19歳のキャッシング事情 

19歳は未成年。お金を借りるにはどうした良いでしょう?
知恵袋などでは、相談が多いですが、ここは難しいです。

19歳と20歳の違い

先ずキャッシングは、収入があることが必要です。
20歳でも無収入なら借入ができないです。しかし、19歳では収入があっても借りられないです。

この20歳の壁は、日本で成人と認められた数字であり、金融業界でも、20歳になれば大人として責任があると認めることになります。ですから、19歳ではまだ子供であり、借入契約ができないです。

学生ローンはできる?

学生ローンは大学生のためのカードローンです。
奨学金だけでは生活が苦しいということですが、ここでは収入がある20歳以上ならそのまま申し込めます。19歳であれば、親が保証人となれば大丈夫です。

これはクレジットカードも同じで、クレジットカードのショッピング枠だけは、19歳でも申し込めます。ただし、親に連絡がきて承認を受けることになります。
学生ローンでは、キャッシングでこの親承認があれば良いということになります。

19歳はあと少し待って

親の承認なんてとんでもない。
反対されてしまうという方は、誕生日まで待ちましょう。
本当に20歳になった瞬間に借入が自由にできることは奇跡のようです。

金融会社でも19歳までは全く無視ですが、20歳での収入がある方の申し込みは大歓迎に早変わりです。アコムなどの大手消費者金融でも、年齢では20歳以上が条件になっていて、金融機関のカードローン契約も同様です。ですから、今19歳なら、あと数ヶ月は待ってみましょう。そして、20歳で自分が契約者で、親は無関係のキャッシングをしましょう。

アルバイトでもokであり、学生も借入ができます。
学生ローンも20歳になれば、自分で申し込み、契約者になることができます。
19歳までの対応が嘘のようにキャッシングでもクレジットカードでも大きく展開していくことになります。

返済能力は越えないこと

はじめてのキャッシングでは恐る恐る借りることになります。
20歳になれば、親は関係ないのですが、学生などでは実家の住所などが必要です。
返済ができない場合は、無条件に親に連絡が入ります。
借り過ぎは注意をすることですが、完済ができない借り方は絶対にしないようにしてください。