パートでも借りれるカードローン選び

お金が無いという、突然に困った事態。そんな時に親に貸してなんて言えないし、夫にもなかなか言えない。かといってお金の問題で離婚なんてしたくないし、母子家庭になるのは避けたい。だけど自分の名義でお金を借りたいと思ってもパートだし勤続年数はそんなに多く無いし、年収も収入もそれ程安定していないし…。

こんな立場で悩んでいるとすれば、カードローン審査に通るかどうか不安だったり、消費者金融か銀行どちらでお金を借りればいいのかわからないという、そんな人ではないでしょうか。確かに主婦の収入であれば、審査で落ちる所も多々あるかもしれませんから、カードローン選びは慎重に出来れば行いたいですよね。

最悪の場合は配偶者同意を貰って、消費者金融で融資を受ける流れとなってくるのかもしれません。それでもなんとか、アルバイトとかパートで働いている主婦個人がお金を借りたいと思ったら?

誰にも迷惑をかけないで銀行カードローンでお金を借りる

一番良い得策としては、アルバイトやパートでも、主婦に収入があればお金が借りれる銀行カードローンです。銀行カードローンであれば主婦単体でお金が借りれる事も出来れば、配偶者同意なしで内緒で融資を受ける事も出来るのです。

何かしら主婦の主婦の収入でお金が借りれるのか、年収に問題があるかどうかで悩んでキャッシングに迷っているようでしたら、総量規制対象外の銀行カードローンであれば特に問題なく借入出来るかなと思います。

これが消費者金融であれば、総量規制はあるし配偶者の同意も必須となってくるのですが、銀行カードローンであれば誰にも迷惑をかけずに自分一人でキャッシングを進められるのです。アルバイトやパートをしている主婦がお金を借りたい時のカードローン選びの正解方法としては、銀行カードローンが一番でしょう。

融資額は少ないが確実に借りれる可能性がある

通常のカードローンの融資額に比べて低額融資になりやすいので、審査に通ったからいきなり100万円借りたいなんて言っても無理でしょう。やはり年収や収入に合わせて融資限度額が決定するようなので、融資額は少ない可能性が高いと思っておきましょう。

しかし、10万円屋30万円借りたいのであれば絶対に借りれると思います。条件を低く設定している人であれば、金額は少ないかもしれませんが、十分アルバイトやパートの主婦でも借入出来ると思っておいてOKでしょう。

低金利だから返済しやすい銀行カードローン

やはり、どのキャッシングと比べてみても金利は明らかに銀行カードローンが一番低金利だと思います。専業主婦でもお金が借りたいなんて時に高金利の借入は大変危険ですが、銀行カードローンの低金利であれば専業主婦の借入にも安心のキャッシング金利での借入となるので、後の返済面の不安もあまりないと思えます。

このようにパートで働いている主婦は勿論、専業主婦なんかでもお金が借りやすい銀行カードローンとなっております。ご興味がありましたら、みずほ銀行カードローンやじぶん銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどなど一杯ありますので、カードローン選びで悩んだらこれらのカードローンでキャッシングしてみてはいかがでしょうか?