↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

お得なカードローンは?銀行VS大手消費者金融

お得なカードローンとなると、銀行カードローンが候補に挙がります。
すべての銀行カードローンで、大手消費者金融カードローンより金利が低いです。

消費者金融カードローンと銀行カードローン

とにかく比較対象になるのですが、金利面だけで言うと銀行カードローンが有利です。
ただし審査の比較になると、銀行カードローンの審査通過ができない方が出ます。

審査では、銀行カードローンの方が厳しいですが、それが低金利のキャッシングができることに比例されることになります。
オススメカードローンのサイトでも、条件が揃えば、金利で選ぶのは、銀行カードローンが良いと結論が出ます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

金利差は数%

実は、消費者金融カードローンと銀行カードローンの金利差は2~3%程度です。
また、同じ銀行カードローンでも1%程度の差が出ます。

銀行カードローンではなくカードローン会社を選ぶ理由としては、数万円借りたい方等は、たった数%の金利の差なら良いやと考える方も少なくないです。
審査の厳しさもありますが、消費者金融の方の得が大きいのも理由の一つです。

大手消費者金融の即日融資

即日融資です。消費者金融でも、大手ではほとんど即日融資ができます。
審査通過と同時にカード発行と、キャッシングがほぼ同時に完了です。
キャッシングをしたい時は、今すぐ借り入れたい方が多いでしょう。

銀行カードローンは金利が少し低いけれど、今キャッシングができないというデメリットがあります。
限度額も大きい銀行カードローンですが、少しだけ借りたい、それも今すぐであれば、大手消費者金融の手軽さが勝ることも大きな理由です。

条件が揃えば

もし、すぐにお金ではなく、明日以降で良い。審査落ちするようなことはない。
初めてのキャッシングで、とにかく低金利のカードローンがしたい方は、銀行カードローンが良いです。

利用限度額が大きいカードローンは多いですが、実際は自身の年収3分の一程度です。
銀行カードローンには総量規制のきちんとした決まりはないのですが、最近は消費者金融同様の限度額です。
どんな銀行カードローンが良いかは別問題になりますが、銀行口座がなければ作れないもの、口座なしでOK。

そして、穴場なのが、地銀カードローンや信用金庫カードローンです。
少なくてもお得なカードローンとして銀行カードローンが挙げられるのですが、ネット内だけではなく、地元に目を向けるとお得なカードローンも存在していることが多いです。こちらも注目です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

優遇措置のある銀行カードローンって、興味ない?

カードローンを作る上で、銀行カードローンの選択では、お得感だけではなく、ステイタスを求める方も多いです。
とりあえず大手銀行の三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン等の銀行系カードローンの類を持っていたい方も少なくないです。

審査としては、特別厳しいものではないのですが、口座開設していることが条件です。
しかし、ネット銀行では金利優遇、審査優遇のカードローンが出現しています。
条件マッチでもっとお得な銀行カードローンが作れます。

人気と言えば

ネット銀行です。
楽天スーパーローン、イオン銀行カードローン、セブン銀行カードローン等がありますが、ネット銀行では、特定の方に優遇金利がある場合があります。
それがじぶん銀行カードローンです。

じぶん銀行カードローンのじぶんローンはauユーザーにとっては、お得過ぎる内容です。
その条件によっては、最大12.5%のカードローンが実現します。
他の銀行カードローンでは、14%台で低金利と称されるのですが、じぶんローンでは12台%にできると言うスグレモノです。
現在auユーザー以外なら、auに乗り換えてのカードローンの申込みで12.5%の金利になります。
毎月の返済額が10万円以下なら、1,000円からできますし、35日返済の切り替えも、計画的な返済ができます。

ただし、auユーザー以外では、銀行カードローンにしては高めという若干痛い点もあります。
限定の低金利の実現ですが、大手消費者金融の17%台と比較をすると5%減の低金利はオススメです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

住信SBIネット銀行 MR.カードローン

ネット銀行として、数々のサービスがある住信SBIネット銀行です。
口座あることが条件ですが、SBI証券の口座、ミライノカード保有で最大0.6%減の金利優遇です。すべて、ネット完結の手続きでキャッシングが開始されます。

最大1200万円の限度額はワイドですが、住信SBIネット銀行では、住宅ローンやローン商品が充実しています。
どれも低金利で、口座だけではなく、取引があることで優遇が多いです。
カードローンだけではなく、口座を持っておくと、ネット銀行とても便利です。

楽天銀行スーパーローン

言わずとしれた楽天ですが、こちらは14.5%の低金利が人気です。
学生やパート主婦だけではなく、専業主婦も配偶者貸付ではなく、自分名義のカードローンが持てることでも人気です。
多分、専業主婦では、ここが一番のオススメではないかと思われます。

そして、優遇は金利だけではなく、楽天会員なら審査優遇があります。
楽天会員、楽天銀行も楽天証券等の利用者では、より借りやすい審査です。
利用者の多くは、キャッシングのしやすさの口コミがとても多いです。
スーパーローンの返済だけで楽天ポイントが付く(専業主婦はナシ)等の待遇もあり、楽天会員にはオススメのカードローンです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

利息が少ないと言えば、レイクALSAでしょう

レイクのカードローンと言えば、銀行カードローン?消費者金融カードローン?
お得なサービスがあるレイクですが、現在はレイクALSAとして生まれ変わりました。

レイクは新生銀行のカードローン

以前のレイクのカードローンも現在のレイクALSAも、会社は新生銀行です。
ですから、カードローンは銀行カードローンではないかと思われるのですが、実はカードローンの内容は消費者金融です。新生銀行のフィナンシャルグループの1つがレイクです。

イメージとしては、プロミスが三井住友銀行グループの中の消費者金融という存在と同じです。
ですから、レイクALSAは銀行カードローンではなく消費者金融カードローンと考えてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

消費者金融カードローンなら

銀行カードローンより高い金利です。
決してお得とは言えない、最高18%のカードローンです。

ですが、レイクは以前から無利息期間が充実しています。
大手消費者金融では、30日間初めてのキャッシングで無利息期間を設けていて、この間は金利ナシです。30日で返せば元金だけで良いですし、その後の返済額にも影響があります。

そして、レイクALSAでは、30日間無利息のほかに、5万円までは180日間無利息のサービスがあります。
どちらかを選択する形になりますが、5万円を借りたい、ゆっくり返したい方などにはお得な内容です。

消費者金融の無利息期間サービス

レイクALSAにしても、消費者金融系の無利息期間サービスは、初めての方だけのサービスです。
これからも借り入れしたい方は、元の利息になってしまうのですが、とりあえず今だけ無利息のサービスを受けたい方にはオススメです。

特にレイクALSAの半年間無利息であれば、5万円以上の借り入れでも返済がぐっとお得になります。そして、消費者金融系のカードローンですので、レイクALSAでは即日融資ができます。
銀行カードローンにはない即日融資で、すぐに現金が入手可能です。

どうせ大手消費者金融なら

レイクALSAの金利は、他の大手消費者金融とほぼ同じです。
返済期間180日までの利息ナシがあるのは、レイクALSAだけです。

カードローン会社ではなく、新生銀行と言う後ろ盾も大きいですが、特徴のあるカードローンの提供では定評があります。
気になる審査基準ですが、他の銀行カードローン、大手消費者金融同様に金融事故がなく、安定した収入であれば審査は通ることが多いです。
パートやアルバイトで収入がある主婦は審査対象ですが、専業主婦は申し込みができません。
ここも消費者金融と同じです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

比較サイトで研究 結局は…?

利息が低いカードローンと言えば、三井住友銀行のゴールドカード等は金利が低いですが年会費なども高いです。
銀行カードローンでプレミアムとされるカードローンでは、ステイタスの高さに応じてカードローンの審査が評価されます。
アルバイトやパートでは、なかなか借り入れができないでしょう。

低金利比較サイトで紹介される銀行カードローン

利息だけをみると、消費者金融より銀行のカードローンがお得です。
2~3%の金利差ですが、借り入れ額が大きくなると、差は大きいです。
それと、最初に銀行系カードローン申込みをしておくことで、後にお金が必要な時に大手消費者金融の申込みがしやすいです。

これが反対に消費者金融からの銀行カードローンの申込みでは、多重債務での審査通過はないです。
利息が低い銀行カードローンでの紹介では、三井住友銀行カードローン、みずほカードローン、ネット銀行のカードローンの紹介が多いですが、必ずと言って良いほど、地銀のカードローンが紹介されます。いずれも11~14%という低金利ですが、残念ながら地域限定です。
利用限度額も高いのですが、自身の地域でのカードローンがあればラッキーでしょう。
地銀のカードローンでは、審査が地元密着型で、すでに口座があり取引をしているほど、審査通過の可能性が大きいです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行カードローンの審査は厳しくなってと言うけれど

金融機関での融資は、利息収益という大きな収入源です。
返済額を限定的にして、低金利でサービスをして、固定客で確実に返済ができる申込みではあれば、とても有利なことです。

そこで、地銀などでは、銀行カードローン平均金利14%から少し低い12%台のキャッシングもできます。
利息が少しでも低くして、サービス提供と収益も狙っています。

住宅ローンも?

地銀でのカードローンの提供は、カーローン、教育ローン、住宅ローン等の他商品の提供にも関係があります。
金利優遇の一つとして、カードローン契約をしてくれることで、これらの金利も下げるサービスも行う事ができます。

カードローンと言えば

ネットだけの話しかと思ったら、地元銀行も頑張っています。
インターネット申込みができるところが多いのですが、最終的には地元還元の形で顧客募集をしているようです。
比較サイトでは、目立ったところのカードローンの紹介しかないのですが、注目したいカードローンです。

ネット銀行のカードローンは、楽天会員なら楽天スーパーローン、イオンを使っている方は、イオン銀行カードローンなどが使い勝手が良いです。
じぶん銀行カードローンは、auユーザー向きです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

アナタの腕次第で低金利が実現?新しいキャッシングの形

カードローンの常識としては、インターネット完結が理想です。
すべてネット内で完了したいのですが、身分証明書は必要とされています。
アプリ対応も上記になっていますので、スマホがあれば、なお簡単です。

スマホ?カードローン?キャッシング?
あなたのスマホがソフトバンクなら、よい話があります。

ソフトバンクユーザーには金利優遇

最近、インターネットバナーでJ.Scoreスコアレンディングの文字を見かけ目ことがないでしょうか?
正式にはカードローンではないのですが、新しいキャッシングの方法、それが利息計算がその人それぞれという注目のキャッシングです。
キャッシングの内容は、貸金業法であり、消費者金融の扱いで総量規制範囲内ですが、利息が最高でも12%です。現在手軽に借り入れできる金融業者としては一番の低金利でしょう。

そして、ソフトバンクを利用している方は、他のユーザーよりも金利が下がります。
なぜなら、この会社がソフトバンクが作った会社だからです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

AIで回答

J.Scoreスコアレンディングの申込みでは、普通のキャッシングとは違いAIからの質問で回答次第で、利息に反映というサービスを行っています。
この時にあなたがソフトバンクユーザーなら、AIで判断して低金利にということに。

この診断は、会社にとって有益な客であることが優先されますが、同様にみずほ銀行の口座があっても金利優遇です。

基本的な審査は同じ

このAIの質問で金利優遇と言うのは、肝心の審査では対応していないです。
貸金業法範囲内の審査でNGならない話しです。
普通は申込みして、信用情報との審査で借り入れできることが判明します。

しかし、J.Scoreスコアレンディングでは、AIの質問でもっとお得になる。
それは会社にとっても良い客だからという内容です。
今までこんな自分で、金利を操作できるキャッシングはなかったです。

店舗もないネット内の新しいキャッシングの形。
ただカードローン商品はないので、全て振込のキャッシングです。
ソフトバンクとみずほ銀行が作った、消費者金融でもない、銀行カードローンでもないJ.Scoreスコアレンディングのキャッシングは新しい形で低い利息のキャッシングを始めたばかりです。

たくさんの質問回答でどんどん金利が下がる。
希望に満ちた元気な人生を送りたい方には低金利というサービス提供をどんどんと行う。
信用情報で金融事故がなく、安定した収入であれば、利息を抑えたキャッシングができます。
収入がない、消費者金融の審査条件に合わない方は対象外です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓