パート収入ではカードローン審査は受けられる

パートでもアルバイトでも収入が安定している場合、カードローン、キャッシングの機会は多いです。消費者金融、銀行カードローンでも借り入れができることが多いです。
パートと言えば主婦が多いですが、もちろんパート主婦も対象です。

何かと家計が大変

大きなローン、例えば住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどはパートの属性では借り入れができません。家計において、このような契約は正社員などでなければ契約はできません。

旦那が大きなローンの契約者であり、毎日の家計のやりくりで、パート主婦として手軽に借りれるのがカードローンです。クレジットカードの契約もできます。

パートと言っても年収が高い場合、自分が使いたい自動車のディーラーローンなどの契約ができることもあります。年収によってですが、審査次第では契約ができます。

パートと言っても、専業主婦と大きく水を分けるのが毎月の収入があることです。
家計に足しに、旦那の扶養範囲内で働いているとしても、100万円程度の年収がある方は、各種ローン、カードローン審査に通ることがあります。

大手消費者金融、銀行カードローン

最初にキャッシングをしたいと思ったら、大手消費者金融か銀行カードローンの選択です。
特に大手消費者金融では、インターネットで申込ができたり、最近ではセブン銀行でスマートフォンのアプリを使ったキャッシングも可能です。ローンカードがない形で、大手消費者金融は即日融資ができます。

銀行カードローンでは、大手消費者金融より低金利なのが魅力であり、ネット銀行だけではなく、地銀や信用金庫などでもカードローンが作れます。いずれも審査がありますが、必ず安定した収入が必要とされています。

その安定した収入は、パートの範囲内でも大丈夫です。
返済できる限度額に設定がされ、お金を借りる事ができます。
保証人や担保が要らないカードローンでは、借入が比較的カンタンです。

主人に内緒にしたい

キャッシング、カードローンでは、契約が本人です。
配偶者が関係しないカードローン審査では、内緒にすることができます。
これもパートの年収があることで、借りるのも返すのも責任を持ってくださいということです。

正規の金融業者では、親兄弟、夫や妻の存在はほぼ無関係です。
20歳以上で収入がある。審査がここから始まりますが、配偶者などは無関係です。

審査って何をする?

申込情報と信用情報で、借りれる立場家の確認をします。
そして、在籍確認があります。
これは勤務先に私用電話のように担当者が直接電話をします。

その際に金融業者ではなく、担当者の個人名を名乗り、◯◯さんはいますか?と聞くだけです。
申込の時に勤務先の会社名と電話番号を入力しますが、そこに電話がきます。
それだけであり、そこにいれば電話に出れば良いですし、いなければ不在でOKです。

勤務している実態が分かれば良いだけです。
現在大手消費者金融では、在籍確認がないカードローン審査もありますが、社会保険証がある時だけです。パートでは、どんな場合でも在籍確認が存在しています。

審査の要、信用情報について

パートで働く方のキャッシングの機会は、カードローン会社、銀行系カードローンでも申込ができます。審査次第ですが、信用情報などで金融事故がない場合は、利用限度額範囲内でキャッシングができます。年収に比例する利用額になります。

ローン審査は簡単

大手消費者金融では年収3分の一の総量規制と利用限度額が決まっています。
自身の年収から確認をして借りれる額がわかります。

銀行カードローンについては、総量規制とほぼ同等とされていますが、決まりとしては決まっていません。以前はとても多くの利用限度額があるとされていましたが、現在は少なくなっていると言われています。

その銀行との取引関係の深さでも変わりますので、審査次第で決まると思ってください。
銀行カードローンも信用情報を重視します。

信用情報って何?

今までの借金、クレジットカードなどの借入と返済情報です。
返していないとか、すでにたくさん借入をしているなどの現状を確認するものです。

ブラックリストで借入ができないと噂がありますが、それがこのブラックリストの場合です。
信用情報に黒い記録、借入ができない事実が記録されていることです。審査落ちでブラックというのは、信用情報で借入と返済によろしくない事実が搭載されている場合のことです。

信用情報に関しては、正規の金融業者では必ず照会をして確認をします。審査の要であり、信用情報を確認しないでお金を貸す金融業者があれば、そこは闇金だと思っても良いでしょう。
そして、ここで申込をしている事実、審査で信用情報を照会している事実も記録されます。

気をつけたい申込ブラックリスト

上記で、信用情報の照会の事実も記録とありますが、続けて申込をした場合、照会記録も確認されます。

実は、大手消費者金融と銀行カードローンではこの照会記録があり、直後の申込では借入と返済に特別問題がないとしても審査に通りません。その理由は、続けて申込をする申込ブラックです。

申込をしている=よほどお金に困っているとの判断から、信用情報にはない返済能力の不安がよぎります。あちこちの大手消費者金融の申込などを一変に行って、借りれるところから借りようというのは非常に審査落ちのリスクが高く、申込ブラックになります。

申込の仕方としては、1度審査に通過しない場合は、1ヶ月以上時間をおくことです。
じゃないと、申込ブラックの対象になります。

初めてのキャッシング

ローン会社の申込が初キャッシング。
一応確認したいのが、クレジットカードの利用の有無です。
信用情報の照会があると言いましたが、初めてのキャッシング、ローンカードの申込では、過去にクレジットカードなどの利用も確認をします。

1度でもクレジット経験などがあることで、借入と返済ができる方と証明されます。
それがなく、現在40代以降のパートの方のローンカードの申込では審査に通らない場合があります。信用情報の記録がない方は、本当にクレジット経験無しか昔に債務整理をしている方です。

申込のときに確認電話があり、過去の借入などを聞かれることがあります。
あまり聞かない確認電話ですが、初のカードローン審査では聞かれることがあります。
正直に初ですと回答でOKです。

パートでも主婦の場合のいろいろな借り方

お金を借りる時にパートで働いている方、アルバイトでも申込ができるのが、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンです。

収入者の申込情報

フルタイムと違ってパートでは、収入が少ないのが現状です。
その少ない収入では、カードローン審査にも通らないと考えがちです。

しかし、利用限度額では総量規制という年収3分の一が借りれる消費者金融では、100万円程度のパートの年収でも借入ができる方もいます。いくらで借りれる?という明確な数字はありませんが、70万円程度の年収でも借りれたとの口コミがありました。

銀行カードローンでも同様であり、少ないパートの年収でも借りれることは確かです。
さすがに年収で50万円以下では、借入ができないと見られますが。

主婦だけの特典

そこで、パートをしている主婦だけは、専業主婦枠が使えます。
この専業主婦でも借りれるカードローンは、消費者金融系は全滅です。
消費者金融の決まりでは、本人に収入があることが大前提です。

ですが、銀行系カードローンの中には、専業主婦用のキャッシングがあります。
この時に、パートであることは伏せて、あくまでも専業主婦であると申込をします。
収入がゼロ申告ですから、総量規制も限度額も銀行の規定しか与えられないでしょう。

しかし、現在銀行カードローンの専業主婦の利用限度額は、10~50万円となっています。
特におすすめなのが50万円であり、パートで働いて150万円以上の収入がなければ借りられない金額です。主婦で150万円というと扶養から外れる事になり、現実にはそのような収入にしていないことが多いです。ですから、カードローンの場合は、パートではなく、専業主婦になりきっての申込が良い場合があります。

最近では、多少審査が厳しくなっていますし、配偶者の収入証明書が必要になることもあります。そして、配偶者の同意などは必要なく、ローンカードも妻名義になります。
夫が存在していて、その収入で生活をしていることが分かれば良く、夫の信用情報も照会されることはありません。内緒で借りれます。

パートでも借りれる、専業主婦としても借りれるのは主婦だけの特典であり、収入が少ないパート主婦は注目です。

もう1つの借り方

すでにパート主婦などで借入をしていて、あと1万円とか少しのお金を借りたい時もあります。
大手消費者金融や銀行カードローンでは、総量規制範囲内ではないにしても、返済で不安があれば信用情報が金融事故がなくても借入ができないことがあります。

大手消費者金融審査落ちで、即ブラックリストではないのですが、一応そのブラックの立場になった場合は、それ以上の申込はしないことです。

そこで、甘い審査の中小消費者金融にいくことで、借りれる可能性があります。

配偶者貸付制度

中小消費者金融の一部では配偶者貸付制度と言って、配偶者の総量規制範囲内から借入ができる方法があります。専業主婦が中小消費者金融から借入をする方法として紹介されることが多い方法です。

パート主婦でも同様であり、配偶者の信用情報と総量規制の確認で、夫婦であると証明されることで、少額のキャッシングができることがあります。

中小消費者金融ですから、ローンカードはありませんし、この場合は、配偶者の同意が必要です。ギリギリの選択になりますが、パートでも配偶者がいる主婦の場合は、借り方に選択肢が多いです。ぜひ検討してみてください。

パート母子家庭の切実カードローン事情

離婚後母子家庭になった場合、パートやアルバイトで生計を経てている方も多いことでしょう。
その場合のカードローンの申込等は、家庭環境は一切関係ありません。

ただし、専業主婦ではない、配偶者が存在していないだけであり、子供がいる家庭としての扱いです。普通のパートタイマーとして申込ができます。

カードローン契約もできる

正社員ではないことで、カードローン会社からの借入を躊躇している方もいます。
しかし、現在はパートでも申込は普通にできます。
ただし、年収で気をつけたいことがあります。

手当等は収入にならない

母子家庭の場合、自治体によっては年間にまとまった金額の母子手当が支給されている場合があります。

ある自治体では、その内容が充実していて、パートも少しの収入で食べていける場合もあります。消費者金融も銀行カードローンも年収の入力が必要ですが、その時に手当は無関係です。

年収は、利用限度額を決める大切な数字であり、多ければ多いほど、借りれる金額が大きくなります。そこで、パート収入と手当を合わせると相当名金額になる方もいます。
しかし、年収にはパートやアルバイトだけの金額を入れるようにしてください。

大手消費者金融と銀行カードローンの決まり

この金融業者、銀行では手当や年金などは、収入と見ていないことが理由です。
言わなければわからないかもしれませんが、一応そのような審査になっています。

年金と言えば、高齢者ばかりではなく、若くして傷害年金を支給さている方もいます。
そうした方は年収がゼロと判断されます。

母子家庭では審査が難しい?

ただし、中小消費者金融では、この手当の扱いが多少柔軟です。
大手消費者金融などでは、1度に50万円以下の借入では、収入証明書は不要です。
ですから、手当を含めた年収もバレないかも?との予想はあります。

ところが、中小消費者金融では、どんなに小さな金額の借入でも収入証明書が必要です。
その時に手当の部分ですが、一応収入として書類提出が可能です。

年金受給者OKの審査要件であれば、母子手当を支給されている方、傷害年金の方の審査もできます。したがって、多少多くの年収申告で利用限度額を多くしたい方は、最初から中小消費者金融に行って、相談されると良いでしょう。

中小消費者金融って?

金融の情報サイトでは、中小消費者金融では大手消費者金融で借入ができないブラック等の利用する金融業者だと紹介されることが多いです。

フリーローンの形で、利用限度額が与えられるローンカードの利用ではなく、借入したい金額を直接振り込みされたり、現金で借りる方法です。ブラックリストでも借りれる点で甘い審査と口コミが多いですが、年金等でも収入と認める点でも、柔軟審査と言えます。

ですから、母子家庭で、パートの少ない収入と母子手当などを合わせて100万円以上の収入があれば、借りれる範囲が大きくなると考えられます。

ブラックリストでも借りれるのですが、中小消費者金融としては、ブラックリスト以外が大歓迎です。母子家庭だから借りれないこともなく、収入証明書があり、母子手当ももらっていることが分かれば、審査通過もあります。

大手消費者金融よりは使い勝手も悪く、金利も多少高めです。
しかし、利息制限法20%を超えることはなく、計画的に少額の借入がおすすめです。
ちなみに母子手当は子供が18歳以上になると支給されませんので、返済に関しては留意が必要です。

パートが借りるキャッシング

パートでも借りれる金融業者は、消費者金融、銀行どちらも審査対象になります。
ただし、どちらも収入に関して、安定した収入がある方の明記です。
具体的にいくらなくてはならない、いくら以上が借入ができるとの数字は不明です。
ここは口コミ等を頼りに見ていくしかないでしょう。

パートが借りれる限度額とは?

銀行も消費者金融も限度額は、年収に比例しています。
総量規制は、消費者金融の限度額であり、年収3分の一と明確です。
銀行もだいたいその程度と言われています。限度額には大差がありません。

パートの審査

審査では、申込情報と信用情報です。
初めてのローンカードだとしても、クレジットカードの利用状況等も必ず確認されることになります。この時に、旦那の信用情報等は無関係であり、無職だとしても問題はありません。
あくまでもパート収入がある方の情報を審査されることになります。

審査がOKですと、在籍確認があります。
勤務先に金融業者の担当者が個人名で電話をします。
申込者がそこに働いていることが分かれば良いので、居なくても良いですし、勤務先で電話を受けた方が、◯◯が不在であると伝えることでOKです。

この在籍確認は必ずありますので、パートだとしても回避ができません。

借りれる条件は?

審査に通過することですが、年収が低すぎる、ブラックリストになっている、在籍確認ができないことでは審査に通りません。これはパート限定のことではなく、どのような方も審査は同じです。

年収ですが、100万円程度あれば借りれる可能性がありますが、50万円以下の年収では審査は通らないとされています。カードローンが大手消費者金融や銀行では、審査が厳しいと言われています。

しかし、ある程度の年収があり、ブラックリストではないパートでは借入ができる可能性は高いです。100万円程度では、パート主婦も借入ができることが多いと言っても良い良いでしょう。

審査基準で確認したいこと

パートでも借りれる、収入があれば審査もできる。在籍確認は必要。
パートだけではなく、収入のある仕事は、せめて1年程度の勤続年数が必要です。
少なくとも6ヶ月以上の勤続年数があると良いとの口コミが多いです。

借りれた口コミでは、1年勤務していないことで、審査落ちになったとの報告もあります。
カードローンの審査では、1年で100万円程度のパートであれば、審査も通る確率が高いと考えてよろしいでしょう。

旦那に内緒もできる

旦那に内緒でも借りれます。主人には知られたくない。
パート主婦では、自分だけのお金として使いたい方も多いです。

その際に、家に郵便物がこない方法もあります。
大手消費者金融では、セブン銀行ATMを使って、スマートフォンのアプリで借入ができます。
申込から借入ができるので、記録も残らず、ローンカードが家に届くことがありません。

ただし、返済ができない、延滞や遅滞をしてしまうと、郵便物として請求書がきます。
電話連絡に関しては、自身の携帯電話情報だけを伝えておくと良いでしょう。