してほしいです。というのも、ネット銀行よりも低金利の場合も少なくなく、審査にしても多少柔軟な場合があります。申し込みが窓口とは限定されてなくて、ネットバンキングからの対応が多いです。

銀行口座の有無も言わないなどの対応があったり、金融業者とのセットで、自動的に契約ができるなどの対応があります。教育ローンや住宅ローン利用者では特別金利などがあるなど、キャッシング環境がなかなかです。

こればかりは、地域限定であり、営業エリアの申し込みしかできないのが残念ですが、低金利でお金を借りれるチャンスがあります。カードローンというとネームバリューばかりではなく、身近な金融機関の利用もありです。

銀行でのカードローンの役割

銀行カードローンは、ここ数年の動向が面白いです。
2000年ころから銀行法はいろいろと変化していて、以前は保証人や担保がなければ貸金はしていなかったはずです。ところが、カードローンの商品は消費者金融に対抗する形で、利益収入が大きな財源と見て、売出しをしています。

ここ最近、規制が厳しくなって、以前ほど借りにくくなってはいるのですが、現在も大手消費者金融よりは低金利であり、限度額も多少は高いです。
特に専業主婦でも借りれるカードローンとして、銀行でも申し込みがオススメです。

大手消費者金融では収入のない専業主婦は締め出していますが、銀行カードローンでは収入ゼロの専業主婦の申し込みはOKです。ただ、即日融資ができないのは、急にお金が欲しい方には不便ですが、低金利で言えば、銀行のカードローンがオススメです。

審査は多少厳しい方

これは大手消費者金融と比較してのことですが、銀行口座が作れる方対応であり、審査では警察庁のデータベースでの確認があります。いくらごまかしたとしても、ここで引っかかれば借りられないのですが。信用情報的にも銀行カードローンの借入の方が厳しい審査に通ったとしての評価は高いです。

カードローンなどではNG目的の借り方がある

カードローンなどでは、借りたい目的が明確にあると借りやすいです。
生活費、ちょっとした贅沢、デート代などですが、投資目的での借入は一応NGです。
また、ギャンブルもダメですが、実際にカードローンでお金を借りて、パチンコをしていたとしても逮捕されることはないのですが。

事業目的にも使えない

銀行系カードローン、大手消費者金融のカードローンでも事業性資金に使うことは禁止されています。これは、事業性資金の場合は、ビジネスローンがあります。

お金を借りるのが自身の会社のためとか、個人事業主が事業拡大に少しだけ借りたい。
それもカードローンではしてはならないことです。
ビジネスローンとカードローンでは提出書類が違います。

ビジネスローンの方が多く借りられるので、経営者や個人事業主には便利です。
多少面倒な手続きはあるのですが、消費者金融系のビジネスローンでは即日融資もできます。
インターネットで対応、来店での審査などがありますが、事業のためにカードローンの使用はしないです。

年金受給者とカードローン

銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも収入がある方しか借りられないです。
在籍確認があり、勤務先で収入を得ている証拠を確認します。

ところが、私の収入は年金ですという方、在籍確認は役所ですか?ということにはならないです。これ年金受給者や生活保護で生活をしている方は、申し込みができないということです。

ただし、大手消費者金融ではない金融業者では年金受給者でも審査に通ることがあります。
年金からの借入もでき、こちらは金利も低いです。
どうしても年金受給者で借入したい方は相談してみてください。

カードローン会社からは借りたくない

理由としては、金融事故者である方だったり、カードローンそのものに抵抗がある方もいます。
キャッシングでは、土地や不動産がある方は不動産担保ローンなどがあります。
借金の一つですが、不動産担保でお金を借ります。
低金利になるだけではなく、審査が柔軟になることで借りやすいです。

ただし手続きは複雑であり、時間もかかります。
解約返戻金がある生命保険に加入している方は、契約者貸付制度の利用もオススメです。
直接生命保険会社に聞くか、営業担当者にお尋ねください。

契約の時にキャッシュカードを渡され、暗証番号も決めたのなら、そのカードで現金を引き出すことができます。契約者貸付のボタンがあれば、そのまま対応できます。

返済をしたのなら、満期で借入ができますが、そのまま返済をしないと、満期の時に減額されます。それで良いのなら、生命保険からの借入ができます。
こちらは借金ではないので、信用情報も無関係であり、ブラックでも借入ができます。

契約者貸付で、消費者金融などの返済する方法もありです。
というのも、こちらの貸付の方が断然低金利です。
銀行の定期預金がある方も同様の貸付ができるはずです。

内容を確認の上、問い合わせてみてください。
キャッシング、カードローンでお金を借りるより「健全」です。

返済ができると約束できるのならブラックでも借りれる?

理由があり、いわゆるカードローンの申し込みができないです。
カード会社では相手にされないとわかっている。そんな時はどうしたら良いのでしょう?
もう借入はできないのでしょうか?

諦めるな、ブラックたち

ブラックとは、ブラックリストになってしまった方たちです。
銀行系カードローンの審査は最近厳しいです。審査落ちの理由は教えてはくれないですが、多重債務だったり、大手消費者金融で借入しているだけで審査に通らない場合もあります。これは、キャッシングをしている事実で貸し倒れを防ぐためです。

最近は特に銀行カードローンでは厳しい審査になっています。
返済能力がないと冷たくあしらわれます。

大手消費者金融も

こちらも3社目のカードローン申し込みは多分キャッシングができないです。
多重債務、カードローン会社3社はちょっと難しい選択です。

携帯代の延滞だったり、目的ローンがいくつかあるだけでも、返済能力の低下が言われることになります。金額が低いとしても、決まりですからの対応で審査落ちです。理由ありの審査落ちでは参ってしまう。しかし、収入があるのに、まだ返せるのに。

中小消費者金融を知っていますか?

インターネットの検索で、甘い審査、ゆるい審査の消費者金融でヒットする金融者です。
多くの口コミ情報とともに金融業者の名前が出てきます。

ランキングサイトなどはとてもわかり易いのですが、甘い審査とは銀行カードローンや大手消費者金融で借りられない方でもチャンスがあります。これらの金融業者では、大手消費者金融とは違う審査基準になっていて、多重債務者でも債務整理者でも返済能力があれば借りれると言われています。

もちろん審査はありますが、ブラックでもキャッシングができることで注目されています。
特に、自己破産などでのブラックリスト、何度も大手消費者金融の申し込みをしてしまった申し込みブラック。返済ができる収入があるのに、信用情報でたまたま借入ができないだけの方は借りやすい金融業者とされています。

年金受給者などは普通にブラックでもなく申し込みができますから、少し不足しがちな生活費の借入ができます。土地があれば不動産担保ローンにも対応しているだけではなく、個人事業主なら、ブラックでもビジネスローンの借入ができます。ブラックでもお金を借りられるチャンスをここでは獲得ができますので、諦めないでください。

投資目的、ギャンブル目的のキャッシングは厳禁

これだけは、借りないでください。
収入があるとしても、返済ができないと判断される場合があり、100%の保証はないです。
投資もギャンブルも返済の見通しがないので、借金してまでは手を付けないようにしてください。真面目に働く方だけの借金チャンスです。