ここで借りたいキャッシング

国内でお金を借りる所、借りられる所と言えば、消費者金融、銀行等の金融業者、金融機関です。カードローンと言えば、この2種類になります。

無担保でインターネットで申し込みができ、最近では大手消費者金融では、アプリを使って、スマホがローンカード代わりになるキャッシングも登場しています。

店舗がない金融

ネット銀行、消費者金融もネット専業の業者の登場です。
サラ金時代にはお金を借りる所と言えば、わざわざ事務所や金融会社に行ってから、いろいろ聞かれてお金を借りる形でした。

現在大手消費者金融、中小消費者金融でも顔を見ずに、インターネット申し込みで、あとは中小消費者金融で電話ではない程度でもキャッシングができます。

店舗がないということは、顔を見る機会もゼロです。
銀行カードローンも窓口業務ではなく、インターネットですべての対応していて、ローンカードは郵送で完了。その一方で、中小消費者金融の一部では、必ず会社で審査をする顔を見て審査を行う所もあります。

インターネットで解決できることが多くなった

データで解析して審査ができます。無人契約機等も同じことですが、お金の貸し借りで会話などが大きな意味がなくなったのが、大手消費者金融です。

情けではなく、データだけで審査の判断をするので、インターネットだけでOKです。
身分証明書なども画像が送信したり、アプリで簡単にできる時代です。
そこで、店舗ではなくインターネットが主流のキャッシング展開になっています。

借りるの意味では

消費者金融、銀行カードローン以外では、生命保険の契約者貸付も金融機関からのキャッシングになります。生命保険は金融会社としての顔があり、貸付るお金は、自身が支払った保険料の一部です。満期までは生命保険が持つお金であり、そこから低金利のキャッシングができます。

すでに生命保険からキャッシュカードをもらっている場合は、それでゆうちょ銀行ATMでキャッシュカードの要領で引き出すことができます。低金利で、信用情報も無関係のキャッシングといえば、この方法がベストです。ブラックリストでも自分の保険金から借りる形ですから、審査なしで借入ができます。

カードローン会社だけではない

中小消費者金融は、大手消費者金融などで借入ができない方も借りれます。
ローンカードはないですが、ブラックでも気軽に申し込みができます。
インターネット申込もOKで、ブラック利用者は多数です。